ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データム」最新記事一覧

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/05/19
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年5月19日)(2016/5/20)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/05/12
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年5月12日)(2016/5/13)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/05/06
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年5月6日)(2016/5/6)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/28
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月28日)(2016/4/28)

寸法を実感する! 測定講座(3):
データムの測定はどうすればいいの?
幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく本連載。第3回はいよいよデータムの測定について解説する。(2016/4/28)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/21
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月21日)(2016/4/22)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/07
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月7日)(2016/4/8)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/31
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月31日)(2016/4/1)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/24
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月24日)(2016/3/25)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/03/17
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年3月17日)(2016/3/18)

寸法を実感する! 測定講座(1):
幾何公差って測定はどうなるの?
近年、幾何公差の普及の必要性が求められているが、製造する側ではその測定方法への課題が大きく、幾何公差に対応した測定技術の普及との同調なくして成立しないというのが現実である。本連載では幾何公差や寸法測定の課題に対する幾つかの取り組みを紹介していく。(2016/2/29)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/02/04
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年2月4日)(2016/2/4)

ママさん設計者がやさしく教える「図面の読み描き超入門」(4):
「図面から加工方法を察してみよう」の巻
図面にも触れたことのないような初心者を対象とした、図面の読み方・描き方講座。お題をクリアしながら、解説を読み進めていくことで、いつしか図面の読み描きができるようになる! 今回は「加工方法の察し方」をテーマにお題と解説をお届けする。(2015/11/6)

ママさん設計者がやさしく教える「図面の読み描き超入門」(3):
「形体をコントロールする方法を覚えよう」の巻
図面にも触れたことのないような初心者を対象とした、図面の読み方・描き方講座。お題をクリアしながら、解説を読み進めていくことで、いつしか図面の読み描きができるようになる! 今回は「幾何公差」に関する基礎解説とお題を出題する。(2015/10/6)

電子ブックレット(メカ設計):
データムを正しく使えていますか?
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は人気記事「幾何公差の基準「データム」を理解しよう」をお届けします。(2015/6/5)

メカメカリンクで設計しよう(番外編):
のしのし歩く! テオ・ヤンセンのビースト機構
今回のお題は、テオ・ヤンセンのストランドビースト。たった1つの動力で、さまざまなリンクを作動させて、まるで動物が歩くようなリンク機構について解説する。(2012/4/25)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(10):
幾何公差の相互関係は、F<O<L
今回は、いよいよ最終回。幾何公差同士の相互関係について整理して、ロジカルに指定しよう。(2010/4/9)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(9):
回転する部品に指定する「振れ公差」
同軸度と振れ公差は、どちらも同じものと勘違いしていないだろうか? 今回は、その区別をはっきりとさせよう。(2010/2/24)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(8):
同軸かどうか寸法で表せないときは、神頼み!?
外径に対して内径の同軸ずれが発生するかもしれないことに気が付いたら? 寸法線ではどうしても表現できないし……(2010/1/13)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(7):
理解しづらい傾斜度も、グループ分けでスッキリ
平行度と直角度は分かるけど、傾斜度はよく分からないという人! ややこしく考え過ぎないで、シンプルに考えてみよう。(2009/11/12)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(6):
そこにデータムを付けるのか、付けないのか
今回は製図の際に多くの設計者が戸惑う悩みの1つ「データムを付けるのか付けないのか」をスッキリ解決する。(2009/9/16)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(5):
幾何特性の領域把握がはじめの一歩だ!
まず幾何特性が定義できる領域から理解しよう。4つの幾何特性分類、図面指示するうえでの注意点なども解説する。(2009/7/23)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(4):
幾何公差の基準「データム」を理解しよう
データムの配置位置の仕方には、さまざまなルールがあるので要注意。あなたの作成した過去図面は大丈夫?(2009/5/14)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(3):
不確かさを残さない寸法測定方法はあるのか
丸い形状の断面が真円かどうかを判定したい場合、あなたならどうする? とにかく測定個所を増やしていけば何とかなりそう?(2009/3/11)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(7):
自社内だけでなく海外でも通じる図面を描く
日本で量産の実績があるのに、アジア各国で同じ部品を作ると問題が発生する。いいかげんな製図もその原因の1つだ。(2008/8/21)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(6):
幾何公差? とにかく指示しときゃーいいでしょ
幾何公差の表記作法、あなたはしっかり理解している? いいかげんに幾何公差を指示するとトラブルのもとになるので要注意だ。(2008/7/18)

エキサイト、週刊誌見出しやキーワード情報をRSS配信
エキサイトは3日、週刊誌の見出しやキーワード情報を提供する新サービス「エキサイト雑誌ヘッドライン」をエキサイトニュース内にて開始した。記事の見出し検索やRSS配信にも対応している。(2005/10/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。