ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エレベーター」最新記事一覧

関連キーワード

分速1230メートル 世界最速のエレベーター、三菱電機が開発
三菱電機が世界最速という分速1230メートルの超高速エレベーター技術を開発。(2016/5/11)

世界最速・時速73.8キロのエレベーター、三菱が開発 中国最高層のビルに導入
世界最高速となる分速1230メートル(時速73.8キロ)のエレベーター技術を三菱電機が開発し、中国最高層ビルに導入する。(2016/5/11)

分速1230メートル! 三菱電機が世界最高速の超高速エレベーター技術を開発
上海市の高層ビル「上海中心大厦」の展望階行きエレベーターに適用。(2016/5/10)

夜間はエレベーターが金庫に セコム、昇降機「セサモリフト」を開発
セコムが、売上金などを保管できる小荷物専用の昇降機「セサモリフト」を発表。(2016/2/26)

ボタンを押さなくても行き先階に停まるエレベーター 三菱電機が導入
利用者の情報を入口のゲートで取得し、ボタンを押さなくても行き先階に自動で停まるエレベーターを三菱電機が導入した。(2016/2/8)

“爪に火を灯す”シャープ社員 「収益よりキャッシュ優先」社長が異例発言 エレベーター間引き、新聞も購読停止……
シャープの高橋社長は「時には収益よりキャッシュを優先」とまで言い切った。本社などでエレベーターを間引き運転したり、新聞・雑誌の購読を停止したりと、“爪に火を灯す節約”が実行されているという。(2015/12/8)

製造マネジメントニュース:
製品評価の信頼性強化に向け、中国の生産拠点に昇降機の検証センターを新設
東芝エレベータは、中国・瀋陽市内にある東芝電梯(瀋陽)に、昇降機の検証センターを新設する。中国における昇降機の開発品検証と、製品評価の信頼性強化が目的だという。(2015/9/30)

元社員がエレベーターを人為的に操作して停止、利用者閉じ込め シンドラーエレベータが謝罪
シンドラーエレベータの元社員が、エレベーターを人為的に操作して利用者を閉じ込めていたことが分かった。(2015/8/12)

逃げ場のないエレベーター内でハチの入った箱をぶちまけるドッキリがえげつない
ぎゃあああああああああ!(2015/3/31)

自然エネルギー:
太陽光発電を増やす東京メトロ、地上の9駅を合わせてメガソーラーに
地下鉄の運行に伴うエネルギー使用量の抑制に取り組む東京メトロが、地上の駅で太陽光発電設備を拡大中だ。駅のホーム上屋に太陽光パネルを設置する方法で、すでに導入した駅は9カ所になり、発電能力は合計で1MWを超えた。駅構内のエスカレータやエレベータなどの電力に利用する。(2015/2/17)

工場ニュース:
タイに59mの試験塔と新工場を建設し、エレベーターの生産能力を強化
三菱電機はタイのエレベーター生産拠点に新たに工場と試験塔を建設し、海外市場向けの開発・生産体制を強化する。(2015/1/22)

合コンでも使えるビジネストーク 15秒で相手を口説くエレベーターピッチとは?
シリコンバレーの起業家が使う会話術「エレベーターピッチ」とは。(2014/12/25)

Pepperのいる生活:
会社のエレベーターの中でヤっ……/// Pepperにタイツ破かれた
いったいどこで覚えたのか。(2014/12/22)

磁力で上下左右に動く未来のエレベーター「MULTI」 2016年にテスト開始へ
ロープいらずのリニアモーターエレベーター爆誕。(2014/12/3)

“大人”を語り尽くす 大人気CM「大人エレベーター」が書籍化!
サッポロ生ビール黒ラベルの人気CM「大人エレベーター」に出演する有名人が「大人」について語る書籍を紹介します。(2014/8/12)

エネルギー管理:
7台の電気自動車で高層ビルのエレベータを動かす
大阪市の中心部にある地上26階建てのビルで電気自動車を利用した電力供給システムの実証実験が始まった。関西電力など6社が参画して実施するプロジェクトで、ビルの地下駐車場に設置した大型の充放電器から、電気自動車のほかにビル内のエレベータなどにも電力を供給する。(2014/7/4)

省エネ機器:
新しい駅の電力使用量を50%以下に、回生電力や太陽光発電で
JR西日本は2016年春に神戸市で開業する新駅の電力使用量を同規模の駅と比べて50%以下に抑える。電車のブレーキ時に発生する回生電力を駅のエレベータやエスカレータに供給するほか、駅舎の屋根に太陽光パネルを設置する計画だ。回生電力によって削減できる電力量は10世帯分になる。(2014/6/23)

エネルギー管理:
ビル・工場・店舗のエネルギーを集中管理、最大3万拠点を1つのシステムで
電気やガスの使用量を最適化するエネルギー管理システムの利用範囲が広がってきた。オフィスビルや工場の導入例が増えてきたことを受けて、日立製作所は最大3万拠点まで管理できる新しいサービスを10月から開始する。エレベータや発電機から生産ラインまでを1つのシステムで対応できる。(2014/6/9)

注目製品/省エネ機器:
エレベータの省エネ性能を5%アップ、LED照明も搭載
日立ビルシステム、2014年5月12日発売(2014/5/13)

日立が「世界最速エレベーター」を中国に 1階から95階までたった43秒でびゅーん!
世界最速エレベーター、ちょっとドキドキだけど乗ってみたい。(2014/4/23)

95階まで43秒・分速1200メートルの世界最速エレベーター、日立が中国の超高層ビルに導入
分速1200メートルという世界最速のエレベーターを日立製作所が広州の超高層ビルに導入する。(2014/4/22)

Google Xでは軌道エレベーターの開発も検討──Glassや気球式ネット網の次は?
Google GlassやProject Loonに取り組む“moonshot工場”のGoogle Xでは、軌道エレベーターやテレポーテーションの実現可能性も真剣に検討したという。(2014/4/16)

【動画あり】すべての飼い主さんに知っておいてほしい ペットとエレベーターに乗る際に注意すべきこと
死亡事故に繋がってしまったケースもあり。くれぐれもご注意を。(2014/3/27)

討論会「なんのための宇宙エレベーター?」ライブ配信 田原総一朗さんら登壇
宇宙エレベーター協会主催の討論会「なんのための宇宙エレベーター?」をライブ配信する。ジャーナリストの田原総一朗さん、松浦晋也さんらが登壇する。配信は2月23日14時0分〜。(2014/2/17)

リアル脱出ゲームふたたび:
ソチ選手村のバスルームから脱出したボブスレー選手 今度はエレベーターに閉じ込められる
選手の引きの強さも恐ろしければ、ソチ会場のドア事情もおそロシア!(2014/2/12)

「エレベータの中で人と目が合う」あの気まずさを避けるゲームが開発される
視線追跡技術も使って、本格的。(2014/1/6)

蓄電・発電機器:
停電でも30分以上動作するエレベーター、平常時には25%の電力を生み出す
エレベーターにとって停電は大敵だ。東芝エレベータは蓄電池と接続することにより、停電時でも30〜120分間動作する機能「トスムーブNEO」を開発した。平常時にはエレベーターの運動エネルギーを回収し、蓄電池を経由して再利用することで消費電力を最大25%削減することもできる。(2013/12/13)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第22回 カフェを破壊し、隕石を降らせ、エレベーターの床を抜く……、「一般人リアルドッキリ」が海外で大流行
いま海外ではWebでクチコミを起こすための手法として、一般人を巻き込む少し過激な企画が増えている。仕掛けられている人の驚く様子を見ている分には、ものすごく楽しい。そんな意地悪な人間の心理を利用した、ギリギリのところを突く手法だ。(2013/10/23)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
初対面の人に自分をアピール――英語で何て言えばいいの?
今回からはエレベータースピーチの実践編。初対面の人に自分をアピールするときに使えるフレーズを紹介します。(2013/4/17)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
人の心をつかむ、「エレベータースピーチ」とは
わずか30秒で人生を変えるスピーチとはどんなものなのでしょうか? まずはエレベータースピーチとは何か、どういう構成なのか、どう作ればいいのかを学ぶことから始めましょう。(2013/4/12)

スマートホーム:
停電時にも動くエレベーター、蓄電池を使って閉じ込め防止
蓄電池とエレベーターを組み合わせるとより快適になる。日立製作所が開発したエレベーターは停電時に蓄電池を利用するため、停電初期には低速運転が可能だ。閉じ込め防止にも役立つという。(2013/4/11)

自然エネルギー:
地下鉄の駅にメガソーラー、東京メトロが「東西線ソーラー発電所」
都心を中心に9つの路線を運営する東京メトロが2013年度にメガソーラー計画を推進する。東京から千葉方面に地上を走る東西線の8つの駅すべてに太陽光パネルを設置して、合計で1MWの発電を可能にする計画だ。発電した電力は駅のエスカレータやエレベータ、照明などに利用する。(2013/3/27)

エレベーターの中で人が殺されかけている! 発見者がどんな反応をするか実験
助ける人、逃げ出す人、撮影する人――。(2013/3/10)

エネルギー管理/BEMS事例集(2):
全国45か所のトランクルーム専用ビルに導入、電力使用量を30%削減
1棟のビル全体をトランクルーム専用にして事業を展開するキュラーズは、運営するビルすべてにBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)を導入している。ビルの入退室管理と連動させて照明やエレベータを制御することができるようになり、電力使用量を平均30%も削減した。(2013/1/30)

エレベーターの開閉ボタン、どんなデザインなら押し間違えない? アイデア投稿が盛り上がる
ボタンに色をつけたり、アイコンを導入したり……多数のデザイナーがさまざまなアイデアを投稿しています。(2013/1/29)

誰もいないはずのエレベーターに少女の幽霊が!! 海外の恐怖ドッキリが本当に怖い
おお、やっと明かりがついた……ってうわああああああ!(2012/12/2)

2匹も乗れるよ! 斬新なネコ用エレベータ
素朴かつ大胆。これは便利にゃー。(2012/12/2)

蓄電・発電機器:
太陽光と蓄電池を組み合わせ、エレベーターの消費電力を削減
大京は東芝エレベータと共同で、マンション向けのリチウムイオン蓄電システムを開発した。太陽光パネルからの電力を活用して、エレベーターが消費する電力のコストを小さくすることを狙っている。(2012/11/12)

これは心臓に悪いっ! エレベーターの床がどんどん崩れていく海外ドッキリ
逃げ場なしの恐怖。(2012/10/24)

キーワード解説:
キーワード解説「電力の見える化」
政府による節電要請期間に入り、空調機器の設定温度を28℃に設定する、会議室の照明をこまめに消す、エレベーターをなるべく使わないなどの節電策を打っている企業も多いはずだ。しかし、それぞれの対策にはどれほどの効果があるのだろうか? 本当にそこまで苦しい思いをしなければならないのだろうか? 「電力の見える化」を実行すればその答えが見える。(2012/8/10)

ネコが乗ると自動で動く、ハイテクエレベータ
赤外線装置を使ったネコ専用エレベータがなかなか凝ってます。(2012/6/23)

エネルギー管理:
電力使用量を25%削減へ、エレベータの使用自粛などを京都の自治体が実施
京都・長岡京市が夏の電力不足に向けた節電対策として、電力使用量を昨年と比べて25%削減するための8つの取り組みを推進中だ。市庁舎内の空調設備を入れ替えるほか、エレベータの使用を自粛するなど、徹底した節電対策を掲げている。(2012/6/5)

なんだかすごいぞ ペロペロできるエレベーター
1325枚のビスケットを壁に付けた世界初のエレベーターが登場、って世界初すぎる。(2012/4/18)

ねとらぼ知ったかぶりβ版(3/17〜3/23):
Web番組「ナニコレLIVE」始めました――たった82本しか売れなかったゲームを作った男、ゲイムマンが出演します
ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。今週は名古屋競輪に萌える魔法少女や、ネコ専用エレベーターが話題になりました。ところでITmediaガジェットではライブ配信番組を始めました。その名も「ナニコレLIVE」です。(2012/3/23)

ネコ専用エレベーター……だと……?(ただし人力)
さすがネコ。にゃーと泣くだけでエレベーターが降りてきます。(2012/3/18)

スマートグリッド:
エレベーターにも蓄電池、停電時でも10時間運転
大容量蓄電池を非常用電源として利用しようとする動きが加速している。戸建て住宅やオフィス以外にも意外な用途が開けてきた。マンションのエレベーターである。大京のマンションに東芝エレベータと組み合わせて採用された。(2012/2/10)

防災・防犯ラボ:
東日本大震災では約200件、もしエレベーターに閉じ込められたらどうする?
エレベーターに乗っているときに災害に襲われた場合、アクション映画のような脱出は可能か? 最適な対処法とは? エレベーターにまつわる疑問を専門家に聞いた。(2011/11/15)

製品ディレクトリ/蓄電・発電機器:
エレベーター走行時の回生電力を蓄電、走行時に再利用する回生電力蓄電システム
三菱電機、2011年10月17日発売(2011/10/13)

分速1080メートルで展望デッキへ 三菱電機の世界最高速エレベーターが上海に
三菱電機が開発した世界最高速エレベーターが、中国上海で建設中の高層ビルに設置される。地下2階と119階の展望デッキを分速1080メートルで結ぶ。(2011/9/28)

節電DIY:
オフィスの節電を考える――エレベーターを停止する意味はあるのか
今回はオフィスの節電と暑さ対策について考えてみよう。5月に秋田県庁が実施した節電実験から、エアコン、冷蔵庫、エレベーターなどのオフィス設備における節電を検証する。(2011/8/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。