ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エポック社」最新記事一覧

高橋名人が語る:
ファミコンブームの誕生とハドソン成功の理由
任天堂が発売した家庭用ゲーム機「ファミコン」は、80年代を代表する社会的な大ブームを巻き起こしました。どのようにしてそのブームはでき上がっていったのでしょう? その裏側にあったものとは? 立役者の一人である高橋名人が語ります。(2016/4/14)

猫×家電 カプセルトイ「にゃんこ家電」登場!
5種類あるにゃん。(2015/12/18)

なんてアダルト……スマホに着せる「スマホのバスローブ」誕生
エレガントに着せて、エレガントに脱がせよう。(2015/3/12)

ローマーンースー! デスクトップ「ヲタ芸」カプセルトイ、推せる!
これは推せる(確信)。(2015/1/5)

シルバニアファミリーにカッパとその捕獲隊が存在!? → 本当にいるのかエポック社に聞いてみた
その名も「カッパファミリー」と「カッパ捕獲チームセット」……シルバニア村ってそんな世界観があるの!?(2014/11/22)

「シルバニアファミリー 海の荒ぶる漁師」だこれ! シルバニア売場づくりコンテスト2014の結果発表
シルバニア「マグロ、ご期待ください」(2014/10/1)

おっさんたちが:
PR:「野球盤」の“やってみた動画”を撮ってみた
「野球盤」といえば、今も昔も子どもたちの定番ゲーム。そんな野球盤の魅力を再確認しつつ、あぶく銭を手に入れるチャンスが到来した! エポック社「野球盤 やってみた動画投稿コンテスト」に挑戦してみよう。(2014/8/25)

お父さん、出番ですよ!:
エポック、YouTubeで「野球盤やってみた!!動画投稿コンテスト」を開催
エポック社はYoutube動画投稿コンテスト「野球盤やってみた!!動画投稿コンテスト」を開催する。グランプリ賞金は10万円だ。(2014/7/16)

あなたのご自宅でもW杯開幕?:
W杯効果か? エポック社、サッカー盤の売上が前年同期比で倍増
日本代表は初戦で痛い黒星を喫したが、まだまだ世間はW杯で盛り上がっている。そんな世相を反映してか、サッカー盤の売上が大きく伸びているという。(2014/6/19)

東京おもちゃショー2014:
ワールドカップ開幕、おもちゃショーで見つけた応援グッズ?
2014年のキーワードの1つであり、タイミングもぴったりのサッカーワールドカップ。テレビ観戦やパブリックビューイングで役立ちそうな玩具の数々を紹介しよう。(2014/6/13)

寝ている子猫のフィギュアを積むにゃ バランスゲーム「おひるねにゃんこだらけ」発売
“寝ている子猫”のフィギュアを積み上げる玩具「おひるねにゃんこだらけ」が発売。(2013/11/8)

エポック社、野球盤の歴史をさかのぼるiPhoneアプリ「俺の野球盤」
半世紀にわたって愛され続けている野球盤の歴史を収録したiPhone向けアプリ「俺の野球盤」がリリース。野球盤コレクションの確認や開発秘話をはじめ、Twitter/Facebookへのコメント発信も可能だ。(2012/12/6)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
いつでもどこでもエアホッケーが楽しめる「ノコノコエアホッケー」
エポック社の「ノコノコエアホッケー」どこでも手軽に遊べるエアホッケーだ。その秘密は、パック自体からエアを吹き出すことにある。(2012/10/9)

今夜も寝られません:
サッカー日本代表の活躍で「スーパーサッカースタジアム」も大人気
エポック社によると、対前年比で約5倍も売れたという。(2012/8/7)

エポック社、「野球盤メガスラッガー」「ドラえもん野球盤」を9月発売
昭和の時代から愛され続けてきたエポック社の「野球盤」シリーズに、過去最高スペックを誇る「野球盤メガスラッガー」と、ドラえもんの空き地野球を再現した「ドラえもん野球盤」が発売される。(2012/6/20)

となりの便利道具:
雨の日も子供と楽しく遊べる! 電光掲示板、実況音声付、エポック社の野球盤
雨の日くらい「自宅でゆっくりしたい」なんて思っていても、こどもは元気いっぱいだったりする。そんなとき大活躍しそうなおすすめアイテムが「野球盤」です!(2012/5/16)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
iPhoneとゲームボーイの共通点――横井軍平、そしてオモチャの時代
優れたオモチャには、子どもにもすぐ遊べるシンプルさと、触った途端にパッとスムーズに動くレスポンスが必須だ。iPhoneを触っていて思ったことがある。「コンピュータはいま、ようやくオモチャの世界に追いついたのではないか?」(2011/7/6)

食べられません:
ギガ超えハンバーガーと大量ケーキのバランスゲーム、エポック社
エポック社は、バランスゲームの新製品「モンスターハンバーガー」と「ゆらゆら ケーキパーティー」を4月16日に発売する。(2011/4/5)

TOYフォーラム2011:
七色の変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」
エポック社は、さまざまな変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」を4月に発売する。(2011/1/27)

東京おもちゃショー2010:
日本おもちゃ大賞、「オタマトーン」など7作品が受賞
日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」を発表した。大人も楽しめる「ハイ・ターゲット・トイ部門」では、キューブと明和電機の「オタマトーン」が大賞に選ばれた。(2010/7/13)

新幹線の形のトランプ 駅名、車両スペックもデザイン
新幹線の形をしたトランプをエポック社が発売。車両スペックや駅名もデザインした「鉄道好きの感性を刺激するトランプ」だという。(2010/3/17)

禁断の合コンアイテム? 年齢予測マシン「トシバレール」
「トシいくつ?」「いくつに見える?」なんて茶番はもういらない。エポック社の「トシバレール」は、相手に高周波音を聞かせることで、だいたいの年齢を予想できる。(2010/2/23)

「歌う♪にゃウンド肉球」、発売日を“にゃんにゃん日”に
エポック社は、「やみつきシリーズ」の新製品「歌う♪にゃウンド肉球」の発売日を1週間早める。(2010/2/16)

はみ出ちゃった……:
「あん!」としゃべる“たい焼き”、エポック社から
ひれの部分を押すと「あん!」という声を出す、たいやき型キーチェーン玩具が登場する。しかも、声と一緒に……出ちゃった?(2010/2/15)

ミニバイヤーズガイド:
義理も楽しく、バレンタイン・デー“乗り切り”バイヤーズガイド
バレンタイン・デーがときめきイベントだったのは乙女時代の話。今じゃどうやってこの日をうまく切り抜けるかはオトナ女性の悩みの種です。そんなバレンタインデーを、頭もお金も使わず乗り切るお助けバイヤーズガイドを今、ここに。(2010/2/3)

今度は歌う“肉球”、エポック社
エポック社は、「やみつき触感!歌う♪♪にゃウンド肉球」を2月27日に発売する。「となりのトトロ」「さくらんぼ」といった人気曲が、キュートなリアル猫ボイスで楽しめる。(2010/1/29)

日々是遊戯:
「コーラで動くミニカー」など最新玩具が集結! 「TOYフォーラム2010」に行ってきた
今年も開催された、業界関係者向け玩具見本市「TOYフォーラム2010」。昨年に続いて、会場で見かけたオモシロ玩具を紹介します。(2010/1/20)

重ねても連鎖しません:
“ぷよぷよ”な5色の入浴剤
エポック社はアクションパズルゲーム「ぷよぷよ」をモチーフにした入浴剤「ぷよぷよ7 バスエッセンス」を発売する。(2009/10/5)

ネコの手も借りたい人に:
肉球にいやされるマッサージャー、「ぷりん♪」としゃべるプリン
エポック社は9月29(にくきゅう)日、キーチェーン玩具の新製品として、「ネコプチシリーズ ねこブル」と「やみつきシリーズ ♪サウンド触感♪ ツンドコプリン」の2種を発表した。プリンの声は、やっぱりあの人。(2009/9/29)

ファンタジスタ標準装備のサッカーゲーム、エポック社から
エポック社は、サッカーアクションゲームの最新版「スーパーサッカースタジアム サッカー日本代表チームモデル」を11月に発売する。ボールキープ力が異様に高い“ファンタジスタ”が各チームに1人。(2009/9/9)

帰ってきた「ギガプリン」から最新「エコヒメ」まで、ギフト・ショーが開幕
国内最大のパーソナルギフトと生活雑貨の見本市「第68回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2009」が開幕した。今回は東展示棟のIT・エンターテイメントグッズコーナーを中心にリポート。(2009/9/9)

日々是遊戯:
PSPgoやPS3も発見――「グッドデザインエキスポ2009」に行ってきました
その年の「グッドデザイン賞」候補を集めて公開する、「グッドデザインエキスポ」が今年も東京ビッグサイトにて開催されました。(2009/8/31)

男子の知らない女子の世界:
音姫がないなんてありえない! 女子トイレのヒミツ
男性が知らない世界はまだまだ存在する。例えば女子トイレ。女子のトイレ事情は非常に奥深いのである。女性にとってエチケットは重要なのです。(2009/7/30)

東京おもちゃショー2009:
プロの頭脳を持った? 家庭用ダーツ「PC-DARTS 2」
PCと接続して本格的なダーツが楽しめる「PC-DARTS」(ピーシー・ダーツ))にグレードアップした第2弾が登場。プロの理論を取り込んだCOM対戦が楽しめる。もちろん、前モデル同様にツンデレ仕様にすることも可能。(2009/7/24)

東京おもちゃショー2009:
おもちゃショーで見つけた、ちょっとアレげな玩具たち
約3万6000点におよぶ「東京おもちゃショー2009」の展示品の中には、いろいろとアレげなものも混じっている。お食事中の方はご遠慮ください。(2009/7/20)

東京おもちゃショー2009:
ファン待望の電光掲示板、「野球盤ライブスタジアム」(仮)
エポック社が9月下旬に発売する「野球盤ライブスタジアム(仮)」は、ユーザーアンケートでもっとも要望の多かった「電光掲示板」を搭載した待望のモデル。プロによる実況中継も付いた。(2009/7/18)

恥ずかしがり屋の乙女も安心 トイレの流水音再生する携帯型「エコオトメ」
トイレで用を足す際の音を隠せる携帯型の疑似流水音発生装置「エコオトメ」を、エポック社が発売する。(2009/7/17)

東京おもちゃショー2009:
日本おもちゃ大賞にエポック社「テレビ地球儀」など5作品
すぐれた玩具製品を表彰する「日本おもちゃ大賞2009」が発表された。「イノベーション・トイ部門」ではエポック社の「テレビ地球儀」、「トレンディ・トイ部門」では、タカラトミー「生キャラメルポット」が、それぞれ大賞を受賞。(2009/7/15)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
銀河戦士VSエイリアン!「ギャラクシアン」「ギャラガ」
連載第76回は「ギャラクシアン」と「ギャラガ」(ナムコ)です。インベーダーブームが去った後のゲーム業界に、革命をもたらしたシューティングゲーム。後のファミコンなどでも使われた“スプライト”を、初めて使ったゲームでもあるのです。(2009/7/8)

ドレミファインバーターも:
「テツオトサウンドポッド」に新幹線、京浜東北線、京急が仲間入り
エポック社は、駅メロディーを収録した鉄道サウンドグッズ「テツオトサウンドポッド」に3つの新シリーズを追加する。京急では、従来の駅メロに加え、あの“ドレミファインバーター”をラインアップ。(2009/7/7)

「貯金箱の日」に秘められた“節約術”
伝説の貯金箱が、今よみがえる。(2009/7/3)

金の鈴付き:
猫ボイス搭載の「リアルにゃウンド肉球」に店頭販売版
エポック社は、本物の猫の声を収録した「リアルにゃウンド肉球」の店頭販売バージョン「やみつき触感! リアルにゃウンド肉球」を7月18日に発売する。(2009/6/29)

検索機能付き:
テレビにつなげば世界が見える? エポック社「テレビ地球儀」
エポック社は、家庭のテレビに接続できる初めての地球儀「テレビ地球儀」を7月中旬に発売する。付属のペンでタッチすると、テレビの画面に国や世界遺産の情報が映し出されるハイテク地球儀だ。(2009/6/24)

ついに登場、リアルボイスの「にゃウンド肉球」
エポックは、本物の猫ボイスを搭載した「プニっとやみつき リアルにゃウンド肉球」を5月末に発売する。(2009/4/28)

GW直前バイヤーズガイド:
どこにも行く予定がないアナタに――今年のGWはおウチで楽しもう
16連休と言われても先立つものがなければ、家に引きこもるしかないじゃないか。逆転の発想で今年のGWはおウチで楽しく過ごしましょう。(2009/4/28)

リアルにゃんこも発売決定:
デラックスになった“肉球”、カプセル自販機で発売
シークレットボイスが2つ入ったデラックス版のサ「わん!」ド肉球が登場する。カプセル自販機専用。(2009/3/31)

WBC効果で売れたもの、「魔球王」に「野球盤」
第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝した日本。連覇による経済効果も期待される中、全国のおもちゃ屋さんには恩恵があった模様。(2009/3/27)

WBCとは関係ありません:
エポック社、「野球盤クラシック」を4月に発売
エポック社は、「野球盤」の新しいエントリーモデル「野球盤クラシック」を4月18日に発売する。(2009/3/24)

「テツオトバンククロック」、4月11日に発車オーライ
エポック社は、電車の発車メロディーをアラームにした時計付き貯金箱「テツオトバンククロック」を4月11日に発売する。山手線と京浜東北線の2種類をラインアップ。(2009/3/10)

トイフォーラム2009:
パンダにインベーダー、山の手線――みんな貯金箱に
貯金したいのに、なかなかためらない。そんな悩みを持つ方に、ついついお金を入れたくなってしまう新しい貯金箱を紹介しよう。(2009/1/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。