ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「はちま起稿」最新記事一覧

まとめサイトが「セキュリティ問題で第三者に皿を洗われる危険性」と事実誤認 メーカーは「食器洗い機での不具合は未発見」と否定
(追記)「業務用全自動食洗器」のセキュリティ問題が報じられていました。(2017/4/10)

「インサイド」「RBB TODAY」「アニメ!アニメ!」など33サイトが同時ダウン 原因はイードのストレージ障害
復旧時期などは未定とのこと。※追記(2017/3/30)

インサイト、「はちま起稿」を譲渡
譲渡先は明らかにしていない。(2017/3/21)

「Switchに入れたSDカードが溶けた」投稿、ユーザーがツイートを削除し謝罪 Switchたたきに利用され
「SDカードに原因がある」というツイートを無視した記事に耐えられず。(追記)(2017/3/17)

「はちま起稿」インサイトが売却を発表 売却先については公表せず
売却先はおそらく、管理人・清水鉄平氏の個人会社とみられています。(2017/3/17)

「金になるから増えている」「企業運営のサイトもかなりある」 元管理人が明かす「まとめサイト乱立」の背景
「進撃の巨人まとめ」「スーパーマリオラン速報」といったサイトはどのようにして作られているのか。「小規模まとめサイト」の運営実態について、元まとめサイト運営者に聞きました。(2017/1/30)

「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
2人の情報提供者に詳しく話を聞きました。(2017/1/23)

「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
両社とも「個別の取材は受けない方針です」との回答。(2017/1/24)

はちま起稿を買収したDMM、元管理人・清水氏ら主要メンバーを雇用しステマ関与か 取材に対し隠蔽工作も
編集部では12月上旬から情報を収集、12月中旬にはDMM.comおよびはちま起稿、清水鉄平氏に取材を試みていました。(2016/12/28)

まとめブログ「はちま起稿」、DMM.comがインサイトに譲渡
DMM.comは、まとめブログ「はちま起稿」を今年1月に買収し、10月にインサイトに譲渡したと発表した。(2016/12/28)

まとめサイト「はちま起稿」、DMM.comが運営していたことが判明
詳細な取材結果を追って掲載する予定です。※追記:詳細記事を掲載しました(2016/12/28)

「コードギアス」イベント、公式が「ネタバレ厳禁」と念を押すも速攻でネタバレ記事が出回る 公式「オタク.comとはちま起稿には厳重注意する」
イベントは昼夜の二部構成で、「夜公演の人たちのためにもネタバレは絶対にやめて」と再三にわたり念を押していました。(2016/11/27)

「性的パートナーがいない人は障がい者?」誤訳を元に波紋広がる 元記事は不妊の定義変更を取り上げたもの
「童貞は障がい者」と報じるまとめサイトも。(2016/10/22)

はちま起稿、任天堂新ハードの映像で「スカイリム」が無断使用されたとデマ 海外メディアの記事を誤読か
ソースからは、そのような事実が確認できませんでした。※追記(2016/10/21)

田村ゆかりさん移籍のウワサに関して ユニバーサル・ミュージック担当者「そういった話は一切聞いていない」
3月20日にキングレコードとの専属契約を終了していました。(2016/4/7)

お酒を飲んで天国から地獄へ まんしゅうきつこがアル中語る
(2015/5/7)

電通の圧力で記事が削除されたとのデマ拡散 「それ提供記事が一定期間で削除されただけだから」
Twitterで拡散→まとめブログでさらに拡散。(2015/2/15)

まとめサイト「エヴァ速」管理人が特定されサイト閉鎖へ 「やらおん管理人説」浮上も本人は否定
一時ネットは騒然となりましたが……。(2015/2/14)

民主党がTwitterに高級カツカレー写真投稿 → 「安倍首相の時は叩きまくってたのに!」とのデマ広がる
思い込みって怖い。(2015/1/18)

2ch.net、一部大手まとめサイトのURLを書き込み禁止に
2012年に2ch転載禁止を言い渡されたまとめブログのURLが、2ch.netで書き込み禁止ワードになっている。(2014/7/8)

「辛くない時期はなかった」 月間1億2000万PVで得たもの/失ったもの 清水鉄平「はちま起稿」に狂わされた人生
月間1億2000万ページビューを稼ぐ怪物サイト「はちま起稿」。その元管理人・清水鉄平とはどういう人物なのか。書籍発売を記念して、清水氏にインタビューを行った。(2014/4/21)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/24)

第三次ブログ連戦争へ:
なぜ2ちゃんねるは「転載禁止」を選んだのか――「まとめサイトVS住民」繰り返す歴史
「2ちゃんねる」の人気板が相次いで転載禁止になり、まとめサイトは岐路に立たされている。そもそもまとめサイトはどのようにして影響力を持つようになったのか。ネットの歴史をたどる。(2014/3/6)

2ch「ニュー速VIP」「なんJ」転載禁止の影響・拘束力とは 方針転換する大手サイトも続々、他板にも飛び火か
管理体制が新しくなり、ユーザーの意見が少なからず反映されるようになった2ちゃんねるで、投稿数1位、2位の人気板が転載禁止になった。(2014/3/3)

2ちゃんねる最大板「ニュー速VIP」が転載禁止に
2ちゃんねるで投稿数が最も多い「ニュース速報(VIP)」のデフォルト名前欄が「以下、転載禁止でVIPがお送りします」に変更された。(2014/3/3)

【公開質問】「はちま起稿」元管理人・清水鉄平氏への質問を募集します
ハッシュタグ「#はちまに質問」をつけてTwitterに書き込んでください。(2014/2/3)

「渋谷駅で銃乱射」デマはどのように広がったのか “まとめ”が生む危うい伝言ゲーム
実際には「銃の形をしたライター」だったというこの事件。ネットでは「発砲事件」「銃の乱射事件」といった誤情報に変換されTwitterやNAVERまとめなどによって広く拡散される事態となっていた。(2013/7/9)

ねとらぼ知ったかぶり:
ねとらぼをスケスケで丸見えに! 2012年の人気記事50本総ざらい
今年の話題を一気読みしましょう!(2012/12/28)

まとめサイトにひろゆき氏コメント 「不愉快な出来事が続くと思いますので、営利第一なら早めの撤退を」
「カモフラージュ広告」騒動で大手まとめサイトが一斉謝罪する中、ひろゆき氏がふたたび2ちゃんねるに降臨。まとめサイトについての持論を語った。(2012/11/12)

2ちゃんねるまとめサイトが一斉謝罪 広告料・代理店名など「カモフラージュ広告」の実態明らかに
まとめを装ったカモフラージュ広告について、まとめサイトや広告代理店が一斉謝罪。中には月に30万円以上得ていたサイトもあった。(2012/11/10)

FC2ブログ全域に「2ちゃんねる転載禁止」発動か ひろゆき氏言及
「2chの著作物を転載しているページに、一切の広告を載せない措置をお願いしたい」という要請に従わなかったことに対するペナルティとのこと。(2012/11/9)

2chまとめを装った悪質広告にひろゆき警告 マジキチ速報、妹はVIPPERなどに「転載禁止」の可能性
「誠意が感じられないようだったら、転載禁止ってのでどうですかね?」とひろゆき氏。(2012/11/9)

「転載禁止」で岐路に立たされたまとめサイト 「はちま」「オレ的」「やらおん」は影響力3分の1に
そんな中、なぜか伸びる「ハム速」。(2012/8/7)

2chのお願いにNHN反応:
2ch転載記事は削除か広告自粛を――livedoor Blog、一部まとめサイトに要請
一部まとめサイトで「2chの著作物を転載をしてるページに一切の広告を載せない措置をお願いしたい」――2chからの要請を受け、livedoor Blogに動きが。(2012/7/20)

NHN、「2ch転載禁止」のまとめサイトに記事・広告削除を要請へ
「livedoor Blog」を運営するNHN Japanは、2chから記事の転載を禁止された4つのまとめサイトに対して、2ch転載記事の削除と、同記事上の広告の削除を要請する方針を決めた。(2012/7/20)

2ちゃんねる、転載禁止まとめサイトへの広告掲載停止を要請 ブログサービス2社に対し
2chが名指しで転載を禁止した5サイトについて、問題が現在も起きているとして2chからの転載をしているページに対し広告を掲載しないようブログサービスの運営元に要請する文章が現れた。(2012/7/19)

日々是遊戯:
「はちま」「オレ的」の転載に怒り 個人ゲームブログからも「転載やめて」の声
問われる管理人のモラル。(2012/7/18)

“まとめサイト”の利用実態明らかに 18.5%が「1日に何度も利用」
利用率トップは「ウィキ」「NAVERまとめ」、次いで「痛いニュース」。(2012/7/18)

そのまとめ、転載だよ。知らないのかい? 悪質な「転載まとめ」に非難の声 リツイート数は元記事の40倍
NAVERまとめで、権利侵害記事など一部まとめがインセンティブ対象外に。その直前、問題視されていたまとめがあった。(2012/6/20)

「転載禁止」の衝撃から一夜 新たな柱を模索する「まとめサイト」たちの現状は
2ちゃんねるが「転載禁止」の警告を出してから1日。各大手サイトの今後の運営方針は……。(2012/6/5)

まとめサイトに鉄槌 2ちゃんねる、名指しで「転載禁止」の警告文
まとめサイトへの転載を禁じる警告文が2ちゃんねるに掲載され話題に。大手サイトの反応は?(2012/6/4)

2ちゃんねる、一部まとめサイトを名指しで「転載禁止」に?
「やらおん」「ハム速」などまとめサイトに対し名指しで転載禁止を明記する警告文が2chドメイン内に掲げられている。(2012/6/4)

「livedoor Blog」で人気のまとめブログ専用リーダーアプリ16タイトルがAndroidに登場
NHN Japanが、ブログサービス「livedoor Blog」で人気のまとめブログ専用リーダーアプリ16タイトルをAndroid向けにリリース。また、ブログリーダーアプリを集約したサイト「ブログマーケット」も同日公開した。(2012/3/22)

「ステマ騒動」の矛先はゲハブログへ:
ゲハブログ最大手「はちま起稿」が謝罪文を掲載、管理人交代へ
「ゲハ板」を発火点とする「もうひとつのステマ騒動」とは。年明け以降、世間を騒がせた「ステマ騒動」。その裏側で、2ちゃんねるの「ゲーム業界、ハードウェア」板でも「もうひとつのステマ騒動」が起こっていた。(2012/1/16)

Twitterとテレビの“力”、その違い 津田大介さんなど議論
テレビはマスに届くが、Twitterはじわじわ広がる――津田大介さんやフジテレビの福原伸治さんなどが、Twitterと他メディアの関係などについて議論した。(2010/2/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。