ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「彼女」最新記事一覧

好きをカタチにする行動力:
女子アナから働き方を変えた前田有紀さんがいま伝えたいこと
テレビ朝日のアナウンサーとして活躍した前田有紀さんは、入社10年という区切りの年に退社。そこからフラワーやガーデニングの世界に飛び込んだ。彼女自身の歩みを振り返りながら、いま、そしてこれからをじっくりと語ってくれた。(2018/2/13)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第574話 インスタ仲間
彼女、会社のチーム全員でインスタグラムをフォローし合ってるんですって! なんかステキ(ハート)(2018/2/6)

「見たかったら見てもいいよ」 雨で濡れて透けた彼女―― アニメ「からかい上手の高木さん」第5話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】雨の日神社で服を交換するドキドキ。(2018/2/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)

転職バーのハルカさん(6):
PR:クレイジーフォーユー――狂おしいほど好きよ、タコ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」で「ブラッディ・シーザー」を飲んでいると、男物のスーツを着た美女が現れた。「自分はスパイだ」と名乗る彼女、何やら大変な秘密があるようで……。(2018/2/1)

バーチャルYouTuber「輝夜月」1万字インタビュー 「それは竹www」誕生秘話、好きな食べ物は「チーズ」
「首絞めハム太郎」「動く抗うつ剤」などとも呼ばれる彼女の意外な一面が明らかに。(2018/1/30)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(6):
契約がなければ、裏切ったって構わないじゃないか――策士は金策がお好き
システム開発会社「マッキンリーテクノロジー」が被った、AIを活用したシステム開発の契約詐欺の調査に乗り出した江里口美咲は、単身ライバル企業に乗り込んだ。そこで彼女が聞いた意外な事実とは……?(2018/1/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大人たちによって作り上げられた“ポスト真央”、本田真凛の悲劇
オトナたちによって作り上げられた「悲劇のスター候補」だったのかもしれない。女子フィギュアスケートの本田真凛のことだ。期待されていた韓国・平昌五輪の代表入りを逃してしまったことで、今後の彼女はどうなる?(2018/1/18)

オタク男子とかわいい一般人女子彼女の漫画 尊さとうらやましさが溢れる内容に反響
これが尊いという気持ちか……。(2018/1/9)

あのキャラに花束を:
「動く抗うつ剤」「ストロングゼロの擬人化」―― バーチャルYouTuber輝夜月(かぐや・るな)を見て今年も元気にやっていこう
彼女の「おはよー!」の力強さよ。(2018/1/6)

ブリトニー・スピアーズの「息子のアート」が完全に孫悟空 ファン「彼女はこれが誰か知らないのでは」
ドラゴンボールのアメリカ人気は根強いのか?(2017/12/29)

「来世で会いましょう」彼女は最後にそう言った―― ネトゲで起きたボーイミーツガールを描く漫画がせつない
最後のセリフを「来世で会いましょう」と決めた競作企画の1編。物語は多様な解釈ができますが、どうとらえても悲しい……。(2017/12/19)

“雪の妖精”佐々木希、「彼女と雪遊びなう」な写真でファンをノックアウトする
冬が好きになってしまいそう。(2017/12/17)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
内閣府やJAXAなどが実行委員会となり、日本で初開催された宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」。300件におよぶ応募の中から大賞に選ばれたのがANAの現役社員である松本さんだ。彼女のアイデアとは……?(2017/12/8)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
2000万部超えのラノベ王子、子猫になった重版童貞に語る王者のアドバイス「俺には彼女がいない」
彼の名は、講談社ラノベ文庫編集部の副編集長・庄司智。(2017/12/3)

転職バーのハルカさん(5):
PR:悩んでたって始まらない――ジャンプするのよ、「グラスホッパー」のように
「シュウヘイ」は煮え切らない男。転職活動で内定をもらっても、グズグズ迷ってチャンスを逃してしまう。そんなシュウヘイを見かねた「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」は、彼に巣鴨限定アイドル「ファンシーメタル」のプロデュースを持ち掛ける。夢に向かってチャレンジする彼女たちを見て、シュウヘイ発奮!……できるかな?(2017/11/30)

依存〜歪んだアイドル崇拝(5):
「ファンで1番に」借金重ね 彼女の夢は自分の夢 「情移った」
野本博樹(35)=仮名=はファンとの距離が近い東京・秋葉原の地下アイドルに癒やしを求めた。しかし約7年前に手を出したのがカードローンだった。(2017/11/21)

SNSを使ってニートを脱却 「モテクリエイター」を名乗るゆうこすとは何者?
「SNSの恋人」を公言する彼女に、SNSとの上手な付き合い方について聞いてみた。(2017/11/4)

女の子の2択は永遠のテーマ 『クラスに彼女が2人いる。』きみはどっちを選ぶ?
「両方選ぶ」ってのはありなんでしょうか。(2017/11/4)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

「サクラにだまされた」出会い系サイトに5000万円、被害の60代男性が怒りの提訴
59歳の誕生日までに彼女が欲しい――そんな思いで登録した出会い系サイトに約5000万円もの大金をつぎ込んだのに、相手の女性はサクラだったとして、60代の男性がサイト運営会社に対し、支払った金額分の賠償などを求める訴訟を起こした。(2017/10/25)

モバクソ畑でつかまえて:
終わったスマホゲーのヒロインを呼び出し戦うゲーム「終幕彼女」の光と闇 なぜファンは“シナリオがアイコネの人”でざわついたのか?
これには聞くも涙、語るも涙の物語が……。(2017/10/10)

「恋人同士みたい」 山崎賢人&竹内涼真の“イチャイチャ”写真にファン卒倒
竹内さんの彼女感。(2017/10/8)

ダンロップが短編アニメ「ROAD TO YOU 〜君へと続く道〜」を10月11日から公開 「最終兵器彼女」の高橋しんさん参加
「最終兵器彼女」の高橋しんさんもキャラクター原案として参加しています。(2017/10/3)

乃木坂46齋藤飛鳥、毒舌CMでファンのメンタルをごりごり削る 「お前ら、彼女いたことねえだろ」
毒舌キャラが1人立ちしてきた。(2017/10/2)

東京ゲームショウ2017:
“カノジョ”と会える「ラブプラスVR」に長蛇の列
「東京ゲームショウ2017」のKONAMIブースで、「ラブプラス EVERY」のVR体験ができる。(2017/9/21)

お願い、開けないで…… 「少女革命ウテナ」ひつぎ型アクセサリーケースが登場
次の日、彼女は棺から出ていた。何かを感じさせる目をして……。(2017/9/8)

“彼女とデートなうに使っていいよ写真”ブームに乗り遅れた竹達彩奈 「時を越えたデート」にファン歓喜
「ブームに乗るのがいつも遅い!」(竹達さん)。(2017/8/27)

「ギャルでーす」“彼女感”写真の佐藤ノア、小悪魔ageha風メイクで天使から大変身
北海道民はドン・キホーテをドンホと呼ぶことにも驚いた。(2017/8/26)

Google Domains、白人至上主義サイト「Daily Stormer」のドメインを停止
米バージニア州で発生した極右団体とその反対派の衝突の中で殺害された女性について「彼女が死んで多くの人が喜んでいる」という記事を公開した白人至上主義サイト「Daily Stormer」が、ドメインを登録していたGoDaddyから追い出され、次に登録したGoogle Domainsからも数時間で登録をキャンセルされた。(2017/8/15)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>
綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。(2017/8/15)

ざわちん、素顔で“彼女とデートなう”写真に挑戦 「本当にデートしている感じ」とファン興奮
まだ付き合い始めたばかりだから。(2017/8/14)

「泣かされた」「いい意味で裏切られた」 先へ先へと急ぐ彼女を描いた漫画「せっかち」に感動の声
2回読むとまだ違う気持ちが湧きます。(2017/8/13)

転職バーのハルカさん(3):
PR:ブランデーがお好きでしょ?――あなたに夢を見せてあげる
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」は、スキルや経験をアピールしてもなかなか内定が取れない。彼に欠けている“あるもの”に気付かせるために「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」が招集したのは、ちょっと(いや、とても)乱暴な彼女、「サディスティック・ミミ」だ!(2017/8/1)

真木よう子は“松クラスタ” 一松アイマスクを装着して「彼女と就寝なうに使っていいよ」
使いづらいよ!(2017/7/25)

悠木碧、今秋アニメ「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」で主題歌、メインキャストでも出演
これ以上の詳細はまだイッちゃダメなんです?(2017/7/21)

これはPerfume版「彼女とデートなう」画像! フェス後の写真が完全にご褒美
非のうちどころがないかわいさだ……。(2017/7/17)

週刊少年マガジン×ねとらぼ:
「お兄ちゃんこの人戯れてる!!」好きと迫る同級生とブラコン妹の板挟みマンガ『徒然チルドレン』から『お兄ちゃんの彼女』
(寄ってくる女の子を)フレー!フレー!お・に・い・ちゃん!(2017/7/11)

SKE48高柳明音の「彼女とデートなう」で彼氏終了のお知らせ 「冗談でも泣く」「斬新すぎる」
それは予想してなかった。(2017/7/6)

「よくできたフィギュアだ」 那波マオの『3D彼女 リアルガール』が中条あやみ主演で実写映画化
映画『ヒロイン失格』のスタッフ再集結で「美女とオタク」のラブストーリー。(2017/7/5)

「冴えない彼女の育てかた♭」キャンペーン ローソンで7月4日から
オリジナルイラストを使用したグッズを販売。(2017/6/27)

“結婚宣言”須藤凜々花にNMB48劇場支配人がコメント「彼女に嘘偽りはない」
騒動を謝罪するとともに、「NMB48卒業の意志を示しております」と報告。(2017/6/22)

ビジネス変革の担い手:
PR:「自分で目標の天井を作らない」――カルビーのヒット商品を支えるリーダー、網干氏の仕事哲学とは?【後編】
業績好調なカルビー。そのビジネス成長をけん引するシリアル食品「フルグラ」の事業本部でリーダーとして活躍するのが網干弓子氏である。前編に続き、ビジネス成功に向けた彼女の仕事哲学に迫る。(2017/6/19)

なにその夏仕様な橋本環奈「彼女とデートなう。に使っていいよ」! いちゃいちゃすぎる新作画像が話題に
「一緒に飲も?」(脳内妄想余裕でした)。(2017/6/14)

同一人物に見えないレベル 「彼女とデートなう」に投稿されたメイクのビフォーアフター写真が別人すぎる
バンド「キバオブアキバ」女性ボーカルが、罰ゲームですっぴん写真を公開。(2017/6/14)

「彼女なうって使っていいよ」 藤田ニコル、梅雨のジメジメを吹き飛ばす極くびれ黒ビキニが夏のすばらしさしかない
くびれキュインッ。(2017/6/9)

よりぬきAIの遺電子さん:
近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第11話「寡黙な彼女」
週刊少年チャンピオンで連載中の“近未来版ブラック・ジャック”こと「AIの遺電子」がITmedia NEWSに登場。編集部おすすめのよりぬきエピソードを全4回にわたって紹介する。(2017/6/8)

ビジネス変革の担い手:
PR:「現場を誰よりも理解する」――カルビーのヒット商品を支えるリーダー、網干氏の仕事哲学とは?【前編】
業績好調なカルビー。そのビジネス成長をけん引するのがシリアル食品「フルグラ」だ。なぜフルグラがこれほどまで売れているのか。そこにはリーダーとして頭角を現している一人の女性の姿があった。フルグラ事業本部において企画部 部長を務める網干弓子氏である。そのビジネス成功の裏には彼女のどのような仕事哲学があるのだろうか――。(2017/6/8)

私の彼氏「超イケボ」なの…… 声優・山寺宏一や緒方恵美の“彼女”になれる写真が大流行
イケボ彼氏ができちゃった。(2017/6/1)

SNSに“盛った”投稿する「バウワウチャレンジ」流行 ラッパー・バウワウのフェイク「プライベートジェット」写真がきっかけ
「新車」(ミニカー)、「彼女」(自作自演)など盛った写真を投稿する遊びが流行中。(2017/5/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。