ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「彼女」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「彼女」に関する情報が集まったページです。

モテたいのに「理想のガンマン」演じて今日も彼女なし 『保安官エヴァンスの嘘』が笑えると同時に耳痛い
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第93回。たてまえはクール、本音はスケベ。保安官のダンディズムが空回りするコメディ漫画を紹介。(2018/6/17)

「彼女がいないこの世界はよりよい場所」 米地方紙に掲載された辛らつな死亡記事が物議
(2018/6/8)

「スター・ウォーズ」ローズ役女優、相次ぐヘイトにSNS投稿全削除 マーク・ハミルの援護に賛同の声
「本当のスターウォーズファンはみんな彼女を愛してる」とファンの声も。(2018/6/7)

今までの常識を覆す:
就活をやめてエストニアへ そこで私が確信した日本と世界のキャリア観の決定的な違い
普通なら就職活動真っ只中の期間である大学3年生の1月から大学4年生の6月までの約半年、就活を中断してエストニアに留学中の筑波大学4年生、齋藤侑里子さん。そんな彼女が現地で感じた、日本の就活への違和感、グローバルスタンダードなキャリアの築き方とは――。(2018/6/6)

転職バーのハルカさん(8):
PR:銀の弾丸はどこにある?――ワクワクにワクワクしちゃダメよ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」のハルカさん(白)に会いに行くと、そこにいたのはハルカさん(黒)だった。彼女は「明日、素晴らしい会社がシュウヘイをスカウトする」と予言するが……。(2018/5/31)

こんなカップル、あこがれる……! 彼氏の不機嫌を見抜いて元気づける彼女にかなわない漫画
これを幸せと呼ばずになんと呼ぶ。(2018/5/18)

4コマ漫画「ドキドキすると性転換する彼女の話」 初デートで明かされた事実にドキドキが加速する
彼氏のキレのあるツッコミも最高。(2018/5/10)

突然彼氏への不満をこぼす彼女、その真意は? ツンデレの尊さに思わず手を合わせたくなる漫画
これはいいツンデレ。(2018/5/1)

「VRカノジョ」、とても健康的な一般版としてSteamで発売 
もともとはVRアダルトゲームとして販売されていました。(2018/4/9)

可愛げのない嫁とそんな彼女に惚れた男 戦時中のある夫婦の姿を描いた漫画「螢」に「心に響いた」
辛く切なくも温かい物語です。(2018/4/9)

NHKの人造アナウンサー「ニュースのヨミ子」さんはどうやって作られた?
NHKが開発した「ニュースのヨミ子」さんは、4月からニュース番組のリポーターとして働く3D CGの「人造アナウンサー」だ。彼女は、音声合成や機械学習といったAI技術を活用して作られたという。(2018/3/26)

「なんだその可愛さ!」 福原遥、1年遅れで“彼女とデートなう”写真の真打として登場する
最高かな?(2018/3/23)

第13回「オタク川柳」結果発表! 大賞は「いいじゃない 通貨も彼女も 仮想でも」
2位に「アイドルに MajiでKoiする 50前」、3位に「厨二病 完治せぬまま 成人病」と、悲哀あふれる句が続きます。(2018/3/22)

彼氏に牛乳プリンを食べられた彼女は…… かわいすぎる同棲カップルを描いた創作漫画に「尊い」「キュンときた」
どっちもかわいいな!(2018/3/20)

ここに杉田さんと中村さんの画像があるじゃろ? アダルトゲーム「VRカノジョ」の「乙女にもうれしい楽しみ方」が予想外
アダルト要素もカノジョ要素も一切無し!(2018/3/14)

夜にこっそり二人で話すのって、ちょっとドキドキするね 「からかい上手の高木さん」第9話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】ケータイの中には、彼女の写真が一枚。(2018/3/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カーリング女子はどうなる? このままでは行く末が心配
カーリング女子が脚光を浴びている。平昌五輪で銅メダルを獲得したこともあって、ちょっとしたフィーバーになっているが、心配もある。熱が冷めた際に、彼女たちの立場がどうなっているかということである。関係者がしなければいけないことは……。(2018/3/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
韓国のライバルにも、KYな質問にも。小平奈緒の“神対応”に、称賛の声
平昌冬期五輪のスピードスケート女子500メートルで日本女子初となった金メダリスト、小平奈緒選手。彼女は類まれなスケーティング能力もさることながら、1人の人間としてもキラリと光り輝いていた。(2018/2/23)

「ベッドで勉強しよっか」と部屋に来た彼女は流し目で言った 「からかい上手の高木さん」第7話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】中学生男女で一緒に水着買いに行きたい人生だった……。(2018/2/19)

好きをカタチにする行動力:
女子アナから働き方を変えた前田有紀さんがいま伝えたいこと
テレビ朝日のアナウンサーとして活躍した前田有紀さんは、入社10年という区切りの年に退社。そこからフラワーやガーデニングの世界に飛び込んだ。彼女自身の歩みを振り返りながら、いま、そしてこれからをじっくりと語ってくれた。(2018/2/13)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第574話 インスタ仲間
彼女、会社のチーム全員でインスタグラムをフォローし合ってるんですって! なんかステキ(ハート)(2018/2/6)

「見たかったら見てもいいよ」 雨で濡れて透けた彼女―― アニメ「からかい上手の高木さん」第5話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】雨の日神社で服を交換するドキドキ。(2018/2/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)

転職バーのハルカさん(6):
PR:クレイジーフォーユー――狂おしいほど好きよ、タコ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」で「ブラッディ・シーザー」を飲んでいると、男物のスーツを着た美女が現れた。「自分はスパイだ」と名乗る彼女、何やら大変な秘密があるようで……。(2018/2/1)

バーチャルYouTuber「輝夜月」1万字インタビュー 「それは竹www」誕生秘話、好きな食べ物は「チーズ」
「首絞めハム太郎」「動く抗うつ剤」などとも呼ばれる彼女の意外な一面が明らかに。(2018/1/30)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(6):
契約がなければ、裏切ったって構わないじゃないか――策士は金策がお好き
システム開発会社「マッキンリーテクノロジー」が被った、AIを活用したシステム開発の契約詐欺の調査に乗り出した江里口美咲は、単身ライバル企業に乗り込んだ。そこで彼女が聞いた意外な事実とは……?(2018/1/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大人たちによって作り上げられた“ポスト真央”、本田真凛の悲劇
オトナたちによって作り上げられた「悲劇のスター候補」だったのかもしれない。女子フィギュアスケートの本田真凛のことだ。期待されていた韓国・平昌五輪の代表入りを逃してしまったことで、今後の彼女はどうなる?(2018/1/18)

オタク男子とかわいい一般人女子彼女の漫画 尊さとうらやましさが溢れる内容に反響
これが尊いという気持ちか……。(2018/1/9)

あのキャラに花束を:
「動く抗うつ剤」「ストロングゼロの擬人化」―― バーチャルYouTuber輝夜月(かぐや・るな)を見て今年も元気にやっていこう
彼女の「おはよー!」の力強さよ。(2018/1/6)

ブリトニー・スピアーズの「息子のアート」が完全に孫悟空 ファン「彼女はこれが誰か知らないのでは」
ドラゴンボールのアメリカ人気は根強いのか?(2017/12/29)

「来世で会いましょう」彼女は最後にそう言った―― ネトゲで起きたボーイミーツガールを描く漫画がせつない
最後のセリフを「来世で会いましょう」と決めた競作企画の1編。物語は多様な解釈ができますが、どうとらえても悲しい……。(2017/12/19)

“雪の妖精”佐々木希、「彼女と雪遊びなう」な写真でファンをノックアウトする
冬が好きになってしまいそう。(2017/12/17)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
内閣府やJAXAなどが実行委員会となり、日本で初開催された宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」。300件におよぶ応募の中から大賞に選ばれたのがANAの現役社員である松本さんだ。彼女のアイデアとは……?(2017/12/8)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
2000万部超えのラノベ王子、子猫になった重版童貞に語る王者のアドバイス「俺には彼女がいない」
彼の名は、講談社ラノベ文庫編集部の副編集長・庄司智。(2017/12/3)

転職バーのハルカさん(5):
PR:悩んでたって始まらない――ジャンプするのよ、「グラスホッパー」のように
「シュウヘイ」は煮え切らない男。転職活動で内定をもらっても、グズグズ迷ってチャンスを逃してしまう。そんなシュウヘイを見かねた「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」は、彼に巣鴨限定アイドル「ファンシーメタル」のプロデュースを持ち掛ける。夢に向かってチャレンジする彼女たちを見て、シュウヘイ発奮!……できるかな?(2017/11/30)

SNSを使ってニートを脱却 「モテクリエイター」を名乗るゆうこすとは何者?
「SNSの恋人」を公言する彼女に、SNSとの上手な付き合い方について聞いてみた。(2017/11/4)

女の子の2択は永遠のテーマ 『クラスに彼女が2人いる。』きみはどっちを選ぶ?
「両方選ぶ」ってのはありなんでしょうか。(2017/11/4)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

モバクソ畑でつかまえて:
終わったスマホゲーのヒロインを呼び出し戦うゲーム「終幕彼女」の光と闇 なぜファンは“シナリオがアイコネの人”でざわついたのか?
これには聞くも涙、語るも涙の物語が……。(2017/10/10)

「恋人同士みたい」 山崎賢人&竹内涼真の“イチャイチャ”写真にファン卒倒
竹内さんの彼女感。(2017/10/8)

ダンロップが短編アニメ「ROAD TO YOU 〜君へと続く道〜」を10月11日から公開 「最終兵器彼女」の高橋しんさん参加
「最終兵器彼女」の高橋しんさんもキャラクター原案として参加しています。(2017/10/3)

乃木坂46齋藤飛鳥、毒舌CMでファンのメンタルをごりごり削る 「お前ら、彼女いたことねえだろ」
毒舌キャラが1人立ちしてきた。(2017/10/2)

東京ゲームショウ2017:
“カノジョ”と会える「ラブプラスVR」に長蛇の列
「東京ゲームショウ2017」のKONAMIブースで、「ラブプラス EVERY」のVR体験ができる。(2017/9/21)

お願い、開けないで…… 「少女革命ウテナ」ひつぎ型アクセサリーケースが登場
次の日、彼女は棺から出ていた。何かを感じさせる目をして……。(2017/9/8)

“彼女とデートなうに使っていいよ写真”ブームに乗り遅れた竹達彩奈 「時を越えたデート」にファン歓喜
「ブームに乗るのがいつも遅い!」(竹達さん)。(2017/8/27)

「ギャルでーす」“彼女感”写真の佐藤ノア、小悪魔ageha風メイクで天使から大変身
北海道民はドン・キホーテをドンホと呼ぶことにも驚いた。(2017/8/26)

Google Domains、白人至上主義サイト「Daily Stormer」のドメインを停止
米バージニア州で発生した極右団体とその反対派の衝突の中で殺害された女性について「彼女が死んで多くの人が喜んでいる」という記事を公開した白人至上主義サイト「Daily Stormer」が、ドメインを登録していたGoDaddyから追い出され、次に登録したGoogle Domainsからも数時間で登録をキャンセルされた。(2017/8/15)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>
綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。(2017/8/15)

ざわちん、素顔で“彼女とデートなう”写真に挑戦 「本当にデートしている感じ」とファン興奮
まだ付き合い始めたばかりだから。(2017/8/14)

「泣かされた」「いい意味で裏切られた」 先へ先へと急ぐ彼女を描いた漫画「せっかち」に感動の声
2回読むとまだ違う気持ちが湧きます。(2017/8/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。