ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイドルマスター ディアリースターズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイドルマスター ディアリースターズ」に関する情報が集まったページです。

アイマスクラスタ感涙! 「アイドルマスター 全アイドル名鑑(仮)」が3月に発売決定
アイマス10周年記念書籍。アイマスシリーズに登場するすべてのアイドルを網羅。(2016/1/29)

うおおおおおおお! ソーシャルゲーム「アイドルマスター SideM」にあの元女装アイドル・秋月涼が参戦
いろんな意味で涙する人続出。(2015/4/30)

アイドルマスターのアイドルキャラ声優がついに100人突破! まだまだ増えるぞ(多分)
今年中にめざせ150……200人!(2015/2/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/4/10)

「テイルズ オブ グレイセス エフ」DLCで「アイマス」衣装称号などが配信!
(2010/12/8)

TGS2009:
お台場のガンダムがTGSにやってきた!? バンナム、D3ブース合わせて20種類以上のタイトルが体験可能!――バンダイナムコゲームス/ディースリーパブリッシャーブース
バンダイナムコゲームスの「鉄拳6」や「機動戦士ガンダムVS.」シリーズ最新作、ディースリーパブリッシャーから発売される劇場公開を控えた「ATOM(アトム)」など、両ブースの体験可能なゲームを一挙に紹介していく。(2009/9/25)

日々是遊戯:
再三話題のタイ産美少女ゲーム「Re Angel」、とうとう日本語体験版が公開に
今話題の美少女ゲームと言えば何でしょうか。「ラブプラス」? それとも「アイマスDS」? いいえ、時代は「Re Angel」です!(2009/9/18)

ライブ、大喜利、質問コーナー、サプライズゲスト――内容盛りだくさんのアイマス4周年ツアー 大阪公演
「THE IDOLM@STER」の全国ライブツアー「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!」大阪公演が7月23日、なんばHatchで開催された。当日は中村繪里子さん、原由実さん、今井麻美さん、仁後真耶子さん、平田宏美さん、滝田樹里さん、サプライズゲストの沼倉愛美が駆けつけた。(2009/9/18)

日々是遊戯:
消えゆくアーケード版「アイマス」、鳥取のプロデューサーがお金を出し合い復活させる
今年2月に最後の設置店が閉店となり、事実上鳥取からは消えてしまったはずのアーケード版「アイドルマスター」ですが、このたびファンの活動が実を結び、復活させることに成功したとのことです。(2009/8/11)

DS用「アイマス」、9月発売 今度はアイドル視点で
DS版アイマスは9月17日に発売。アイドル視点でストーリーが進行する。(2009/7/8)

876プロからデビューする新キャラ3人にインタビュー――「アイドルマスター ディアリースターズ」
みんなのニンテンドーチャンネルやDSステーションで配信される「アイドルマスター ディアリースターズ」の新人たちにいろいろ聞いちゃうスペシャルコンテンツを紹介する。(2009/6/24)

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO:
3時間テンション上がりっぱなし――写真で見る「アイドルマスター」4周年記念ライブ
5月30日に行われたバンダイナムコゲームスの「アイドルマスター」シリーズ4周年記念ライブイベント“THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO”の模様を写真中心にお届けする(※拡大写真も多めです)。(2009/6/22)

THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO:
「アイドルマスター」続編の第1弾はニンテンドーDSで――新キャラのCVには戸松遥、花澤香菜、三瓶由布子を起用
「アイドルマスター」シリーズの4周年記念ライブ「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO」にて、ニンテンドーDS用ソフト「アイドルマスター ディアリースターズ」を開発中であることが明らかになった。(2009/6/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。