ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「伊勢谷友介」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伊勢谷友介」に関する情報が集まったページです。

とんねるずっぽい展開! 木梨憲武、就職に悩むラジオリスナーを映画関係者と引き合わせる神対応
こんなことってある?(2018/4/22)

木梨憲武、新宿を飛ぶ! 実写「いぬやしき」特報が解禁 アニメ最終回では1回限りの特別映像
テレビアニメ最終回は12月21日25時25分から。(2017/12/21)

『あしたのジョー』原案のテレビアニメ「メガロボクス」が2018年春に放送決定!
まだ真っ白に燃え尽きてなかった!(2017/10/14)

伊勢谷友介、「安定のセルフィー」と定評のある集合写真が“いろいろ分かってる”
次もよろしくお願いします(意味深)。(2017/6/2)

花火と音楽の新感覚エンターテインメント「STAR ISLAND」がお台場で開催
きらびやかな水上ショーも楽しめます。(2017/5/17)

「あ? いまなんつった!」 実写「ジョジョ」の新予告で不良にキレる東方仗助、アンジェロのスタンド攻撃も
髪型に触れてはいけない。(2017/4/27)

映画「3月のライオン」、後編予告映像が解禁 伊勢谷友介演じる“妻子捨男”登場で思わず歯ぎしりしてしまいそう
後藤、宗谷と零の将棋対決も見どころです。(2017/4/4)

奥浩哉原作の実写映画「いぬやしき」キャスト発表 木梨憲武と佐藤健がサイボーグ戦で激突する!
映画は2018年に公開。(2017/3/17)

実写「ジョジョ」本編映像&ティーザーポスター初公開! 注目キャラも一挙に登場
サスペンスフルな映像に期待が高まります。(2017/3/7)

映画「ジョジョ」、伊勢谷友介演じる空条承太郎がバァーンっと解禁! あの帽子も完全再現
実写でも境目が分からない。(2017/3/1)

山田孝之「割と素に近い」 実写映画「ジョジョ」、“史上最低の殺人鬼”アンジェロの怪しすぎるビジュアルが解禁
山田さん、その発言はアブなすぎです。(2017/2/23)

スゲーッ 金髪ロンゲ&銀髪ヤンキーだぜ! 実写「ジョジョ」虹村兄弟のビジュアル解禁
岡田将生さんと真剣佑さんによるイケメン虹村兄弟。(2017/2/15)

おでこ全開の神木きゅん、不敵な表情の小松菜奈もイケる! 実写版「ジョジョ」新ビジュアル解禁
山崎賢人さん演じる主人公・東方仗助とどう絡むのかも見もの。(2017/2/8)

実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」、公開日が2017年8月4日に決定
“第一章”ということは今後シリーズ化するということだッ!(2016/12/15)

ジョジョ実写化に批判相次ぐ なぜかキャストじゃない「北村一輝」がトレンド入りする理由とは?
好意的な意見もありますが……。(2016/9/28)

「ジョジョ」4部が実写映画に 東宝とワーナー初の共同製作
「ジョジョの奇妙な冒険」実写映画化が発表された。(2016/9/28)

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」が実写映画化 キャストに山崎賢人、神木隆之介、山田孝之
監督は「悪の教典」「テラフォーマーズ」などの三池崇史さん。(2016/9/28)

大野智主演映画「忍びの国」の追加キャスト発表! 石原さとみ、鈴木亮平、伊勢谷友介、知念侑李など
忍者VS侍!(2016/8/22)

伊勢谷友介、“暴君”と化す 「ジャングル・ブック」でディズニー映画初挑戦
「ジャングルは現代社会の比喩」と伊勢谷さん。(2016/6/16)

スーツでどう見せる?:
メンズファッション誌のリッチコンテンツ「Gainer+」最新版無料配信
デキる男を目指す若手ビジネスマン向け月刊誌「Gainer」11月号のリッチコンテンツ版『Gainer+ 2013 NOVEMBER Rich Contents Edition』の無料配信が始まった。(2013/10/15)

「デモクラシー2.0イニシアティブ」記者会見 津田大介さん、伊勢谷友介さんら出演
「参加型民主主義」の実現を目指す団体「デモクラシー2.0イニシアティブ」に関する記者会見をライブ配信する。出演者は田坂広志氏(多摩大学大学院教授)、伊勢谷友介氏(クラウド・ガバメント・ラボ)、藤沢久美氏(シンクタンク・ソフィアバンク代表)、津田大介氏(ジャーナリスト)。主催は自由報道協会。配信は12月9日17時30分〜。(2012/12/7)

石野純也のMobile Eye(10月6日〜10月19日):
「LTE」「端末」「サービス」から読み解く携帯3キャリア“冬の陣”
この2週間の大きなトピックは、ドコモ、au、ソフトバンクの新機種が発表されたこと。冬モデルでは高速通信サービスの対応機種が大幅に拡充され、3社ともエリアの拡大にも余念がない。今回はネットワーク、端末、サービスという切り口から3社の戦略を見ていこう。(2012/10/19)

「au+1 collection」に、伊勢谷友介さん監修のアルミ製スマホケースがラインアップ
KDDIの「au+1 collection」ブランドに、俳優・伊勢谷友介さんが監修したオリジナルデザインの「au×GILD design」が登場した。(2012/10/17)

「スマートパス」もサービス拡充:
KDDI、auスマホ・タブレットの2012年冬モデル10機種を発表――全機種LTEに対応しテザリングも提供
KDDIは、2012年冬モデルとなるauのAndroidスマートフォン9機種とタブレット1機種の計10モデルを発表した。全機種がauの4G LTEに対応しテザリングも可能。スマホはすべてワンセグやおサイフをサポートする。(2012/10/17)

WiMAX搭載GALAXY S II、新型Xperia、テンキー付きINFOBAR――KDDIがau春モデルを発表
KDDIがau春モデル5機種を発表。「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」「Optimus X IS11LG」「Xperia acro HD IS12S」「MOTOROLA RAZR IS12M」に加え、テンキー付き「INFOBAR C01」も登場した。(2012/1/16)

伊勢谷友介さん、長谷川穂積さんや野口健さんと対談 「SAMURAI Talk」
俳優の伊勢谷友介さんがゲストと対談する番組「SAMURAI Talk」(BS日テレ)の収録の様子をノーカットでUstream配信する。ゲストはプロボクサー長谷川穂積さん、アルピニスト野口健さん、フラワーアーティスト東信さん、ミュージシャン大友良英さん。配信は2月25日19時0分〜2月25日23時0分。(2011/2/25)

+D Style 最新シネマ情報:
「ブラインドネス」
視力を失う奇病が世界に広がり、混乱と狂気の闇が迫る。今年のカンヌ国際映画祭オープニング作品でもあった話題作「ブラインドネス」を紹介。(2008/10/7)

新作DVD情報:
ルール無用の三池流ウエスタン――「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
イカれたキャラクターたちに、予測不可能なストーリー、クールなのにギャグも満載、話題の和製ウエスタンがDVDとBlu-ray Discで登場!(2008/1/28)

+D Style 最新シネマ情報:
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
人を喰ったようなタイトル、友情出演のタランティーノ以外すべて日本人、日本が舞台のマカロニ・ウエスタン、主題歌はサブちゃん、そしてセリフは全編英語……。ごった煮感と自由な発想が楽しい痛快和製ウエスタン。(2007/8/31)

Mobile&Movie 第269回:
図鑑に載ってない虫「この仕事、降りてもいいですか?」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのはテレビドラマ『時効警察』でおなじみの三木聡監督作「図鑑に載ってない虫」。アカデミー賞候補になった女優の菊地凛子も登場します。(2007/7/27)

新作DVD情報:
甘酸っぱい“ハチクロ”ワールド全開――「ハチミツとクローバー」
蒼井優、加瀬亮、櫻井翔ら注目の若手スター共演で、人気コミックを実写化。青春って素晴らしい、と素直に思える好感度大の作品。メイキング、出演者集結の座談会など特典も充実。(2006/12/25)

新作DVD情報:
松子の生きた53年は果たして不幸だったのか!?――「嫌われ松子の一生」
20代で教師をクビになり、家を飛び出しソープ嬢に。やがてはヒモを殺害し、刑務所に服役。すべての男に捨てられ、引きこもりのどん底生活……それが川尻松子の人生でした。(2006/11/6)

「ハチミツとクローバー」映画化決定
(2005/8/25)

CASSHERNジャパンプレミアイベント、exciteが完全生中継
(2004/4/19)

映画「CASSHERN」特集サイトがYahoo!ムービーにオープン
(2004/4/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。