ニュース
» 2012年01月16日 10時11分 UPDATE

WiMAX搭載GALAXY S II、新型Xperia、テンキー付きINFOBAR――KDDIがau春モデルを発表

KDDIがau春モデル5機種を発表。「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」「Optimus X IS11LG」「Xperia acro HD IS12S」「MOTOROLA RAZR IS12M」に加え、テンキー付き「INFOBAR C01」も登場した。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが1月16日、2012年春商戦で発売するモデル5機種を発表した。

 発表されたのは、Samsung電子製の「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」、LGエレクトロニクス製の「Optimus X IS11LG」、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Xperia acro HD IS12S」、モトローラ・モビリティ製の「MOTOROLA RAZR IS12M」、iidaスマートフォン「INFOBAR C01」。

 ISW11SCは、GALAXY S IIをベースにしたWiMAX搭載スマートフォン。HDサイズの約4.7インチ「HD SUPER AMOLED」や1.4GHzデュアルコアCPUを搭載する。IS11LGはコンパクトボディと高輝度液晶が特徴のモデル。IS12Sは、すでに発表済みの「Xperia acro HD」のau向けモデル。1.5GHzのデュアルコアCPUや4.3インチHD液晶に加え、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、防水など日本向け機能をサポートする。RAZRブランドを受け継ぐIS12Mは、厚さ約7.1ミリのスリムボディと高い強度を実現した。

photo 左から「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」「Optimus X IS11LG」「Xperia acro HD IS12S」「MOTOROLA RAZR IS12M」「INFOBAR C01」

photophoto Samsung電子製の「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」(写真=左)と、LGエレクトロニクス製の「Optimus X IS11LG」(写真=右)
photophoto ソニー・エリクソン製の「Xperia acro HD IS12S」(写真=左)とモトローラ・モビリティ製の「MOTOROLA RAZR IS12M」(写真=右)

 iidaブランドからは、物理型のテンキーを搭載したINFOBAR C01が登場。本体色はINFOBARの伝統色である「NISHIKIGOI」に加え、初代INFOBARにも採用された「ICHIMATSU」と新色「KIIRO」をラインアップ。「INFOBAR A01」でおなじみの「iida UI」も継承している。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、グローバルパスポート(CDMA/GSM/GPRS)にも対応する。

photophoto iidaスマートフォン「INFOBAR C01」

 5機種ともOSはAndroid 2.3。発売次期はISW11SCとIS11LGが1月20日、IS12Sが3月中旬以降、IS12Mが3月上旬以降、INFOBAR C01が2月上旬以降を予定している。これら5機種は、KDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)、au NAGOYA(愛知・名古屋)にて、1月17日から展示を開始する。

 このほか、Huawei製のWiMAX搭載ルーター「Wi-Fi WALKER DATA08W」の専用クレードルを3月上旬以降に提供する。

第1弾の「3M戦略」や国内初のNFCサービスも開始

 KDDIは「マルチデバイス」「マルチネットワーク」「マルチユース」を含む“3M戦略”をスタートさせる。この第1弾となる取り組みのカギとなるのが「auスマートパス」「auスマートバリュー」「au ID」だ。

 3月1日に開始するauスマートパスでは、月額390円で500本以上のアプリ、クーポン、ポイントサービス、10Gバイトのストレージを利用できる。同じく3月1日から提供するauスマートバリューでは、auスマートフォンと、auひかりをはじめとするKDDI指定の固定通信サービスを契約すると、auスマートフォンの毎月の利用料金から最大2年間、1480円が割り引かれる。これまでauユーザー向けに提供していた「au one ID」は、3月1日から「au ID」に変更される。

 自宅のブロードバンド回線に、無線LANアクセスポイント「HOME SPOT CUBE」(レンタル機器)を接続することで、自宅で無線LANを利用できるようになる「Wi-Fi HOME SPOT」を2月14日から提供する。利用料金は月額525円だが、2012年5月31日までに申し込み、「ISフラット」または「プランF(IS)シンプル」「プランF(IS)」に加入すれば、キャンペーンにより無料となる。

 国内初のモバイルNFCサービスの商用化も1月下旬から開始する。電子マネーやクレジットの決済サービス、クーポン、会員証、チケットとして利用できる「カード機能」、NFCタグを内蔵したポスターにNFC端末をかざすと情報を入手できる「リーダ機能」、NFC端末同士をかざすと情報交換ができる「Peer to Peer機能」などを利用できる。2012年1月時点での対応機種はGALAXY S II WiMAX ISW11SC。

 春商戦に向けたキャンペーンも実施。25歳以下のユーザーが対象のauスマートフォンを新規または機種変更で購入すると、「ISフラット」の定額料が5460円から最大2年間、実質4410円に割り引かれる。さらに、auに新規契約をして「プランZシンプル」に申し込んだ学生ユーザーに対し、基本使用料を最大3年間、学生の家族の基本使用料を最大15カ月間、無料とする「ともコミ学割」を1月18日から5月31日まで受け付ける。

 auポイントプログラムもリニューアルし、毎月の利用料金に応じてたまるポイントが、2012年4月利用分から100円ごとに1ポイントとなるほか、2013年6月から4年間のポイント有効期限が設定される。auポイントプログラムで貯めたポイントは、ショッピングサイトでの買い物やWebコンテンツの購入時に利用できる。

 アフターサービスも強化し、新たに「安心ケータイサポートプラス」を2月14日から提供する。従来のau取扱店での預かり修理に加え、専用コールセンターに電話をすることで、2日以内に代替機をユーザーの指定場所に届けるサービスも提供する。利用料金は月額399円。

photophoto auの新しいスローガン「あたらしい自由。」の展開に合わせ、1月16日から「au」ブランドマークを変更する。
photophoto
photophoto 発表会には、auのCMキャラクターを新たに務める井川遥さん(写真=左上)、伊勢谷友介さん(写真=右上)、剛力彩芽さん(写真=左下)が登場。auが描く自由を強調すべく、不自由の象徴・自由に憧れる存在として、「巨人の星」の主人公・星飛雄馬も広告に採用。発表会ではモニターからメッセージを届けてくれた(写真=右下)
2012年春モデルの主な特徴
製品名 主な特徴 詳細記事 写真記事
GALAXY S II WiMAX ISW11SC 約4.7インチのHD SUPER AMOLEDを搭載したWiMAX対応スマートフォン。1.4GHzのデュアルコアCPUにより高速な動作を実現。16Gバイトのメモリーを内蔵する。1月20日発売予定。 詳細記事 写真記事
Optimus X IS11LG コンパクトボディに4インチ、700カンデラの高輝度液晶、デュアルコアCPUを備えたモデル。1月20日発売予定。 詳細記事
Xperia acro HD IS12S 4.3インチHD液晶やデュアルコアCPUを搭載した新型Xperia。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水性能など日本向け機能もサポートしている。UMTSローミングにも対応。3月中旬以降発売予定。 詳細記事 写真記事
MOTOROLA RAZR IS12M RAZRのブランドを受け継ぐスリムなスマートフォン。同じ重さの鋼鉄よりも5倍の強度を持つKEVLARファイバーを採用。1780mAhの大容量バッテリーも装備している。3月上旬以降発売予定。  詳細記事 写真記事
INFOBAR C01 物理型のテンキーを搭載したiidaスマートフォン。「NISHIKIGOI」「ICHIMATSU」「KIIRO」の3色を用意。iida UIも継承している。2月上旬発売予定。 詳細記事 写真記事

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.