ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RAZR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RAZR」に関する情報が集まったページです。

Motorolaも「折りたたみスマホ」開発か 特許申請書類の画像で明らかに
Samsungに続き、Lenovo傘下のMotorolaも折りたたみスマートフォンを開発しているようだ。WIPOに登録されたデザイン特許の画像は、縦長で半分に折りたためる、往年の「RAZR」シリーズのようだ。(2019/1/22)

「RAZR M」のAndroid 4.1アップデートを再開――ソフトバンクモバイル
OSのアップデートは3月19日に提供を開始したが、21日に一時停止してた。(2013/4/15)

ソフトバンク、「RAZR M 201M」のAndroid 4.1アップデートを3月19日から提供
ソフトバンクモバイルが、モトローラ製「RAZR M 201M」のAndroid 4.1へのOSアップデートの日程を発表。3月19日以降、準備が完了した個体から順次更新の通知が届く。(2013/3/18)

サービスは15日から:
ソフトバンク、「STREAM 201HW」「RAZR M 201M」にテザリング準備アプリを追加
ソフトバンクは、SoftBank 4G(AXGP)対応スマホ「STREAM 201HW」にテザリングを開始するための準備アプリを追加した。同様のアプリは「RAZR M 201M」にも提供が始まっている。(2012/12/14)

“4G”の速度テストは驚きの結果に:
PR:サイズ、スピード、デザイン――「Motorola RAZR M」ブロガーイベントで注目されたポイントとは?
発売前の「Motorola RAZR M」を、いち早くモバイル・ガジェット好きのブロガーの目に試してもらうイベントを開催。参加者のブログに掲載された感想から、RAZR Mの魅力に迫った。(2012/11/12)

ソフトバンクモバイル×Motorola 特別対談:
PR:大画面+超高速通信だけじゃない 使えば分かる「Motorola RAZR M」の“バランス”と“気配り”
スマホをスペック“だけ”で選んではいけない――なぜなら、コンパクトなボディに4.3インチの有機ELを搭載したSoftBank 4G対応の「Motorola RAZR M」には、使いやすさのための気配りが込められているからだ。(2012/11/6)

ソフトバンク、「RAZR M」「ARROWS A」「STAR7」などのソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルは、「RAZR M」「ARROWS A」「STAR7」のAndroidスマートフォン3機種と、データ通信端末「004Z」の最新ソフトを公開した。(2012/11/1)

AXGPでさらに快適:
目指したのは“Best of Google”なデバイス――Motorolaに聞く「RAZR M」
ソフトバンクモバイルから登場したMotorola Mobility製のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」。Google傘下となって初の製品であり、また初めてソフトバンク向けに供給されるMotorolaの端末でもある。その開発の狙いを聞いた。(2012/10/31)

渋谷109前に巨大「RAZR M」が降ってきた?――“FULL-SCREEN”体感ゲームでオリジナルグッズをプレゼント
モトローラ・モビリティは、ソフトバンクモバイルから発売された「Motorola RAZR M 201M」のタッチ・アンド・トライイベントを東京・渋谷の109前で実施した。11月3日・4日にも行う。(2012/10/29)

まさにFULL-SCREEN:
PR:コンパクトで大画面、4G対応の高速通信でGoogleアプリも快適な『Motorola RAZR M』の魅力
Motorolaの「Motorola RAZR M」が日本上陸。下り最大76MbpsのSoftBank 4Gに対応しさらにおサイフケータイも利用できる話題のグローバルモデルを、さっそくレビューした。(2012/10/29)

“モトローラ”で大喜利も:
4G対応の「Motorola RAZR M」発売 記念イベントにしずる・ハイキングウォーキングが登場
東京・渋谷のヤマダ電機 LABI渋谷で行われた「Motorola RAZR M 201M」発売記念イベントに、しずる・ハイキングウォーキングが登場。製品の魅力を“モトローラ”大喜利などでアピールした。(2012/10/26)

ソフトバンクモバイル、「RAZR M 201M」を10月26日に発売
ソフトバンクモバイルは、Motorola製のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」を10月26日に発売する。下り最大76MbpsのSoftBank 4G(AXGP)に対応し、12月中旬からはテザリングも提供する。(2012/10/24)

写真で解説する「RAZR M 201M」
「RAZR M 201M」は、ソフトバンクモバイル初となるMotorola製のスマートフォン。狭額縁設計、全面ディスプレイのコンパクトなボディと背面には鋼鉄の5倍の強度を持つというKEVLAR(ケブラー)ファイバーを使用(ホワイトはPET)し、素材独特の模様が外観の特徴となっている。(2012/10/15)

SoftBank 4G対応:
おサイフケータイにも対応した話題のグローバルモデル――「RAZR M 201M」
「RAZR M 201M」は、コンパクトでスリムなボディに4.3インチのQHD表示タッチパネルを搭載した全面ディスプレイといえるモデル。グローバルモデルでありながら、AXGPやおサイフケータイに対応している。(2012/10/9)

ブロガー限定:
PR:「MOTOROLA RAZR M」タッチ・アンド・トライイベント 10月18日開催決定!!
ソフトバンクから登場したモトローラの4G対応Androidスマートフォン「MOTOROLA RAZR M 201M」。最新スマホをじっくり試せるブロガー限定のイベントを、10月18日に開催します。【締め切り間近!】(2012/10/9)

写真で見る「RAZR HD」「RAZR MAXX HD」
Google傘下になって初めてMotorolaが発表した新型スマートフォン「RAZR M」「RAZR HD」「RAZR MAXX HD」。このうち大容量バッテリー搭載モデルのRAZR HDとRAZR MAXX HDを写真でチェック。(2012/9/12)

バッテリーは2000mAh:
LTE&おサイフ対応で日本市場にも投入――写真で見る「RAZR M」
MotorolaがGoogleの子会社になってから初めて世に出すAndroidスマートフォンの「RAZR M」「RAZR HD」「RAZR MAXX HD」。なかでも小型モデルのRAZR Mは、日本市場への投入も検討されているモデルだ。(2012/9/6)

「Androidの1日当たりアクティベートは130万台」──シュミット会長がMotorolaのイベントに登壇
Motorolaの新DROID RAZRの記者発表イベントに登場したGoogleのエリック・シュミット会長が、1日当たりのAndroidのアクティベーション数は130万台で、タブレットはそのうちのわずか7万台であることを明らかにした。(2012/9/6)

Motorola、大容量バッテリー搭載の「Droid RAZR M」「Droid RAZR HD」発表
Motorolaが9月5日(米国時間)、「Droid RAZR」の新モデルを発表した。コンパクトなボディに長持ちするバッテリーを搭載した「Droid RAZR M」と、大画面・大容量が特徴の「Droid RAZR HD」、特大容量のバッテリーを持つ「Droid RAZR MAXX HD」の3機種をラインアップする。(2012/9/6)

Google傘下のMotorola、「DROID RAZR HD」を発表 初のChromeプリインストール機
Motorola MobilityがGoogle傘下になって初のAndroid端末を発表した。Webブラウザとして従来の「ブラウザ」ではなく「Google Chrome」がプリインストールされている。(2012/9/6)

KDDI、「MOTOROLA RAZR IS12M」のソフトウェア更新を開始
モトローラ・モビリティ製のauスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」のソフトウェア更新が開始された。microSDXCカード(非対応)を取り付けた際に、microSDXC内のデータが破損する事象などが改善される。(2012/9/4)

KDDI、「MOTOROLA RAZR IS12M」をAndroid 4.0にアップデート
KDDIは、モトローラ製「MOTOROLA RAZR IS12M」のAndroid 4.0アップデートを開始した。ロック画面のデザイン変更や顔認証機能などが追加されるが、Flash Playerなどサポートしない機能もある。(2012/7/11)

「MOTOROLA RAZR IS12M」「Xperia acro HD IS12S」、6月下旬以降にAndroid 4.0へアップデート
auのAndroidスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」と「Xperia acro HD IS12S」が、6月下旬以降にAndroid 4.0へアップデートされる。(2012/6/11)

「MOTOROLA RAZR IS12M」の“ここ”が知りたい:
第4回 カメラの使い勝手はどう?――「MOTOROLA RAZR IS12M」
今回の「MOTOROLA RAZR IS12M」“ここ”が知りたいでは、MOTOROLA RAZRのカメラについて使い勝手をチェック。また、プリセットされた音楽プレーヤーの便利な機能も紹介する。(2012/4/3)

「MOTOROLA RAZR IS12M」の“ここ”が知りたい:
第3回 「Webtop」って何? HDステーションでできることは?――「MOTOROLA RAZR IS12M」
「MOTOROLA RAZR」や「MOTOROLA PHOTON」などのモトローラ・モビリティ製スマートフォンは、「Webtpo」と呼ばれる独自機能を搭載している。Androidとは別のOSを内蔵し、PCのようなデスクトップ環境が利用できる。(2012/3/27)

モトローラ・モビリティ、Motorola RAZR用「HDステーション」と「車載ドック」を発売
モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Motorola RAZR専用アクセサリーの「HDステーション」と「車載用ドック」を発売した。(2012/3/19)

「MOTOROLA RAZR IS12M」の“ここ”が知りたい:
第2回 どんなアプリが入ってる? 「MotoCast」で何ができる?――「MOTOROLA RAZR IS12M」
「MOTOROLA RAZR IS12M」には使い勝手の良いオリジナルアプリが多数プリインストールされている。中でも充実しているのが、SNS関連とエンターテインメント系のアプリ。また自分のPC内にリモートでアクセスできるサービスも用意している。(2012/3/19)

「MOTOROLA RAZR IS12M」の“ここ”が知りたい:
第1回 どれくらいスリム? バッテリーは持つ?――「MOTOROLA RAZR IS12M」
モトローラ・モビリティ製の「MOTOROLA RAZR IS12M」は、最薄部7.1ミリのボディにデュアルコアCPUを搭載するなど、スリム&パワフルが持ち味のスマートフォン。実際のところどれくらい薄いのか、またバッテリーの持ちはどうなのか調べた。(2012/3/12)

切れるほど薄い?:
スリムでファッショナブル、そんな「MOTOROLA RAZR」を“はさみ”で表現
モトローラのAndroidスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」が発売された。これを記念するイベントでは、はさみ1本でTシャツをドレスに変えるという、驚きのパフォーマンスが披露された。(2012/3/2)

「MOTOROLA RAZR IS12M」、3月1日発売 Android 4.0へのアップデートも予定
KDDIが3月1日、モトローラ・モビリティ製のAndroidスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」を発売する。5月中旬以降に、Android 4.0へのアップデートも予定しているという。(2012/2/27)

スリム×ハード×クレバー:
国内市場に「MOTOROLA RAZR」が“再参入” 狙いはモトローラのブランド浸透
モトローラ・モビリティがauのAndroidスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」の製品説明会を開催。ブランド名にふさわしいスリムさだけでなく、ハードさとクレバーさも兼ね備えた“RAZR”の魅力を紹介した。(2012/1/19)

写真で解説する「MOTOROLA RAZR IS12M」
あの“MOTORAZR”がAndroidになってカムバック――「MOTOROLA RAZR IS12M」は厚さ7.1ミリのボディにデュアルコアCPUを搭載したグローバルモデル。オススメの端末設定をユーザーに“提案”するという「smart action」を搭載している。(2012/1/17)

スマホが「ノートPC」にも変身:
PC利用者にちょっとうれしい、モトローラ製スマホの「PC連携」機能いくつか
auの春モデル新スマートフォン、「MOTOROLA RAZR(IS12M)」が登場。あのRAZRブランドを用いた極薄ボディに加え、「ノートPCに変身」「5GHz帯対応」「無料自宅クラウドストレージ化機能」など、現PC利用者が活用したい機能を多く備える。(2012/1/17)

WiMAX搭載GALAXY S II、新型Xperia、テンキー付きINFOBAR――KDDIがau春モデルを発表
KDDIがau春モデル5機種を発表。「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」「Optimus X IS11LG」「Xperia acro HD IS12S」「MOTOROLA RAZR IS12M」に加え、テンキー付き「INFOBAR C01」も登場した。(2012/1/16)

“RAZR”がAndroidになって復活――厚さ7.1ミリの「MOTOROLA RAZR IS12M」
モトローラ製の「MOTOROLA RAZR IS12M」は、日本でも人気を得た薄型ケータイ“RAZR”の名を持つAndroidスマートフォン。最厚部7.1ミリのスリムボディに、モトローラの独自機能を詰め込んだ。(2012/1/16)

Motorola、7.1ミリ厚のAndroid 2.3端末「DROID RAZR」を発表
Motorolaが“カミソリのように薄い”スマートフォン「DROID RAZR」を発表した。米国ではVerizonが10月末から予約を受け付ける。(2011/10/19)

Motorolaの「RAZR」がAndroid端末として復活 厚さ7.1ミリ
超薄型携帯電話として話題になったMotorolaの「RAZR」がAndroid搭載で帰ってきた。(2011/10/19)

au初のモトローラ製スマートフォン:
PR:WiMAXとデュアルコアプロセッサでダブルの速さ 「MOTOROLA PHOTON ISW11M」の実力に迫る
名機「MOTOROLA RAZR」以来となる、モトローラの音声端末が、久々に日本に登場する。WiMAXの高速通信に対応するauの「MOTOROLA PHOTON」は、デュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォンのグローバルモデル。その秘めたポテンシャルを、早速チェックしてみよう。(2011/10/11)

米携帯電話販売台数シェア、iPhone 3Gがトップに――NPD調べ
12期連続で首位にあったMotorola RAZRをiPhone 3Gが抜いた。(2008/11/11)

韓国携帯事情:
台HTCの「Touch Dual」が韓国上陸――海外ケータイは生き残れるのか
現在の韓国ケータイ市場には海外端末があまり流通していない。Motorolaが「RAZR」シリーズで一時代を築いたのは過去の話であり、Nokiaはわずか1年半で撤退。最新スマートフォンをひっさげて参入するHTCはどうだろうか。(2008/7/29)

悪質なJPEG画像に注意:
Motorolaの薄型携帯電話「RAZR」に脆弱性
マルチメディアメッセージサービスで悪質なJPEG画像を送りつけ、任意のコードを実行できてしまう可能性がある。(2008/5/29)

Motorolaが新端末発表、高級版RAZR2など
Motorolaは高級版RAZR2のほか、タッチ式の背面ディスプレイを搭載した音楽ケータイなどを投入する。(2007/10/12)

Motorola、「RAZR2」など新機種を発表
「RAZR2」は従来機種より2ミリ薄く、デジタル音楽とビデオ再生機能、Webブラウザ機能を装備する。(2007/5/16)

iPhoneを買うつもりなのは携帯ユーザーの6%?――米調査
発売から12カ月以内にiPhoneを必ず買う予定だと応えたのは全体の6%だが、この数字は人気携帯RAZRのピーク時の市場シェアに一致する。(2007/5/3)

写真で見る「M702iS(RED)」
アフリカでのHIV/AIDSの対策支援を目指すプロジェクト「(RED)」の協賛製品である「M702iS(RED)」が、4月27日から全国一斉に発売される。HIV/AIDS撲滅を支援する赤いRAZRを公開。(2007/4/20)

金色のRAZR「M702iS DOLCE&GABBANA」を限定発売──ドコモオンラインショップ
金色に輝くRAZRのDOLCE&GABBANAモデルが、NTTドコモの「ドコモオンラインショップ」で発売。4月20日からの期間限定で、在庫がなくなり次第終了となる。(2007/3/29)

金色に輝くRAZRのDOLCE&GABBANAモデル、日本で発売へ──モトローラ
金色に輝くRAZRが日本でも──。Motorolaのスリム端末「M702iS」にDOLCE&GABBANAが登場。3月1日から同ブランドの5店舗で予約受付を開始する。(2007/2/14)

中にはこんなお宝が──写真で解説する「MOTO BUS」
世界で5000万台の出荷を誇るMotorolaのRAZRシリーズ。その日本版となる「M702iS」の登場を記念して都内を走行しているのが「MOTO BUS」だ。その中にはこんな歴史的製品が……。(2006/12/26)

“MOTORAZR”仕様のプロモーションカー「MOTO BUS」が登場──「M702iS」発売記念
「RAZR」をベースにした薄型FOMA端末「M702iS」の発売を記念して、プロモーションカー「MOTO BUS」が製作された。12月18日から2007年1月12日まで、都内各所を走行する。(2006/12/18)

厚さ14.9ミリの“MOTORAZR”、「M702iS」の新規価格は1万円台後半
ドコモの夏モデルとして発表されていたモトローラ製の薄型端末「M702iS」がようやく店頭に並んだ。新規契約での価格は1万円台後半となっている。(2006/12/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。