連載
» 2021年04月11日 10時00分 公開

“顔が付いた”モトローラ「razr 5G」は楽しく撮影できるスマホだった荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/4 ページ)

ガラケー時代に注目を集めたRAZRのデザインコンセプトを受け継いでいる「razr 5G」。人物撮影時には画面に顔が現れるなどの面白い機能を持つ。このrazr 5Gについて、写真機能を徹底的に試してみた。

[荻窪圭,ITmedia]
Motorola razr 5G 折りたたみスマホの「razr 5G」。いい感じにカーブしたサブディスプレイにとつぜん顔が!

 顔が付いたスマホの登場である。いきなり顔が現れるのである。これでカメラを向けられると、多分ほんのりと笑う。むすっとするのは難しい。

 それがモトローラの折りたたみ式スマホ「razr 5G」。わざわざガラケー時代に一世を風靡(ふうび)したRAZRのデザインコンセプトを受け継いでいるところがモトローラっぽいとこだ。

razr 5Gで人を撮ると面白い

 往年のRAZRシリーズを知らない人もいるだろうから、並べてみた。

 手元に私が昔使っていた「M702iG」(RAZR V3xのドコモバージョン)があったのだ。2006年の製品だ。往年のRAZRと最新のrazr。縦横比が全然違うけど、顎の部分のデザイン何かそっくりだし、今の大画面スマートフォンでも折りたためば昔のケータイとあまり違わないのだ。

Motorola razr 5G 左が往年のモトローラ製品 M703iG(Razr V3x)。右が最新のrazr 5G

 でもって、往年のケータイ同様、これをかぱっと開くのである。

Motorola razr 5G 開いて写真を撮っているの図。このアングルからだと懐かしのケータイにしか見えませんな
Motorola razr 5G モトローラの端末といえばこの「アゴ」(だよね)。見事に継承している

 アウトカメラは見ての通り1つ。4800万画素で(撮影時は4画素を混合して1つにするので実質1200万画素)光学式手ブレ補正付。レンズはF1.7で焦点距離は35mm判換算で26mm相当とスペックはなかなかいい。

Motorola razr 5G カメラ部のアップ。大きめのシングルカメラが付いている。その下にはサブディスプレイ

 ただ、顔が出るのである。あまりにこの顔が面白かったので、人物撮影の話から。

 razr 5Gを開き、カメラを起動して撮る。ここまでは至って普通なんだが、カメラが「人物」を認識すると、背面のサブモニター(2.7型でタッチパネル付き。800×600ピクセル)にアイキャッチアニメとして、顔が出現して動くのである。

 だいたいにして画面上のアニメは笑顔を作ってくれるので、撮られる方もつられやすい。

Motorola razr 5G 顔のバリエーションは複数あり、表情も変化する

 これは人物を認識したときにだけ出現する。カメラを起動するたびに顔になるわけじゃないのでご安心を。

 撮り終えると、このサブモニターに撮影後のプレビューを表示してくれる(インスタントレビュー)。どう撮られたか確認できるし、アイキャッチアニメではなく、常にプレビューを表示することもできるので、被写体が表情や角度を自分でチェックすることもできる。

Motorola razr 5G 撮影後のプレビューを見せてくれるので、撮られた側も、どの表情で撮られたかが分かるので安心。気に入らなかったらもう一度撮ってもらえばいいし

 これは子どもとか連れ合いとか友人とか撮るときウケそう。

 では肝心の画質はどうかというと、これがなかなかいい。肌の色もしっかり出ていて不自然さがない。

Motorola razr 5G 雨が降ってきたのでひさしの下に避難しての1枚。肌色も自然に色が乗っていてよい

 こういうデザインの端末だと(ケータイ時代の感覚で)つい縦位置で撮っちゃいがちなので、次は横位置で撮りたい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう