「razr 5G」を試す 荒削りな部分もあるが、“縦折り”ならではの体験は魅力石野純也のMobile Eye(1/3 ページ)

» 2021年03月22日 12時00分 公開
[石野純也ITmedia]

 ソフトバンク初のフォルダブルスマートフォンとして、モトローラの「razr 5G」が日本に上陸する。同機は、モトローラ自身もSIMロックフリー版を販売する他、限定色のブラッシュゴールドをソフトバンク傘下の+Styleが取り扱う。ソフトバンク版は3月下旬、SIMロックフリー版は3月26日に発売が予定されている。ソフトバンク版は、2年使用後に端末を下取りに出すと残債の半分が免除される「トクするサポート+」に対応し、購入の負担感が軽減されるのがメリット。SIMロックフリー版はeSIMを内蔵しており、仕様には若干の違いがある。

 スマートフォン版のrazrは、モトローラ初のフォルダブルスマートフォンとして、2020年に米国などでデビューした。その正統進化版で、初めて5Gに対応したのがrazr 5Gだ。RAZRとは、かつて海外で一世を風靡(ふうび)したモトローラ製のフィーチャーフォンに付けられていた名称。その形状をフォルダブルの技術を使って再現しつつ、最新のスマートフォンとして作り上げたのが、スマートフォン版のrazrだ。

razr 5G ソフトバンクとモトローラが発売する、フォルダブルスマートフォンのrazr 5G。発売に先立ち、実機を試用した

 スマートフォンの“次の形”として注目されるフォルダブル端末だが、実際の使い勝手はどうか。短い期間ではあるが、発売に先立ち、razr 5Gの実機を試用することができた。ここでは、その実力をレビューしながら、モトローラの狙いを解説していきたい。

あの名機がスマートフォンとしてよみがえる! “RAZRらしさ”も健在

 一口にフォルダブルといっても、“折り方”は端末によって異なる。現時点では、横に折れて広げるとタブレット大のサイズになる端末と、縦に折れて開いたときに、一般的なスマートフォンのサイズになる2つのタイプが販売されている。auで販売されたサムスン電子の「Galaxy Z Fold2 5G」は、前者のフォルダブルスマートフォンだ。これに対し、razr 5Gは、「Galaxy Z Flip 5G」に近い縦折り型の端末になる。razrの名を冠していることから分かるように、モチーフにしたのはかつてのフィーチャーフォンだ。

razr 5G 折りたたみ型のフィーチャーフォンと同様、縦方向に折りたたむことができる

 デザインも、フィーチャーフォン時代のRAZRに近づけている。日本では、ドコモが「M702iS」や「M702iG」としてiモードに対応したRAZRを取り扱ったことがあるが、razr 5Gにもその面影がある。以下に掲載したのは、筆者私物のM702iSと比較写真だ。本体下部に“アゴ”のようなパーツがあり、折りたたんだときに、本体の上辺がそこにピタリとはまる。背面にディスプレイがあり、閉じたまま情報を確認できるところも、フィーチャーフォンから受け継がれた特徴といえる。

razr 5G ドコモが販売していたM702iS(左)とrazr 5G(右)。折りたたんだときの形状は、正方形に近くなっている
razr 5G razr 5G(右)は、ディスプレイ自体を折り曲げられるのが大きな違い。M702iSは、上がディスプレイ、下がキーで、2つのパーツをヒンジでつなげていた

 一方で、仕様には大きな違いもある。折りたたんだときの形状は、M702iSが細長いのに対し、razr 5Gはどちらかと言うと正方形に近い。細長く、片手で持って親指でキーを操作していたフィーチャーフォンと比べると、どうしても横幅は広くなりがちだ。とはいえ、razr 5Gもスマートフォンの中ではスリムな形状。ディスプレイは21:9で縦に長く、片手でしっかり持つことができる。“アゴ”が本体下部にあることで、開いたときにも一目で分かる“RAZRらしさ”は健在だ。

razr 5G 下部が盛り上がり、アゴのような形になっている。ここがデザイン上のアイデンティティーといえそうだ

 ただし、この形状はデメリットとも表裏一体。“アゴ”があるがゆえに、片手で持ったとき、指が少々届きづらいのは難点だ。ディスプレイそのものを曲げるため、ヒンジとつながるフレームがやや太く、6.2型、21:9というスペック以上に、横幅があるのもフォルダブルスマートフォンならではの弱点といえる。収納時にコンパクトになるのはメリットだが、同じ21:9のディスプレイを搭載したソニーモバイルの「Xperia 1 II」などと比べると、やや操作がしづらい印象も受けた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー