ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「壁ドン」最新記事一覧

転職バーのハルカさん(5):
PR:悩んでたって始まらない――ジャンプするのよ、「グラスホッパー」のように
「シュウヘイ」は煮え切らない男。転職活動で内定をもらっても、グズグズ迷ってチャンスを逃してしまう。そんなシュウヘイを見かねた「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」は、彼に巣鴨限定アイドル「ファンシーメタル」のプロデュースを持ち掛ける。夢に向かってチャレンジする彼女たちを見て、シュウヘイ発奮!……できるかな?(2017/11/30)

「私のテクニック全部教えますわ」 日本一筆が速い漫画家、東村アキコがタブーに踏み込んだポーズ集がめっちゃ使えそう
東村先生にポーズ集の使い方を聞いてみました。(2017/11/25)

女性客限定プロレス興行「BOYZ」がアツい! イケメンレスラーがダンス・コスプレ・生写真など常識を覆したパフォーマンスで“プ女子”が熱視線
ビアちゃんも参戦するDDTがすんごいことをやっていた。(2017/10/28)

プロレスラー真壁刀義とイチャイチャするゲーム「俺をレースに連れてって」登場 JRA×新日本プロレスコラボ
コラボゲームにあるまじき超難易度。(2017/10/12)

転職バーのハルカさん(4):
PR:コーヒーのカクテルをいかが?――違いの分かる男は、違いを活用できる男よ
そこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」の転職活動は絶賛難航中。面接でヒドいことを言われ、ハルカさんになぐさめてもらおうと「転職バー」に立ち寄った彼の前に現れた、超絶かわいい3人娘「ファンシーメタル」。ガッツリさわるとモエちゃうぞ!(2017/9/28)

「剛兄ノリノリ」 綾野剛&ブルゾンちえみの “兄妹ショット”が無駄にスタイリッシュ
ポーズキメちゃう病の2人。(2017/9/24)

30歳男性だけどイケメンと結婚してみた TGS2017、ボルテージブースで「VR挙式」が出展
ドキドキしました。【訂正】(2017/9/21)

「え、壁ドン!?」「壁突き破れるんじゃ」 サンシャイン池崎、ブルゾンちえみに見せた壁ドンが新スタイル
ある意味男らしい。(2017/8/16)

転職バーのハルカさん(3):
PR:ブランデーがお好きでしょ?――あなたに夢を見せてあげる
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」は、スキルや経験をアピールしてもなかなか内定が取れない。彼に欠けている“あるもの”に気付かせるために「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」が招集したのは、ちょっと(いや、とても)乱暴な彼女、「サディスティック・ミミ」だ!(2017/8/1)

「大人のオンナ!」 平祐奈“壁ドン”ショットで姉の愛梨と姉妹逆転
されるがままの姉。(2017/6/30)

宇宙へぶっ飛ぶ逆バンジー、本格的な心霊体験も 渋谷のハウステンボスVRを先行体験
ハウステンボスが、6月24日にVR施設「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」をオープン。「宇宙へ飛ぶ逆バンジー」からイケメンによる「壁ドン」まで、5つのコンテンツを体験してきた。(2017/6/19)

転職バーのハルカさん(2):
PR:取りあえずビール? それともビール“を”飲みたいの?
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」がやっと獲得した内定に難色を示す美人バーテンダーの「ハルカさん」。「仕事をゆずれ」とすごむ「シタロー」さん――「転職バー」は、今日も波乱のヨ・カ・ン。(2017/6/1)

小学生でもガールズライフを満喫! フェイスフィルター搭載の本格的スマホトイ「Mepod ミー☆ポッド」登場――「ぷっちょ」や「JENNI」とコラボ
(2017/5/29)

台湾で見つけた「壁ドンしている塩こしょう入れ」がステキ シンプルなのに、あふれるドキドキ感
目、口から塩こしょうをファサファサ。(2017/5/25)

真剣佑の“壁ドン”に伊野尾慧「やべ、ちょっと好きかも」 恋心芽生えた(?)「ピーチガール」イベント
伊野尾慧さんの投げキッスに観客は大興奮。(2017/5/9)

ニコニコ超会議2017:
動画&写真60枚でニコ超2017の見どころを一挙振り返り! オープニングダッシュから小泉進次郎議員視察までを網羅
会場でGETしたノベルティーグッズ33点も公開します!(2017/5/1)

メンバー同士の熱いキスシーン36連発に語彙力が消える ボーイズユニットMeseMoa.の新曲MVが……すごいぞ!
6秒に1回ずつ9人のメンバーが総当たりでキス……数学か!!??(2017/4/15)

ねっと用語知ったかぶり:
使われるとイラッとする? ついつい多用しがちな「それな」は使い方に注意!
同じような言葉で「やばい」もありますね。(2017/4/8)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

ベルサイユのばらと「Bitte」がコラボ “愛のビッテスタイル”でオリジナルカップルを作れ!
お好きなカップリングでどうぞ。(2017/3/28)

ロマンチックなシーンに突然アンケートが挿入される乙女ゲーが公開 わけがわからないよ!
壁ドン→「アンケートにお答えください。あなたは週に何時間テレビを見ますか?」(2017/3/8)

「しんちゃんの全部が好き」 志田未来が号泣、“劇場版クレしん”で本人役の声優起用で
なお、理想の男性は野原ひろし。(2017/2/28)

イケメンや女子高生からの“壁ドン”体験! ハウステンボスにVRコンテンツ続々追加、日本最大級のVR施設に
ほかにも宇宙まですっ飛ぶ逆バンジーなど、新規17コンテンツが登場。(2017/2/9)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(最終回):
PR:ベイサイドクルーズで、美女と暴走しちゃいました
ぼく、梧籐剛。7次請け開発会社で働くITエンジニアです。「退職したい」「退職したい」と言い続けて、早2年半。どうやら本当に退職する日が来たようです。でも、その前に、この暴走屋形船を何とかしなくちゃ!(2017/2/1)

オリラジ藤森のメガネをDAIGOがシェア コンビのごとく掛け合いする2人に「かわうぃ〜ね〜」の声
レッツ シェア メガネ!(2017/1/25)

全国の“アモ俺”たち、またせたね Twitterの人気アカウント「俺」のLINEスタンプが登場だよ
深夜の俺テロをしよう。(2017/1/23)

“松の木と恋する”恋愛ゲームも!? 盛り上がる「自作ゲーム」文化、投稿サイトで人気後押し ドワンゴ「RPGアツマール」公開
近年、じわじわとファンを獲得しつつある「自作ゲーム」。そんな自作ゲームの文化を盛り上げようと、ドワンゴが投稿サイト「RPGアツマール」をオープン。「クリエイターの社会的地位を高めたい」――担当者に自作ゲームへの思いを聞いた。(2017/1/20)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(14):
PR:「せんぱい! ヤメてください」――椎子の決意にボクのドキドキが止まらない!
こんにちは、エンジニアの梧籐 剛です。アンドロイド(物理)3体と共に取り組んでいたIoT開発がいよいよテスト工程まで進みました。このプロジェクトが終わったら、何をしようかな……そうだ、た・い・し・ょ・く???!(2016/12/1)

あなたのLINEをレ・リーズ! 「カードキャプターさくら」のLINEスタンプがついに登場ですわ
知世ちゃんが作ったのかもしれない。(2016/11/29)

山田孝之、GACKTとの意外すぎる2ショット公開にファン「交友関係広すぎ!」「豪華すぎる」
どんな接点?(2016/11/20)

「壁ドンして!」お兄ちゃんに壁ドンを要求する妹が超絶天使 ※ただし気に入らないと指導
兄「大好きだよ」。(2016/11/15)

今年1番の無駄ヌード ノンスタ井上、生まれたままの姿で学習塾とリンゴの重要性を学生に説く
このスタイル、正直嫌いじゃない。(2016/11/4)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(13):
PR:False! True!! ヨヨイのヨイ! 開発合宿でプレイ☆ボール
ぼく、エンジニアの梧籐 剛。上司のリナさん、可愛過ぎる後輩椎子ちゃんと、部下のアンドロイドたちを引き連れて、野球の交流試合にやってきました。でも、あんまりにもアンドロイドたちが独創的過ぎて、ぼく、また職場を辞めたくなってきちゃったよ……。(2016/9/30)

ヒゲダルマとチャラメガネ? 山田孝之とオリラジ藤森、壁ドンでお互いの愛を確かめ合うスイートタイム
山田さんの目力すごい。(2016/9/21)

「東京ゲームショウ2016」過去最大規模で開幕 VR・AIコーナーを新設
「東京ゲームショウ2016」が開幕。20回目の開催となる今年は過去最多の614企業・団体が出展。VR・AIコーナーなどが設けられ、コスプレイヤーも会場に花を添えている。(2016/9/15)

無料のBLコミック誌「ビーボーイP!」がpixivコミックで新創刊!
そうだBL見よう。(2016/9/6)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
「ドア、汚れてない?」mixiのオフィスが傷だらけな理由
今回は、日本発のSNSである『mixi』や、スマホアプリ『モンスターストライク(モンスト)』などが有名なミクシィさんのオフィスを訪問。床やドアについたキズや汚れを“あえて残す”理由とは一体……。(2016/9/3)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(12):
PR:そのしぐさが心変わりのサインだなんて、ボク知らなかったよ……
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド駆動開発プロジェクトのマネジャーに従事しています。流行に乗り遅れまいと夏風邪をひいて会社を休んでいたら、何やら異変が……。(2016/8/1)

「斎藤さんだぞ」に萌えてしまった女子高生AI「りんな」
壁ドンされたいらしい。(2016/7/9)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「トースト少女」
春といえば妄想の季節! 妄想するとニヤニヤが止まらないのでゲームで発散! 妄想できてランニングゲームもできるアプリ、その名も「トースト少女」です。物語は少女が寝坊をしてしまったところから始まります。(2016/6/3)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(11):
PR:脳が辞めたがってるんだ!!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド駆動開発プロジェクトのマネジャーに従事しています。仕事が忙し過ぎて会社を辞めたいのに、なぜか先を越されそうな予感……。(2016/6/1)

「この恋 0か1か 証明するぞ!!」 理系すぎるラブコメ漫画「理系が恋に落ちたので証明してみた。」が連載開始
両思いのはずの理系大学院生が、本当に好きなのかを科学的に証明しようとする、頭脳系おバカラブコメ。(2016/5/27)

にこるんの“壁ドン”にみちょぱ「はい(真顔)」 いろいろ詰め込んだ10秒動画にファン「最高かよ」
にこるん「いいよ、チューする?」。みちょぱ「え、しないわ(笑)」。(2016/5/19)

読モJDに聞いてみた:
“盛る自撮り”はもう古い! 10代女子の最先端は「顔認識アプリ」
自撮りが大好きな10代女子。単に“盛る”時代は終わり、「顔認識アプリ」の時代がやってきた?(2016/4/12)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(10):
PR:アンドロイド(人型の)開発から、アンドロイド(人型の)による開発へ!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。「退職したい」と会社に言い続けていたら、なぜか昇進しちゃいました。(2016/4/1)

ピューロランドでアプリ「あんスタ」のイベント開催 まさかのコラボに「なぜ」「行かなきゃ」と動揺&歓喜の声
アプリでもキティさんが降臨。(2016/3/16)

壁ドンが動物界でも流行!? イケメンなゴリラやイヌにドン!されるカプセルトイ
(2016/2/23)

アッー! ニメイトさん アニメイト新潟店で2月14日に男性スタッフが男性客に壁ドン+耳元で愛の言葉をささやく謎企画実施
バレンタイン、それは新しい扉が開く日。(2016/2/8)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(9):
PR:せんぱい! わたしがゴールじゃダメなんですか!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。職場が激務で退職したいのに、美人上司と可愛い過ぎる後輩の引き留めにあって、正直ツラいんです。(2016/2/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(8):
PR:彼女が浴衣に着替えたら……ぼく、困っちゃう!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発(ただし人型の)にいそしんでいます。(2015/12/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。