ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

桜庭一樹作品の「二次創作」募り、桜庭さん本人が審査するコンテスト
作家・桜庭一樹さんの作品の二次創作を募集し、桜庭さん本人が審査するコンテストをブックリスタが開催。同社が運営するブックレビュー投稿サイト「シミルボン」の企画で、特設サイトから応募を受け付ける。(2018/8/16)

ITりてらしぃのすゝめ:
「ネットマナー守って」の難しさ 今のSNSが生きづらいワケ
SNSの発言やイラストの投稿など、ネット上での人々の振る舞いをめぐるトラブルが後を絶たない。ネットにはびこるローカルルールとマナーの問題を考える。(2018/8/16)

スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ♪」の機械(呼び込み君)を自宅に導入したら帰宅するのが楽しくなった
投稿主のウキウキっぷりが伝わってきます。(2018/8/14)

「『エアコン、電気代かかるから使わないで』教委からお達し」デマツイート、中学講師が「誤解」で投稿 「反省している」
市立中学校の男性非常勤講師がTwitterで、体育館のエアコンについて、「『1回で2500円の電気代がかかるから、使用しないでください』との教育委員会からのお達しが」と虚偽の投稿。誤解に基づいた投稿で、「誤った情報を流し、反省している」という。(2018/8/13)

動画SNS「Tik Tok」の認知度は38.2%、利用率は5.8% MMD調べ
MMD研究所は、動画SNS「Tik Tok」に関する調査を実施。認知度は38.2%、利用率は5.8%となり、利用用途は「動画の投稿・視聴のどちらもしている/していた」が最も多いという結果となった。(2018/8/10)

フレッシュすぎる! 「仮面ライダージオウ」主演の奥野壮がInstagram初投稿「精一杯頑張ります!」
お母さんたちもファンになること必至。(2018/8/8)

YouTubeの保守系チャンネルが相次ぎ閉鎖 「削除の基準、不透明」と批判
差別発言の撲滅か、言論の自由の侵害か――。YouTubeで5月以降、中国や韓国に批判的な保守系動画投稿者の利用停止が相次いでいる。背景には「差別的な動画」への通報運動の盛り上がりがあるが、投稿者らは「削除基準が不透明」として反発を強めている。(2018/8/7)

ツイートのFacebookでの自動投稿が8月1日から無効に Facebookの権限廃止で
Twitterの設定でこれまで可能だったツイートのFacebookでの自動投稿機能が8月1日から使えなくなった。Facebookが投稿権限APIを無効にしたため。(2018/8/2)

写真をツイートするとおすすめの曲を返信 音楽配信「AWA」が公式Twitterで
Twitterに写真をアップすると、写真にあったおすすめの曲を教えてくれる機能を音楽配信サービス「AWA」が始めた。「#写真で音楽おしえて」というハッシュタグを付けて投稿すると、AWAの公式アカウントから返信が届く。(2018/8/1)

教えて! キラキラお兄さん:
ひよこ大佐、私もTwitterで転職できますか?
ハンドルネーム「ひよこ大佐」を名乗るエンジニアがTwitterに転職希望の意思を投稿したところ、数々の有名企業から「うちに来ませんか」との反応が相次いだ。多くのエンジニアに刺激を与えたTwitter転職、その実際の姿はどのようなものだったのか。話を聞いた。(2018/7/30)

松井玲奈のインスタ、かき氷図鑑と化してしまう 「夏に氷の女王」「好きは無双」など話題に
シーズン中のかき氷投稿率すごいことになりそう。(2018/7/25)

剛力彩芽、インスタ再始動も「撮影 by 前澤友作」で再燃 「堂々としてて素晴らしい」「自重すべきでは」と賛否の声
剛力さんは7月22日に、過去の投稿を削除することを報告していました。(2018/7/25)

不適切ツイートした岡口判事の懲戒、東京高裁が申し立て
Twitterで殺人事件をめぐり不適切な投稿をしたとして、厳重注意処分を受けた東京高裁の岡口基一判事について、高裁は24日、裁判官分限法に基づき、最高裁に懲戒を申し立てた。最高裁大法廷が今後、分限裁判を開き、戒告や1万円以下の過料にするかどうかを決める。(2018/7/25)

講談社がイラスト投稿サイト「ILLUST DAYS」をβ版で公開 気軽に利用できるポートフォリオサイトを目指す
SNSなどに投稿した作品の保管庫にも。(2018/7/24)

「『体育館のエアコン、電気代2500円かかるから使わないで』と教委からお達し」ツイートは「デマ」 箕面市長が否定
「体育館にエアコンをつけたのに、『1回で2500円の電気代がかかるから、使用しないでください」との教育委員会からのお達しがあった」――Twitterに投稿されたこんなつぶやきが話題になったが、箕面市の市長によると「そのような事実はない」という。(2018/7/23)

『ムー』読者が投稿した実話怪談集めた『ムー実話怪談「恐」選集』発売
実話怪談といえば『ムー』でしょう。(2018/7/19)

「プロ野球球団持ちたい」ZOZO前澤社長、Twitterで表明 意見も募集
「プロ野球球団を持ちたいです」――「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が17日、Twitterに「大きな願望」として、こんな内容を投稿した。(2018/7/17)

「小児性愛者」と:
マスクCEO、タイ少年救出の英ダイバーを罵倒 Tesla株下落
TeslaのマスクCEOが、タイの洞窟に閉じ込められていた少年らの救出に当たった英国人ダイバーを「小児性愛者」と罵倒するコメントをTwitterに投稿。Tesla株が下落した。(2018/7/17)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
Twitterに投稿された怪談「ちょっと変な話」に背筋ゾワッとする人続出 あの日出会ったのは未来の自分……?
夏の夜に背筋がゾワ〜ッとするお話。(2018/7/16)

恋愛ものになってるやん! 殺人鬼ジェイソンが楽しむ平成最後の「12日の木曜日」を描いた投稿がただのリア充
お相手の女性はあのホラーの方です。(2018/7/15)

Instagramのストーリーにタップして回答できる「質問」スタンプ
Instagramのストーリーに画像や動画に関する質問を投げるためのスタンプが追加された。投稿者は質問に誰がどう答えたかを一覧表示できる。質問に個別に答えたり、質問を共有することもできる。(2018/7/11)

Facebook、AR(拡張現実)広告のテストを開始 口紅やサングラスを試せる
Facebookが、化粧品やアクセサリーを“試着”できるニュースフィード上のAR広告のテストを米国で始めた。広告上のアイコンをタップするとインカメラで商品を試着し、撮影したセルフィーをニュースフィードに投稿できる。(2018/7/11)

「見たくない方は見ないで、フォローも外して」 山田優がインスタの“不謹慎狩り”にコメント、やまない賛否の声
「私の投稿をよく思わない方もいます」(2018/7/9)

最高の被写体は“自分の妻” 夫婦愛にあふれた写真を投稿するハッシュタグ「嫁グラフィー」がステキ
撮りためた愛情は2TB分。(2018/7/7)

幸せの極み! 菊地亜美、10日間のラブラブハネムーンをインスタ鬼更新で振り返る
数日間で約70枚の写真を投稿。(2018/7/6)

フランスの原発に「スーパーマン」ドローン激突 グリーンピースが動画投稿
グリーンピースがスーパーマンの格好をした無人機を原子力発電所に激突させた。(2018/7/5)

講談社のイラスト投稿サイト「ILLUST DAYS」、βテストユーザーを100人募集
講談社がイラスト投稿サイト「ILLUST DAYS」を7月中旬にオープンする。公開に先駆け、βテストユーザー100人を募集する。(2018/7/5)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(28):
危険なのはUSBメモリではなく「見知らぬUSBデバイス」だ
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、米朝首脳会談に参加したあるジャーナリストの何気ない投稿から、製造業におけるセキュリティの在り方について考えてみました。(2018/7/5)

9×6の54文字の超短編小説「54字の物語」の投稿がTwitterで盛り上がる どれもすごい!
54文字で話を作るの、すごく難しそう。(2018/7/5)

MacBook Proに2018年モデル? ベンチマーク投稿か
Geekbenchに第8世代インテル Core プロセッサー搭載MacBook Proベンチマークが投稿されている?(2018/7/4)

Facebook、「Moves」「tbh」「Hello」アプリを終了「使用率が低いので」
Facebookがまた「使用率が低い」アプリを終了する。日本でも公開していたライフログアプリ「Moves」、ソーシャル投稿アプリ「tbh」、ダイヤラーアプリ「Hello」だ。(2018/7/4)

W杯敗戦の日本代表、更衣室を清掃し、ロシア語で「ありがとう」のメモ Twitterで称賛
W杯でベルギーに惜敗した直後の日本代表の更衣室の写真が、FIFAのスタッフによりTwitterに投稿され、称賛を集めている。きれいに清掃され、ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモが残されていたという。(2018/7/3)

Instagramに既読ポイントが分かる「コンテンツは以上です」表示スタート
Instagramのフィード上に、既読の投稿までスクロールすると「コンテンツは以上です」と表示されるようになった。(2018/7/3)

日本、ベルギーに惜敗……「ナイスゲーム」Twitterトレンドに サッカーW杯
W杯で日本がベルギーに惜敗。早朝にも関わらず、Twitterは応援の書き込みで盛り上がり、試合終了後には「ナイスゲーム」などとたたえる投稿が相次いだ。(2018/7/3)

警視庁が非常時用レシピ「水でカップ焼きそばを作る方法」を投稿 少なめの水を注いで20分待つだけ
味も問題なし。(2018/6/28)

Facebook、ニュースフィードでのネタバレ防止機能「Keyword Snooze」テスト開始
Facebookが、ニュースフィード上でうっかりネタバレ投稿を見てしまわないようにする機能「Keyword Snooze」を発表した。映画のタイトルなどをキーワードとして設定できる。(2018/6/28)

地味なのに“インスタ映え”? 漂白剤やクレンザー、除菌スプレーの写真が投稿される理由
漂白剤やクレンザー、除菌スプレーなどのお掃除グッズ、それも比較的マニアックな商品が売り上げを伸ばしている。「インスタ映え」の影響のようなのだが、見ればパッケージなど外観は地味。写真映えするわけでもないのに、なぜ…?(2018/6/28)

オール・イン・ワン:
地味なのに“インスタ映え”? 漂白剤やクレンザー、除菌スプレーの写真が投稿される理由
漂白剤やクレンザー、除菌スプレーなどのお掃除グッズ、それも比較的マニアックな商品が売り上げを伸ばす現象が起きている。どうやら、これもまた「インスタ映え」の影響のようなのだが、見ればパッケージなど外観は地味。写真映えするわけでもないのに、なぜ……?(2018/6/28)

Hagexさん刺殺「低能先生」と呼ばれ恨み? 出頭直前、“犯行声明”とみられる投稿
はてな匿名ダイアリーに投稿された、容疑者のものとみられるエントリが話題になっています。(2018/6/25)

三浦春馬がInstagram開設、爽やかな初投稿に「待ってました!」の声 友人の三浦翔平や城田優をフォロー
ついに……!(2018/6/22)

Instagramが新アプリ「IGTV」発表 最長60分の動画を投稿・視聴できる
(2018/6/21)

Instagram、1時間までの縦位置動画アプリ「IGTV」 Instagramでも表示可能
InstagramがYouTubeのような1時間までの長尺動画アプリ「IGTV」を公開した。YouTubeとの大きな違いは動画が縦位置全画面表示な点。YouTube同様に誰でもチャンネルを開設して投稿できる。(2018/6/21)

まいやんインスタきたー! 白石麻衣が謎のInstagramを開設、初投稿は“夏かわいい”メガネ姿
期間限定か〜。(2018/6/21)

「いらすとや」、地震直後に防災イラスト大量追加 1日で11点、「素早い」と称賛
6月18日午前8時前、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生し、各地で被害が報告されている。そんな中、人気の無料イラスト素材サイト「いらすとや」で防災関連イラストが相次いで投稿され、「素早い対応」と称賛を集めている。(2018/6/19)

Instagram、「ストーリー」のスタンプからも商品購入を可能に
Instagramが、投稿写真内の商品のタグからその商品を購入できる「Instagramショッピング」の機能を「ストーリー」でも使えるようにした。(2018/6/13)

Facebook、バグで一時的に1400万人の投稿設定が意図せず「公開」に マカフィーが今後の対策を呼びかけ
バグは既に解消。マカフィーは常に公開設定に気を配るよう呼びかけています。(2018/6/12)

Snapchat、チャットに投稿済みのメッセージを削除可能に(投稿したことは残る)
Snapchatのチャットで、投稿済みのメッセージを削除できるようになった。Snapは同日、第二世代のカメラ付きサングラス「Spectacles」をAmazozn.comで発売した。(2018/6/12)

Facebook、“思い出”セクション開設 「過去のこの日」などを一覧
Facebookが「過去のこの日」セクションを拡大し、過去に友達になったユーザーや過去のその1週間の投稿なども表示できる「Memories」セクションにする。(2018/6/12)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン2.4.1は修正投稿が簡単に
トゥートを削除して下書きに戻す機能が追加された。そそっかしい人には便利な機能だ。(2018/6/11)

俳句投稿アプリを作った慶応大生、毎日新聞に事業譲渡
慶応義塾大学の学生らが設立したベンチャー企業PoliPoliが、アプリ「俳句てふてふ」の事業を、毎日新聞社に譲渡する。(2018/6/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。