ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

投稿 に関する記事 投稿 に関する質問

「投稿」最新記事一覧

「ゲームをクリアしたから返品したい」 お客さんの予想外なクレームを投稿するハッシュタグが理不尽過ぎ!
異世界からやってきた人なのではないかと疑ってしまうクレームばかり。(2015/4/20)

コツメカワウソの赤ちゃんの成長過程が悶絶級のかわいさ 平川動物公園がTwitterに写真を投稿中
ふにゃっとした口元を大きく開けてあくび……なめたいレベルの愛らしさ。(2015/4/17)

niconico「クリエイター奨励プログラム」総支払額13億6900万円に 1再生あたり0.29円
動画や素材の制作者に金銭を還元する「クリエイター奨励プログラム」の累計支払額が13億6900万円に。任天堂が公認した影響もあり、ゲーム動画の投稿が増えている。(2015/4/17)

Web漫画投稿サイト「あしたのヤングジャンプ」 ヤンジャン編集部が全作品をチェック
Web漫画投稿サイト「あしたのヤングジャンプ」のティザーサイトがオープン。6月に投稿可能になる。(2015/4/16)

となりのヤングジャンプでデビューできるかも! 「あしたのヤングジャンプ」6月からプレオープン
投稿された作品は、すべて「ヤングジャンプ」編集部が目を通してくれます。マンガ家デビューできるかも!(2015/4/15)

となヤンでマンガ投稿、「あしたのヤングジャンプ」6月にプレオープン
フリーの投稿のほか、ヤングジャンプ編集部のお題に沿った投稿も可能。第1回のお題は「1ページ」、投稿は6月のプレオープン後に受け付ける。(2015/4/15)

3000枚をつなぎ合わせた:
GYAO、スマホ写真で作ったGLAY「つづれ織り」のミュージックビデオ公開
GYAOとラバーソウルは、GLAYの名曲「つづれ織り〜」のオリジナルミュージックビデオを公開した。ファンがスマホアプリから投稿した写真3000枚が使われている。(2015/4/14)

民主党・岡田代表のTwitterが乗っ取り被害、サングラスの宣伝スパムを大量投稿
民主党・岡田克也代表のTwitterが何者かに乗っ取られ、サングラスの通販サイトを宣伝するスパムツイートが大量に投稿された。(2015/4/13)

電子書籍にもPOP付けてみる? BookRepublicの新サービス「ポップズ」
著者や売れ行き、出版社などとは関係なく、POPから面白い作品を探せるサービスが登場。会員登録なしでPOPを投稿することもできる。(2015/4/13)

R25スマホ情報局:
“日本ならでは”のSNS文化5選
TwitterやFacebookのタイムラインを眺めていると流れてくる、料理や飲み会の写真。日本人からすると見慣れた投稿だが、海外ではかなり珍しいのだとか。(2015/4/13)

ブログやTwitterのURLで投稿可能「コミックエッセイWeb新人賞」誕生
Webサイトやブログ、Twitterなどの該当ページURLがあれば、簡単に応募できる。(2015/4/13)

Geeks便り:
子どもたちの想像力を形に! アナーバーの「Maker Works」
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回は米国ミシガン州アナーバー市にあるMaker Worksを紹介する。(2015/4/13)

多分これが一番早いと思います アニメ「響け! ユーフォニアム」の曲を放送翌日に演奏・投稿した吹奏楽団が出現
お前がナンバーワンだ。(2015/4/9)

イラスト、音楽、アニメの投稿やコスプレでの出席で加点あり! 静岡大学の講義がユニーク
「デジモン」「まどマギ」「ほしのこえ」「惡の華」などを分析。(2015/4/9)

Googleの質疑応答サービス「Googleモデレーター」が6月30日に終了
Googleが2008年に立ち上げたオンライン質疑応答サービス「Googleモデレーター」が6月末に新規投稿ができなくなり、7月31日に閉鎖される。redditのAMA(Ask Me Anything)などの台頭により「残念ながら期待したほど利用されなかった」ため。(2015/4/8)

これがセルフカバーってやつか! ルンバに自分の曲を歌って踊らせてみた動画を有名ボカロPが投稿
じわじわくるかわいさ。(2015/4/4)

Facebook、単体アプリ「Riff」──動画大喜利や寄せ書きで遊べるコラボツール
Facebookの新モバイルアプリ「Riff」は、お題を付けた動画を投稿し、友達にクリップを追加してもらって遊ぶコラボレーションツール。参加する友達が増えれば公開範囲も広がる。(2015/4/2)

ぐるなび、食べログの“次”のサービス:
グルメサイト第3世代「Retty」――ポイントは実名投稿とスマホ重視
ぐるなび、食べログに続くグルメサイト第3世代「Retty」をご存じだろうか。2011年スタート、初期から実名投稿・スマホ重視の方針を貫き、ある施策の後にユーザー数が急増、今は700万人を突破している。なぜこれほど急成長できたのか、同社代表の武田和也氏に秘密を聞いた。(2015/4/2)

懸賞サイト「モニプラ」、ユーザーのTwitterアカウント利用し自社のエイプリル企画拡散 「勝手にツイートされた」「ウイルスだろ」などの声も
一応、ユーザーの同意のもと投稿していたようですが……。(2015/4/1)

Facebookに投稿した我が子の写真を1冊のアルバムにまとめる「Scrapbook」
一児のパパであるFacebookの従業員が、Facebook上に投稿した自分の息子の写真を1つのアルバムにまとめたいと思い立って開発した新機能「Scrapbook」が米国で公開された。(2015/4/1)

カメさんがあああああ! 衝撃的な「ワニのお食事写真」をフロリダのゴルフ場が投稿
これがワニさんの朝食……。(2015/3/30)

Vineの動画表示が高精細(720p)に対応 投稿側の対応はまずiOSアプリから
6秒ループ動画のVineが、高精細(720p)動画の表示をサポートする。720pの動画投稿機能は、iOSアプリには数日中に、Androidアプリにはその後追加される。(2015/3/30)

Geeks便り:
元気を少しずつ取り戻しつつあるデトロイトと「i3Detroit」
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回はデトロイトにあるメイカーズスペースの「i3Detroit」を紹介する。(2015/3/30)

Facebook上の動画の外部サイトへの埋め込みや保存が可能に
Facebookに公開設定で投稿された動画を、外部のWebサイトやブログに埋め込めるようになった。後で再生するために保存することもできる。(2015/3/26)

Facebook、「過去のこの日」を段階的に公開中
昨年の今日、数年前の今日など、Facebookに参加してからの過去の同じ日の自分や自分がタグ付けされた投稿を見ることができる「On This Day(過去のこの日)」機能が全ユーザーに向けて“ローリングアウト”中だ。(2015/3/25)

投稿作の二次創作も可、ディスカヴァーが手掛ける小説投稿サービス「novelabo」
ディスカヴァー・トゥエンティワンが小説投稿サービスをプレオープン。投稿された作品は同社の編集者が目を通し、優秀な作品は紙の書籍や電子書籍として発売される。(2015/3/24)

Instagram、自動写真コラージュアプリ「Layout」を公開
Facebook傘下のInstagramが、端末内の複数の写真をコラージュしてInstagramに投稿するための新アプリ「Layout」をまずはiPhone向けに公開した。Android版は数カ月中に公開の予定だ。(2015/3/24)

「楽天市場」で11万件やらせ投稿 表示順位を操作? 請負業者を提訴
「楽天市場」で出店者が業者に好意的な「やらせ投稿」をさせていた疑いがあることが分かった。商品検索での表示順位を操作しようとしていたとみられる。(2015/3/23)

SmartEbook子会社が事業転換、ストア型からセルフパブリッシング型のサービスへ
電子書店型の販売サービスから転換し、投稿型の電子書籍販売サイトで収益を立てる計画。(2015/3/23)

Geeks便り:
「自分もMakerになれる」――ニューヨークの「World Maker Faire」
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回は米国ニューヨーク市で開催された「World Maker Faire New York」を紹介する。(2015/3/23)

小保方氏に研究費の一部返還請求へ 理研、週内にも正式決定
理研は「STAP論文」筆頭著者の小保方氏に対し、研究費の一部を返還請求する方針を固めた。撤回した論文の投稿費用に限定し、計数十万円とみられる。(2015/3/19)

ベーマガ、12年ぶりに『電子工作マガジン』内で復活
BASICプログラミング専用こどもパソコン「IchigoJam」コーナーとして。投稿プログラムを募集する。(2015/3/18)

レイバン、TwitterやFacebookのスパム投稿に注意喚起 「正規取扱店ではない」
「レイバン」の公式サイトが、TwitterやFacebookで出回っているレイバン商品のスパム投稿に含まれるURLについて「正規代理店のものではない」とコメントし、注意を呼び掛けている。(2015/3/18)

Facebookがコミュニティ規定を更新 削除の対象になる投稿など明確に
どんな投稿が報告や削除の対象になるのかを具体的に説明している。(2015/3/17)

Facebook、「コミュニティ規定」を更新 削除対象を具体的に説明
Facebookが、いじめやわいせつ画像の投稿など、どのようなアクティビティが削除の対象になるのかをより具体的に説明するために「コミュニティ規定」を更新した。(2015/3/17)

関西弁版の影響やな!? 地方勢が「進撃の巨人」方言バージョンを続々と投稿しウォール・腹筋が陥落
わったい!(2015/3/16)

執筆やレビューにゲーム要素――ブクリパに追加された読者・著者ランク機能が面白そう
作品を評価/投稿して“神編集長”や“神作家”を目指せ!(2015/3/13)

Twitterがルールを改定 リベンジポルノや無断撮影による”さらし行為”などを禁じる
撮影された側の同意なく私的な画像を投稿することはやめましょう。(2015/3/12)

pixivエンジニアが白熱講義、プログラミング初心者のための入門書が発売
画像投稿掲示板を制作する過程を、初心者にも分かりやすく解説。(2015/3/12)

Twitter、リベンジポルノなど嫌がらせ対策でポリシーを改定
Twitterが、利用ポリシーに「撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することを禁じます」という文言を追加し、リベンジポルノなどの嫌がらせを禁じた。(2015/3/12)

「金のりんごが欲しい? あなた正気?」 ASUS公式アカウントがApple Watchをあてこする
「金のりんごが欲しい? あなたは正気?」──ASUSの公式Twitter/FacebookアカウントがApple Watchをあてこする画像を投稿した。(2015/3/11)

日本マクドナルド、苦情受け付けアプリ導入へ 意見や要望、その場で投稿
日本マクドナルドは、顧客からの感想や要望をその場で投稿できるスマホアプリを導入する。異物混入事件などを受け顧客離れが進んでおり、顧客の声を聞いて改善に生かす。(2015/3/10)

SNSに投稿されたコンテンツを電子書籍に、博報堂アイ・スタジオの新サービス
SNSなどを通じ、企業と生活者の共創で生まれたコンテンツをテキストや写真、動画を盛り込んだ電子書籍として提供する。(2015/3/6)

Androidアプリ「pixivマンガ」、投稿された100万超の作品から編集部が厳選して配信
読んだことのないマンガに出会える。(2015/3/6)

ねっと部:
小動物を背負ったキツツキのびっくり写真、コラ祭りになる
英国で撮影された「小動物を背負って飛ぶ必死なキツツキ」の写真がコラネタになり、さまざまな画像が投稿されている。(2015/3/4)

3割の企業が炎上対策マニュアル用意:
宣伝会議「ネット告発」実態調査、Twitterユーザーの4割が企業へのネガティブ投稿を閲覧
広報/メディア対応の専門誌『広報会議』を発行する宣伝会議は3月3日、ネットユーザー500人と企業110社広報部へアンケートした「ネット告発」についての調査結果を発表した。同誌の調査によると、約38.8%のユーザーが「最近ネット上で企業や商品に対するネガティブな投稿を見たことがある」とし、また11.6%が「実際にネガティブな投稿を発信したことがある」と回答している。(2015/3/3)

App Town エンターテインメント:
アニメやゲーム、マンガの元ネタが分かる「NIJI+」のβ版がWeb&iOSでリリース
リクルートは、アニメやゲーム、マンガに登場するモノや場所の情報を投稿できる「NIJI+」のβ版をWebとiOSアプリでスタート。Android向けの配信は3月9日を予定している。(2015/3/2)

Geeks便り:
「ソレコン」と女子トイレの改造――ソレノイドメーカーのユニークな活動
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回は福岡県のソレノイドメーカーであるタカハ機工の面白い取り組みを紹介する。(2015/3/2)

ポケモン19周年 お祝いの記念イラストが多数投稿される
1996年2月27日「ポケットモンスター 赤・緑」が発売。(2015/2/27)

LINEマンガで連載だ! 作品投稿ができる「LINEマンガ インディーズ」がスタート
各社が進める作品投稿サービスがLINEマンガでも始まった。(2015/2/25)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。