ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「いらすとや」、地震直後に防災イラスト大量追加 1日で11点、「素早い」と称賛
6月18日午前8時前、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生し、各地で被害が報告されている。そんな中、人気の無料イラスト素材サイト「いらすとや」で防災関連イラストが相次いで投稿され、「素早い対応」と称賛を集めている。(2018/6/19)

Instagram、「ストーリー」のスタンプからも商品購入を可能に
Instagramが、投稿写真内の商品のタグからその商品を購入できる「Instagramショッピング」の機能を「ストーリー」でも使えるようにした。(2018/6/13)

Facebook、バグで一時的に1400万人の投稿設定が意図せず「公開」に マカフィーが今後の対策を呼びかけ
バグは既に解消。マカフィーは常に公開設定に気を配るよう呼びかけています。(2018/6/12)

Snapchat、チャットに投稿済みのメッセージを削除可能に(投稿したことは残る)
Snapchatのチャットで、投稿済みのメッセージを削除できるようになった。Snapは同日、第二世代のカメラ付きサングラス「Spectacles」をAmazozn.comで発売した。(2018/6/12)

Facebook、“思い出”セクション開設 「過去のこの日」などを一覧
Facebookが「過去のこの日」セクションを拡大し、過去に友達になったユーザーや過去のその1週間の投稿なども表示できる「Memories」セクションにする。(2018/6/12)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン2.4.1は修正投稿が簡単に
トゥートを削除して下書きに戻す機能が追加された。そそっかしい人には便利な機能だ。(2018/6/11)

俳句投稿アプリを作った慶応大生、毎日新聞に事業譲渡
慶応義塾大学の学生らが設立したベンチャー企業PoliPoliが、アプリ「俳句てふてふ」の事業を、毎日新聞社に譲渡する。(2018/6/11)

「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプらしき画像リーク 背面はガラス
Googleの次期オリジナル端末「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプだとされる画像がXDA Developersのフォーラムに投稿された。ディスプレイの切り欠きや背面の材質がガラスであることなどが確認できる。(2018/6/11)

Facebookのバグで1400万人が意図せず投稿を「全員に公開」 被害者に通知
プライバシー問題で批判が高まるFacebookが、5月に実施したプライバシー設定のテスト中のバグで1400万人の投稿を「公開」設定にしてしまったとし、対象ユーザーに通知を送り、設定を修正した。(2018/6/8)

欅坂46長濱ねる、乃木坂46新内眞衣のラジオにPNでサプライズ投稿 「リスナーだった笑」「好感度爆アゲ」
びっくり。(2018/6/7)

「スター・ウォーズ」ローズ役女優、相次ぐヘイトにSNS投稿全削除 マーク・ハミルの援護に賛同の声
「本当のスターウォーズファンはみんな彼女を愛してる」とファンの声も。(2018/6/7)

Facebook、ライブ動画にMusical.lyで人気の“口パク自撮り”機能「Lip Sync Live」
Facebookが、3大レーベルとのパートナーシップの下、「ライブ動画」にリップシンク動画(口パク動画)を投稿する機能を追加すると発表した。(2018/6/6)

匿名化ソフト「Tor」使い児童ポルノ公開疑い 京都府警が初摘発
「ダークウェブ」内のサイトに児童ポルノ画像を投稿したとして、京都府警は5日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で、無職の男(59)を逮捕した。「児童ポルノ界で人気者になりたかった」などと容疑を認めているという。(2018/6/6)

「minne」がInstagramのショッピング機能導入をサポート 作家向けツール公開
ハンドメイドマーケット「minne」で、Instagramの「ショッピング機能」導入を支援するツールを作家向けに公開。作家たちがファン作りなどにInstagramを活用していることを受け、作家自信のInstagramの投稿を見た人を、minneの買い物ページへ簡単に誘導できるようにする。(2018/6/5)

Instagramに「ショッピング機能」追加 投稿をタップ、そのまま商品購入へ
(2018/6/5)

半径300メートルのIT:
1ツイートが命取りになる時代に「SNSアカウント乗っ取り」を防ぐには?
たった1件の「炎上ツイート」がきっかけで、セレブが何十年分のキャリアを数時間で失う――実はこれ、ひとごとではありません。いったん誰かが自分になりすまして「悪質な投稿」をしてしまったら、身の潔白を証明するのはとても難しいんです。(2018/6/5)

西尾維新の作品かどうか物議醸した「小説家になろう」の投稿作 ユーザー退会により削除される
投稿主は「メディアワークス文庫より書籍化」「劇場アニメ化予定」と告知していましたが、KADOKAWAは否定していました。(2018/6/4)

「小説家になろう」で「西尾維新」名乗る作品、物議醸す 書籍化・アニメ化告知するもKADOKAWAは否定
小説投稿サイトに投稿された西尾維新さん名義の作品が、本当に本人の作品なのかどうか注目を集めています。(2018/6/4)

赤ちゃんをこっそり変顔で笑わせようとする人「親もめっちゃ気づいてる」 母親が投稿した告白マンガに戦慄する人々
「それでもやる」の声も。(2018/6/4)

「フェルナンド・トーレスが鳥栖に移籍」 Jリーグ公式サイトが未来記事を誤って投稿? Jリーグ「事実ではなく、急いで取り下げた」
Jリーグは移籍決定の報を否定しています。(2018/5/30)

「Pixel 3 XL」(仮)は切り欠き付き? 画面保護ガラスらしき画像がリーク
Googleのオリジナル端末「Pixel」シリーズの次期モデルの画面保護ガラスとみられる画像がWeiboに投稿された。「XL」は切り欠き付きのようだ。(2018/5/29)

プルプルの「ゼリー」で包丁を作ってみた → 3時間煮て冷やして乾燥させたら侮れない切れ味に
「私の親指はゼリーによってスパスパ切られました」(投稿者談)(2018/6/9)

Instagramが「ミュート」機能を導入 アカウントをフォローしたままフィード投稿を非表示に
ストーリーズのみのミュートも可能です。(2018/5/24)

わさびしょうゆ&すしの写真を投稿 → 人の顔に見える → 破壊力に満ちたキャラ「わさび醤油くん」爆誕
屈強な体から繰り出される圧倒的な量のしょうゆ。(2018/5/24)

「Peing-質問箱-」に動画で回答できる機能 「収益化へ布石」
Twitterと連携する匿名質問サービス「Peing-質問箱-」に、動画・音声による回答機能が実装。寄せられた質問に対して、テキストだけでなく60秒以内の動画・音声で回答し、Twitter上に投稿できる。(2018/5/24)

Instagramにミュート機能 フォロー相手に知られず投稿を非表示に
Facebook傘下のInstagramで、TwitterやFacebookと同様にフォローしている相手に知られずに相手の投稿やストーリーをミュート(非表示に)できるようになる。(2018/5/23)

2D VTuberの3D化を支援! クラスターとマクアケがプロジェクト発足
募集要項として、「VTuberとして動画投稿、ライブ配信を行っていること」「YouTubeチャンネル登録者数1万人以上」が必要。(2018/5/22)

わいせつ動画Twitter投稿男を逮捕 他人のスマホなど使う巧妙手口
電車や駅で撮影したわいせつ動画をTwitterに投稿していた男が警視庁保安課に逮捕された。男は身元を隠すため、投稿に他人のスマートフォンを使い、公衆無線LANを利用していた。警察は潜行捜査約1年の末、ついに尻尾をつかんだ。(2018/5/22)

“自称YouTuber”暴行容疑で逮捕 なりたい職業上位もトラブル続々……
YouTuberを名乗る男が4日、動画配信中に女性の頭を殴ったとして、警視庁に暴行容疑で逮捕された。動画投稿をめぐっては、一獲千金の夢をかなえる「成功者」がいる一方で、閲覧数を求めるあまり、過激な動画を投稿してトラブルを引き起こすケースも相次いでいる。(2018/5/21)

衝撃事件の核心:
警視庁、執念の潜行捜査 わいせつ動画投稿男を逮捕 他人のスマホなど使う巧妙手口
電車や駅で撮影したわいせつ動画を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿していた男が今月10日、警視庁保安課に逮捕された。男は身元がバレないように投稿には他人のスマートフォンを使い、公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」を利用して違法な投稿を繰り返していた。(2018/5/21)

Instagram、他人の投稿を「ストーリー」でシェアする新機能
Instagramの「ストーリー」で、フィード上で見つけた他の人の投稿をシェアできるようになった(まずはAndroidアプリで)。自分の投稿をシェアされたくないユーザーは初期設定で有効になっている設定を無効にする必要がある。(2018/5/18)

衝撃事件の核心:
暴行容疑で自称「ユーチューバー」を逮捕 なりたい職業上位もトラブル続々……
動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して広告収入を稼ぐ「ユーチューバー」を名乗る男(35)が5月4日、東京・新宿のバーで動画配信中に女性の頭を殴ったとして、警視庁に暴行容疑で逮捕された。(2018/5/18)

DeNAのハッカドールがVtuberとしての活動を本格的に開始 他のキャラクター・作品とのタイアップも視野
エイプリルフール企画で動画を投稿していました。(2018/5/17)

帰ってきた「キーボードクラッシャー」 12年の沈黙を経て過去の自分を見る動画や日本人に向けたメッセージ投稿
2メートル超えのイケメンになりました。(2018/5/16)

Twitter、「荒らし行為」に対処する新たなアプローチを明らかに
荒らし投稿が検索や会話に表示されにくなります。(2018/5/16)

Facebook、過去3カ月で8億件以上の問題投稿を削除──初の透明性レポート
Facebookが同社としては初の透明性レポートを発表した。この中で、1〜3月の3カ月間に削除したスパム投稿数や無効化したフェイクアカウント数などを公表した。(2018/5/16)

公式サイトまで存在:
「国際信州学院大職員が50人分の予約無断キャンセル」……飲食店ツイート大炎上 実は大学も店も架空だった
飲食店を名乗るツイッターアカウントが、大学職員から50人分の予約を無断キャンセルされた−と投稿した。ツイッターは大学職員を非難する投稿で炎上したが、その後、飲食店も大学も架空の存在であることが分かった。(2018/5/16)

うどん屋「ドタキャン受けた」とTwitter投稿 「気の毒」と拡散したが、店も加害者も架空
「50人分の料理を用意したら、ドタキャンされた。国際信州学院大学の教職員の皆さん、二度と来ないでください」――「うどん屋」を自称するアカウントによるこんなTwitter投稿が話題になったが、このうどん屋も大学も、架空のものだ。(2018/5/14)

少年ジャンプがスマホ向け「縦スクロール漫画」限定の漫画賞 きょう募集開始
集英社がスマートフォンで読むのに適した「縦スクロール漫画」限定の漫画賞「ジャンプ縦スクロール漫画賞」を新設。5月10日から7月20日まで同社の漫画投稿サイト「ジャンプルーキー!」で応募を受け付ける。(2018/5/10)

「カリオストロの城」→「池の水ぜんぶ抜く」 ハッシュタグ「好きな映画をつまらなさそうに紹介する」に秀逸な投稿集まる
かえって見てみたくなる。(2018/5/9)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ミレニアルはInstagram、団塊ジュニアとバブルはLINEに投稿 世代別スマホ撮影事情──トレンダーズ調査
トレンダーズはミレニアル世代を中心とした「スマートフォン撮影事情」についての調査結果を発表しました。(2018/5/8)

少年ジャンプ編集部がユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信 広告収益は100%投稿者に還元
キャッチフレーズは「マンガのミライがここにある。」。(2018/5/7)

集英社、投稿漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信開始 広告収入、100%作者に還元
集英社は、ユーザー投稿のWeb漫画を閲覧できるアプリ「ジャンプルーキー!」の配信を始めた。4万話以上の投稿漫画を閲覧でき、作品の広告収入は100%投稿者に還元する。(2018/5/7)

不穏な空気からの笑い声に鳥肌…… Twitterに投稿された「少女が豹変してく系ボス曲」がまさにそんな感じ
ないはずのセリフとSEが聞こえてくる……!(2018/5/6)

お宝写真がザックザク! とあるハッシュタグにナタリー・ポートマンやエマ・ワトソンら海外セレブが秘蔵写真を次々投稿しファン歓喜
ハッシュタグ「oldheadshotday」でセレブが昔の写真を次々投稿。(2018/5/5)

「pixivFANBOX」が音楽クリエイター向けの機能を追加 新規投稿から「動画・音楽」が選択可能に
音楽クリエイターにとっても使いやすくなりました。(2018/5/3)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
インスタ映えへの努力、インフルエンサーの6割以上が1投稿当たり10枚以上の写真を撮影──サイバー・バズ調査
サイバー・バスは、フォロワー数が1万を超えるインスタグラマーを対象に「Instagramの利用実態調査」を実施しました。(2018/5/3)

「『Rの法則』出演者への中傷やめて」NHK、公式サイトで呼び掛け
「『Rの法則』出演者のSNSアカウントやブログに、中傷が多数投稿されている。絶対にやめて」。NHKが「Rの法則」公式サイトでこう呼び掛けている。(2018/5/2)

レストランの配達を利用した女性が低評価の口コミ投稿→夜に店舗マネジャーが自宅に押しかけ
店側の非常識な態度に怒りの声が。(2018/5/1)

キリン公式Twitter「午後ティー女子」が「女性蔑視」と炎上→削除 「不快な思いかけた」
キリンビバレッジが公式Twitterに投稿した「午後ティー女子」のイラストが、「女性蔑視」などと批判を集めていた問題で、同社は5月1日、このイラスト入り投稿を削除し、謝罪した。(2018/5/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。