ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「謝罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「謝罪」に関する情報が集まったページです。

「モスバーガー」利用者28人に食中毒症状 本部から納入した食材が病因となった可能性
謝罪と同時に再発防止策を発表しています。(2018/9/15)

「弘法筆を選ばず」のはずが……:
大坂なおみ選手のラケットは「市販品でなくプロ向け改造品」 ヨネックスが謝罪
テニスの大坂なおみ選手が使用しているラケットが、一般消費者向けの市販品と同じだとする情報は誤りだった。製造元のスポーツメーカー・ヨネックスが明らかにした。「弘法筆を選ばず」などとネットで話題になっていた。(2018/9/14)

朝日新聞、慰安婦問題訂正記事に「検索回避タグ」設定 「確認漏れだった」と謝罪
検索回避タグを設定して記事の体裁をチェックしていたという。(2018/9/12)

三田佳子、ブログであらためて謝罪 「三田さんを応援します」「もう親の責任ではありません」と気遣う声
次男の高橋祐也容疑者が、覚せい剤使用容疑で逮捕されたことを受け。(2018/9/12)

IT用語解説系マンガ:食べ超(146):
ミッションクリティカルだけど笑顔で落ちるシステムです
システムはよく落ちますが、謝罪スタッフの充実度で業界をリードしています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/9/12)

アララ、QRコードリーダーの位置情報利用について謝罪 「適切な説明がなされていなかった」
「公式QRコードリーダー“Q”」で特定のコードを読み取ると位置情報が送信されると判明して物議を醸していました。(2018/9/8)

PSやセガサターンも動く夢の互換機「Polymega」登場 → アクセス集中で注文できず公式が謝罪
ROMカートリッジも光学メディアもささるすごいやつ。(2018/9/6)

台風21号:
大規模停電、岸和田や尼崎、和歌山市内で深刻被害 関電・岩根社長「想定よりはるかに大きい」
台風21号で大規模な停電が発生したことを受け、関西電力の岩根茂樹社長は5日午前10時、大阪市北区の本社で緊急会見を開き、陳謝した。岩根社長は冒頭、「台風21号の影響により、発生した停電に伴い、多くのお客さまに長時間にわたりご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません」と頭を下げた。(2018/9/5)

米携帯会社、山火事に対処中の消防局に通信制限 「ミス」と謝罪
「カスタマーサポートのミス」と謝罪しています。(2018/8/22)

「全問正解で有休」:
ジャパンビバレッジが「有休クイズ問題」を謝罪 「そのような制度はありません」
ジャパンビバレッジHDが、クイズに正解しなければ部下に有給休暇を取らせない、とのメールが出回った問題を謝罪。社内にそうした制度がないことを明言し、体制改善に取り組むことを発表した。(2018/8/21)

高知県立大学、約3万8000冊の蔵書焼却に「配慮が十分でなかった」と謝罪
教訓として受け止め、検証を行うとしています。(2018/8/19)

映画「翔んで埼玉」の特報が解禁! W主演のGACKT&二階堂ふみ、“ゴメンなさいポスター”で埼玉県人に全力謝罪
特報映像では、埼玉県人役として「パタリロ!」の加藤諒さんが登場。(2018/8/17)

漫画『本日わたしは炎上しました』打ち切り 作者が過去にヘイトスピーチをツイート
6月に作者が過去のヘイトスピーチを謝罪していました。(2018/7/28)

Apple、「MacBook Pro(2018)」のサーマルスロットリング修正OSアップデート公開
Appleが、発売したばかりの「MacBook Pro(2018)」(15インチおよび13インチ)を対象とするmacOSの補足アップデートを公開した。複数のユーザーが指摘していた不適切なサーマルスロットリングの原因がOSのバグにあったとし、謝罪した。(2018/7/25)

女性やソシャゲユーザーは学術書を読まない? 「復刊ドットコム」インタビューに批判殺到→謝罪へ
「不適切な表現があった」と謝罪し、該当の記事を削除しました。(2018/7/24)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「ネットはなぜネガティブなのか」を謝罪マスターと考える 竹中功×おおつねまさふみ対談第3回
ネット炎上対策専門家とリアル謝罪の専門家がネットとリアルの問題について話し合う対談3回目。(2018/7/23)

「小児性愛者」と罵倒:
米TeslaのマスクCEO、タイ少年救出の英ダイバーに侮辱コメントを謝罪
Teslaのイーロン・マスクCEOは、タイの洞窟に閉じ込められた少年らの救出に当たった英国人に対し、自身の侮辱的なコメントを謝罪した。(2018/7/19)

マスクCEO、英ダイバーと自分の企業に謝罪「これは私だけの過ちだ」
タイの洞窟遭難者救助のために開発したミニ潜水艦について、英国人ダイバーが「PR行為だ。自分の急所にでも突き刺しておけ」と発言したことに関して「ペド野郎」とツイートしたイーロン・マスク氏が謝罪した。(2018/7/18)

フジテレビ「Mr.サンデー」、総社市の爆発事故として別の映像を紹介していたと謝罪
現場取材で爆発の瞬間を撮影したという人から提供を受けた映像でした。(2018/7/12)

今求められる「サイバーリカバリー」
社長の謝罪会見訓練が効果的、予期せぬサイバー攻撃に対抗できる組織とITとは
100%防ぐセキュリティ対策は幻想だ。侵入を想定した対策が必要だが取り組みは進まない。企業は何をすべきか、金融界のサイバーセキュリティに広く取り組む鎌田氏が語る。(2018/7/12)

「美しい顔」作者が謝罪 「私の過失であり甘えでした」
「私の物書きとしての未熟さゆえに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったことを、改めて深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。(2018/7/10)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝罪マスターと炎上専門家が考える、ネットの便利さと危険性 竹中功×おおつねまさふみ対談第2回
炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏と、吉本興業の謝罪会見を仕切ってきた竹中功氏との対談第2回。(2018/7/4)

mineo「通信の最適化」をファンイベントで陳謝、信頼回復でさらなる成長を目指す
ケイ・オプティコムが6月30日に「第3回 mineoファンの集い」を都内で開催。「通信の最適化」を事前告知なしで実施したことから非難を浴びていた。冒頭のあいさつから通信の最適化についての謝罪がなされるなど、ユーザーからの信頼回復を強く意識する姿勢が見られた。(2018/7/2)

“間違える前に謝罪” 渋谷でBiSやBiSHらが「謝罪本」を配布、女子高生(?)の土下座も話題に
コンセプトは「まだ何もしていませんが、先に謝罪しときます。私たちは間違えます。」(2018/6/27)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
謝罪マスターに聞く、日大フットボール会見の何がまずかったのか 竹中功×おおつねまさふみ対談第1回
謝罪マスターとネット炎上対策専門家の対談から浮かび上がるリアルとネットの適切な炎上対応。(2018/6/26)

同点ゴールの本田に「ごめん」……ネット上で相次ぐ謝罪と称賛
本田さん、ごめん――W杯ロシア大会のセネガル戦で同点弾を決めた本田圭佑選手に対し、ネット上では称賛とともに“謝罪”の声が相次いだ。大会前は批判を浴びることもあった本田選手だが、実力で前評判を一転させた格好だ。(2018/6/26)

「女性エンジニアが少ないとやる気が出ない」 講演の「不適切な表現」でヤフー謝罪 「チェック不足だった」
「女性エンジニアが少ないと男性エンジニアのやる気が出ない」――ヤフーの若手エンジニアによる講演に「不適切な表現」があったとしてヤフーが謝罪した。(2018/6/25)

「女性を馬鹿にしている」と炎上 ヤフー、機械学習に関する講演で「不快な思いをさせてしまった」と謝罪
4月21日に開催されたエンジニア向けイベントでの発言について謝罪しました。(2018/6/23)

レゴランド東京、聴覚障害者のみの入館を「安全確保に不安」理由に断る 「ポリシーの認識に誤り」と謝罪
運営のマーリン・エンターテイメンツのポリシーは障害者のみの入館も受け入れるものでしたが、日本法人は「健常者の付き添いが必要」としていました(現在は修正済み)。(2018/6/22)

肺がん患者にヤジで炎上 議員が謝罪 「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いで呟いた」
「人として最低」などの批判が寄せられていました。(2018/6/21)

中古車販売「ガリバー」、販売車で縁石にガリガリ乗り上げる動画で炎上 運営会社が「誠意を欠いた」と謝罪
販売車を強引に移動させた結果、腹下が縁石にガリガリ……。(2018/6/21)

一体何に謝っているんだ…… どんな謝罪にも対応できる「全謝罪対応型」謝罪動画の汎用性が無限大
どんな謝罪の記者会見でもこれでいける……?(2018/6/19)

「失礼にも程がある」「こんなことで叩くなんて」 ワンピース作者コメントで編集部が謝罪、一連の批判で賛否
“大皿に1つだけ残ったからあげ”に「横井軍曹」と名付けたとするエピソードを記載。(2018/6/14)

Twitter、「13歳以上なのに年齢制限でアカウント凍結」問題に謝罪 原因はEUの新規則
EU(欧州連合)で5月に施行された新しい個人データ保護ルールに合わせて変更を行ったことが原因でした。(2018/6/14)

【全文書き起こし】NEWS小山慶一郎、「news every.」で未成年飲酒について謝罪 活動自粛を発表
「今回のことを反省し、自分のことをしっかりと見つめ直す時期にしたい」と小山さん。(2018/6/7)

アニメ「二度目の人生を異世界で」、主要の声優が一斉に降板 原作者がヘイトスピーチについて謝罪の直後
原作者が過去にTwitterでヘイトスピーチを行っていたことが問題視され、謝罪したばかりでした。(2018/6/6)

授業で作成したフェイクニュース、SNSで本物として拡散される事態に 大教大が謝罪
「大阪大学と大阪教育大が2025年に統合する」といううわさがSNSで広がりましたが、実は授業で作ったフェイクニュースが元ネタでした。(2018/6/4)

他社の商標「艦娘」、宣伝番組で誤って使用 「アズレン」運営が謝罪
艦船擬人化ゲーム「アズールレーン」を運営するYostarは、同ゲームの公式Web番組などで、DMM GAMESが商標を持つ「艦娘」など他社の登録商標を誤って使用していたとし、謝罪文をWebサイトに掲載した。「チェックミスが原因」としている。(2018/6/4)

アズールレーン運営、告知での「艦娘」使用を謝罪
Web広告で「戦艦少女」という用語も使っていました。(2018/6/3)

eスポーツチーム「DetonatioN Gaming」が出演料滞納で謝罪 発端は元所属選手のブログ
出演費滞納分は2018年3月30日に振込を行っていたそうです。(2018/6/2)

アニメ「ブギーポップは笑わない」製作のKADOKAWAが「お詫び」 伝達ミスで原作イラストレーターに一部しか確認回さず
和解できたみたいでよかった……。(2018/5/28)

一問一答を詳報:
アメフト「悪質タックル問題」で日大学長が会見 2時間熱弁も真相見えず
アメフトの「悪質タックル問題」について、日本大学の大塚吉兵衛学長が5月25日に記者会見を開催。「ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げる」と謝罪した。報道陣との質疑応答では、「内田前監督と深く話したことはない」などと述べた。(2018/5/25)

FacebookのザッカーバーグCEO、欧州議会でも個人情報流出問題について謝罪
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがEUの欧州議会の会議に出席し、個人情報流出問題についてあらためて謝罪した。間もなく施行のGDPR「一般データ保護規則」を順守するとも語った。(2018/5/23)

ガスト、宅配弁当にカエル混入でお詫び Twitterで「これはヤバイ」と画像拡散
同様の事案は今のところ確認していないとのこと。(2018/5/23)

「ユーザーに安心して利用してもらうことが最優先」 個人情報不正利用問題について、フェイスブックジャパン
フェイスブックジャパンがFacebookの個人情報が不正に利用された問題について、改めて説明・謝罪。「ユーザーに安心して利用してもらうことが最優先」(長谷川晋社長)(2018/5/18)

日本ユーザーや広告主への影響は:
Facebook個人情報不正利用問題、日本法人代表が謝罪「安心安全が最優先」
米Facebook日本法人の長谷川晋代表取締役が5月18日、個人情報の不正利用問題について謝罪。「安心安全が最優先」とし、今後の防止策や日本への影響について説明した。(2018/5/18)

漫画村との取引否定していた広告代理店、一転して「深く反省」 関係者は「海賊版と手を切れば仕事ない」と証言
社員への謝罪メールを独自入手し、広告代理店を直撃。(2018/5/22)

「ヘリウム声なのに」 デッドプール、前作でディスったベッカムに直接謝罪 大物スターも次々ターゲットに
誠意が全く感じられない謝罪。(2018/5/11)

Googleが発表会で重大バグ「ハンバーガー絵文字の具材順問題」を直接謝罪 観客から爆笑&歓声が巻き起こる
そしてビールの絵文字も修正。(2018/5/10)

東大学食に40年あった宇佐美圭司の絵画、改装時に生協が廃棄 「取り返しつかない結果を招いた」と謝罪
内装の全面改修に伴い、新食堂で飾ることができないと判断して廃棄処分してしまった。(2018/5/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。