ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「謝罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「謝罪」に関する情報が集まったページです。

「キングダムハーツ3」発売1カ月以上前にネットで出回る 公式が「映像や画像共有しないで」と注意呼びかけ
「御心配お掛けしまして申し訳ありません」とファンに向けて謝罪しています。(2018/12/16)

「住民票の写し」など取り違え、別人に誤郵送 住信SBIネット銀行が謝罪
口座開設を申し込んだ2人の顧客の書類を返却する際、別人に誤って郵送したとして、住信SBIネット銀行が謝罪。(2018/12/14)

サムスン、「Supreme」コピーブランドとのコラボを謝罪 提携は見直すと発表
そうなりますよね……。(2018/12/13)

「クソが」「更年期障害かと」 とろサーモン久保田&スーマラ武智、M-1放送後の上沼恵美子への暴言を謝罪
2人のSNSには批判コメントが殺到しています。(2018/12/4)

うそをついているときは目を見開く キンタロー。の小島瑠璃子ものまねに本人が「風評被害」とクレーム、謝罪へ
分かるけどもだ。(2018/11/27)

「キャベツの葉で熱がグングンと下がる」?……問われる民間療法の科学的根拠
キャベツの葉で熱が下がるとする民間療法を育児関連情報サイトが紹介したところ、ネット上で疑問の声が噴出。運営会社が記事を削除のうえ、謝罪する騒ぎとなった。民間療法の中には科学的根拠が不明のものも少なくない。専門家は「内容を見極めて」と呼びかけている。(2018/11/26)

ドルチェ&ガッバーナ、不適切投稿を謝罪 「世界の全ての中国人に謝罪する」
最後は中国語で「對不起(申し訳ありません)」と頭を下げています。(2018/11/23)

Facebookの退社予定の幹部、Definers問題について謝罪「責任は自分にある」
New York Timesに社内問題を暴露されたFacebookの幹部、エリオット・シュレージ氏が、従業員宛書簡でこの記事について説明し、責任は自分にあると語った。シュレージ氏は間もなく退社する。(2018/11/22)

バラモン批判ポスター:
Twitter CEOの写真がインドで炎上 社は軽率だったと謝罪
Twitterのジャック・ドーシーCEOがインド訪問中、ヒンズー教カーストの最高階級バラモンについて「バラモン的な家長父制を打ち砕け」と書かれたポスターを持った写真がTwitterに投稿され、炎上。(2018/11/21)

日産自動車カルロス・ゴーン会長が逮捕 報酬約50億円過少申告の疑い
日産「数カ月に渡り内部調査」。西川広人社長が緊急会見「深くお詫び。会社として断じて容認できる行為ではない」。(2018/11/19)

TSUTAYAがバイトスタッフの「不適切投稿」を謝罪 BTSの悪口「許さない」「名前から性癖まで暴露可能」などツイート
「怖すぎ」「守秘義務違反では」など批判を浴びていました。(2018/11/16)

映画「ドラゴンボール超」試写会、一部招待客が“入場拒否”受けるトラブルに東映が謝罪文
オラに席を分けてくれ……。(2018/11/15)

「イッテQ!」やらせ疑惑で日テレ「当社に責任」「やらせやでっちあげの意図ない」
「世界の果てまでイッテQ!」でやらせ疑惑があると週刊文春が報じている問題で、日テレは14日、番組の意向でコーディネート会社が実質的な主催者となって開催したケースがあったことを認め、「今回のような事態を招きましたことをおわび申し上げます」と謝罪するコメントを出した。(2018/11/15)

多くの子会社が損失計上:
RIZAPが赤字転落、急ピッチのM&Aがあだに 瀬戸社長「見通し甘かった」
RIZAPグループの上半期の連結決算が赤字転落。通期業績予想も赤字を見込む。記者会見では瀬戸健社長が登壇し「見通しが甘かった」と謝罪した。(2018/11/14)

人気VTuberが運営企業を告発、「視聴者を数字や金としか見てない」 企業側が謝罪
人気VTuber「アズマリム」が、運営企業のCyberVについて「センパイ(視聴者)を数字や金としか見ていない」などと告発し、ファンの間で波紋を呼んだ。CyberVは13日、「本人の意向を尊重できていなかった」として謝罪し、アズマリムの活動はこれまで通り続けると明らかにした。(2018/11/14)

『殺人犯はそこにいる』との酷似指摘、Amazonドラマ「チェイス」製作会社が謝罪
Amazonプライムのドラマ「チェイス」が、『殺人犯はそこにいる』と酷似しているとし、作者の清水潔氏と版元の新潮社が、製作会社などに対して配信中止を求めていた問題で、製作会社が謝罪文を公表。清水氏と新潮社はこれを受け入れた。(2018/11/14)

BTSの所属事務所が謝罪文を発表
ユダヤ人権団体や原爆被害者関係団体に謝罪を行ったことも明かしています。(2018/11/13)

VTuber・アズマ リムのツイートについてCyberVが謝罪 「本人の意向を尊重できていなかった」
アズマ リム本人も動画を投稿。(2018/11/12)

「処分は決定次第すべてを受け入れる覚悟」 不倫報道のTAKAみちのくが謝罪
「鈴木軍は窓際」発言に憤慨するプロレスファンも。(2018/11/6)

立教大学、橋本環奈の出演イベント中止に謝罪 「心よりお詫び申し上げます」
大勢の観覧希望者が押し寄せたことで中止となっていました。(2018/11/5)

「全ての責任は私」 RIP SLYMEが活動休止、メンバーSUが約1年9カ月ぶりに沈黙破り謝罪
そうか……。(2018/11/3)

NHK札幌、宗教団体「アレフ」取材でファイル誤送信 周辺住民のインタビュー音声をアレフ側にも送信していた
連絡がとれた住民には既に謝罪済みとのこと。(2018/11/2)

謝罪・削除も批判続く:
東京電力Twitter、福島原発の画像に「#工場萌え」タグ 投稿が炎上
東電HDの公式Twitterが、福島第一原子力発電所4号機の内部画像に「#工場萌え」のハッシュタグを付けて投稿。「無神経だ」などど相次いで批判された。謝罪し、タグのない画像を再投稿したものの、多くの批判が寄せられている。(2018/10/29)

Twitter、脅迫で通報されたアカウントを凍結しなかったことを「間違い」と謝罪
「間違いだった」としています。(2018/10/29)

Twitter、爆弾郵便容疑者の関連アカウントを報告後すぐに削除しなかったことを謝罪
Twitterが、反トランプ大統領と見なされる複数の要人や組織に爆弾を郵送したとして逮捕された容疑者のアカウントを、事前に脅しツイートを受けたという報告があったにもかかわらず削除しなかったとして謝罪した。(2018/10/29)

「DMCA本来の目的から逸脱した利用を行ってしまった」――「侍エンジニア塾」運営会社、DMCA悪用で謝罪も「悪評隠し」については否定
DMCA申請を行った目的はあくまで「著作権侵害」への対処だったと説明しています。(2018/10/27)

「何をしてても自分を責めてる状態」 芸能界復帰のインパルス堤下、キンコン梶原のYouTubeで謹慎生活を語る
何度も謝罪の言葉を口にした堤下さん。(2018/10/25)

「私が完全に夫に甘えてました」 オリラジ中田敦彦「良い夫をやめた」宣言に妻の福田萌が謝罪
問題を解決しながら歩む2人。(2018/10/24)

テレビ東京、「池上彰の現代史を歩く」使用画像について謝罪 ドラクロワの絵画ではなくコラ画像だった
誤って使用してしまったとのこと。(2018/10/24)

在豪アメリカ大使館、ネコの写真を誤送信して謝罪
ネコちゃんなら仕方ない。(2018/10/19)

沢田研二、公演直前の中止を公式サイトで謝罪 会場入りしていたダイヤモンド☆ユカイ「ガーーーン。残念」
チケットの払い戻し方法などは決定次第速やかに案内するとのこと。(2018/10/18)

サイコガン装着した『ポプテピピック』商品に『コブラ』作者が「許可をとりなさい」と苦言 大川ぶくぶさんが謝罪
ブランド「Candy Stripper」とのコラボ商品「左手にサイコガンを持つポプ子」の件について、大川ぶくぶさんが寺沢武一さんと『コブラ』ファンに向けて謝罪ツイートを投稿しました。(2018/10/3)

世田谷区職員の横暴、漫画家がTwitterで告発 区長が事実認め謝罪
漫画家の山本さほさんが、世田谷区の担当者に横暴な対応を受けたとし、その内容を漫画にしてTwitterに投稿。世田谷区長の保坂展人さんが、担当者の問題発言を認めて謝罪した。(2018/10/3)

世田谷区長が漫画家の山本さほさんに謝罪 担当者が「会場キャンセル料を謝礼から差し引く」などありえない発言
担当課長が本日中に直接会って謝罪をするとのこと。(2018/10/3)

Facebook情報流出、日本ユーザーの被害有無は「調査中」
Facebookから約5000万人のアクセストークンが流出した件についてフェイスブックジャパンが改めて謝罪し、対策状況について説明した。(2018/10/2)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「無敵の人」問題 ネットからリアルへ波及した事件について、謝罪と炎上の専門家が議論
謝罪マスターと炎上専門家による対談の最終回。Hagexさん殺害問題についても触れます。(2018/9/27)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ザ・謝罪社会で、私たちはどのように謝ればいいのか
日本は「ザ・謝罪社会」である。仕事上のちょっとしたミスでも謝罪しなければいけないが、どのように謝れば先方の怒りは静まるのだろうか。筆者の常見陽平氏のよると……。(2018/9/21)

「アナザーエデン」ガチャ再抽選プログラムの影響について調査結果公表 ★3★4の出現率は表記と0.06%差、★5には影響なし
「ゲーム内で表記しているものと実績値の間に大きな影響は確認できませんでした」としつつも、やはり「不適切な部分があった」として謝罪しています。(2018/9/20)

スマホゲーム「アナザーエデン」、ガチャ不正操作で謝罪 「特定のケースで再抽選を行う内部プログラム」の存在が発覚
かなり限定的なケースとは言え、プログラムによって排出結果を操作していたことが発覚してしまった形に。(2018/9/19)

「モスバーガー」利用者28人に食中毒症状 本部から納入した食材が病因となった可能性
謝罪と同時に再発防止策を発表しています。(2018/9/15)

「弘法筆を選ばず」のはずが……:
大坂なおみ選手のラケットは「市販品でなくプロ向け改造品」 ヨネックスが謝罪
テニスの大坂なおみ選手が使用しているラケットが、一般消費者向けの市販品と同じだとする情報は誤りだった。製造元のスポーツメーカー・ヨネックスが明らかにした。「弘法筆を選ばず」などとネットで話題になっていた。(2018/9/14)

朝日新聞、慰安婦問題訂正記事に「検索回避タグ」設定 「確認漏れだった」と謝罪
検索回避タグを設定して記事の体裁をチェックしていたという。(2018/9/12)

三田佳子、ブログであらためて謝罪 「三田さんを応援します」「もう親の責任ではありません」と気遣う声
次男の高橋祐也容疑者が、覚せい剤使用容疑で逮捕されたことを受け。(2018/9/12)

IT用語解説系マンガ:食べ超(146):
ミッションクリティカルだけど笑顔で落ちるシステムです
システムはよく落ちますが、謝罪スタッフの充実度で業界をリードしています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/9/12)

アララ、QRコードリーダーの位置情報利用について謝罪 「適切な説明がなされていなかった」
「公式QRコードリーダー“Q”」で特定のコードを読み取ると位置情報が送信されると判明して物議を醸していました。(2018/9/8)

PSやセガサターンも動く夢の互換機「Polymega」登場 → アクセス集中で注文できず公式が謝罪
ROMカートリッジも光学メディアもささるすごいやつ。(2018/9/6)

台風21号:
大規模停電、岸和田や尼崎、和歌山市内で深刻被害 関電・岩根社長「想定よりはるかに大きい」
台風21号で大規模な停電が発生したことを受け、関西電力の岩根茂樹社長は5日午前10時、大阪市北区の本社で緊急会見を開き、陳謝した。岩根社長は冒頭、「台風21号の影響により、発生した停電に伴い、多くのお客さまに長時間にわたりご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございません」と頭を下げた。(2018/9/5)

米携帯会社、山火事に対処中の消防局に通信制限 「ミス」と謝罪
「カスタマーサポートのミス」と謝罪しています。(2018/8/22)

「全問正解で有休」:
ジャパンビバレッジが「有休クイズ問題」を謝罪 「そのような制度はありません」
ジャパンビバレッジHDが、クイズに正解しなければ部下に有給休暇を取らせない、とのメールが出回った問題を謝罪。社内にそうした制度がないことを明言し、体制改善に取り組むことを発表した。(2018/8/21)

高知県立大学、約3万8000冊の蔵書焼却に「配慮が十分でなかった」と謝罪
教訓として受け止め、検証を行うとしています。(2018/8/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。