ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「警察」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

児童ポルノDVD購入の疑い 「単純所持」で約870人を書類送検
警視庁などが摘発した国内最大規模の児童ポルノ販売サイトをめぐり、同サイトからDVDを購入し、所持したとして、児童ポルノ禁止法違反(単純所持)の疑いで約870人が全国の警察に書類送検されていた。(2018/12/12)

「こんにちは! あなたのデバイスをクラックしたハッカーです」 ビットコイン要求する詐欺メール出回る
「こんにちは! 私は数ヶ月前にあなたの電子メールとデバイスをクラックしたハッカーです」――こんな書き出しで、ビットコインを要求する詐欺メールが出回っているとし、警視庁などが注意を呼び掛けている。(2018/12/11)

ハロウィーンで一部暴徒化:
渋谷雑踏「軽トラ横転」、4万人から絞り込み……警視庁、約250台の防カメ収集
ハロウィーン客でにぎわう東京・渋谷で、一部の若者らが“暴徒化”して軽トラックが横転させられた事件で、警視庁捜査1課は5日、暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)容疑で、東京や神奈川、山梨に住む20代の男4人を逮捕した。群衆の中から容疑者を浮かび上がらせたのは、現場周辺に設置された防犯カメラや、通行人が撮影していた動画だった。外国人観光客らで混雑が予想される東京五輪・パラリンピックを見据え、警視庁は雑踏警備の態勢充実に加え、こうした「街頭の目」を活用した速やかな摘発が、テロや犯罪の抑止につながるとしている。(2018/12/7)

錯覚が原因:
田園型出合い頭事故招く「コリジョンコース現象」とは
田園などの見通しの良い交差点で出合い頭に衝突する事故(田園型事故)が多発しているとして、栃木県警は同県下野市内交差点付近の道路脇に白いポールを等間隔で設置した。交差点に入る車同士が錯覚により互いの接近に気付かないのが原因とされ、等間隔に並んだポールを置くことで車の動きを認識しやすくするのが狙いだ。一見、何の変哲もないこのポールが事故防止に一役買うという。(2018/12/7)

バラエティー番組などでも活躍:
「名物社長」過去にも摘発 暴力団とのつながり表面化 スーパー玉出創業者逮捕
赤や黄色の看板に派手なネオン。「日本一安売王」のキャッチコピーで、今や大阪名物ともいえる知名度を誇る「スーパー玉出(たまで)」の創業者に、暴力団幹部側から犯罪収益を受け取っていた疑いが浮上した。大阪府警が3日、組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕した「株式会社スーパー玉出」社長、前田託次(たくじ)容疑者(74)。自らもCMやバラエティー番組に出演し、「スーパー玉出」をPRしてきたが、過去には警察に摘発され、暴力団とのつながりが表面化したことも。今年7月には、長年育ててきたスーパー事業を売却していた。(2018/12/4)

「物心ついたころから昆虫好きの昆虫少年」 Twitterのヒアリ鑑定人「ヒアリ警察」の人柄を探ってみた
Twitter屈指の昆虫ガチ勢。(2018/12/8)

事故抑止に効果:
立体塗装で一時停止率アップ 信号機のない横断歩道 大阪府警
「信号機のない横断歩道では歩行者優先」。道路交通法でこう定められているにもかかわらず、歩行者が渡ろうとしている横断歩道で一時停止する車の割合が、全国平均で8.6%にとどまることが日本自動車連盟(JAF)の調査で分かった。車対歩行者の死亡事故のうち横断中の発生は7割に上り、警察当局は停止を怠る「歩行者妨害」の車の摘発を強化している。そんななか、大阪府警が車道をカラー塗装する試みを始めたところ、一時停止率がアップし、事故防止につながると注目されている。(猿渡友希)(2018/11/29)

「電動車いすで飲酒ダメ」警察庁マニュアルに障害者団体が抗議 団体側と警察に見解聞いた
警察側はノーコメント。(2018/11/28)

ペットボトルに穴を開けて“簡易蛇口”に 警視庁紹介の災害時お役立ち技を実際にやってみた
穴は小さめに。(2018/11/21)

格ゲーマー「クロダ」逮捕 女子高生にわいせつ行為
帰宅途中の女子高生にわいせつな行為をしたとして、千葉県警松戸署は15日、強制わいせつの疑いで黒田賢次容疑者(32)を逮捕した。容疑者は格闘ゲームのプレーヤーとして有名だった。(2018/11/16)

ナンバープレート画像をAIで鮮明化 滋賀県警研究員が開発
AIを使って防犯カメラに映ったナンバープレートの画像を鮮明化し、数字や文字の認識精度を高める技術を、滋賀県警科学捜査研究所の主任研究員が開発した。県警は早期の実用化を目指す。(2018/11/5)

橋本環奈、立教大学園祭イベントの出演が急遽中止へ 観客殺到で会場パニック「完全にキャパオーバー」
警察が出動、一部ではけが人も。(2018/11/3)

未来がやってきた ドバイ警察で採用が決まった空飛ぶバイク「Hoversurf」一般販売へ、価格は1700万円
一家に一台、空飛ぶバイクの時代が近い……?(2018/11/2)

ドローン乗っ取り「ドローンジャック」 警察が対策へ 「次元違う技術」
2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警察当局が、サイバー攻撃でドローンが乗っ取られる“ドローンジャック”対策の検討に着手した。従来のドローン対策は外部からの飛来、侵入を想定していた。警備当局は新たに出現した未知の脅威についても課題の洗い出しを急ぐ方針だ。(2018/10/31)

「警察官をクビになった話」 ブログ公開された漫画が1日で閲覧数200万を超える
ブログで話題に。(2018/11/1)

「これ犯罪だよね…?」 東大卒アイドル「仮面女子」桜雪、中年男性からの暴行被害を告白
警察に届けてほしい……。(2018/10/26)

警察犬が高価なカメラを装着する理由
米国では警察犬が装着するカメラの導入が少しずつ進んでいる。非常に高価な製品だが必要とされている理由とは?(2018/10/25)

偽注文→キャンセルの業務妨害 被害届を出したアパレルブランドの報告に注目集まる
同じような被害を受けている人に、警察への相談を勧めています。(2018/10/20)

55億円の被害:
地面師グループ、半年前から犯行計画か 所有者入院後に実行
住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の旅館跡地の取引をめぐる地面師事件で、地面師グループが積水ハウスに土地売却を持ちかける半年前の平成28年9月ごろから犯行を計画していた疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査2課は、土地所有者の入院を機に計画を本格化させたとみて経緯を調べている。(2018/10/19)

YouTubeが全世界で一時ダウン 米警察は「110番しないで」
YouTubeが17日10時ころから全世界で閲覧ができない状態になった。米フィラデルフィアの警察は「私達のYouTube(のページ)がダウンしていますが、911(日本の110番)を呼び出さないでください」と投稿。(2018/10/18)

警視庁「缶詰はコンクリートこすりつければ簡単に開く」 災害時に覚えておきたい知識がまた1つ
過去にはスプーンでの開け方も紹介していました。(2018/10/17)

「ポケコインもらえる」嘘の特典で利用者集めた容疑 ポイントサイト「キラキラ☆ウォーカー」運営業者逮捕
有料アプリに登録すれば、人気ゲームの特典が得られるなどと偽り、アプリ利用料をだまし取ったとして、京都府警と神奈川県警は、詐欺などの容疑で、ポイントサイト「キラキラ☆ウォーカー」の運営会社社長らを逮捕した。(2018/9/27)

憤慨する地元住民:
インバウンドで注目の大阪・西成の簡易宿泊所、覚醒剤密売の拠点に
覚醒剤の密売拠点は、警察署からわずか50メートルの距離にあった。大阪・西成区の簡易宿泊所(簡宿)で覚醒剤を売ったとして、大阪府警が8月までに無職の男2人を摘発した。日雇い労働者が集う西成の「あいりん地区」ではかつて、路上での違法薬物の密売が横行していたことから、府警が徹底的な浄化作戦を展開。取引は鎮静化したとみられていたが、訪日外国人客が利用することで注目を集めるようになってきた簡宿で、密売が続けられていたことが明らかになった。地元住民は「いつまでもイメージが改善しない。普通に暮らしたい人もいるのに」と憤慨する。(2018/9/13)

警護役の男性が射殺される:
任侠山口組トップ銃撃1年 実行犯の足取りつかめず 兵庫県警、上層部関与も捜査
指定暴力団任侠(にんきょう)山口組トップの車列が対立する神戸山口組系組員らによって神戸市内で銃撃され、警護役の男性が射殺された事件は12日、未解決のまま発生から1年を迎える。兵庫県警は神戸側の組織的犯行の疑いもあるとみて上層部の関与を捜査するとともに、実行犯の足取りを追うが、事件解決に結びつく有力な情報は得られていない。(2018/9/13)

複数回脅す:
関西生コンのトップを逮捕 滋賀の生コン業者の恐喝未遂事件 契約断った商社に「大変なことになりますよ」
準大手ゼネコンが進めていた倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、湖東生コン協同組合(滋賀県東近江市)の加盟業者と契約するよう商社の支店長を脅したとして、滋賀県警組織犯罪対策課は28日、恐喝未遂容疑で、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一容疑者(76)=大阪府池田市=を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。(2018/8/29)

「スタバ風スマホケース」勝手に製作、メルカリで荒稼ぎ……男2人を商標侵害容疑で書類送検
商標権を侵害したとして、神奈川県警港北署は23日、商標法違反の容疑で、いずれも横浜市瀬谷区の無職の男(34)と会社員の男(42)の兄弟を書類送検した。ともに容疑を認めている。(2018/8/24)

機密性高い無料通信アプリ「Telegram」「Signal」犯罪使用相次ぐ 消去後の復元困難 警察当局、拡大に警戒
海外で開発された機密性の高い無料通信アプリ「Telegram」「Signal」が暴力団関係者や特殊詐欺グループなどによって犯罪に関する連絡手段として悪用されており、警察当局は犯罪ツールとしての悪用の拡大に警戒を強めている。(2018/8/22)

「いいパパすぎ」「もうちょいカッコいいのに」 りゅうちぇる、両肩に入れた妻子の名前タトゥーに賛否
動くな! タトゥー警察だ!(2018/8/20)

親子が警察官に声をかけられる事案が発生 びっくりするも夏らしい理由に「日本は平和だ」
平和が一番!(2018/8/4)

流出NEM事件、発生から半年 海外サーバ経由、通信記録欠損……犯人特定は高いハードル
コインチェックが不正アクセスの被害を受け、約580億円相当NEMが流出した事件は発生から半年が経過した。警視庁は捜査を進めているが、通信が海外の複数のサーバを経由している上、一部の記録が欠損しているため、犯人特定は容易ではない。(2018/8/3)

取材を受けていた:
大口病院点滴殺人 実像と乖離した容疑者像  顔色が変わったのは……
横浜市の大口病院(現・横浜はじめ病院)で、入院患者2人が薬物を投与されて殺害された連続点滴中毒死事件で、神奈川県警に逮捕された久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)は、数度にわたり本紙記者の取材に応じていた。(2018/8/2)

【マンガ】警察の「白バイ」が白色になった理由
最初は別の色だった。(2018/8/1)

「ラブライブ!」マンホールを塗りつぶした容疑で大学生逮捕 “傷”容疑の高校生と共謀
相次ぐ被害で一時撤去された沼津市の「ラブライブ!サンシャイン!!」オリジナルマンホール。沼津警察署が新たに21歳の大学生を器物損壊の疑いで逮捕しました。(2018/7/26)

今すぐ助けるワン! 倒れた人に一生懸命、心臓マッサージをする警察犬が素晴らしい
優秀すぎやしませんか。(2018/7/22)

半径300メートルのIT:
警察からプライバシーを守る? Appleがこっそり加えたiOSの新機能
私たちのプライベートな情報が詰まっているスマホ。米国では「警察の捜査に対して、ユーザーがスマホのロックを解除しなくていい権利」が議論されてきました。そんな中、Appleのモバイル向けOS「iOS」の最新版にひっそりと加わった「ある機能」が話題になっています。それは一体……?(2018/7/18)

現役ナースが警察官の制服に着替えたら 桃月なしこ、地元愛知で初の一日署長
ポリスなしこ。(2018/7/17)

店から消えたJK ネット潜行、「パパ活」に? 規制条例施行1年
JKビジネスを規制する都条例施行から1年が経過して都内のJKビジネス店は激減した。警察当局内では、インターネットの世界に“潜行”したデート援交が、児童買春に発展することへの懸念がある。規制条例のない都外の店に、少女らが移動している現状も指摘されている。(2018/7/17)

「AKBファン続けるのにお金必要」 チケット転売、キセル乗車……横行する違法な“節約術”
「AKB48」のチケットを転売目的で購入したとして、警視庁に逮捕された20代の男らが、AKB48グループのイベント参加のため新幹線のキセル乗車を常習的に繰り返した疑いがあることが分かった。「ファンを続けるにはお金が必要」などと供述している。(2018/7/17)

脱出ゲームの施設に入った泥棒、脱出できず警察を呼ぶ事件発生 米国で
パズルを解いて部屋から脱出するゲームを提供している施設に泥棒が入った結果……。(2018/7/12)

エンタメよもやま話:
中国に続き米国も監視社会に? Amazon「顔認証システム」、政府・警察が瞬時に……
米国も中国のような監視社会に? 米Amazon.comが、強力かつ危険な新型の「顔認証システム」を開発し、それを米の政府機関や警察といった国の法執行機関に販売する計画を進めているという。(2018/7/10)

豪雨災害「デマに注意」 広島県警が呼び掛け
広島県警察本部が、西日本の豪雨災害に関するデマ情報に注意するようTwitterの公式アカウントで呼び掛けている。(2018/7/9)

広島県警「デマ情報に惑わされないで」 “窃盗グループが被災地に入っている”などのデマについて注意喚起
災害のたびに繰り返し拡散されている典型的なデマです。(2018/7/9)

「そのような事実は把握していない」:
豪雨被災地で「レスキュー隊装った窃盗団出現」などデマ拡散 広島県警が注意喚起
西日本豪雨の発生を受け、「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入った」などのデマが拡散。広島県警は「そんな事実は把握していない」とうわさを否定し、注意を喚起した。(2018/7/9)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年6月版:
仮想通貨「Coinhive」をどう考えればよいのか
2018年6月のセキュリティクラスタは、「Coinhive」と「ルート証明書」に注目が集まりました。自サイトにCoinhiveを設置していた人物が書類送検された後、このような対応に対して警察や検察を非難するツイートが多くありました。もう一つの話題はルート証明書。銀行のWebサイトが行名の切り替えに当たり、ユーザーにルート証明書をインストールさせようとして、こちらもたたかれていました。6月最終週には「ZERO/ONE」編集長の岡本氏が刺殺されるという痛ましい事件が起こり、TLが悲しみに包まれました。(2018/7/10)

防犯カメラ内蔵の「みまもり自動販売機」 西新井警察署管内に今夏から設置 商品サンプルに小型カメラ
キリンビバレッジバリューベンダーと西新井警察署が「防犯活動に関する覚書」を締結し、今夏から小型カメラを内蔵した「みまもり自動販売機」の設置を同警察署管内で進める。(2018/7/4)

「ラブライブ!」マンホールを傷付けた容疑で男子高生2人逮捕 “塗りつぶし”被害との関連は不明
相次ぐ被害で一時撤去された沼津市の「ラブライブ!サンシャイン!!」のオリジナルマンホール。沼津警察署が2人の男子高校生を器物損壊の疑いで逮捕しました。(2018/7/2)

「プログラムの実行を許可しますか?」 いちいち全部のJavascriptに「はい」を押さないと見られないサイト爆誕 開発の意図は?
「承諾なしに閲覧者のPCを動作させるサイトは違法」とする警察の見解に対する、「サイト閲覧時の挙動すべてに承諾を要求すると、面倒なことになりますよ」というカウンターになっている。(2018/6/29)

警視庁が非常時用レシピ「水でカップ焼きそばを作る方法」を投稿 少なめの水を注いで20分待つだけ
味も問題なし。(2018/6/28)

「完全に回避できた」:
Uber自動運転死亡事故、運転席の監督者が走行中に動画視聴=警察
Uberの自動運転車が3月に起こした死亡事故で、運転席に座っていた安全監督者は事故が起きた時間帯まで携帯でテレビ番組を視聴していたことが分かった。(2018/6/25)

ブロガー“Hagex”さんイベント後に刺殺か 「信じられない」「日本のネット史に残る事件」とネットに衝撃
被害者=Hagexさんとの警察発表はないものの、複数の情報筋に確認したところ、亡くなったのはHagexさんでほぼ間違いないとみられます。(2018/6/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。