ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「誹謗・中傷」最新記事一覧

Twitter、いじめ対策強化──フレーズや会話のミュート、報告ツール改善
Twitterが、特定の単語を含むツイートや会話を通知されないようにするツールを追加した。タイムラインや検索には表示されるが、プッシュ通知はされなくなる。また、報告ツールで人種や性別に関する誹謗中傷や差別を報告できるようになった。(2016/11/16)

ジャスティン・ビーバーがInstagramアカウントを突然削除! ファンの誹謗中傷に激怒か
止まらない誹謗(ひぼう)中傷を受けて、「SNSを非公開にする」可能性を示唆していました。(2016/8/16)

ベトナムで空港システムに不正侵入、南シナ海の領有権問題絡みか
中傷的な内容に改ざんされたシステムの画面には、「China 1937CN Team」を名乗る集団の犯行声明が掲載された。(2016/8/2)

平子理沙、ブログへの中傷を調査し「同一IPで何度も投稿していた人が6人いた」と明かす 「自殺しろ」と100回以上書き込む悪質な例も
震災に関するブログ記事に批判が殺到していました。(2016/4/27)

「太ってる」ネット中傷にふっくら体形モデルが反撃、ポテチを食べる動画を投稿
「自分の価値を決めるのは自分だけ」というメッセージも。(2016/4/13)

「おじゃる丸」役・小西寛子の名誉を毀損する書き込みの疑い 容疑者が書類送検に
「NHKに高額なギャラを要求しておじゃる丸を干された」などの書き込みを繰り返していた疑いで書類送検。(2016/3/19)

「くら寿司でガラス片混入」――虚偽投稿の男性を名誉毀損の疑いで逮捕
くら寿司側は投稿について「事実と異なる」と否定していました。(2016/3/16)

「くら寿司で異物」 虚偽のSNS投稿で男を逮捕 名誉毀損の疑い
「くら寿司」の商品に異物が混入していたという虚偽の内容をFacebookに書き込んだとして、香川県警が名誉毀損の疑いで高松市の男を逮捕した。(2016/3/15)

声優・上坂すみれさん、Twitterを休止 「心ないリプライが看過できない数に」
声優の上坂すみれさんがTwitterアカウントの更新を休止すると発表。中傷やセクハラにあたるリプライが「看過できない数になった」ためだという。(2016/3/4)

新潟日報、Twitterで弁護士中傷の元報道部長を無期限の懲戒休職に 「極めて不適切な行為」
新潟日報社の上越支社元報道部長(解任済み)がTwitterで弁護士を中傷するツイートなどを投稿していた問題で、同社は、元報道部長を懲戒休職(無給・無期限)処分とした。(2015/11/27)

新潟日報、「Twitterで中傷書き込み」の報道部長を25日付けで解任 「一両日中にも社としての対応を決定し、公表する」
匿名で高島弁護士に対し「はよ、弁護士の仕事やめろ」とツイートしていました。(2015/11/26)

新潟日報、Twitterで弁護士中傷の報道部長を処分 社としての対応も公表へ
新潟日報の支社報道部長が弁護士を中傷するツイートの投稿を繰り返していたとして、同社が処分を発表。(2015/11/25)

エンブレム取り下げで佐野氏がコメント発表 誹謗中傷受け「人間として耐えられない限界状況」に
取り下げが決まった東京五輪のエンブレムについて、デザイナーの佐野さんがコメントを発表。「模倣や盗作は断じてない」と断言した上で、昼夜問わず取材が殺到し、誹謗中傷メールが届くなど「人間として耐えられない限界状況」と告白している。(2015/9/1)

お笑い芸人のスマイリーキクチさんがネット誹謗中傷への対策動画を公開 10年間誹謗中傷を受け続けた経験をもとに
「リベンジポルノの対処法」「ストーカー被害の対処法」「警察に行く際の手順と注意点」など、テーマ別に10本。(2015/9/1)

フジのバラエティー番組がBPO審理入り 「再現ドラマで名誉毀損」の申し立てで
ストーカー事件を再現したドラマに対し、社内イジメの首謀者とされて名誉を毀損されたとの申し立てがあった。(2015/5/20)

LINEトラブルの元府議に「キモい」発言、「問題なし」とBPO 「議員として受忍すべき」
LINEで中学生とトラブルになった元大阪府議について、TBSラジオの番組でお笑いタレントが「キモい」と述べたことについて、BPOは「名誉毀損には当たらず、放送倫理上の問題もない」と判断。(2015/4/14)

モスバーガー店頭黒板に「人や国を中傷する」内容、モスフードサービスが謝罪
Twitterで批判が集まっていた。(2014/11/12)

モスバーガー店頭の不適切な掲示を謝罪 「侮辱的」とTwitterで批判相次ぐ騒ぎに
「モスバーガー」の店頭に不適切な内容が書かれた黒板が掲示され、Twitterで批判が相次ぐ騒ぎがあり、運営元が「人や国を中傷する表現であると深く反省している」と謝罪した。(2014/11/12)

アグネス・チャンさんへの中傷書き込んだ男性が手紙で謝罪 → アグネスさんがブログで実名入り「謝罪文」全文公開
「今後も徹底して責任を追求し続けて行きます」とアグネスさん。(2014/10/24)

エド・はるみさん、ネット上の中傷に法的措置へ
弁護士事務所が発信者情報の開示など、裁判上・裁判外の法的手続き対応を行う。(2014/10/3)

ネットの心ない書き込み 名誉毀損になる可能性は?
SNSやブログ上での具体的な相談事例を基に、自分や会社を守るための知識を学べる書籍を紹介します。(2014/6/5)

ネット上の人権侵害事件、過去最高に プライバシー侵害と名誉毀損で98%
法務省によると、2013年のネット上の人権侵害に関わる相談/事件数がいずれも過去最高となった。プライバシー侵害と名誉毀損が98%を占める。(2014/3/14)

Twitterでのデマ・中傷は責任なし? → その気になれば訴えられます 弁護士に聞いた
アカウントの本人特定はなぜ難しく、それはどう解消されたのか?(2014/2/27)

ネット上で会社の「悪口」見つけても、9割が手つかず
会社に対する「悪口」「誹謗(ひぼう)中傷」などの書き込みを見たことがありますか? 企業の広報または人事担当者に聞いた。ネクストリンク調べ。(2014/2/25)

中傷記事「転載しただけ」でも名誉毀損に 東京高裁が初認定 安易な「転載・まとめ」に警鐘
転載しただけでは名誉棄損にならない? → なります(2013/12/3)

ネットに流れる「山本太郎の手紙全文公開」は「デマ」と事務所が否定
「名誉毀損の被害を与える事例が発生した場合、法的な対抗措置も検討中」という。(2013/11/3)

Amazon傘下の「Goodreads」が作家個人への中傷レビューを禁止へ、ユーザーが反発
Amazonが3月に買収を発表したソーシャル読書サービス「Goodreads」が規約を改訂。作家個人を中傷するレビュー記事やタグ付けを自動削除できるようにしたことにユーザーが反発している。(2013/9/27)

YouTube、コメント品質向上対策でGoogle+との統合が必須に
匿名での投稿が可能なこともあり、YouTubeでは中傷的なコメントが問題になることがあるが、その対策としてコメントを投稿するのにGoogle+のアカウントを必須にする。(2013/9/25)

出産告白の安藤美姫選手、公式Facebookページにコメント殺到 「目に余るものは削除」と運営発表
出産していたことを明らかにしたフィギュアスケートの安藤選手の公式Facebookページがコメントへの今後の対応を発表。誹謗中傷など「目に余る表現・内容のコメント」は削除するという。(2013/7/4)

池田信夫氏、上杉隆氏を反訴
経済学者の池田信夫氏は、元ジャーナリストの上杉隆氏に名誉を毀損されたとして損害賠償などを求めて反訴。(2013/4/23)

2ちゃんねるブラウザはApp Storeから追放? アプリ「GraffitiPot」は審査通らず
ポルノ画像や誹謗中傷の「頻度とアクセスの容易さ」が問題になったとのこと。(2013/3/1)

ドワンゴ、民主党に抗議 安住氏「極めて偏った動画サイト」発言に反発
民主党の安住幹事長代行がニコ動について「極めて偏った動画サイト」と発言したことについて、ドワンゴは「根拠の無い誹謗中傷」と強く抗議。(2012/11/27)

ドワンゴ、民主党の「偏った動画サイト」発言に抗議 「ニコニコ動画に対する、根拠の無い誹謗中傷」
何を根拠に批判したのか、5日以内に書面で回答を求めるとのこと。(2012/11/26)

上杉隆氏、池田信夫氏とNHN Japanを提訴
元ジャーナリストの上杉隆氏は、経済学者の池田信夫氏とNHN Japanを名誉毀損で提訴したことを明らかにした。(2012/11/16)

清武英利 元巨人球団代表の記者会見をライブ配信
清武英利 元読売巨人軍球団代表の記者会見をライブ配信する。文藝春秋による原監督1億円支払い報道に関して、7月24日、読売グループ本社、読売巨人軍、渡邉恒雄氏らに対し、名誉毀損に基づく損害賠償と謝罪広告請求を起訴する件について説明する。配信は7月24日15時0分〜。(2012/7/23)

BookExpo America Report:
BEAでのAmazonバッシングについて
BookExpo America 2012では特定のプラットフォームや小売企業が徹底的にバッシングされ、中傷めいた発言まで飛び出した。Amazonに対する風当たりの強さはその代表的なものだ。(2012/6/13)

“共有”か“盗撮”か 他人を無断撮影して投稿、炎上する学生相次ぐ
「ちょおキモいのいた」──他人を携帯電話で無断撮影し、中傷的なコメントを付けてネット公開していた大学生らが“炎上”する騒ぎが相次いでいる。(2011/11/12)

“産地偽装”は「言われなき中傷」 2chまとめサイトなどにJAグループ熊本が強く抗議
テレビ番組の映像をもとに、2chまとめサイトなどに“産地偽装”という「言われなき中傷」を受けたJAグループ熊本が強く抗議。(2011/10/20)

東海テレビ「怪しいお米」放送、岩手県が「誹謗中傷」と強く抗議
東海テレビが岩手県産米のプレゼント当選者を「怪しいお米 セシウムさん」と放送した問題で、同県の公式Twitterアカウントは「本県産米を誹謗中傷する静止画が23秒間放送されました」と強く抗議する意向を明らかに。(2011/8/4)

Twitterにアディダス社員がスポーツ選手の来店情報、中傷的な内容 同社が謝罪
アディダスジャパンは、同社銀座店に勤務する社員が、同社契約選手の来店情報をTwitterに書き込み、流出させたとして、選手と選手の家族などに対し謝罪した。(2011/5/20)

調査リポート:
小中学生の携帯所持、不安な点は
ネットエイジアが小中学生の携帯所持に関する調査結果を発表。携帯を持たせることで心配な点は、「有害サイトへの関与」「迷惑メールやワンクリック詐欺」「誹謗中傷・イジメ」などが挙がっている。(2011/5/18)

日本人は「被害経験なくてもネットは不安」 10カ国で調査
ネットに対する「安心」「不安」の感覚についてNTTなどが世界10カ国を対象に調査。個人情報漏えいやネット上での中傷に関して、被害経験がなくても不安を感じると答えた人が、日本ではほかの国に比べて多かった。(2010/9/3)

ネットの風評を“良き”流れに転換する方法
SNSやブログなどのオンラインコミュニケーションツールを企業マーケティングに生かす試みが広まる一方、言われなき誹謗(ひぼう)や中傷にさらされるリスクも高まっている。ネットの風評を良き流れにするポイントを探る。(2010/3/19)

「ヘタクソ」pixivに意図せず中傷コメント CSRF脆弱性を悪用
pixivで、一部の作品に対し「ツマンネ」「ヘタクソ」などと中傷コメントが勝手に投稿されてしまう問題が起きた。CSRF脆弱性を悪用したもので、既に修正された。(2010/2/15)

TechCrunchサイトがまた改ざん、今度は創設者中傷のメッセージ
25日に改ざん被害に遭って一時的にダウンしたばかりのTechCrunchサイトが再びハッキングされた。(2010/1/28)

ニコ動、政治動画のコメント装飾禁止へ 誹謗中傷対策で
「ニコニコ動画」で8月30日から、政治系動画のコメントの装飾を禁止する。政治関連動画で、誹謗(ひぼう)中傷が頻繁に発生しているため。(2009/8/26)

オルタナブログ通信:
ネットいじめの3つの特徴
ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」では、180組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。その中から今週は、「ネットブック」「不況」「ネットと政治」「デジタルブック」「携帯電話」「ネットの中傷」などを紹介する。(2009/2/20)

ネットの逆流(10):
ブログでの名誉毀損で国内初の一斉摘発 一歩間違えれば自分も加害者
お笑いタレントのブログで執拗に誹謗中傷した人が、名誉毀損・脅迫で一斉に摘発された。今回の事件から見えてくるものは何か。そして、加害者にならないためにはどうすればいいのだろうか。(2009/2/8)

「10年間ネットで中傷」――スマイリーキクチさんがブログで告白 「炎上で摘発」報道受け
ネット上でスマイリーキクチさんを中傷する書き込みをした名誉毀損の疑いで、警視庁が男女18人を書類送検するという報道を受け、キクチさんが自身のブログで「10年間にわたってネットで中傷を受けてきた」と告白した。(2009/2/6)

「かんなぎ」休載は「作者入院のため」 発行元が説明、「中傷で休載」は否定
かんなぎが突然、無期限の休載となった理由を説明する文章を、連載誌の発行元がWebに掲載した。「作者が急病で緊急入院したためで、『誹謗中傷によって休載した』という報道は事実ではない」としている。(2008/12/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。