ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子育て」最新記事一覧

香椎由宇、男児を出産 仕事は育児や体調と相談しながら再開予定
所属事務所のホリプロが発表しました。(2016/8/22)

声優の宮村優子、離婚することを明らかに オーストラリアで子育てしていた
自身のTwitterで明らかにした。(2016/7/19)

「小5で携帯電話」「読み聞かせ、覚えてる?」 “育児の正解”を答え合わせする
(2016/7/10)

送り状不要、匿名配送OK「らくらくメルカリ便」が集荷対応
出品者向け定額配送サービス「らくらくメルカリ便」が集荷に対応。持ち込みにくい大きな荷物や、家を離れにくい子育て家庭の利用を見込む。(2016/6/20)

小沢真珠、第2子妊娠を報告 「より気を引き締めて育児もお仕事も頑張りたい」
ご無理だけはなさらぬよう!(2016/6/15)

「育児で絶望のどん底にいた」母が漫画ブログから得たモノ――悩みを表現に変える方法
「子育てがつらい」「子供との向き合い方が分からない」子育てに悩みは尽きない。そんな中、ブログを活用して悩みを解決した人がいる。(2016/6/13)

厚労省広報誌の表紙にまさかのファンキー加藤 「子育て支援」「理想の男性像」などタイミング悪すぎて話題に
もう少しタイミングがずれていれば。(2016/6/7)

育児は俺に任せろ!:
PR:育休1年、残業ゼロ――イクメン エンジニアが選んだ家庭の守り方
妻のキャリアを守るために、育児全般を引き受けることを選択したパパエンジニア。「自分はイクメンという自覚はない」と言う彼が考える仕事と育児の両立とは?(2016/6/10)

育児の答え合わせ 〜どうして我が家はこうなった?〜
一番近くにいるはずなのに、もしかすると一番よく分からないかもしれない相手、家族。“キモいお父さん”こと中山順司さんが、とある親子の「育児の答え合わせ」に乗り出します。(2016/6/5)

つるの剛士、第5子安産祈願で妻のお腹にかわいいイラスト 「愛を感じます」「勇気付けられました」
6月1日より育児休暇に入ったことも報告。(2016/6/1)

子どもの成長に合わせて仕事選びの優先順位を変える:
PR:もう「新しいこと」好きを封印しなくて、いいんだ!
夫婦共働き世帯が増えたことを背景に、育児をしながら働くエンジニアも増えてきた。しかし、ただ働くのではなく、やりたい仕事をできているという人は、まだ多くはないのではないだろうか。(2016/5/31)

「男の職場」今は昔 「鉄鋼女子」が増加している
鉄鋼大手が女性の採用を増やしている。「男の職場」のイメージが強い製鉄所でも、最近は女性の姿が目立つ。子育てと仕事を両立できるよう、職場環境の整備にも取り組み始めた。(2016/5/26)

懐かしい厚紙の昔話絵本が電子書籍化 小学館が「育児絵本・保育絵本」をデジタル復刻
戦後から90年代まで販売されていた絵本「桃太郎」や「一寸法師」など一挙36冊ラインアップ。当時の価格そのままで購入できる。(2016/5/17)

従来型“DaaSの弱点”を克服した新サービスとは
柔軟な働き方とセキュリティ対策を両立する、DaaS選びのコツ
育児や介護をしながら働く社員にとって、在宅勤務をはじめとした柔軟な働き方の整備は必要不可欠だ。一方で、こうしたワークスタイル変革を進める場合、情報漏えいなどへの対策も重要だ。両者をどう両立するか。(2016/5/6)

これには家族全員にっこり 「さいたま市祖父母手帳」が子育ての世代差を埋めてくれると話題に
電子書籍版なら誰でも見られます。(2016/4/25)

内田恭子の「いつもそばに本があった」:
男性も女性も子育ては楽ではない、だから感動があるのだ
今では男性が幼稚園の送り迎えをしたり、育休を取ったりするのも珍しくありません。育児の大変さを痛感しているビジネスマン読者の方も多いはず。そんな方に読んでほしい1冊をキャスターの内田恭子さんが紹介します。(2016/4/14)

米動物園のベテランイクメン犬「Blakely」、チーター5匹の育児を開始
種族の壁を超え過ぎ!(2016/3/27)

力作18台:
介護、子育て、福祉――試作ロボット展示会にみるニッポンの未来 
若手研究者による試作ロボットを展示・発表する「Robotics×Future 2016」が18日、東京都内で開催された。会場に勢ぞろいした力作18台の中から、福祉・介護などの分野で存在感のあるロボットをリポートする。(2016/3/23)

「monom」第3弾プロダクト:
博報堂、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイスを開発
博報堂は、 自主開発プロダクトとして、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型おしゃべりスピーカー「Pechat」を開発。育児を楽しくアシストする次世代玩具として提案する。(2016/3/15)

「女性の人生は『仕事と結婚』『結婚と子育て』のどちらか」――日経ビジネス、記事掲載取りやめ 「女性差別的」と炎上
日経ビジネスが「逃げる女性は美しい」と題したコラム記事の掲載を取りやめた。「女の人の場合、(人生で達成できることは)『仕事と結婚』か『結婚と子育て』ではないかと思う」と持論を展開し、「女性差別的」とネットで炎上していた。(2016/3/14)

リクルート、一時保育の空き状況が検索・予約できる「CoPaNa」を提供
一時保育が可能な保育施設をリアルタイムに検索・予約できるサービス「子育てにっこりパートナーナビCoPaNa」がリリース。東京・文京区と港区の2施設で利用可能だ。(2016/3/8)

梅宮アンナ、田村淳のWeb番組で育児放棄疑惑を否定 田村「次回はぜひベッキーを」
インターネットらしい番組が始まりました。(2016/3/2)

高嶋ちさ子の“子育て論炎上”に葉加瀬太郎が反論 「あんなに純粋で美しい音色を奏でられる人に悪い人がいるわけがない」と持論述べるも炎上
叩く前にまず高嶋さんの音楽を聞くべき、と持論を展開。(2016/2/22)

激しく扱うとボールが泣く 母性が試される新スポーツ「ベビーバスケ」が超ゆるふわ
育児経験者はその時点でプロ級。(2016/2/15)

「子供のゲーム機バキバキ」で炎上 バイオリニスト・高嶋ちさ子さんの“子育て武勇伝”に非難殺到
しつけのためとはいえ……。(2016/2/13)

リクルート、女性の妊娠/出産から職場復帰まで応援するアプリ「カムバ!」リリース
リクルートホールディングスは女性の子育てと仕事の両立をサポートするアプリ「カムバ!」をリリース。妊娠中のアドバイスや出産前・職場復帰前の時期に応じた「やることリスト」などを提供する。(2016/2/2)

私は「諦めない」:
「長時間労働はエラい神話」はもう止めよう――テクノロジを活用して、効率を“往生際悪く”追求する働き方
長時間労働が常態化しているIT業界。しかし今後は「120%」の労働力で働ける人は少なくなっていくだろう。親の介護や子育てなどの制限があっても、自身の体力が落ちても、オフィスのそばに住まなくても、希望の働き方を実現するためにはどうしたら良いのか――そのポイントは「テクノロジの活用」と「諦めない」にあった。(2016/2/2)

メルカリ、産休・育休の8カ月間も給与100%保障 新人事制度で「スタートアップでも安心して長期的に働いて」
フリマアプリのメルカリが、社員の産休・育児休暇期間も給与を100%保障する新人事制度を導入。(2016/2/1)

R25スマホ情報局:
「0歳児の71%がスマホ使用」に衝撃
子育て応援サイト「すくコム」が乳幼児のデジタルメディアの利用実態を調査。その結果、0歳児の親の71%が子供にスマホを使わせた経験があることが判明しました。(2016/1/22)

リクルート、全従業員にリモートワーク本格導入 雇用形態問わず、上限日数なし
会社以外の場所で勤務できるリモートワークを、リクルートが全従業員を対象に本格導入。育児や介護などの事情がなくても利用でき、上限日数は設けない。(2015/12/24)

男性国会議員「育児休暇をとる決意」表明 賛否両論に
夫婦共に国会議員の宮崎謙介議員が育児休暇を取る決意を明らかに。(2015/12/23)

「フルハウス」の続編「フラーハウス」のティーザー映像が公開 20年ぶりにあの家族が帰ってくる!
今度の物語は、D.J.、ステファニー、キミーの女3人による子育て奮闘記。(2015/12/18)

Twitchのコメントだけで「たまごっち」を育てる謎企画が始動 ウンチを流すこともままならないカオスな子育て
まともな子が育つ気がしない。(2015/12/11)

リクルートとスクー、自宅から参加できる子育てママ向けイベントを共催――テーマは「はたらく」
リクルートとスクーは、子育てママに向けたイベントを共催。オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」で生放送するため、自宅から参加できる。(2015/11/26)

Facebook、全世界の男性社員に4カ月の育休付与 同性婚でもOK
Facebookが全世界の男性社員に4カ月の育児休暇を提供。同性婚をして子どもを持った場合でも取得できる。(2015/11/26)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
家事代行サービスを日本のインフラに! 高い満足度を支えるのは、人間味のあるオーダーメイドサービス
日本に新しい暮らし方を提案したい。辛く孤独な思いをしながら、育児に仕事に奮闘している女性たちが頼れる存在になりたかった。母であり、妻であるその人の笑顔のために。(2015/11/25)

育児中の社員にもフルタイムと同じノルマ 資生堂の育児支援制度を伝えたNHK報道「資生堂ショック」が話題に
短時間勤務者が会社に支えられる側から支える側に回ってほしいという思いから始まったそうです。(2015/11/9)

auのCMキャラ「鬼ちゃん」が子育てアプリ「おにから電話」に期間限定登場
auのCMで菅田将暉さんが演じるキャラクター「鬼ちゃん」が、スマートフォン向け子育てアプリ「おにから電話」とコラボレーション。11月30日までの期間限定でアプリ内に鬼ちゃんが登場する。(2015/11/2)

「おむつ脱がせた」でBPO審議入り テレビ東京「ざっくりハイタッチ」の「赤ちゃん育児教室」企画で
安心してください、脱がせてますよ。(2015/10/28)

医療技術ニュース:
マウスの「父性の目覚め」に関わる2つの脳部位を発見
理化学研究所は、雄マウスの子育て(養育行動)意欲が、「cMPOA」と「BSTrh」という2つの脳部位の活性化状態から推定できることを発見した。(2015/10/22)

「赤ちゃんが胎内で聞いていた音とうどんをすする音が似ている」 香川県が謎の理由で子育て日本一の「イクケン香川」を宣言
「日本一子どもを育てやすい県」と力強く宣言。(2015/9/18)

我が子を“社会人失格”にさせない子育て
(2015/8/22)

子育て女性の新しい働き方を提案したい――「Growth Hack for Womenプロジェクト」
リクルートジョブズは、Kaizen Platformと共同で子育て中の主婦を「Growth Hacker(グロースハッカー)」として育成し、キャリア形成と起業を促すプロジェクトを展開している。主婦をグロースハッカーとして育成することの狙いはどこにあるのか。両社の担当者に話を聞いた。(2015/8/5)

デル株式会社提供ebook
「早く帰れていいね、と言われた」「成果主義も悩ましい」――働くパパ・ママが感じる“いま会社に必要なこと”
育児中の社員が活躍できる場が求められる中、企業はどうすれば彼らにとって働きやすい環境を提供できるのか。所属企業も境遇もそれぞれ異なる「働くパパ・ママ社員」たちの座談会から、これからの日本企業に必要な視点を考えてみたい。(2015/7/29)

PR:「早く帰れていいね、と言われた」「成果主義も悩ましい」――働くパパ・ママが感じる“いま会社に必要なこと”
育児中の社員が活躍できる場が求められる中、企業はどうすれば彼らにとって働きやすい環境を提供できるのか。所属企業も境遇もそれぞれ異なる「働くパパ・ママ社員」たちの座談会から、これからの日本企業に必要な視点を考えてみたい。(2015/7/22)

DNP、コンテンツ配信サービス「チェックインマガジン」を産婦人科向けに提供
主婦の友社の人気育児雑誌やムック、漫画、実用書籍、子ども向け絵本など24タイトルを無料で閲覧できる。(2015/7/13)

出産・子育て支援のプロジェクトを開始:
電子チラシを閲覧してソーシャルグッド――凸版印刷「Shufoo!」
電子チラシ「Shufoo!(シュフー)」が、ソーシャルグッドプラットフォーム「gooddo」と連携し、「出産・育児・子育て支援」のプロジェクトを開始する。(2015/7/2)

スマホ経由で子育てサポート “乳幼児の睡眠”を可視化するハイテクマット「nana」
シンガポール発のヘルスケア系スタートアップ「mnh labs」が開発する「nana」は、乳幼児の睡眠の状態を可視化してくれるハイテクマットです。(2015/6/2)

重版決定! 父の日を控え特別企画:
父と娘のマジトーク「お父さん、前よりキモさがアップしているよ」
書籍『お父さんがキモい理由を説明するね』の発売から1年、このたび重版が決まったのを機に、中3になった娘と改めて話し合ってみました。締め付けと放任主義どちらの子育てがいいのか、中3女子にスマホは必要なのか、考える力はなぜ大切か。そして父は結局キモいままなのか……?(2015/5/28)

頑張って、横山先生:
漫画家・横山了一と5歳の息子による理不尽子育てエッセイ、トーチwebで新連載
更新は毎週金曜日。第2話は5月29日に公開予定。(2015/5/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。