ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炎上」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
SNSあれば憂いなし、今何に備えるべきかを調査で知ろう
地震、雷、火事、ネット炎上。不測の事態への対策から学力向上、働き方改革まで、私たちは何をどこまで備えればいいのでしょう。(2017/8/20)

YouTuberヒカルの「VALU大炎上」とは何だったのか ヒカルがTwitterで経緯説明、暴落したVAは最高値で買い戻すと謝罪
VALU全体が大混乱に陥る騒動となりました。【訂正】(2017/8/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景
福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が来季も契約延長となる可能性が高まってきている。ろくに働いていない彼と契約することで、球団はどのようなメリットがあるのか。そこには親会社と球団の戦略があって……。(2017/8/11)

夏休みSpecial 山本一郎×細川義洋対談 キャリア残酷物語:
RubyやPythonができるからって何?――エンジニアがパーツに成り下がらずに生き残る方法
@ITの人気連載「開発残酷物語」の山本一郎氏と、「IT訴訟徹底解説」の細川義洋氏がエンジニアのキャリアについて、超真剣に話し合った。(2017/8/10)

アームガンがズドーン! クローでバリバリー! 日米巨大ロボット対決、MegaBotsが新型のパワーをアピール
だいぶ「アーマード・コア」の世界に近づいた。(2017/8/8)

小学館とDeNAが共同で会社設立 「MERY」の運営体制を刷新し再開へ
新しい「MERY」の誕生を目指すとしています。(2017/8/3)

少年がアイスショーケースに入り込み大暴れする動画が炎上拡散 沖縄ファミマは「警察に相談中」
イタズラでは済まない暴挙です。(2017/8/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
上西議員のツイート、海外メディアの幹部が驚いた2つのこと
上西小百合議員のツイートが、炎上商法ではないかと疑念を向けられ、世間から大きなひんしゅくを買っている。サッカーJ1リーグ、浦和レッズのサポーターと激しい火花を散らし合ったわけだが、海外メディアの幹部はこの事態をどのように見ているのか。(2017/7/28)

RSSリーダーは“オワコン”なのか? スマホ・SNS時代の情報収集を考える
「Live Dwango Reader」が8月31日にサービスを終了する。RSSリーダーはもうその役割を終えつつあるのか。(2017/7/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
上西、松居騒動になぜトランプが登場するのか
上西小百合議員のTwitter暴言と、松居一代氏の離婚問題騒動が盛り上がっている。興味深いのは、両ケースとも米国のトランプ大統領とからめた話が出ていることだ。なぜ大統領の名前が出てくるかというと……。(2017/7/27)

知事は満足だが……:
復興予算で壇蜜さんお色気PR動画、誰が決めた?
「上乗ってもいいですか?」「あっという間にイケちゃう…」−。タレントの壇蜜さん(36)が出演する宮城県の観光キャンペーン動画が引き続き議論を呼んでいる。(2017/7/25)

「あっという間にイケちゃう……」 復興予算で“壇蜜お色気動画” 知事満足も、「炎上商法」と批判も
「上乗ってもいいですか?」「あっという間にイケちゃう……」――壇蜜さんが出演する宮城県の観光キャンペーン動画が引き続き議論を呼んでいる。(2017/7/25)

おじさん世代の思いが伝わらない:
若い人の会話で空回りする、典型的な4つの場面
「いまの若い人と会話が通じない」といった悩みを抱えている上司や先輩も多いのでは。小さなころからスマートフォンと接してきた世代と、どのように向き合えばいいのか。(2017/7/24)

ITはみ出しコラム:
Amazon快進撃を支えるジェフ・ベゾスCEOの長期的展望
書籍のネット販売から始まったAmazon.com。現在の快進撃のバックボーンには、ジェフ・ベゾスCEOの「顧客第一主義」と「長期的展望」があります。(2017/7/23)

「ドローン少年」はなぜ「性の悦びおじさん」の自宅に侵入したのか……“ネット有名人”の点と線
あの「ドローン少年」が「性の悦びおじさん」宅に侵入。少年その理由を「男性の安否確認」と主張するが、2人はどんな間柄だったのか。(2017/7/13)

ホリエモン「ヒトラーTシャツ」でNHK出演 「どう見ても平和祈念のTシャツ」と批判に反論
ホリエモンがヒトラーに似た人物が描かれた黒いTシャツを着てNHKの番組に出演したことについて「どう見ても平和祈念のTシャツ」などとTwitterでつぶやいた。(2017/7/13)

「シャープ製品」Twitter運営停止 「ミニスーファミ」値踏みで炎上
「ミニスーファミ」値踏みで炎上したシャープの公式アカウント「シャープ製品」(@SHARP_ProductS)が運営停止。「シャープさん」こと@SHARP_JPが7月11日に報告した。(2017/7/11)

「シャープ製品」公式Twitterが運営停止へ 「ミニスーファミ」値踏みツイートで炎上
「スーパーマリオワールド」200円、「ファイアーエムブレム 紋章の謎」0円など、あまりにも辛口な値付けでファンから怒りの声があがっていました。(2017/7/11)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン新書著者5人座談会 「今はフラット化が行きすぎてる」「Twitterは広がりすぎた」
「マストドン 次世代ソーシャルメディアのすべて」出版記念セミナーの第2部である、著者5人によるパネルディスカッションをレポートする。(2017/7/11)

ITりてらしぃのすゝめ:
Twitterで“身に覚えない”投稿 「アプリ連携」の落とし穴
Twitterで身に覚えのないツイートが――よく分からないサードパーティー製アプリに「アクセスを許可」した記憶はありませんか?(2017/7/6)

「窃盗だろw」「桃の気持ち考えろ」――桃太郎で“ネット炎上”描く広告、狙いは? ACジャパンに聞く
「窃盗だろw」「泥棒ワロタ」――桃を拾ったおばあさんにそんな苦情が殺到し、炎上する様子を描いた広告を、ACジャパンが公開。制作の狙いは。(2017/7/5)

経産省若手の「本音」ペーパー、120万ダウンロード超え 出版予定も
経済産業省の若手官僚が5月に発表した報告書「不安な個人、立ちすくむ国家」に賛否。ダウンロード数は120万を超え、出版予定もあるという。(2017/7/5)

桃を拾ったおばあさんに「窃盗だろ」「桃の気持ちを考えたことがあるのか」 SNSの炎上を強烈に風刺したCMが秀逸
美輪明宏さんのナレーションが、「悪意ある言葉が、人の心を傷つけている」と投げかける。(2017/7/4)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

「立ちすくむ国家」:
経産省若手官僚の「本音」、ネットで賛否
経済産業省の若手官僚が5月に発表した報告書にインターネット上で注目が集まっている。(2017/7/3)

経産省若手官僚の「本音」、ネットで賛否 『昭和モデル』前提では「変革進まぬ」
経済産業省の若手官僚が5月に発表した報告書にインターネット上で注目が集まっている。(2017/7/3)

就活戦線 異状「アリ」 面接解禁日に内定6割超 「みんなで渡れば怖くない」
「超売り手市場」となっている今年の就職・採用活動は終盤に。経団連指針で明記された面接などの採用活動解禁となった6月1日時点で、既に6割を超す学生が就職の内定を獲得している。(2017/6/30)

「あれもこれもダメ」ではダメ――弁護士と企業法務が語る「ストックフォト」
写真や画像に関する「トラブル」が増えつつある現代社会。その回避策の1つとして注目されているの「ストックフォト」について、クリエイティブに詳しい弁護士と実際にサービスを利用する企業の法務担当が語った。(2017/6/30)

「シャープ製品」公式Twitterが謝罪 「ミニスーファミ」の価値「4600円相当」と任天堂にリプライ
「シャープ製品」のTwitterが、ミニスーファミを値踏みしたツイートで炎上。ツイートを削除し、謝罪した。(2017/6/29)

「シャープ製品」公式Twitter「ミニスーファミ」値踏みで謝罪 「不適切な発言をしてしまいました」
「将軍、シャープがあんなことを言っています」「方位445……撃て!!!」(2017/6/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつて「怪物」と呼ばれた松坂は、このまま「引退」するのか
右肩痛が原因で、ボールを投げることができない状況が続いている――。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことである。かつて「怪物」と呼ばれた男はこのまま引退してしまうのか、それとも現役を続行するのか。(2017/6/22)

「美術館ナンパ」指南で大炎上! 「ちょいワル」元LEONの名物編集長を直撃
「ちょいワル」ブームを巻き起こしたことで知られる岸田一郎氏が手掛ける雑誌が発売前からネットで炎上。美術館での“ナンパ指南”「気持ち悪い」などの否定的意見が相次いだ。渦中の岸田氏を直撃した。(2017/6/20)

「まさかのお揃い」 AAA日高光啓、結婚発表のNMB48須藤凜々花とTシャツがまるかぶり
「DAMN」は「くそ! こんちくしょう!」を意味するスラング。(2017/6/19)

支配人のTwitterは炎上:
第9回AKB48選抜総選挙、中止 沖縄で雷雨の予報
AKB48が、AKB48 49thシングル選抜総選挙」「AKB48グループコンサート」を中止すると公式サイト上で発表。開催地の沖縄県で激しい雷雨が予想されるため。(2017/6/16)

ナイナイ岡村、Twitterを始める 最初の投稿は「恋する惑星 岡村隆史」
あ……ありのまま今起こったことを話すぜ! 「始まったと思ったら終わっていた」。(2017/6/16)

牛の部位でツンツンは「言ってない」:
「美術館ナンパ」指南で大炎上! 名物編集長を直撃
今月創刊の中高年男性向けの新雑誌が、発売前からネット上で大炎上している。“美術館ナンパ指南”の名物編集長は……。(2017/6/16)

PR:やしろあずきの調査―― クジで引いたネット通販の商品だけで3日間生活できるか検証してみる
やしろあずきが「ネット通販があれば死ぬまで生活できる」と言うので本当にやってもらいました。(2017/6/16)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンが「流行らなくていい」理由 マストドン会議3レポート その2
マストドン会議3、UEI清水亮社長のパートだ。(2017/6/11)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第1回:
本田哲也×田端 信太郎:人の行動を変える情報戦略
SNSで誰もが意見を発信できる時代。可視化した個人の声は、時に企業の炎上騒動にも発展する。この時代の情報戦略とは。戦略PRのプロとメディアのプロが語る。(2017/6/9)

あなたペプシマンね! 「けもフレ」ジャパリパークの平和を守るヒーロー「ジャパリマン」MMDでフレンズ救済中
デッデーデレ・デッデーデレ・デッデーデレ・デッデーデレ・ジャパリマーン!(2017/6/6)

開発残酷物語(4):
データを確認せずに「できます!」と役員が確約した、ディープラーニング案件の末路
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は「ディープラーニング」にまつわる失敗談を紹介します。(2017/6/5)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

ロッテ恒例の交流戦「挑発ポスター」、2017年は4コマ漫画 阪神は「33−4」を青春ヤンキー風にあおる
広島には「にわかカープ女子」を少女漫画風でいじる。今年もロッテの挑発芸は切れ味バツグン!(2017/5/30)

“危ないIoTデバイス”一掃への第一歩?
NISTの「IoTセキュリティガイドライン」には何が書かれているのか
米国土安全保障省(DHS)と米国立標準技術研究所(NIST)がリリースしたIoTセキュリティのガイドラインは、企業がセキュアなIoT開発を進めるのに役立つ。(2017/5/30)

女性消費者「失望した」と炎上:
ちふれ「女磨き」広告を取り下げ 「不快な表現あった」
ちふれ化粧品が5月26日、批判を浴びていた「女磨き」について謝罪。広告を取り下げた。(2017/5/26)

「女磨き、おろそかにしていませんか?」 ちふれの広告が炎上 「不快な思いさせた」と削除
「仕事、家事、育児……女磨き、おろそかにしていませんか?」――ちふれ化粧品のこんなWeb広告に批判が集まり、ちふれが26日、削除・謝罪した。(2017/5/26)

あるアイドルのTwitter、人工知能が代行していた
いつか学習しすぎてすごい言葉を吐いちゃったりするのかな。(2017/5/26)

「Samba」に重大な脆弱性、直ちに対処を
脆弱(ぜいじゃく)性はたった1行の攻撃コードで悪用できるといい、セキュリティ企業は「炎上の可能性もある恐ろしいバグ」と形容している。(2017/5/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボクシングの村田諒太は、WBAのワナにはめられたのか
WBAミドル級王座決定戦で村田諒太が、アッサン・エンダムに判定負けした。この判定に対し、日本だけでなく世界中から「疑惑の目」が向けられているが、試合の裏で何があったのか。(2017/5/26)

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた
皆、残業はしたくないよね……。(2017/5/21)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。