ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炎上」最新記事一覧

ねっと用語知ったかぶり:
当事者の説明不足が原因? 炎上を引き起こしかねない「声優の盾」とは
最近Twitterでも話題になりました。(2017/10/22)

クイズ! セキュリティ「20の事例」(19):
「こんなブラック企業なんて辞めてやる!」 Twitterに書いちゃった……
セキュリティの基礎をゆるーいクイズでおさらいする週末連載。何かとやらかしがちな会社員「茂礼手(もれて)課長」の“ITやらかし”をクイズ形式で出題していきます。今回は仕事の愚痴とSNSについて。(2017/10/20)

スピン経済の歩き方:
女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。(2017/10/17)

ヤマカンこと山本寛監督がテレ東とWUG製作委員会に「通告」 テレ東は「製作委員会で協議中」とコメント
ヤマカン作詞楽曲の明日はどっちだ。(2017/10/16)

米ユニリーバ「ダヴ」のCMが炎上し謝罪、動画削除 黒人女性が着替えると白人女性に変身
「映像を見て気分を害されたり、失礼だと感じたりした方には、大変申し訳なく思います」としています。(2017/10/10)

「FF外から失礼します」と返信するのはかえって無礼? 肯定派はたった9%で「煩わしいからやめるべき」派が上回る
ネットマナーの必要悪として受け止めている人も。(2017/10/11)

TBS、レディビアードさんを「アニメの世界観を一切無視したとんでもないアニソン歌手」と紹介して炎上 所属事務所は今後の対応を弁護士に委任
事務所とTBSを取材しました。(2017/10/6)

福岡・博多高校の加害生徒が自主退学 9月29日付で逮捕後10月2日に釈放
学校と福岡地検を取材しました。(2017/10/3)

Oracle OpenWorld San Francisco 2017 Report:
クラウドシフトを進める北米企業、「修正パッチに興味はない」とGapのCIO
Oracle OpenWorld San Francisco 2017が本格的な幕を開けた。基調講演にはマーク・ハードCEOが登場、クラウド移行によってビジネスの変革に挑むFedExやGapをステージに招き上げた。(2017/10/3)

デジタル時代のPRとクリエイティブ【後編】:
「脱広告価値換算」と「社会的課題の解決」――BIRDMANとアウルが目指すこれからのPR
テクノロジーの進化はクリエイティブのアイデアを拡張させる。メディア接触の在り方が変わり続ける時代におけるPRは何を成果指標とすべきか。(2017/9/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
考えて10分遅れるなら、考えずに1秒でも速い方がいい
ああしたい、こうしたいと思っていてもそれは脳の中で起こっていることであって、あなたが超能力者でない限り、実際には何も起こらない。全ては行動だ。(2017/9/28)

ドワンゴ、ニコニコニュースのランキング操作疑惑について、「誤解を与えた」と謝罪 運用ルールに基づくものだったと説明
ついに説明がありました。(2017/9/27)

オシャレ度をぶん投げろ 「全くインスタ映えしない風景写真選手権」がTwitter映えする写真の宝庫
光属性のInstagram、闇属性のTwitter。(2017/9/27)

「ビール飲みながら接客」セレクトショップのトンデモ接客が炎上 運営会社「お客さまに勧められて断れなかった可能性はあります」
運営会社に詳細を聞きました。(2017/9/26)

見た目だけで周囲の態度が180度変わってしまう化粧品CMが「差別的」と物議 販売元「突然、否定的な声が急増して困惑」
元KARAのク・ハラさんらが出演するフェイスマスク「オルフェス」のCM。(2017/9/26)

スピン経済の歩き方:
体臭ビジネスが盛り上がると日本人がおかしくなるのは本当か
臭いで周囲を不快にさせてしまう「スメルハラスメント」への関心が高まり、「体臭ビジネス」が盛り上がっている。しかし、「不快な臭い」が全て排除される環境には危険性もあるのではないか。なぜかというと……。(2017/9/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大学炎上から探る「研究員」の生態
ハーバード大学の「研究員」をめぐって、ちょっとした騒ぎになっている。米陸軍時代に米国務省の機密情報である外交公電をリークし、内部告発サイト「ウィキリークス」に公表した人物を招へいしようとしたからだ。そもそも研究員とは何なのか、日本にも話を広げてその実態に迫る。(2017/9/21)

ITりてらしぃのすゝめ:
「ローチケ騒動」が教えてくれたもの 炎上の“火付け役”は誰か
「チケットが勝手にキャンセルされた」というツイートを発端に話題となった“ローチケ事件”。自分でも気付かないうちに炎上に加担してしまっている可能性も?(2017/9/21)

「EM菌でプール掃除」「花粉症が治った人も」山形県小学校ブログ、科学的根拠なく炎上 学校ではなく町単位での取り組み
小学校と町に聞きました。(2017/9/20)

炎上する車両……相次ぐ電車トラブル “想定外”で身を守る方法は
乗客を乗せたまま屋根から炎を上げる車両、高さ5メートルの高架上で立ち往生したモノレール……。電車をめぐるトラブルが相次いでいる。乗っている時にトラブルが発生したら、どのように身を守ればよいのだろうか?(2017/9/19)

“日本が知らない”海外のIT:
SNSの炎上リスクを“チャンス”に変える 海外発の「おわび配送サービス」
顧客の不満や苦情は、信頼獲得のチャンス? エストニア発の“おわび”サービス「Sorry as a Service」とは。(2017/9/19)

「赤ちゃんに道路走らせるのか」:
経産省「電動ベビーカーは軽車両」批判相次ぎ釈明
経産省は、電動アシスト機能付きベビーカーが道交法上の「軽車両」に当たるとして車道を走るよう求めた見解が批判を浴びたことで釈明した。(2017/9/15)

経産省「電動ベビーカーは軽車両」批判相次ぎ釈明会見 「発表資料、舌足らずだった」
「電動アシスト機能付きベビーカーは軽車両」との見解を公表し、批判が相次いでいた件で、経産省が釈明会見。「発表資料に一部舌足らずな点があった」と弁明した。(2017/9/15)

コンサルは見た! 与信管理システム構築に潜む黒い野望(最終回):
トラブルの元凶が退職したら、炎上プロジェクトは正常に戻せるのか?
箱根銀行はここ数年、システム開発プロジェクトが失敗し続けている。「与信管理システム」はALMが接続不良、「ネットバンキングシステム」は相次ぐ要件変更でプロマネがダウン。トラブルの元凶はシステム部の草津係長にあると読んだ、ITコンサルタントの白瀬と江里口が調査を進めると、とんでもない事実が!!!――書籍『システムを「外注」するときに読む本』のスピンアウトストーリー、最終回は江里口が何かを飛ばします。(2017/9/14)

「偽装豆腐」は存在しない なぜなら……
「偽装とうふに注意!」――こんな記事が話題になった後削除された。取材をすると、豆腐をめぐる状況が大きく変わろうとしていることが分かった。(2017/9/13)

ねとらぼレビュー:
脅威 は「北」からやってくる ――「新感染 ファイナル・エクスプレス」
韓国アニメ界で活躍するヨン・サンホ監督による初の実写映画。韓国版シン・ゴジラとも言えるクオリティになっていた。(2017/9/9)

刃牙×ねとらぼ『男雄漢比較べ』:
独特な魅力と迫力が織りなすバキの擬音たちッ!
あなたはナポ派? それともチュピ派?(2017/9/10)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
タイの社員旅行で“炎上”したDYM、1.8億円の黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/7)

「入金していなかった」――チケットキャンセル疑惑でローソンHMVが発信者とコンタクト 全て事実ではなかった
「入金後のキャンセル」も「ローチケからのメール配信」もなかった。(2017/9/6)

ヒカルの“告発”動画について所属プロダクション「VAZ」の見解は VAZ従業員の関与は事実? 復帰予定は?
VAZ広報に問い合わせました。(2017/9/5)

VALU、ヒカル“売り逃げ”への関与否定 「そのような事実ない」
9月4日にヒカルさんが投稿した動画内で、「VALUも売り逃げに関わっていた」との発言があったため。(2017/9/5)

YouTuberヒカル、ついにVALU“売り逃げ”問題について沈黙破る 「VALU側も企画に関与」 ヒカルは無期限活動休止へ
所属していたYouTuber事務所・ネクストステージも解散するとのこと。(2017/9/4)

夏休みSpecial 山本一郎×細川義洋対談 発注残酷物語:
休日返上で頑張ります!→頑張れませんでした――残酷な発注者にならないために、ユーザー企業が押さえるべきポイントとは
「開発残酷物語」の夏休みSpecial、今回は「発注残酷物語」と題して、残酷なプロジェクトを生み出さないために発注者(ユーザー企業)が気を付けるポイントを、山本、細川両氏に語っていただいた。(2017/9/4)

パワーユーザーも納得
徹底レビュー: Samsung「Galaxy Note8」は人気要素全部入り最高峰端末か
Samsungは「Galaxy S8」利用者に愛された要素を全てこの最新製品に盛り込み、さらに強化しているように感じられる。(2017/9/2)

真木よう子さん「コミケ問題」について謝罪 「私自身の軽率さと、馬鹿さが原因」
フォトマガジン出版プロジェクトを巡って炎上していました。(2017/8/31)

社員インスタグラマーによる青汁のステマが判明 企業がサイトを閉鎖し謝罪
なかなか巧妙な手口……。(2017/8/31)

スピン経済の歩き方:
だから、なんども「炎上CM」がつくられていく
大企業や自治体のPR動画がたて続けに「女性蔑視」で炎上している。ネット上ですぐに火がついてしまうので、「昔はもっとおおらかだった、社会全体が不寛容になってきている」と嘆く人もいるだろうが、本当にそうなのか。昔から批判を受けてきたCMはたくさんあって……。(2017/8/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
PRのポイントは「買う理由」をつくる――中身は同じでも包みの工夫で商品は売れる!
もはや、「商品力」や「宣伝力」だけでものは売れない時代である。そこで重要になるのは、いかに消費者に「買う理由」を提供するかだ。「買う理由」をつくりだす6つの法則を紹介する。(2017/8/28)

恐竜と重装備の動物が戦ったらどっちが勝つのか 「Beast Battle Simulator」で試したらカオスしかなかった
限られた予算内で動物を集めて戦う、チャレンジモードのゲーム性がけっこうアツい。(2017/8/26)

攻撃者にとって格好の侵入口に
IoTのセキュリティリスクを甘く見てはいけない“これだけの理由”
「IoT」は、スマートフォンやスマートホームなど、普段の生活に役立つモノばかりでなく、企業内にも広く普及する。企業がIoTシステムやIoT機器の導入に取り組むには、セキュリティリスクへの注意が必要だ。(2017/8/24)

VALU、YouTuberヒカル氏らが所属するVAZにユーザーへの損害賠償など勧告
顧問弁護士から内容証明郵便で通知書を送付。(2017/8/23)

ネットのPR動画はなぜ「炎上」するのか テレビCMとの違いとは
企業や自治体のインターネット動画で、表現が問題視される例が増えている。表現を理由に削除に追い込まれた動画は少なくない。一方で、奇抜さが成功を呼んだ例もある。一線を分けるのは何か。(2017/8/22)

週刊「調査のチカラ」:
SNSあれば憂いなし、今何に備えるべきかを調査で知ろう
地震、雷、火事、ネット炎上。不測の事態への対策から学力向上、働き方改革まで、私たちは何をどこまで備えればいいのでしょう。(2017/8/20)

YouTuberヒカルの「VALU大炎上」とは何だったのか ヒカルがTwitterで経緯説明、暴落したVAは最高値で買い戻すと謝罪
VALU全体が大混乱に陥る騒動となりました。【訂正】(2017/8/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景
福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が来季も契約延長となる可能性が高まってきている。ろくに働いていない彼と契約することで、球団はどのようなメリットがあるのか。そこには親会社と球団の戦略があって……。(2017/8/11)

夏休みSpecial 山本一郎×細川義洋対談 キャリア残酷物語:
RubyやPythonができるからって何?――エンジニアがパーツに成り下がらずに生き残る方法
@ITの人気連載「開発残酷物語」の山本一郎氏と、「IT訴訟徹底解説」の細川義洋氏がエンジニアのキャリアについて、超真剣に話し合った。(2017/8/10)

アームガンがズドーン! クローでバリバリー! 日米巨大ロボット対決、MegaBotsが新型のパワーをアピール
だいぶ「アーマード・コア」の世界に近づいた。(2017/8/8)

小学館とDeNAが共同で会社設立 「MERY」の運営体制を刷新し再開へ
新しい「MERY」の誕生を目指すとしています。(2017/8/3)

少年がアイスショーケースに入り込み大暴れする動画が炎上拡散 沖縄ファミマは「警察に相談中」
イタズラでは済まない暴挙です。(2017/8/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
上西議員のツイート、海外メディアの幹部が驚いた2つのこと
上西小百合議員のツイートが、炎上商法ではないかと疑念を向けられ、世間から大きなひんしゅくを買っている。サッカーJ1リーグ、浦和レッズのサポーターと激しい火花を散らし合ったわけだが、海外メディアの幹部はこの事態をどのように見ているのか。(2017/7/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。