ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炎上」最新記事一覧

関連キーワード

「無防備な炎上」を防ぐ「ポリティカル・コレクトネス」入門
毎日のようにインターネットで目につく「炎上」。企業のPRや個人Twitterでのツイートなど、無防備に炎上していく例は多い。炎上を防ぐために必要な「ポリティカル・コレクトネス(PC、ポリコレ)」とは何なのか。(2016/5/26)

Weekly Access Top10:
ゴッホの「ひまわり」が擬人化だと……?
発想が斜め上でした。(2016/5/24)

やっぱりアイツが最強:
「何で私のツイートがバズってるの?」 その裏側を図解してみた
有名人でもない人のツイートが一気に拡散するのはなぜなのでしょう。“バズる”仕組みを解説します。(2016/5/21)

スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上 「どこがスペシャリストやねん!」家族怒り心頭、法廷闘争の行方
自宅のスズメバチの駆除を業者に頼んだところ、作業中に何と、自宅が炎上焼失するという本物の災厄に見舞われてしまう。家族側は業者に計損害賠償を求めて訴訟を起こした。(2016/5/20)

スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上
その毒針にかかれば、ショック死することもあるスズメバチ。京都府内のある家庭も、そんなのっぴきならないスズメバチ危機にさらされ、インターネットで見つけた駆除業者に巣の撤去を依頼したところ……。(2016/5/20)

【連載】インターネット時代の企業PR 第43回:
熊本地震から1カ月 企業のTwitterやFacebookアカウントは「そのとき」どう振る舞ったか
企業のソーシャルメディア運営は非常時においてどうあるべきか。熊本地震から1カ月たった今、有事における各社の状況を振り返る。(2016/5/20)

これがデスマーチの実情か……SEが無茶なシステム開発に奮闘する自主制作アニメ「こうしす!」2年越しで「第2話」が公開に
第1話公開から2年の歳月を経て完成。(2016/5/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
列車の車内販売を終わらせてはいけない理由
鳥取県の若桜鉄道で2016年5月から車内販売が始まった。山陰地方で唯一の車内販売だという。全国的に車内販売は縮小傾向にある中で、地方のローカル線やJR東日本の首都圏のグリーン車で車内販売を実施している。車内販売の廃止と開始、その違いは付帯サービスか付加価値か、という考え方の違いでもある。(2016/5/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由
松坂大輔が2軍で大炎上した。福岡ソフトバンクホークスと巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ結果を残せていない。とっくの昔に我慢の限界は超えているはずなのに、なぜ球団は松坂を見捨てないのか。その理由は……。(2016/5/19)

ベッキー復帰にTwitterで賛否 「うれしすぎ」VS「あざとい」 なぜかショーンK待望論も
ベッキー復帰が発表された12日、Twitterには賛否両論の投稿が相次いだ。(2016/5/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
野球評論家の張本勲氏は、なぜ失言を繰り返すのか
人気情報番組『サンデーモーニング』に出演している野球評論家・張本勲氏のコメントが、ネット上でしばしば“炎上”する。現役時代の張本氏は偉大な選手だったのに、なぜ失言を繰り返すのか。スポーツライターの臼北氏が分析したところ……。(2016/5/12)

ジャスティン・ビーバー、はだしでボストンを散歩 無断撮影にぶち切れる
「動物園の動物じゃない」と激おこ、Instagramのコメントにもかみつく。(2016/5/11)

なぜ舛添都知事の説明は響かないのか
毎週公費での湯河原別荘送迎などへの強い批判を受け、舛添都知事本人が釈明しました。しかしそれは効果があったでしょうか?(2016/5/11)

少女写真販売で物議 「声かけ写真展」展示施設が謝罪 「事前確認が不十分だった」
「性的・わいせつな写真があるのでは」など批判が集まっていました。(2016/5/11)

一触即発? 漫画家うすた京介と少年ジャンプ+編集者がTwitterで謎のあおりあい
読者からは「不快」「つまらない」「恥ずかしくないの?」とブーイングが。(2016/5/8)

Oculus Riftはじめました:
サンキューOculus、日本だとインストールが早く終わるよ!
Oculus Rift製品版を体験していくゆるい連載の2回目は、PCをなんとか間に合わせてセットアップするところまで。(2016/5/3)

バファローズポンタが敗戦にもかかわらず勝利報告をして謝罪 ファンからの優しい「ええんやで」に包まれる
ええんやで。(2016/4/28)

「AbemaTV」の人気番組はやっぱりアニメ? 「とある」一挙は開始1時間で視聴者数10万人超
1週間の視聴者数ランキングが発表されました。(2016/4/27)

IT用語解説系マンガ:食べ超(91):
長いガントチャートには巻かれろ
帯に短しタスクに長し、と言いますし。(2016/4/27)

R25スマホ情報局:
タニタ(公式)「おもしろネタの源泉はエゴサーチ」
行き過ぎて炎上騒ぎに発展しないよう配慮しつつも、思い切って行動に移すことを心がけているという。(2016/4/26)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【前編】
中高生の家庭では「LINE禁止」「ネット制限」は“常識”ではない
教育機関がIT活用やIT教育を進めるためには、学習者の家庭でのIT環境も考慮する必要がある。保護者によってIT活用の考え方は異なり、家庭内IT環境はさまざまだ。今回は筆者の家庭での実例を紹介する。(2016/4/26)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

生放送中に「見せ物でない」と怒号、TBSが中継を断念 ネットで非難の声
「報道各社は被災地に迷惑かけすぎ」とTwitterで非難の声が。(2016/4/23)

イラスト素材サイト「いらすとや」が今度は「フリー素材を使う人のイラスト」をリリース 俺たちに哲学的問いを投げかける
フランスの哲学者ミシェル・フーコーの名を持ちだす人も。(2016/4/22)

みのもんた、炎上ツイートで謝罪 「激励のつもりだったが言葉足らずだった」
Twitter開始当日に「自衛隊きちんとして欲しいね「震災の教訓活かせてないでしょ?」とツイートしいきなり炎上していました。(2016/4/22)

「ラーメンの油をまとめる人」のイラスト……? 時事ネタを封印したフリーイラスト素材サイト「いらすとや」、需要薄そう(?)な素材をリリース
「いらすとや」の明日はどっちだ!?(2016/4/20)

毎日放送アナウンサー、被災地で食料確保ツイートで炎上し謝罪 実際はどうだったのか
被災地での取材の際、食料は放送局がスタッフ分持ち込むことになっている。(※追記あり)(2016/4/19)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第66回:
変わったのは「(´-`).。oO(実はちょっと泣いた)」から シャープさんの“中の人”が語る「ゆるい公式」の本音
「暮らしに溶け込む、冷蔵庫とか炊飯器とかと同列な存在に」(2016/4/19)

RMT問題で炎上していた「マジカルストーン」サービス休止が決定
3月27日にβ版サービスが始まったばかりでしたが……。(2016/4/17)

炎上の火種:
公式SNSはなぜ炎上するのか 要因は3つ
Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのビジネス利用が拡大している。一方で、炎上するケースも増えている。なぜ公式SNSは炎上するのか。要因を探ってみると……。(2016/4/13)

RMT問題などで炎上していた「マジカルストーン」 第1回大会が開催中止に
「ぷよぷよのeスポーツ化」を目指して活動していましたが……。(2016/4/11)

Weekly Access Top10:
前代未聞の入学式
“ロボコップのような入学式”は当たり前になるのでしょうか。(2016/4/11)

「パズドラ」「モンスト」いまだに“確率表示なし”はセーフか ガチャ問題、4月1日から施行された「新ガイドライン」の影響は
ユーザーからは「4月になったけど、ガチャ確率表記は?」といった声も。(2016/4/7)

年収高いほど、子どもいるほど「炎上」に荷担 実証研究が話題に
年収が高いほど、子どもと同居している人ほど「ネット炎上」に荷担する――炎上参加者について統計的に調べたこんな研究が注目を集めている。(2016/4/4)

社員の副業、認めて企業成長を 自立心育成に期待
人材業界に、副業を行っている人を指す「ムーンライター」という言葉がある。(2016/4/4)

「マジカルストーン」運営、批判受け「RMT事業」からの撤退を宣言 第一段階としてまず「ドラクエ10」から
「ぷよぷよ」との類似指摘のほか、運営側が以前から、組織的なRMTに関わっていたことについて批判が集まっていました。(2016/4/3)

ザッカーバーグ氏が天安門広場を疾走しチャイナネットが炎上 「最も高価な人間空気清浄機だ」
ザッカーバーグ氏が天安門広場をジョギングする様子を映した写真が話題を呼んでいる。中国のネットユーザーからは「スモッグの中、命知らずだ」などと冷めた声が続出。批判コメントも寄せられた。(2016/4/1)

「LサイズのコーヒーがMサイズのカップに入った」と証明する動画が物議 お店側による理由説明も
ちゃんと理由があるそうです。(2016/4/1)

中国の“憤青”がサイバー万里の長城を越えて襲来する その背景と、心構え
大手航空会社のFacebookページに抗議の書き込みが殺到する炎上騒ぎ。“中国人の正義”が中国の掲示板住人をたきつけ、ネットの壁を超えて来襲する──現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2016/3/28)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
スマートフォンがVAIOの世界観を広げる――「VAIO Phone Biz」誕生秘話
良くも悪くも話題を振りまいた、日本通信の「VAIO Phone」発売から約1年。ついに、VAIOが自ら手掛けたスマートフォン「VAIO Phone Biz」が登場する。OS、スペック、デザインなどを中心に、開発ストーリーをVAIOに聞いた。(2016/3/18)

炎上の火種:
ネット告発で炎上するケース、しないケース……その違いとは?
企業の不祥事に対して、SNS上でクレームを行う「ネット告発」が増えている。ただ、すべてのネット告発が企業に影響を与えるわけではない。炎上するケース、しないケース、両者の違いは何か。(2016/3/18)

ネットリテラシー啓発のため京都府警がかわいらしくも生々しい漫画を頒布
誰にでも起こりうる、リアルな事案を描く。(2016/3/17)

セキュリティ対策は1回で完結するようなものではない
「ベンチャー気分のIoTは“炎上”する」 専門家が警告するIoTの落とし穴
「IoT(モノのインターネット)のデバイスには早い段階でセキュリティを組み込むべきである。さもないと大変なことになる」――これが「RSA Conference 2016」からのメッセージだ。(2016/3/17)

「女性の人生は『仕事と結婚』『結婚と子育て』のどちらか」――日経ビジネス、記事掲載取りやめ 「女性差別的」と炎上
日経ビジネスが「逃げる女性は美しい」と題したコラム記事の掲載を取りやめた。「女の人の場合、(人生で達成できることは)『仕事と結婚』か『結婚と子育て』ではないかと思う」と持論を展開し、「女性差別的」とネットで炎上していた。(2016/3/14)

日経ビジネスの連載コラム「逃げる女性は美しい」 批判殺到で掲載とりやめ
作家・エッセイストの本島修司さんによる連載第1回でした。(2016/3/14)

「グランブルーファンタジー」 ガチャの出現確率を個別表示開始 0.007%という数字に驚きの声も
おかしいと思う? けど、これがソシャゲの世界なのよ。(2016/3/11)

女子高生が線路に立ち入った動画がネットに投稿され炎上 あわや感電の危険
なぜこんなことをしてしまうのか……。(2016/3/11)

炎上の火種:
どう防げばいいのか? SNSによる情報漏えいが増えている
SNSによる情報漏えいが増えている。特殊な技術を要するものではなく、SNSを利用する上でほとんど無意識に個人情報や機密情報を漏えいしてしまう、「過失」の漏えいである。このような漏えいを抑止するために知っておくべきこととはなにか。(2016/3/7)

NHK、炎上していた「受信料長州力」サイト開設を中止 「このまま開設しても意図を正しく伝えるのは難しい」
「力ずくでも徴収するという宣戦布告か」などネットでは批判が集まっていました。(2016/3/4)

田代まさしが覚せい剤についてラップする「リハビリマーシー」リリース ラッパーたちにディスられて「大丈夫だぁ」を連呼
そんなラップして大丈夫か?(2016/3/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。