ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炎上」最新記事一覧

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた
皆、残業はしたくないよね……。(2017/5/21)

「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」 役員の“過激ツイート”にLINEが厳重注意
「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の入った洗面器に顔をつければいい」――LINE役員のこんなツイートが話題に。LINEは厳重注意したという。(2017/5/18)

予算皆無で「モノ」をどう売り込む?
IoTベンチャーが飛びつくべき5つの“無料マーケティング戦略”
多くの企業によってチャレンジが続くIoT市場。その中で自社の製品を売り込むには効果的なマーケティング施策が重要だ。無料で取り組むことができる施策を紹介する。(2017/5/15)

古舘伊知郎さん、番組で「けもフレ」発言について謝罪も「全然反省していない」と再炎上 “捏造”については言及なし
尾崎由香さんが自分の番組のナレーターだったことについては謝罪しましたが……。(2017/5/14)

米YouTuber、子どもへの過激すぎるいたずら動画で炎上 謝罪するも児童虐待と非難殺到で親権を失う
どうしてこうなってしまったのか……。(2017/5/5)

「彼女の生理で困った」動画広告が炎上→削除 「タンポンは彼氏を困らせないためにあるの?」と批判次々
「やたらとトイレに行くから待ってる間が寂しい!(Tさん・24歳)」などのアンケート結果を紹介していました。(2017/5/2)

成功するテレワークの条件とは【後編】
「顔が見えない部下は管理できない」は幻想 テレワークがうまくいく組織文化とは
オンライン秘書サービスを提供するキャスターの従業員は95%が在宅勤務だ。同社の組織文化やルールには、テレワーク制度を確実に運営するための要素が詰まっている。(2017/5/16)

成功するテレワークの条件とは【前編】
テレワーク成功の鍵は生産管理、従業員の95%が在宅勤務の「オンライン秘書」に学ぶ
オンライン秘書サービス「CasterBiz」を提供するキャスターは、従業員の95%が在宅勤務だ。同社のビジネスは、テレワーク制度なしでは成立しない。同社の運営に必要なシステムはどのようなものだろうか。(2017/5/15)

paizaの女子エンジニア育成ゲームに非難の声 レベル最大になると水着に変身できる仕様
Twitterでは「paiza」がトレンド入りしました。(2017/4/26)

古舘伊知郎さんのラジオ発言が“捏造”と炎上 Mステ出演の「けもフレ」声優をこき下ろすも「番組内容と全然違う」と指摘相次ぐ
「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」などと語っていました。(2017/4/25)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Hatten」「ゴノレゴ」「ムネオハウス」――“Flash黄金時代”が生み出したもの
「かーずSP」管理人かーずがインターネットの“あの時”を振り返る連載、第1回は「Flash黄金時代」について語ってもらいました。(2017/5/3)

くさや生産地からの批判で終了した「ファブリーズVSくさや」CM 今度は両者コラボでの再対決
コラボPR動画「千鳥が行く!ルート931の旅。」の八丈島・くさや編が公開されました。(2017/4/24)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(28):
「やりたいこと」はなくていい――新入社員に贈る10のエール
「やりたいことをやろう」「スキルを磨こう」「努力しよう」「つらいことも辛抱しよう」――よくある新入社員への助言です。でも、もっと大切なことがあるのでは?(2017/4/19)

三ツ矢サイダーのCMが炎上 トランペット演奏中の人へ背後からぶつかるシーンに楽器経験者から批判続出
「三ツ矢サイダーCMの問題点」がTwitterトレンド入りしています。※追記あり(2017/4/18)

「取材で壁蹴り」は共同通信社の記者 動画公開で“炎上”
社内で調査したところ記者が名乗り出たという。(2017/4/18)

新連載・外食戦争の舞台裏:
なぜコロワイドは「かっぱ寿司」を買ってしまったのか
かっぱ寿司の経営不振が続けば、コロワイドの屋台骨が揺るぎかねない状況だ。なぜコロワイドは「買収するメリットよりはリスクの方が大きい」(関係者)かっぱ寿司を買ってしまったのだろうか。(2017/4/18)

週刊「調査のチカラ」:
弱きもの、汝の名はインターネットリテラシー
10代女性に圧倒的に支持されるあのアプリの利用率、Webやアプリに表示される広告はどの程度支持されているかなど、ネット時代の生きる力“リテラシー”を調査データで読み解きます。(2017/4/15)

Instagramに「消えるメッセージ」機能追加 1回再生すると消える仕組み
炎上防止に役立つかも?(2017/4/13)

ポストTwitter? 急速に流行中「マストドン」とは
日本のWeb好きの間で急速に注目を集めている「Mastodon」(マストドン)とは――。(2017/4/13)

職員が面白動画、萌えキャラ:
京都市営地下鉄が熱い 背景にある、過去の危機
「ひと駅間の移動、地下鉄と徒歩はどっちが早い?」。そんな動画が「YouTube(ユーチューブ)」で公開されている。京都市交通局が作成したもので、市営地下鉄の増客対策の一つだ。京都市営地下鉄は、けっこうアツい。(2017/4/10)

「徒歩で地下鉄に勝てます?」「余裕ですね」……京都市営地下鉄のPRがアツい!
京都市営地下鉄は、けっこうアツい。(2017/4/10)

やしろあずきの日常―― Web漫画家ってどうやって過ごしてるの?(後編)〜仕事の仕方やお金の話を怒られない程度に話してみる〜
仕事ください。(2017/4/9)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

米ペプシ「まと外れでした」デモ連想させる広告を謝罪 公式Twitterには「コカ・コーラ飲むわ」などクソリプも押し寄せる
米ペプシが謝罪しています。(2017/4/6)

「世界が驚くニッポン!」炎上 あまりの持ち上げぶりに日本人が驚いた!?
外国人向けに日本の魅力を発信するために経済産業省がまとめた冊子に非難が集まっている。(2017/4/4)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(1):
ポジティブシンキングはもう古い。感情を抑えつけずにコントロールする5ステップ
ネガティブな感情を抱いてしまったとき、あなたはどのように対処していますか?(2017/3/31)

はじめしゃちょーさんの商品紹介動画にゴルフ用品メーカーが苦言 クラブを誤った使い方で折る動画
「頑張って製品化した商品をこのように扱われ残念」などのツイートをしています。(2017/3/29)

映画「ワンダーウーマン」の日本の宣伝がTwitterで酷評 女性戦士を「男も恋も知らない天然キャラ」とうたう
「下品すぎる」「私の知るワンダーウーマンはヘテロセクシャルじゃない」と批判を集めています。(2017/3/25)

「社長のTwitter確認は常識」に反論? 岩下食品社長がまどマギコスプレ写真投稿「見られてない前提なので」
コスプレ写真投稿する社長の方がいい。(2017/3/22)

YouTube、LGBTQ動画への不適切フラグは誤動作だったとして謝罪し改善を約束
YouTubeの、不適切な動画を表示させないようにするオプション機能「制限付きモード」で、多数のLGBTQ動画が対象とされた件について、制限はシステムの誤動作だったとして謝罪し、修復していくと約束した。(2017/3/21)

清々しいほどの開き直り! 北九州市「スペースワールド」が12月末閉園に向けた新CMを公開
閉園を惜しむ雰囲気を吹き飛ばすほどのテンションアップ。(2017/3/20)

元従業員への濡れ衣&有給未払い問題で炎上 監獄レストラン「ザ・ロックアップ」運営会社が謝罪
団体交渉時に着替えの実演を求めるなど運営会社の姿勢が問題視されていました。(2017/3/20)

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)
炎上から学んだこと。そして、若者に伝えたいこと。(2017/3/19)

「社長退任のあいさつで皆泣いた」 WELQに端を発したキュレーション騒動、MERYから見た実情
DeNAから独立した運営体制でありながら、「全記事非公開」が今も続くMERY。内部の人間は、WELQから始まる一連のキュレーションメディア騒動をどう見ていたのか。(2017/3/18)

DeNA、キュレーション事業の第三者委員会調査結果を発表 創業者・南場智子氏が代表取締役に復帰
昨年話題になったキュレーションプラットフォーム事業。第三者委員会からの報告書を全文(PDFで306ページ)公開しました。(2017/3/13)

世界を「数字」で回してみよう(40) 人身事故(最終回):
人身事故を「大いなるタブー」にしてはならない
「人身事故」という、公で真正面から議論するには“タブー”にも見えるテーマを取り上げた本シリーズも、いよいよ最終回となります。今回は、「飛び込み」を減らすにはどうすればいいのか、という視点を変え、「飛び込み」さえも構成要素として取り込む鉄道インフラシステムについて考えてみたいと思います。(2017/3/13)

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(前編)
炎上はネットからリアルへと……。(2017/3/12)

炎上対策のニーズ増える:
「ネット炎上」保険、損保ジャパン発売 最大1000万円
損保ジャパン日本興亜が、法人向けの「ネット炎上対応費用保険」を発売。(2017/3/10)

開発残酷物語(3):
カンボジアは残存率3割弱、離島の男性は全滅――山本一郎氏が聞く、オフショア&ニアショアで働き手を開拓し続けた企業の8年間
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか、同じトラブルを起こさないようにどういう手だてを取ったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探ります。(2017/3/8)

「堀北真希殿引退のせいで儂の通知欄が物凄く荒れてるんだけどやめて…」 引退余波で石田三成なりきりアカウントが大炎上
三成「武断派より堀北ファンによる襲撃の方が怖くなってきた」(2017/3/1)

休止中の「WELQ」を無断コピーしたサイト「WELQ資料館」に批判集まる → サイト閉鎖へ
「歪曲して拡散されるネット報道が落ち着くまで閉鎖します」(2017/3/1)

「糖尿病に睡眠薬が効く」? 「ガッテン!」の特集で炎上 製薬会社は「推奨しない」とコメント
番組を見たという患者さんがさっそく処方を求めるケースも。(2017/2/24)

ディルバート(489):
会議を「炎上」させる人たち
会議で食らった猛反撃にへきえき……そんなディルバートを迎えたドッグバートの言葉は、まるでブッダの“無常観”?(2017/2/23)

週刊「調査のチカラ」:
「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着し、そこから得られる情報の取捨選択のセンスが問われる時代。「SNSのそこが知りたい」を探る。(2017/2/18)

Twitterがリスト登録時の通知を撤廃すると発表→2時間後に撤廃を撤回 殺到した反対意見を受け
素早い対応ではありました。(2017/2/14)

ブラジルでサメにかまれた観光客、約36万円の罰金を請求される 野生生物に軽率に手を出してはだめという教訓
女性は軽症で済みました。(2017/2/9)

SNSに関わる検定講座の開発と人材育成:
コムニコがSNSエキスパート協会を設立、炎上対策やSNSマーケティングの検定講座を開講
企業のSNSマーケティングをサポートするコムニコは、SNSに関わる検定講座の開発・人材育成に特化した「一般社団法人SNSエキスパート協会」を設立した。SNSマーケティングの基礎が学べる検定講座を開講する。(2017/2/9)

提供:東日本電信電話株式会社
うまくいく企業のソーシャルメディア活用は、一体何が違う?
FacebookやTwitter、YouTubeなどさまざまなソーシャルメディアがあるが、むやみに手を出せばいいというものではない。ソーシャルメディア活用を成功に導く重要なポイントを紹介する。(2017/2/8)

長谷川豊氏「めちゃくちゃだった」と反省、「やり直す姿見せる」 出馬会見の一問一答
長谷川豊氏が、次期衆院選の千葉1区から日本維新の会公認で出馬する意向だ。会見では「『一度失敗した人間が、反省と謝罪をしてもう一度やり直すんだという姿を見せてみろ』と後押しをもらった」などと述べた。(2017/2/7)

スピン経済の歩き方:
パワハラがなければテレビが成立しない理由
ダウンタウンの松本人志さんが、「パワハラは必要悪」と発言したことが物議を醸している。この発言に対して、筆者の窪田氏は「『テレビ』の本質をズバッと言い当てている」という。どういう意味かというと……。(2017/2/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。