ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

戦隊・特撮 に関する記事 戦隊・特撮 に関する質問

「戦隊・特撮」最新記事一覧

質問!特撮・VFX→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で特撮・VFX関連の質問をチェック

違いの分かる大人へ……:
「大人のための戦隊商品」、バンダイがトッキュージャーの限定商品を発売
「烈車戦隊トッキュージャー」といえば、列車が合体して大きなロボットになり、敵と戦う設定が人気の特撮テレビドラマだ。トッキュージャーを模した列車を販売しているバンダイは、「大人のための戦隊商品」と銘打って限定商品を発売する。(2014/6/24)

バンダイから大人向け戦隊商品「戦隊職人」 第1弾はトッキュウジャー
LEDで光る「光の路線 レインボーラインセット」を発売する。(2014/6/24)

ユニットコム、広報キャラクター「戦国戦隊!イイヤマン」に新メンバー「イイヤマンブルー」参入
ユニットコムの“iiyama PC”ブランドの広報キャラクター「戦国戦隊!イイヤマン」に新メンバー「イイヤマンブルー」が追加された。(2014/6/16)

「大ゴジラ特撮展」今夏開催 東京と大阪で
「ゴジラ」生誕60周年とハリウッド版「GODZILLA」公開を記念したイベントです。(2014/6/12)

これであなたも車掌さん 「烈車戦隊トッキュウジャー」のチケットくんパペット登場
腕にはめて動かせます。(2014/6/11)

ワンプッシュ変形お寿司ロボット「お寿司戦隊シャリダー」発売 ニギリ族VSマカレ族の絶対負けられない戦いが……
ネタを盾にして戦うんじゃ!(2014/6/9)

ユニットコム、“iiyama PC”をアピールする広報キャラクター「戦国戦隊!イイヤマン」
ユニットコムは、「iiyama PC」ブランドをアピールする広報キャラクター「戦国戦隊!イイヤマン」による広報活動を開始すると発表した。(2014/5/16)

インターリンクが「戦隊系ドメイン」の一般登録受付開始 なお「.yellow」は提供されないもよう
なぜイエローだけが……。(2014/4/17)

R25スマホ情報局:
AKB48・田名部生来さんの“オタク的”スマホ活用術=前編=
数多くいるAKB48メンバーのなかで、アニメや漫画、特撮モノを愛する“オタク女子”として異彩を放っているのが、今回登場するAKB48・チームBの田名部生来さん。そんな彼女のスマホ生活とは?(2014/4/8)

弘前産りんごがヒーローに変身した「フレッシュ戦隊りんごレンジャー」は勉強になるな
りんごはおいしい。(2014/3/22)

バンダイ、“筒型”の新カプセル自販機「ガシャポンカン」導入へ フィギュアなども分解不要ですっぽり入る
第1弾は「列車戦隊トッキュウジャー」。(2014/3/3)

「円谷英二 特撮の軌跡展」開催 ウルトラマンのスタジオセットを大ジオラマで再現
初公開の怪獣倉庫やバルタン星人登場の合成映像体感コーナーも。(2014/2/27)

鳥取県が生み出した謎のヒーロー風キャラ「ネギマン」 ガイナックス制作の特撮映像がガチすぎる
敵は島根県の「マツエ・ジョー」。(2014/2/21)

ねっと部:
「烈車戦隊トッキュウジャー」、列車映像を鉄道会社から公式募集
「烈車戦隊トッキュウジャー」の公式サイト上に、鉄道会社に向けた列車映像の提供を求める呼びかけが掲載されている。(2014/2/17)

「打倒『アバター』」「日本のアニメ現場は疲弊」 富野監督、ハリウッドとタッグ組む
富野由悠季監督らが所属するクリエーター集団が米特撮会社と業務提携。ハリウッドを代表する特撮会社とタッグを組んだ背景にある思いとは。(2014/2/10)

ガンダム対エヴァ――夢の勝負を科学的に考察 「空想科学読本」特番をニコ生で
アニメや特撮などのSF設定を科学的に考察する「空想科学読本14」の発売を記念し、著者・柳田理科雄さんがニコニコ生放送に出張研究所を開設。仮面ライダー対ウルトラマン、ガンダム対エヴァンゲリオンなど、実現至難の「夢の勝負」を科学的にシミュレーションする。配信は11月4日19時0分〜。(2013/11/1)

バンダイチャンネルの定額見放題サービスに「機動戦艦ナデシコ」 11月から
ほかにも「シティーハンター」「宇宙のステルヴィア」「非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」などが加わる。(2013/10/23)

私設図書館シャッツキステ25冊目:
ダブルのパロディで楽しめる――『キネコミカ』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。25回目は、あの、特撮大好きなメイドがやってきました。(2013/10/18)

【連載】シゴトでココロオドル人をふやす:
第4回 スーパー戦隊について
これまでに「ユーザ、ユーザ、ユーザ」「引き算」「まずやってみる」を見てきました。今日は4つ目の行動規範である「スーパー戦隊」について考えてみたいと思います。1人じゃ超えられない壁がチームだと超えられるんです。魔法みたい。(2013/10/7)

これでフィギュアや模型を撮影だ! 「大人の科学」の付録「特撮カメラ」が楽しそう
PCにつないで、ミニチュア撮影が簡単にできちゃう。(2013/9/26)

「東映ヒーローワールド」、12月に幕張にオープン
東映特撮ヒーロー作品の体験型エンターテイメントミュージアム「東映ヒーローワールド」が12月に幕張にオープンする。(2013/9/11)

男の子必見!:
特撮ヒーローに特化したミュージアム「東映ヒーローワールド」、幕張に誕生
東映特撮ヒーローの体験型ミュージアム。スーツなど貴重な小道具の展示やヒーロー気分が楽しめる体験型アトラクションが用意されています。(2013/9/11)

私設図書館シャッツキステ13冊目:
創意工夫に大興奮!――『懐かしのヒーロー ウルトラマン特撮99の謎』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載13回目は特撮大好きメイドが新たに登場します。(2013/7/26)

みんなのあこがれ 「獣電戦隊キョウリュウジャー」のゾーリ魔になれるパーカーとかどう?
悪の戦闘員にいつでもなれる。(2013/7/14)

腕時計から通話や発信ができる「もしもしウォッチ」 気分は特撮ヒーロー?
Bluetoothでスマホと連携する腕時計型デバイスが登場。科学特捜隊気分で腕時計に話しかけられる。(2013/7/8)

できたよー:
特撮でもアニメでもない!? 佐川電子が「パワードジャケットMK3」を開発中
着用者の思いのままに動く、動力付外骨格を開発中。1250万円で佐川電子が受注生産予定。(2013/7/8)

特撮の神様・円谷英二のふるさとで「特撮塾@ふくしま」開催 庵野秀明さんら語る
スピーカーは庵野秀明さんや「巨神兵東京に現わる」特撮監督の尾上克郎さんら。KADOKAWA社長もゲストで登場する。(2013/7/5)

庵野監督「どうか、助けて下さい」 特撮の歴史と現状をまとめた「日本特撮に関する調査報告書」
特撮の歴史や系譜、文化的影響、そしてCGの広がりとともに技術や貴重な資料が失われつつある現状をまとめています。(2013/5/22)

著作権切れの映画をUstreamで 「午前0時の映画祭」第9弾「キング・コング」
著作権切れの名作映画をUstream配信する企画「午前0時の映画祭」。第9弾は特撮/怪獣映画の金字塔的作品「キング・コング」を配信する。配信は3月2日0時0分〜。(2013/2/26)

バンダイチャンネル「月額1000円見放題」、テレビからの視聴に対応
500作品以上のアニメや特撮が月額1050円で見放題になるバンダイチャンネル「アニメ・特撮見放題」が3月1日から、テレビからの視聴に対応する。(2013/2/25)

ウルトラマン×伝統工芸:
匠の技が新たな命を吹き込んだ「ウルトラ九谷焼」[2/2]
世界を代表する特撮シリーズと、とある地方都市のコラボレーションの物語。(2013/2/24)

タブレット界にニューヒーロー「TabletMan」参上!
東芝が生んだ「TabletMan」はちょっと未来っぽい特撮ヒーロー風のプロモーションキャラクターだ。(2012/12/4)

ジブリ製作「巨神兵東京に現わる」、1分間の新映像追加しヱヴァ「Q」と同時上映
「館長 庵野秀明 特撮博物館」へ行けなかった人に朗報!!!(2012/11/9)

ねとらぼ知ったかぶり:
ニコニコチャンネルに特撮カテゴリ新設 長編を多数配信
やったー!(2012/10/19)

「科学忍者隊ガッチャマン」が実写映画化 2013年夏公開
「侍戦隊シンケンジャー」に主演した松坂桃李さんや「仮面ライダー555」に出演した綾野剛さん、剛力彩芽さんらが出演する。(2012/10/12)

「特撮博物館」惜しまれつつ閉幕 来場者29万人 国内巡回検討へ
来春目処に再開予定。東京で見られなかった人は続報を待て!(2012/10/10)

山陽新幹線の公式キャラ「カンセンジャー」誕生 くらえっパンタグラフソード!!
戦隊ヒーロー風です。(2012/10/5)

アニメビジネスの今:
庵野秀明館長「特撮博物館」から考える特撮とアニメの関係
毎年好例となった東京都現代美術館におけるスタジオジブリ制作の企画展。今年は『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督が館長となり、特撮展示が行われることとなった。今回は特撮とアニメの関係性や、それを通じて見えてくる世界的な映像のトレンドを分析する。(2012/7/24)

ヒーロー系二足歩行ロボット「キングカイザー」が瓦割りに挑戦!!
ITmediaガジェットにも何度か登場、YouTubeではすっかり人気者の日本発ヒーロー系ロボット「キングカイザー」がまたしてもやってくれました! 特撮なし、ガチで瓦割りに挑戦です。(2012/7/19)

いよいよオープン! 写真で見せます「館長 庵野秀明 特撮博物館」
会場限定で見られる短編映画「巨神兵 東京に現わる」も見逃すな。(2012/7/9)

もうすぐ最終回:
フィギュアとモデルガンが融合! 「モエモエズキューーン」が9月発売予定
ヒーローといえば、ウルトラマンに仮面ライダー、スーパー戦隊、プリキュアといったところが思い浮かびます。そんな中、1/1スケール完全変形「モエモエズキューーン」が製品化されますが、皆さん「非公認戦隊アキバレンジャー」はご存じでしょうか……。(2012/6/25)

「特撮博物館」にかける思い:
「エヴァの原点はウルトラマンと巨神兵」――庵野秀明が語り尽せない「特撮」への愛
「エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵。」――庵野秀明監督が“館長”を務める展覧会「特撮博物館」が開かれる。発表会では樋口真嗣監督やスタジオジブリの鈴木プロデューサーも加わり、特撮への“愛”を語った。(2012/5/10)

庵野監督が“館長”「特撮博物館」が7月開幕 ジブリ特撮短編「巨神兵」も
特撮をテーマにした展覧会「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が開かれる。(2012/5/10)

庵野秀明さんによる「特撮博物館」記者会見 鈴木敏夫さん、樋口真嗣さんも登壇
庵野秀明さんが館長を務める「特撮博物館」の記者会見をニコファーレで開催、ライブ配信する。庵野さんのほか、鈴木敏夫さん、樋口真嗣さんが登壇。8千人のバーチャル観客が見守る。配信は5月10日14時0分〜。(2012/5/7)

意外に楽しい映像配信 「dマーケット VIDEOストア」を使ってみた
2012年2月から、多くのドコモスマートフォンやタブレットで利用可能になった「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」。アニメや特撮ヒーロードラマなどをよく見る筆者が、実際に加入してサービスを体験してみたところ、思った以上に楽しめた。1カ月だけでも試しに加入してみる価値がある。(2012/3/16)

「海賊戦隊ゴーカイジャー」の魅力に迫る 宇野常寛さんらが徹底評論
カルチャー誌「PLANETS」の宇野常寛編集長らがテレビ番組「海賊戦隊ゴーカイジャー」の魅力を語る。ほかの出演者は漫画研究者の泉信行さん、脚本家の岸本みゆきさん、批評家の石岡良治さん。配信は2月22日20時0分〜。(2012/2/17)

ITmedia Virtual EXPO 2011プレビュー:
18日間だけ明かす『ウルトラマン』の造形秘話
「ITmedia Virtual EXPO 2011」のモノづくりITゾーンに円谷プロダクションが登場! 『ウルトラマン』の特撮映像に使われる造形物の製作では、3次元CADや3Dプリンターが積極的に活用する。本イベント会期中しか見られない事例をお見逃しなく。(2011/9/9)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
株式投資の思わぬ効用!? オトナも子どもに戻れる瞬間
不定期土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。人気戦隊モノのゴッコ遊びをする子どもたち。それを見て、ほのぼのするあずさとはるかですが……。(2011/9/3)

App Town ゲーム:
派手に行くぜっ!――「海賊戦隊ゴーカイジャー」のiPhoneアプリ登場
バンダイナムコゲームスは、テレビ朝日系列で放送されている「海賊戦隊ゴーカイジャー」のiPhone/iPod touch向けアプリ「海賊戦隊ゴーカイジャー レッツゴーカイガレオン」の配信を開始した。(2011/8/26)

「牙狼<GARO>」の新テレビシリーズ、9月に劇場で先行公開
カルト的人気を誇る特撮ドラマ「牙狼<GARO>」のテレビシリーズ第2弾が、10月のテレビ放送開始前に映画館で上映される。(2011/8/17)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。