ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

NHK に関する記事 NHK に関する質問

「NHK」最新記事一覧

仕事をしたら“ウイスキー”が売れた:
輸出量7年で42倍! ニッカウヰスキーが海外で売れている&売ることができるワケ
ニッカウヰスキーの商品が売れている。「NHKのドラマ『マッサン』効果があって売れているんでしょう?」と思われるかもしれないが、日本だけでなく、海外でも売れているのだ。その理由は……。(2014/11/26)

新連載・烏賀陽弘道の時事日想:
朝日やNHKが選ばれない時代に、私たちが注意しなければいけないこと
インターネットが勃興し、新聞やテレビといった旧型マスメディアが衰退しつつあると言われている。結果、何が変わったのか。筆者の烏賀陽氏は「ニュース・センターが消滅した」という。その意味は……。(2014/11/20)

NHK「ブラタモリ」復活 「笑っていいとも!」終了で新シリーズは地方ロケも可能に
3年ぶりキター!(2014/11/19)

NHKのネット配信拡充に民放ピリピリ 「民間サービス成り立たない」
NHKがネット業務拡充に向けてまとめた「実施基準」の要綱をめぐり、民放に警戒感が広がっている。NHKは一部のスポーツ中継などをテレビ放送と同時にネット配信することを例示しており、民業圧迫を懸念する声が続出している。(2014/11/18)

ピエール瀧主演のドラマをNHKが制作 キャスティングのこだわりは「昭和の顔」
ピエール瀧さんのNHKドラマ主演は初。「大きなモノに翻弄される三上&ピエール瀧を楽しんでいただけたら幸いです」(2014/11/12)

NHKツイッター「中の人」が裏事情を語る
絶大な支持を集めたNHKのTwitterアカウントの「中の人」浅生鴨さん。彼が「裏事情」を語ったトークイベントの様子をお届けします。(2014/11/11)

地元愛No1を決める「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2014」12月に展示会を開催
展示会は東京・渋谷の「NHKみんなの広場」、授賞式は「国立科学博物館」で開催する。(2014/11/5)

広がる「マッサン」効果:
連ドラ人気にあやかれ! 「竹鶴」絶好調のニッカ、復刻ウイスキーでサントリーが追撃
ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏とその妻の生涯を描いたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」が人気だ。その影響は酒造メーカーやホテルなどに広がっている。(2014/10/22)

平野レミがNHKで披露したブロッコリー料理が豪快 まるごと1本が皿にそびえ立つ
Twitter民も神回だったと歓喜。(2014/10/16)

NHK Eテレの人気番組「ニッポン戦後サブカルチャー史」が書籍化 10月10日発売
気鋭の劇作家がサブカルチャーの命脈をひも解く。(2014/10/8)

“高精細3D”の価値とは?:
世界初の実写8K 3D作品も――NHKメディアテクノロジーが「創立30周年記念技術展」
NHKメディアテクノロジーは、11月に「創立30周年記念技術展」を開催する。3Dに4K/8Kを組み合わせ、高精細な3Dという新しい価値を提案する。(2014/10/6)

表現のプロが教えるスピーチの兵法:
「あんなこと、言わなければよかった」――不用意発言をなくす3つのポイント
「あんなことを言わなければよかった」「相手を何であんなに怒らせてしまったのだろう」――こんなコミュニケーションの失敗をしたことはありませんか。元NHKの矢野香さんの連載を通じて、「リスクを避ける話し方」を学んでいきましょう。(2014/10/6)

放送局も協力:
「追加料金は必要ありません」――初の4K対応商用VoD「ひかりTV 4K」が間もなくスタート
NTTぷららが「ひかりTV 4K」の商用サービスを開始する。コンテンツ面ではNHKや民放各社がサポート。テレビメーカーもこぞって対応を表明している。(2014/10/3)

NHK、御嶽山の様子を動画でライブ配信
日中の様子をWeb上でライブ配信しています。(2014/10/3)

NHKスペシャルで御嶽山の噴火について緊急報告
戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火について検証する。(2014/10/3)

初音ミクとの共演でも注目 「BUMP OF CHICKEN」東京ドーム公演の密着ドキュメント、NHKが放送
7月31日に開催された「BUMP OF CHICKEN」の東京ドーム公演。ミクとの共演でも話題になったこのライブにNHKが密着しました。(2014/9/29)

「アニメロサマーライブ2014」が6週連続で放送決定
NHK BSプレミアムで11月16日から。(2014/9/26)

デアゴスティーニ、NHK人形劇「シャーロックホームズ」のフィギュア付きマガジンを発売
10月12日に本放送を開始する三谷幸喜脚本のNHK人形劇「シャーロックホームズ」が、フィギュア付きマガジンとして発売。(2014/9/24)

NHK、長寿命で低コストなリン光有機ELデバイスを開発
NHKがリン光材料を使った有機ELデバイスの長寿命化と低コスト化を実現する技術の開発に成功。超薄型で軽量なフレキシブルディスプレイの実用化に向け、大きく前進したという。(2014/9/11)

テニス全米オープン決勝、NHKで急きょ録画放送決定
視聴者からの要望が殺到したためだそう。(2014/9/9)

ラジオ好きは必見!:
PR:「radiko.jpプレミアム」の再生・予約録音にも対応――「ネットラジオレコーダー4」でラジオライフをさらに楽しく!
プロ野球を地元のラジオ局で聴きたい! ローカル限定の番組を聴きたい! NHK「基礎英語」を録音して勉強したい! でもオンタイムでの視聴はちょっと難しいー。そんなあなたに朗報です!(2014/8/25)

ねっと部:
「はに丸」くん、NHKで復活 なぜかジャーナリストになりGoogleを突撃取材
NHK教育「おーい!はに丸」のはに丸くんが復活する番組が8月13日夜に放送される。はに丸くんはジャーナリストとしてGoogleに突撃取材するという。(2014/8/12)

豪華講師陣が教える、いまを生きるためのヒント
NHK Eテレの人気番組「東北発☆未来塾」の書籍化である、未来を生きるヒントをくれる1冊を紹介します。(2014/8/12)

宮崎駿監督の志を継ぐ2人 宮崎吾朗と米林宏昌のドキュメンタリー番組、NHKで放送
アニメーションは七色の夢を見る。(2014/8/6)

実験に支障:
小保方氏をトイレまで追いかけたNHK……集団リンチなのか? Nスペの顛末
STAP細胞問題に切り込んだ番組で、NHKは理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーに突撃取材を試みた。しかし小保方氏が負傷し、映像もお蔵入りとなる後味の悪い結果となった。(2014/8/1)

「耳ざわりのいい音楽ですね」という言葉、実は失礼って知ってた?
自分のイメージを下げてしまう、間違った日本語。NHKの元アナウンサーであり、「ことばおじさん」の愛称で親しまれた梅津正樹氏の著書から紹介します。(2014/7/31)

「テニスの王子様」とアスリートの関係性を探る特番をNHKが放送 許斐剛や松岡修造も出演
プロテニス選手の錦織圭さんも、作品について語る予定。(2014/7/30)

NHK Eテレで「ニッポン戦後 サブカルチャー史」 サブカルチャーの変遷をたどる
劇作家の宮沢章夫さんがナビゲーターを務める。(2014/7/28)

NHK、強引な取材を謝罪 小保方氏に全治2週間のけが、実験に支障も?
小保方氏がNHKの取材班に追いかけられ、けがを負ったとされる問題で、NHKが小保方氏代理人に謝罪した。(2014/7/25)

「公園の遊具」だけど難易度高め:
ロボット親子が公園の「遊具」で遊ぶ!――NHK大学ロボコン2014
大学生がロボット作りの技術力や戦略を競う「NHK大学ロボコン」が開催された。親と子、2台のロボットを上手に「公園の遊具」で遊ばせることができたのはどこの大学か?(2014/7/25)

NHKスペシャル「STAP細胞 不正の深層」 独自資料を専門家と分析
STAP細胞問題の論文不正や組織の隠ぺい体質の実態に迫る番組がNHKスペシャルで放送される。(2014/7/22)

猫の力士の4コマ漫画「すもうねこ」、NHKで実写ドラマに 曙さんが声優
実写!? 猫どうなるの!? 相撲取れるの!!?(2014/7/18)

アニメ敵キャラの人気投票をNHKラジオが募集中 おまえら集まれ!
ムスカに1票! みたいな感じ。(2014/7/4)

NHK-FM「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」第2弾、8月に 司会・高橋名人 ゲストにすぎやまこういちなど
「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」が帰ってくる。高橋名人やすぎやまこういちさんなど豪華ゲストを迎え、8月10日の午前0時15分から10時間以上にわたって放送される。(2014/7/4)

NHK放送、災害時のネット同時配信に「お墨付き」 改正放送法成立
改正放送法が成立した。最大の特徴は、ネットに配信できる番組の範囲が現行法の「放送した」から「放送する」番組へと広がった点。放送と同時のネット配信が“解禁”されることになった。(2014/7/3)

次のNHK連続テレビ小説のご当地 行ってよかった工場見学&社会科見学第1位は「ニッカウヰスキー余市蒸留所」
飲める!(2014/6/29)

NHKオンデマンド、初の黒字化
放送済み番組を有料ネット配信する「NHKオンデマンド」が08年のサービス開始以来初の黒字化。(2014/6/27)

最先端の宇宙論を研究者自らが紹介 NHK「宇宙白熱教室」、20日から
研究結果を交えて最先端の宇宙論を紹介する番組、NHK「宇宙白熱教室」が20日から放送される。(2014/6/19)

「ねこのうた」作れるアプリに「おれ、ねこ 木村カエラバージョン」
NHK Eテレ「0655」の人気コーナー「ねこのうた」のスライドショーを作れるiOSアプリに、「おれ、ねこ 木村カエラバージョン」が追加された。(2014/6/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K/8Kの先にある放送技術――NHK技研公開
8Kを中心に展示内容を取り上げた前編に続き、後編ではスマートテレビや“8Kより未来”のテレビ、そしてAV評論家・麻倉怜士氏オススメのユニークな展示を取り上げていこう。(2014/6/5)

「あまちゃん」効果:
Hulu好調、NHKは初の黒字へ、広がるネット「定額見放題」
過去のテレビ番組や映画がネットで見放題になるサービスがユーザーを広げている。米国発で今春日本テレビに買収された「Hulu」は昨年会員数が倍増、NHKオンデマンドも平成25年度決算で初の黒字を確保する見通しだ。(2014/6/5)

減災にも貢献:
ビッグデータは“重ねて”見てこそ価値がある、NHK技研の可視化システム
NHK技術研究所は「技研公開2014」で、ビッグデータをリアルタイムで可視化するシステムを展示した。天気の情報、ホテルや避難所の位置、道路の混雑情報などを同時に表示できる。さまざまなビッグデータを重ね合わせて見ることで、本当に価値のある情報を提供できると強調する。(2014/6/4)

2016年には試験放送が開始予定:
東京オリンピックは8Kで見たい! NHK技研が関連技術を続々公開
NHK技術研究所の「技研公開2014」では、スーパーハイビジョン(8K)関連の要素技術が数多く紹介された。東京オリンピックが開催される2020年の本放送開始を目指し、開発が進められている。(2014/6/3)

iVDR EXPO 2014:
4K制作、NHKはどこまで本気なのか?
4Kテレビの購入を検討するに当たり、やはり気になるのは4Kネイティブコンテンツが増えていくかどうか。サッカーW杯への期待とともに、放送局の動向も気になるところだ。(2014/6/2)

これが新しい番組ナビの形?:
テレビが視聴者の興味を“推定”して、番組をオススメ!
NHK放送技術研究所は、カメラと「Kinect for Windows センサー」を利用して視聴者の興味を推定するテレビを、「技研公開 2014」で紹介した。推定した興味を基に番組をナビゲートする機能など、新しいサービスを展開したいと語る。(2014/6/2)

センシング技術:
シリコンに代わる材料を用いたCMOSイメージセンサー、8Kカメラの高感度化を実現
NHK放送技術研究所が「技研公開 2014」で披露しているCMOSイメージセンサーは、光電変換部にシリコン以外の材料を用いている。シリコンよりも光を吸収する結晶セレンだ。従来の表面照射/裏面照射型CMOSセンサーはその構造上、高感度化を図るのがだんだん難しくなっている。大幅な高感度化には、新たな材料を採用することが必要だ。(2014/5/30)

センシング技術:
1億3300万画素のイメージセンサー、8Kカメラの小型化を加速
NHK技術研究所は、1億3300万画素のイメージセンサーを開発した。1枚(単板)で、フル解像度(7680×4320画素)のスーパーハイビジョン(8K)映像を撮影できるので、カメラの小型化を実現する。(2014/5/28)

8Kの“フルスペック”カメラも登場――2020年のテレビの姿が見えるNHK技研公開
「NHK放送技術研究所」の一般公開が今週末に開催される。2020年の東京オリンピックを目指し、8Kの120Hz撮影に対応したカメラや1億3300万画素イメージセンサーなども登場した。(2014/5/27)

魚が横切っても大丈夫:
青色可視光を用いた水中ワイヤレスIP伝送、安定した映像の転送が可能に
NHK放送技術研究所の水中ワイヤレスIP伝送技術は、水中での減衰が少ない青色可視光線を用いていることが特長だ。また、映像データと誤り訂正データの送信レートを制御することで、伝送路が魚などで遮断されても安定して映像を伝送できる。(2014/5/27)

物に触れた感覚を再現、硬さも伝えるシステム NHKと東大が開発
物体の形状と硬さを非接触で測定し、物体を触った感覚を仮想的に再現できるシステムをNHKと東京大学が共同で開発した。(2014/5/23)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。