ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「製図を極める! 幾何公差徹底攻略」最新記事一覧

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(10):
幾何公差の相互関係は、F<O<L
今回は、いよいよ最終回。幾何公差同士の相互関係について整理して、ロジカルに指定しよう。(2010/4/9)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(9):
回転する部品に指定する「振れ公差」
同軸度と振れ公差は、どちらも同じものと勘違いしていないだろうか? 今回は、その区別をはっきりとさせよう。(2010/2/24)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(8):
同軸かどうか寸法で表せないときは、神頼み!?
外径に対して内径の同軸ずれが発生するかもしれないことに気が付いたら? 寸法線ではどうしても表現できないし……(2010/1/13)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(7):
理解しづらい傾斜度も、グループ分けでスッキリ
平行度と直角度は分かるけど、傾斜度はよく分からないという人! ややこしく考え過ぎないで、シンプルに考えてみよう。(2009/11/12)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(6):
そこにデータムを付けるのか、付けないのか
今回は製図の際に多くの設計者が戸惑う悩みの1つ「データムを付けるのか付けないのか」をスッキリ解決する。(2009/9/16)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(5):
幾何特性の領域把握がはじめの一歩だ!
まず幾何特性が定義できる領域から理解しよう。4つの幾何特性分類、図面指示するうえでの注意点なども解説する。(2009/7/23)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(4):
幾何公差の基準「データム」を理解しよう
データムの配置位置の仕方には、さまざまなルールがあるので要注意。あなたの作成した過去図面は大丈夫?(2009/5/14)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(3):
不確かさを残さない寸法測定方法はあるのか
丸い形状の断面が真円かどうかを判定したい場合、あなたならどうする? とにかく測定個所を増やしていけば何とかなりそう?(2009/3/11)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(2):
加工者の技能と心遣いを引き出すための製図
設計意図と併せ加工現場の事情もできるだけよく考えながら幾何公差を指定する。それが部品や製品の品質を高める。(2009/1/19)

製図を極める! 幾何公差徹底攻略(1):
幾何公差の大基本は寸法基準の見極めだ
まずは寸法記入の基準を見極める方法を確認しよう。効果的な幾何公差記入をするために大事な知識、あなたはちゃんと理解している?(2008/12/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。