ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「光文社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「光文社」に関する情報が集まったページです。

これからのAIの話をしよう(言語編・前編):
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるか 雑誌編集者×AI研究者、異色対談
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるのか? プロの編集者と自然言語処理の研究者が、それぞれの立場で「言葉」をめぐる議論を繰り広げる。(2018/5/30)

漫画の海賊版サイト、問題の深刻さとブロッキングの是非  福井弁護士の考え
漫画の海賊版サイトの被害が2017年から拡大している。「日本政府はISPに対して海賊版サイトへのアクセス遮断(サイトブロッキング)を要請する調整に入った」という報道もあり、さまざまな議論が巻き起こっている。著作権法に詳しい福井健策弁護士の寄稿。(2018/4/10)

「e5489」「仮乗降場」「側面よし」――奥深すぎる“テツ語”満載『テツ語辞典』はいかにして作られたか テツな著者2人に聞いた
『カレチ』作者でも知られる池田邦彦さんと鉄道フォトライターの栗原景さんに裏話を聞きました。(2018/2/5)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

マンガで解説、「シャーロック・ホームズ」原文の面白さ ワトソンとの見えざる拳の応酬
仲良くけんかする2人。(2017/12/6)

「アライグマはエサを洗わない」 生きものの不思議な生態を解説した「生きもの図解」待望の書籍化
Twitterで人気の図解が1冊に。(2017/12/3)

定年バカ:
「定年後いくら必要なのか」 考えてもムダだった
定年後、ゆとりを感じられる生活を送るためには、どのくらいの預貯金が必要なのか。多くの専門家がいろいろな意見を述べているが、結局のところ本人の生活によってその金額は大きく変わってくる。(2017/11/27)

ネットのダークマター:
巨大ビジネス化する海賊版 悪質「リーチサイト」の台頭、止める策はあるか
年2億冊もの海賊版ダウンロードを誘導していたリーチサイト「はるか夢の址」の運営者が逮捕された。リーチサイトは巧妙な手段で追及から逃れようとしており、実際、追及は難しい。対策はあるのか――。弁護士・福井健策さんによる寄稿。(2017/11/24)

『アルスラーン戦記」、31年かけて、ついに完結!
出版までもうしばらくお待ちください。(2017/8/29)

エンジニアのための文章力養成講座(7):
欠点は汚いコードを書く――「ことだ」で受けるべき場合
「長所は」「特徴は」「役割は」などの属性(人や物の性質)を言うときは、「こと」で受ける必要があります。「理想は」「理由は」なども同じです。(2017/7/27)

arrows M04の兄弟機:
泡ソープで洗えるMILスペックスマホ「TONE m17」が登場 日本仕様も盛り込んで8月1日発売
トーンモバイルが、約2年ぶりとなるTONEスマートフォンの新モデルを発売する。「arrows」で定評のある富士通コネクテッドテクノロジーズ製で、シリーズ初となるおサイフケータイ・ワンセグ搭載と防水・防塵(じん)・耐衝撃対応を果たした。(2017/7/25)

エンジニアのための文章力養成講座(6):
必要性を願って、社名を「ホワイト」にします――述語を書き忘れない
「ホワイトな会社です」「ブラックではありません」――日本語は主語をしばしば省けますし、もともと主語がない文もあります。しかし、特殊な場合を除き、述語は省けません。(2017/7/20)

エンジニアのための文章力養成講座(5):
詳しくはマニュアルにお尋ねください――述語の共用にご用心
1つの文の中で述語を共用することがあります。「スキルの習得には時間もお金もかかる」は、「時間」と「お金」が「かかる」という述語を共用しているので問題ありません。しかし「山や海で泳ぐ」は変です。「山に登り、海で泳ぐ」と別の述語を書き足す必要があります。(2017/7/13)

エンジニアのための文章力養成講座(4):
私はプロジェクトだ――主語を途中で変えない
「この研修では、経験豊富な講師のお話を聞いて、後日レポートを出すというものです」――文の途中で断りなしに主語や主題を変えると、読み手は戸惑ってしまいます。なるべく同じ主語で貫くようにし、主語を変えたいときにはそれを明示します。(2017/7/6)

エンジニアのための文章力養成講座(3):
納期遅れは、ユーザーの仕様変更であった――主語を間違えない
「原因は仕様変更です」「ユーザーは仕様変更です」「原因はユーザーです」――漫然と文章を書いていると、うっかり「主語」を間違えることがあります。(2017/6/29)

エンジニアのための文章力養成講座(2):
プロマネに危機感を覚えている――目的語と述語を正しく組み合わせる
「同僚のエンジニアに好意を持った」「同僚と結婚した」「女の子を授かった」「その子を今、一生懸命育てている」のように、「目的語+述語」の組み合わせが適切な文章を書きましょう。(2017/6/22)

エンジニアのための文章力養成講座(1):
バグが多い――主語と述語を適切に組み合わせる
「バグが多い」「納期がキツイ」「メンバーが足りない」などの「主語+述語」の組み合わせがしっかりした文は、意味が明瞭なので読みやすくなります。(2017/6/15)

問題解決力を高めるコツはプログラミングの原則・思考にあり(6):
名前がないものは見えない――名前重要
本連載では、さまざまなプログラミングの原則・思考の中から、特に問題解決力を高めるのに役立つものをピックアップ。プログラマーは、その思考法をビジネスに応用し、そうではない人はプログラマーと一緒に働く際に思い出してほしい。「ジョシュアツリーの法則」「バベルの塔」に見るように、名前や共通言語は重要だ。今回はプログラミングにおける「メンタルマッピング回避」「ループバックチェック」などから「命名」の重要性を確認しよう。(2017/8/23)

漫画家・佐藤秀峰さん、Amazonを提訴 Kindle読み放題の配信停止問題で
佐藤さんは「作家、出版社が大きな損害を被ったことはもちろんだが、最も大きな損害を与えられたのは読者だ」と指摘している。(2017/5/22)

意外と知らない教育現場のいま:
未成年の人工妊娠中絶数、年間約1万8000件 「日本の性教育は不徹底」
人工妊娠中絶数自体は平成初期をピークに減少傾向にあるが、そのうちの10代の割合は相変わらず高いまま――。が、これは個人の責任問題ではない。性教育を系統立てて授けていくシステムを構築できていない国の責任である。(2016/10/19)

違和感仕事しろ! 数多のチェックを乗り越えて世に放たれた誤植「もろちん」が地味にスゴイ
文庫版では修正済み。(2016/10/11)

絶好調のライブイベント産業と、進むコンテンツの「ライブ・シフト」
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、この数年の勢いが止まらないライブイベント市場の課題を考えます。(2016/10/4)

新人記者(オタク女子)が行く:
25年ぶりのリーグ優勝に抱く思いは? アラフォー広島カープファン座談会
25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たしたプロ野球の広島東洋カープ。ファンの歓喜はもちろん、経済効果は331億4916万円にも上るという盛り上がりぶりです。アラフォーのカープファンに、カープの魅力や野球観戦の楽しさについて語ってもらいました。(2016/9/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「働きやすさ」を追求すると、キャリアも会社もダメになる
「働きやすさ」は不満を減らす一因にはなるが、満足を高める決定打にはならない。能力を十分に発揮できるためには何が必要か?(2016/9/1)

過熱化するチケット論争 高額転売は違法か? それは「必要悪」なのか?
ライブイベントで見られるチケットの高額転売問題は深刻。問題を整理し、チケット価格のさらなる多様化にかじを切る時期なのではないでしょうか。(2016/8/29)

「売れる商品」の原動力:
ブランド成長の源は「独自性」を磨くこと
第一のビジョンに数字を掲げるべきではありません。皆が情熱を傾けられるブランドに育つには、“何のため”“誰のため”かが明確にされていることが重要です。(2016/8/18)

平成の不平等条約? 〜ついに公取委が動いたアマゾン「最恵国条項」とは何か〜
よく分からないことはプロに聞いてみようシリーズ。今回は、弁護士の福井健策氏が、アマゾンジャパンに公取委が立ち入り調査した件を深掘りします。(2016/8/17)

月額980円で読み放題 日本版「Kindle Unlimited」提供スタート 
Amazon.co.jpが、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を日本国内で提供スタート。月額980円(税込)で小説や雑誌、コミックなどが読み放題になる。(2016/8/3)

意外と知らない教育現場のいま:
生き残りをかけて迷走する大学の“国際教育”のいま
少子化による18歳人口の減少期突入を目前とし、各大学は生き残りに必死だ。そこで「国際化」はどこも標榜するフレーズで、英語教育への傾注もまたしかり――今回は山梨学院大学のiCLA学部を例に、大学の国際教育についてお伝えする。(2016/7/29)

山本耕史、今後は出産やプライベートに関する報告「控えさせて頂こうと」 週刊誌の追跡報道受けコメント発表
本来なら安定期に入った段階で報告したかったとつづっています。(2016/6/22)

新連載・意外と知らない教育現場のいま:
小学校のプログラミング必修化は本当に必要か
昨今はブームとも呼べる教育のICT化。ITツールを使えば、果たして学びは劇的に変わるものなのか。そして、小中でのプログラミング授業必修化は正解だったのだろうか――ジャーナリストの鈴木隆祐が読み解く。(2016/6/21)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

複数メディアと提携し、記事広告を相互流通:
オールアバウト、分散型メディアプラットフォーム「citrus」を提供開始
オールアバウトナビは、新メディア「citrus」を提供開始。他社のWebメディアと提携し、分散型メディアのプラットフォーム構築を目指す。(2016/4/22)

ターゲットに親和性の高い記事をカスタマイズして提供:
博報堂、媒体社と連携して企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューションを提供開始
博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティングセンターは2016年3月28日、企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューション「PRECTORY」の提供を開始したと発表した。(2016/3/29)

「マッキーを白髪染めに使う」記事 「美ST」が謝罪
マッキーを筆記・描画以外の目的での使用は控えるよう呼びかけ。(2016/3/24)

田中芳樹さん「アルスラーン戦記」15巻脱稿 もうすぐ続きが読める!
完結が近づいてきた。(2016/2/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
新・上司力は、女性活躍だけではない
男性中心のピラミッド構造で通用していた上司力はもはや古い。女性の育成や活躍支援だけでは不十分。広がり続ける多様な部下を理解し、育て活かせる新しい上司力が求められている。(2016/1/7)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
人工知能を備えた「恋人型ロボット」が売れる!
ロボットと人工知能の組合せによる「第四の産業革命」が起こりつつある。この革命を制する国が世界経済を制すると言われる中、日本に大きな勝機をもたらすであろう新商品があるのだ。(2015/12/15)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
次のヒット商品は? 1億総「シンデレラコンプレックス」のワナ
10年以上も前から「次に来る新商品のトレンドは何?」とよく聞かれる。断言しよう、そんなものはない。白馬の王子様は来ないのだ。(2015/12/7)

ねとらぼレビュー:
「猫付きマンション」はなぜ生まれたのか 新しい猫保護の形を探る1冊「猫を助ける仕事」
不動産ビジネスにまで踏み込んだ、猫保護の新しい形とは。(2015/12/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「上司の9割は部下の成長に無関心」時代に人を育てる3つの鍵
よく勘違いされるのだが部下が育つのは、上司が手取り足取り仕事を教えたときではない。部下が育つのは3つの条件が揃ったときである。(2015/11/5)

江戸川乱歩の没後50年特別企画 Webサイト「江戸川乱歩を楽しむ5つのこと」が開設 
ブックリスタ、講談社、光文社、東京創元社、早川書房が共同で開設。(2015/9/15)

『火花』の勢いいまだ衰えず hontoの7月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/8/7)

オリコン「2015年上半期 書籍マーケットレポート」、コミックはアニメ化作を中心に伸長
BOOK・文庫・コミックの市場規模は前年同期比減ながら、コミックは過去2番目となる高い上半期実績となった。(2015/7/28)

BookLive!のラインアップ、40万冊を突破
これを記念し、抽選で40%OFFクーポンが当たるキャンペーンも7月20日まで開催する。(2015/7/17)

雑誌読み放題サービスの新星「ブック放題」のラインアップをdマガジンと比較してみた
ソフトバンクが6月24日に開始した「ブック放題」。雑誌だけでなく、1000作品以上のマンガ作品も定額読み放題となるこのサービスの雑誌ラインアップをdマガジンなどと比較してみた。(2015/7/9)

元少年A『絶歌』を抑え1位に輝いたのは? hontoの6月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/7/8)

新しい考え方(前編):
先の見通せない時代、リーダーに必要な3つの要素とは
チームや組織を引っ張っていくリーダーの責任は増すばかり。悩めるリーダーに「アイディール・リーダー」という新しい考え方を提示しているのが、Ideal Leaders株式会社だ。代表取締役ファウンダーの永井氏にその取り組みを聞いた。(2015/7/8)

『アルスラーン戦記』既刊本をオーディオブック化 kikubonで記念キャンペーン
キャンペーンでは、第1巻や現在放送しているテレビアニメの無料配信などを実施する。(2015/7/7)

新刊発売の『魔法科』が躍進 hontoの5月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/6/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。