ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「森永卓郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「森永卓郎」に関する情報が集まったページです。

T.M.R.西川貴教の新会社、高橋みなみ、森永卓郎を迎え地域活性のトルネードプランを明かす
「公式ホットリミットスーツ(簡易版)」で風を感じちゃおう。(2016/4/6)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
人工知能を備えた「恋人型ロボット」が売れる!
ロボットと人工知能の組合せによる「第四の産業革命」が起こりつつある。この革命を制する国が世界経済を制すると言われる中、日本に大きな勝機をもたらすであろう新商品があるのだ。(2015/12/15)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
次のヒット商品は? 1億総「シンデレラコンプレックス」のワナ
10年以上も前から「次に来る新商品のトレンドは何?」とよく聞かれる。断言しよう、そんなものはない。白馬の王子様は来ないのだ。(2015/12/7)

フジテレビ、スマホ向けインタビューマガジン「そこ、キク!」 旬のゲスト同士でテーマ掘り下げ
インタビュー形式で最新トピックや旬の人を掘り下げるスマホ向けの電子マガジン「そこ、キク!」をフジテレビが創刊する。(2014/3/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/22)

BRICs徹底分析、2030年の世界経済は? 「森永卓郎のBLOGOS経済塾」
「森永卓郎のBLOGOS経済塾」8月のテーマは「BRICs徹底分析 2030年の世界経済は?」。森永氏の息子で、BRICs専門家の森永康平さん(SBI証券)をゲストに迎える。配信は8月21日21時0分〜。(2012/8/16)

欧州危機で日本経済はどうなる? 森永卓郎さん、AKB48の仲俣汐里さんが考える
分かっているようで分かっていない経済を、身近な問題に置き換えて一緒に学んでいく、「森永卓郎のBLOGOS経済塾」。7月のテーマは「欧州危機で日本経済はどうなる?」。出演者は森永卓郎さん、AKB48のメンバーで早稲田大学政治経済学部に在学中の仲俣汐里さん、小口絵理子アナウンサー。配信は7月18日21時0分〜。(2012/7/18)

1万円から始める株式投資 森永卓郎さんが伝授
経済を身近な問題に置き換えて考える番組「森永卓郎のBLOGOS経済塾」の今回のテーマは「1万円から始める株式投資」。お小遣いで始められる株式投資のいろはを森永さんが伝授する。配信は5月21日21時0分〜。(2012/5/19)

失敗しない銀行の選び方とは 「森永卓郎のBLOGOS経済塾」
「森永卓郎のBLOGOS経済塾」は、分かっているようで分かっていない経済を、身近な問題に置き換えて一緒に学んでいく番組。今回は「失敗しない銀行の選び方」を特集する。配信は4月17日21時0分〜。(2012/4/17)

消費税アップは必要か? 「森永卓郎のBLOGOS経済塾」 AKB48仲俣さんも出演
経済学者の森永卓郎さんが、「分かっているようで分かっていない」経済問題を身近な問題に置き換え紹介する番組「森永卓郎のBLOGOS経済塾」の第4回。今回は「消費税アップ」をテーマに、「AKB48」で早稲田大学政治経済学部に在学中の仲俣汐里さんがユーザーとともに学ぶ。配信は1月18日21時0分〜。(2012/1/18)

マスコミに流されやすい「B層」が日本を滅す? 適菜収さんと森永卓郎さんがガチ対談
「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体」の著者で哲学者の適菜収さんと、経済評論家の森永卓郎さんが「ガチ対談」する番組。適菜さんが提言する「マスコミ報道に流されやすい“比較的”IQの低い人たち」こと「B層」をテーマに、近代大衆社会の末路を読み解く。ビジネス情報サイト「現代ビジネス」主催。配信は9月29日20時0分〜。(2011/9/28)

検証! 規制仕分けとは何か?
政府の行政刷新会議の「規制仕分け」とは何か、狙いはどこにあるのか、成果は上げられるのか――。経済アナリストの森永卓郎さんら識者が議論する。司会は角谷浩一さん。配信は3月6日23時0分〜。(2011/3/4)

この人から学んでみたいなあ……と思う著名人は誰?
新年を迎え、新たに挑戦したいことが「ある」という人は、どのようなことに挑戦したいのだろうか。25〜35歳のビジネスパーソンに聞いたところ「語学の勉強」を挙げた人が最も多かった。NTTナレッジ・スクウェア調べ。(2011/1/7)

「復活するゾンビたち」――事業仕分けを徹底検証
当日の事業仕分けの結果を踏まえつつ、なぜ、一度仕分けされたものが復活しているのか、どういう仕組みで復活至ったかなどを検証する番組。司会は角谷浩一さん、パネラーは自民党の平将明 衆議院議員、経済アナリストの森永卓郎さんなど。 配信は11月15日23時0分〜。(2010/11/15)

堀江貴文に聞く【出会い編】:
ホリエモンの天敵は?
スタンスがはっきりしない、上から目線、アポなしで来る、強引――。ホリエモンこと堀江貴文さんはこんな人が苦手のようです。(2010/4/26)

25〜35歳の社会人に聞く、学習“3種の神器”といえば
(2010/1/6)

ねとらぼ:
「うまい棒大感謝祭!」で“うまい棒料理”に舌鼓 ホリエモンなど参加
うまい棒の発売30周年を記念した「うまい棒大感謝祭!」が13日に都内で開催。会場には「驚くほどの大量のうまい棒を用意」し、オリジナルうまい棒料理も振る舞われる。(2009/9/10)

「貯金箱の日」に秘められた“節約術”
伝説の貯金箱が、今よみがえる。(2009/7/3)

現役東大生・森田徹の今週も“かしこいフリ”:
アキバメイドが語る! メイド喫茶産業の舞台裏(後編)
秋葉原のメイド喫茶で働く、女子大生メイドのあいりちゃん。前編ではメイド喫茶の種類や歴史、求められるホスピタリティなどについて話してもらったが、後編ではお金の話を中心に裏話を語ってもらった。(2009/5/26)

「日本の経営者はイタリア人を見習え」――経済アナリストの森永氏
首相がころころ代わる、国土が南北に伸びているなど、日本とイタリアの類似点は多い。ただ1つ、決定的に異なる点がある。それが1人当たりの名目GDPにおいて日本がイタリアに負けている原因かもしれない。(2009/2/18)

山崎元の時事日想:
“良心的”ではダメ? コンサルタントで大儲けする方法
企業や官公庁などからの依頼を受け、調査・企画・助言などを行うコンサルタント。つねに締め切りに追われる厳しい仕事だが、どのようなプライシングになっているのだろうか。有名コンサルタントA氏の“錬金術”を紹介しよう。(2008/11/13)

ドラマティック家計簿:
せこく戦え! 「節約戦士 おサイフセイバー」
倹約をモットーとする5人家族には、ご近所も知らない裏の顔があった。彼らは日々浪費と戦う「節約戦士」。今日もムダづかいを戒め、せこい必殺技でおサイフを守る。(2008/10/16)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

経済アナリスト森永卓郎が聞く(後編):
PR:森永卓郎×ネクスト SNSを超える「Lococom」ってなに?
SNSとしての基本機能に加え、家計簿やスケジューラといった「自己管理機能」、地域の情報をユーザーが寄せる地域コミュニティ「My Town」、地域のお店が利用する「店ブログ」を持つLococom(ロココム)。その魅力とは?(2006/11/1)

経済アナリスト森永卓郎が聞く(前編):
PR:森永卓郎×ネクスト SNSの現在、そして次の一歩
今最も注目を集めるインターネットサービス「SNS」。このホットな分野に、不動産情報サイト「HOME'S(ホームズ)」で有名なネクストが参入。地域情報をコアとした“LNC”をキーワードに、コミュニティサイト「Lococom(ロココム)」をスタートする。SNSの課題とは何なのか、これからのコミュニティのあり方とは?(2006/10/16)

「萌えで世界を平和に」 オタク新雑誌「メカビ」
講談社からオタクによるオタクのための雑誌「メカビ」が創刊される。麻生外相に“ローゼンメイデン問題”を直撃したインタビューがある一方、ギャルゲーレビューも盛り込む。何でもありに見える同誌だが、「萌え」の思想で貫かれているという。(2006/6/2)

IT戦士の健康を考えた「gooカレー」
ネット世代の美容や健康を意識して作ったというカレー「gooカレー」が登場。(2005/10/31)

ニッポン放送がポッドキャスティング
ニッポン放送がポッドキャスティングに参入する。ラジオ放送と連動した番組など8番組をまず配信。年内には番組数を倍に増やしたいとしている。(2005/9/14)

萌え市場とITが日本のモノ作りを救う、森永氏の主張
HP WORLD Tokyo 2005の基調講演にUFJ総合研究所の森永卓郎氏が登場。日本のモノ作りにおける未来は秋葉原にある、と述べた。(2005/6/22)

サイバーエージェント、「書評つながり」開設
サイバーエージェントは25日、アメーバブックスとの共同で、Blogサービス「アメーバブログ」と連動する書評専門サイト「書評つながり」を開設した。(2004/10/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。