ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ラジオ」最新記事一覧

ラジオ「中二病でも恋がしたい!」がニコ生で復活!? 約2年ぶりにメインキャスト集結で一体なにが……
契約(プレミアム会員)を結ぶ時がきたか……。(2016/5/23)

ワイドFM対応:
ソニー、スタイリッシュなステレオFM/AMラジオ「SRF-V1BT」を発売――Bluetoothスピーカーにもなる
ソニーがシンプルなデザインの小型ステレオラジオ「SRF-V1BT」を発売する。NFCとBluetoothも搭載し、ワイヤレススピーカーとしても利用できる。(2016/5/23)

冨田勲さん追悼番組、NHKが放送へ
5日に亡くなった作曲家・冨田勲さんをしのぶ番組を、NHKがテレビやラジオで放送する。(2016/5/13)

ドコモの「VoLTE(HD+)」とは何か? 通話音質を高める意義
VoLTEをさらに高音質にしたドコモの「VoLTE(HD+)」。対応スマホ同士なら音質が「FMラジオ並み」にアップするという。通話音質を向上させるドコモの使命とは?(2016/5/12)

永六輔さんのラジオ番組が終了へ 「充分な体力回復にどのくらいかかるか目途がついておりません」 
TBSラジオの冠番組が6月27日で終了。(2016/5/9)

西川貴教×志倉千代丸によるアニメ「B-PROJECT」の最新キービジュ&キャストが公開 主人公・澄空つばさ役に金元寿子
公式サイトではWebラジオの配信も開始。(2016/5/9)

Amazon、「プライムラジオ」スタート ジャンル別に聴き放題、好みに合わせてパーソナライズ
Amazonプライム会員向けの音楽サービス「Prime Music」にジャンル別に聞ける「プライムラジオ」が加わった。(2016/4/22)

ワイドFM対応:
“もしも”の時に役立つ手回し充電ラジオをパナソニックが発売―LEDライトやサイレンを装備、スマホ充電も可能
パナソニックは、ワイドFM対応の手回し充電ラジオ「RF-TJ20」を4月22日より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は6500円前後(税別)。(2016/4/11)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
地元の局もあるかも――PCなしで全国100局以上のコミュニティ放送局が聞ける「かんたんインターネットラジオ」
プラネックスコミュニケーションズの「かんたんインターネットラジオ」(MZK-WDPR-R01)は、PC不要で手軽にインターネットラジオを聴くことができる。新生活シーズンで故郷を離れたという人も、これがあれば寂しくない、かも。(2016/4/8)

本物のサザエを使ったラジオ「SAZAE RADIO」誕生 100個限定で発売
貝殻を耳に当てるとラジオが聞こえる。(2016/3/23)

爽やかな下ネタにも期待? 星野源が「オールナイトニッポン」月曜レギュラーに
裏番組は伊集院光の「深夜の馬鹿力」。……月曜深夜のラジオが熱くなってきた!(2016/3/15)

車載情報機器:
カーオーディオのイコライザー設定を自動化、楽曲に合わせ8万通りから選択
グレースノートは車載情報機器のオーディオ機能向けに、音の聞こえ方を調整するイコライザーの自動設定やラジオの楽曲の自動認識などの技術を開発した。2016年中に発売する新車のライン装着用の車載情報機器で採用が決まっている。(2016/3/14)

「女川さいがいFM」の一部番組、東北放送で継続 「ラジオ続けて」の声受け
3月末に閉局する「女川さいがいFM」の一部の番組が、4月からTBCラジオ(東北放送)に引き継がれる。(2016/3/11)

ドワンゴと芸能事務所ワタナベエンタが会社設立 ゲーム実況者をプロデュース
ゲーム実況の盛り上がりをテレビやラジオ、イベントなど、リアルのメディアにも展開。(2016/3/9)

アニソンを16時間かけっぱなし! 人気ラジオ企画「アニソン三昧」、第6弾が4月30日に放送
今度の企画名は「今日は一日アニソン三昧〜あンな歌にそンな歌にこンな歌 何ンでもありーな感じ!?〜」。(2016/3/8)

「ドラえもん」フランスで放送禁止はデマ 辻仁成さんのラジオ発言で波紋
現在もちゃんとフランスの子ども向けチャンネルで放映されています。※追記あり(2016/3/4)

ドコモ、Android版「ドライブネット ナビ」に音楽・ラジオ再生機能を追加
ドコモのAndroid版「ドライブネット ナビ」に音楽再生やラジオ再生などのエンタメ機能が追加された。UIも変更し音声操作の機能向上を図った。(2016/3/2)

リスナー困惑! 松山ケンイチが杉田智和ラジオ「アニゲラ」次回ゲストに
どんな経緯で実現したんだ。(2016/2/13)

声優・田村ゆかり、ライブの中止やラジオの放送終了などは「専属契約終了によるもの」と異例の発表
王国民への不安と心配をかんがみて、キングレコードが前倒しでの発表となった。(2016/2/13)

非常時に安心!:
東芝エルイー、手回しハンドル式充電を採用したLEDライト付きFM/AMラジオを2月下旬発売――防水・防じん仕様
手回し充電で使えるFM/AMラジオ「TY-JKR5」が東芝エルイートレーディングから登場。市場想定価格は8000円前後(税別)で2月下旬発売予定。(2016/2/10)

王国民に衝撃走る 声優・田村ゆかりが「冬ライブの中止」「ラジオ番組の終了」などを発表
ゆかり姫に一体なにが……。(2016/2/10)

声優・田村ゆかりさん、冬ライブ中止、ラジオ番組終了 「諸般の事情により」
声優の田村ゆかりさんが、冬ライブの中止、レギュラー出演するラジオ番組の終了、ファンクラブの運営移管などを発表した。(2016/2/10)

SIM通:
スマホのデータ引越し方法指南「IIJmio meeting 10」リポート
IIJは、ユーザーイベント「IIJmio meeting 10」を実施した。スマートフォン買い替えの際に必要となる、「データ引越し」の方法について詳しい説明が行われたほか、同社が実施している、端末の動作確認方法の説明や、ラジオの公開録音も実施された。(2016/2/9)

音楽、動画プレイヤーにもなる:
PLANEX「かんたんインターネットラジオ」――全国100局以上のラジオ局が聴ける
タッチパネル/ステレオスピーカー搭載「PLANEXかんたんインターネットラジオ」(MZK-WDPR-R01)が登場。価格は4980円(税込)。(2016/2/8)

.NET TIPS:
WPF/UWP:ラジオボタンを双方向バインディングするには?[C#/VB]
バリューコンバータを使って、ラジオボタン(UI)とロジックの間で双方向データバインディングを行う方法を解説する。(2016/2/3)

.NET TIPS:
WPF:ラジオボタンの選択をバインディングソースに反映させるには?[C#/VB]
WPFアプリで双方向データバインディングを使用して、ラジオボタンの選択状態を反映する方法、その問題点と解決策を解説する。(2016/1/27)

2380円くらい:
乾電池1本で約20時間! グリーンハウスがポータブルプレーヤー「kana DB」を2月上旬発売
単四形乾電池1本で駆動するポータブルオーディオプレーヤー「kana DB」(カナ・デービー)がグリーンハウスから登場。音楽再生だけでなく、FMラジオやボイスレコーダー機能も備える。2月上旬発売。(2016/1/26)

.NET TIPS:
WPF/UWP:ラジオボタンの選択をコードから切り替えるには?[C#/VB]
WPFアプリ/UWPアプリで、コードビハインドからラジオボタンの選択状態を変更する方法を解説する。(2016/1/20)

放送30年、ラジオ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」4月放送終了へ
「体力的に4時間半の生放送の番組は長い、余力を残し、元気なうちにほかの世の中も見たい」と大沢さん。(2016/1/18)

プレイリストはもういらない:
PR:想像を超えたチャンネルが待っている!――完全受身の快適音楽ライフ「スマホでUSEN」
「スマホでUSEN」最大の魅力は、有線ラジオ放送と同じ“チャンネルの多さ”にある。実に1000を超えるチャンネルが提供されており、中には音楽にとどまらないユニークなものもある。(2016/1/15)

「IIJmio meeting 10」開催――端末動作検証の裏話、石川温氏とラジオの公開録音も
IIJが、ユーザーとの交流イベント「IIJmio meeting 10」を、1月16日に京都、23日に東京で開催する。トークセッションでは端末の動作検証方法について解説するほか、東京会場では、石川温氏がパーソナリティーを務めるラジオ番組の公開録音を行う。(2016/1/13)

ドイツとフランスで中波AMラジオ放送が終了
2015年末、ドイツとフランスで中波AMラジオ放送が終了した。(2016/1/6)

LINEでライブ配信「LINE LIVE」 テレビ、ラジオ番組とも連携 一般ユーザー向け開放も
LINEのライブ配信サービス「LINE LIVE」がスタート。芸能人やスポーツ選手からスタートし、一般ユーザーにも来年開放する。(2015/12/10)

血圧計にラジオ体操も ゲーセンはシニアの社交場になれるのか
平日のゲーセンに集うシニア世代。黙々とメダルゲームで遊ぶその背中が語るものとは。(2015/12/8)

ad:tech tokyo 2015 リポート:
ad:techに新しい“風” T.M.R. 西川貴教氏らが語るマルチチャネル時代のクリエイティブ論
テレビにラジオ、新聞、そしてインターネット。さらにその中でもSNSに動画というようにさまざまなチャネルが存在する。マルチチャネルで消費者へアプローチするのが当たり前になった時代、どのような戦略が求められるのか。(2015/12/3)

荻上チキのラジオ番組で水木しげるの追悼特集 ゲストにつげ義春ら、荒俣宏からのコメントも
放送は12月1日22時から。(2015/12/1)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」」:
Wi-Fi接続時だけストリーミング再生する設定も可能――Apple Watch対応ラジオアプリ「アンテナ」
「Apple Watch」が発売されて以来、音楽・ラジオ関連アプリの対応が進んでいる。今回紹介する「アンテナ」もその1つ。Apple Watchの小さな画面でも視認性がよく、快適に操作できる。(2015/11/19)

ラジオの歴史がまた1ページ:
在京3局のFM補完放送が12月7日にスタート、裏番組同士が手を組んだ記念特番も
AMラジオ番組をFMでも送信するFM補完放送が本格始動。TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送の在京3局は12月7日に放送を開始すると発表した。(2015/11/18)

ステレオスピーカー付き充電台が付属、東芝のポケットFM/AMラジオ
東芝エルイートレーディングからワイドFMに対応するポケットサイズのFM/AMラジオ「TY-SPR7」が登場。市場想定価格は1万3000円前後で12月上旬に発売する。(2015/11/16)

カセットテープのダビングに:
東芝、ダブルデッキのCDラジカセを発表――カラオケに便利な「ボーカルダウン」機能も
カセットテープのダビングが行えるCDラジオカセットレコーダー「TY-CDW88」が東芝エルイートレーディングから登場。(2015/11/12)

声優・松来未祐さんの追悼ラジオ番組が配信 パーソナリティーを多数務めた文化放送で
メッセージやリクエスト曲と一緒に松来さんとお別れする内容。(2015/11/6)

連動番組もOA!:
外国人向け多言語情報配信チャネル「TOKYO FM WORLD」オープン――TuneInと連携
TOKYO FMは、インターネットラジオ「TuneIn」と連携した外国人向け多言語情報配信チャネル「TOKYO FM WORLD」をスタートした。(2015/10/5)

非常時ニ備エヨ:
ソニーのスマホを充電できる防災ラジオなど6製品がワイドFMに対応
ソニーはラジオの新モデル5機種とラジオ搭載オーディオシステム1機種を発表した。全モデルがワイドFMに対応する。(2015/10/5)

Google、自社開発タブレット「Pixel C」発表 Nexusスマホ新モデルも投入
スピーカーにつないでWi-Fi経由でPCや携帯端末から音楽やラジオ、ポッドキャストを聞ける「Chromecast Audio」も発表。(2015/9/30)

宮崎駿原作のラジオドラマ「シュナの旅」、NHK FMで9月23日に放送決定
映画「ゲド戦記」の原案となった漫画。それのラジオドラマ版。1987年に放送され世界初のステレオ・サラウンド音声で制作された番組でした。(2015/9/18)

医療機器ニュース:
ワイヤレスFPDを組み合わせたデジタルラジオグラフィ装置を発売
東芝メディカルシステムズは、ワイヤレスFPDを組み合わせたデジタルラジオグラフィ装置「TFD-2020A」を発売した。被検者の被ばくを低減しながら、高精細な画像を提供できる。(2015/9/15)

TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送が「FM」で聴ける「ワイドFM」 12月スタート
TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送がFMで聴ける「ワイドFM」の本放送が12月にスタートする。(2015/9/9)

1台5役:
グリーンハウス、5000円を切る多機能ポータブルプレイヤー「KANA RT」を発売
グリーンハウスは、ポータブルオーディオプレーヤーの新製品「KANA RT」を9月下旬に発売する。音楽再生はもちろん、動画再生、静止画再生、FMラジオ、ボイスレコーダーという「1台5役」(同社)。(2015/8/24)

気象庁、「噴火速報」発表スタート ヤフーなど対応
気象庁は、噴火の発生を迅速に発表する「噴火速報」を始めた。テレビ、ラジオのほか、「Yahoo!JAPAN」のトップページなどで確認できる。(2015/8/4)

気象庁が「噴火速報」 8月4日14時から
気象庁が常時監視している火山で噴火があった際にテレビ・ラジオやアプリなどで「噴火速報」を伝える。(2015/8/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。