ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ラジオ」最新記事一覧

古舘伊知郎さんのラジオ発言が“捏造”と炎上 Mステ出演の「けもフレ」声優をこき下ろすも「番組内容と全然違う」と指摘相次ぐ
「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」などと語っていました。(2017/4/25)

ニッポン放送がマストドン参入 インスタンス名は「TUNER」
ラジオを聴きながらタイムラインを追う楽しみも。(2017/4/20)

さらば昭和 「電子会館」売却 家電の拠点、60年余の歴史に幕
大阪の「電子会館」が、前身の「ラジオ会館」から数えて60年余りの歴史に区切りをつけた。(2017/3/24)

高田純次と浦沢直樹のラジオ番組「純次と直樹」が爆誕! 4月9日から文化放送で放送開始
高田純次さんの番組「高田純次の日曜テキトォールノ」は4月2日が最終回。(2017/3/19)

さらば昭和:
家電の黄金時代支えた「電子会館」60年の歴史に幕
高度経済成長期に家電メーカーの情報発信を支えた「電子会館」(大阪市)が、前身の「ラジオ会館」から数えて60年余りの歴史に区切りをつけた。(2017/3/15)

パーソナライズドラジオのPandora、初のオンデマンドサービスを月額9.99ドルで開始
気に入った曲に傾向の似た曲を流し続けるオンラインラジオの米Pandoraが、2015年に買収したRdioの技術を統合したオンデマンド音楽サービス「Pandora Premium」を米国で提供開始した。価格はApple Musicなどと同じ月額9.99ドルだ。(2017/3/14)

就職したのかな? オリエンタルラジオ、7年ぶりに新調した宣材写真からビジネスマンっぽさあふれる
ダンディーになってきてる。(2017/3/6)

大阪の「ラジオ会館」……電子会館の株式、パナソニックなど電機業界が売却 運営から撤退
1953年に創業したテナントビル「電子会館」(大阪市)の運営から筆頭株主のパナソニックが1日、撤退した。(2017/3/2)

ラジオの書き起こしサービス「ラジオプリント」がスタート 第1弾に「徳井青空のまぁるくなぁれ!」
3月からファミマのマルチコピー機で“ラジオがプリント”できるようになります。(2017/3/1)

ラジオ番組の“丸ごと書き起こし”販売 ファミマコピー機で「ラジオプリント」
ラジオ番組の内容をそのまま書き起こしたテキストを、番組終了直後からファミマのコピー機で印刷・購入できる「ラジオプリント」がスタートする。(2017/3/1)

「安倍晋三記念小学校」問題について籠池理事長が経緯を説明 TBSラジオ「Session-22」がログを公開中
荻上チキ氏が渦中の人物にロングインタビューを行った。(2017/2/21)

災害時などに有効か:
財布に入れて持ち運び? 印刷技術で作ったラジオ
産業技術総合研究所(産総研)フレキシブルエレクトロニクス研究センターは、「nano tech 2017」と併催の「プリンタブルエレクトロニクス 2017」(2017年2月15〜17日/東京ビッグサイト)で、財布に入れて持ち運びできるフレキシブルラジオを展示した。(2017/2/17)

赤江珠緒アナ、第1子妊娠をラジオ番組で生報告 ピエール瀧「俺の子を!?」
こりゃめでたい!(2017/2/16)

TBSラジオ「極楽とんぼの吠え魂」が約10年半ぶりに一夜限りの復活ッッ!
2月19日深夜放送、DJヤマトやたまらん兄さんも帰ってくる?(2017/2/15)

キミもフレンズなんだね! 星野源、ラジオで「けものフレンズ」のOPを流して絶賛「1日60回は聞いてます」
OPを作ったフレンズ(大石昌良さん)もコメントしています。(2017/2/14)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
ラジオ番組をスマホにダウンロードできる「ラジオクラウド」
Wi-Fi通信以外の環境では、できるだけストリーミングコンテンツの利用を避けたい。そのような人に最適なラジオアプリが「ラジオクラウド」だ。スマートフォンのローカルストレージにラジオ番組を保存し、オフラインで聴取できる。(2017/2/14)

ニコ動「けもフレ」1話が100万再生突破 しかし漫画版終了→アプリ版再開予定なし→ラジオは毎週から隔週へ
アニメ以外のフレンズはどこへ。(2017/2/13)

キュアホイップとキュアカスタードがラジオでおしゃべり! 福原遥の冠番組に美山加恋が出演決定
2月9日、23日配信分には「てさぐれ!」声優の荻野可鈴さんが登場。(2017/2/5)

番組をダウンロードして聞けるラジオアプリ「ラジオクラウド」 TBSラジオや文化放送などが参加
番組をスマホにダウンロードしてオフライン時に再生することも可能。(2017/1/30)

スマホにダウンロードもできる:
ラジオ番組などオンデマンド配信「ラジオクラウド」始動
ラジオ局が制作した番組などをネットを通じて好きな時に聴ける「ラジオクラウド」がスタートし、TBSラジオなど11局が参加。(2017/1/30)

「TBSラジオクラウド」がアプリ開発中! ダウンロード再生や倍速再生にも対応へ
以前のPodcastではできていたダウンロード再生が再び可能に!(2017/1/20)

iOSアプリのメジャーアップデート版「周波数帳2017」リリース
ハンズエイドは、iOSアプリ「周波数帳2017」を配信開始。新たに「全国ラジオ局データ」を完全収録し、表示される周波数を「7セグメント」仕様に変更している。また、マップにコンパスモード、目的地表示機能を搭載し「航空ショー完全ガイド」も2016年度版にアップデートした。(2017/1/20)

車載チューナーをアンテナ近傍に:
ヘッドユニットからチューナーを取り除く技術
Maxim Integrated Productsは2017年1月、自動車用途向けにアンテナ近くにラジオチューナーを配置するシステム技術を開発し、同システムを実現するIC製品群の販売を開始した。(2017/1/10)

好きなラジオDJ1位 タレント・藤岡みなみ、結婚を報告 「ますますフリーダムに」
おめでとうございます。(2017/1/8)

22年続いたラジオ「おはようSMAP」が年内終了、「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」は継続へ
続々とタイトルが変更になるSMAP関連のラジオ。(2016/12/6)

“SMAP”から“ShinTsuyo”へ 草なぎ剛と香取慎吾のラジオ番組の名称が2017年から変わる
やはり2016年内の解散は覆せないのか。(2016/12/6)

星野源、日テレ系「ベストアーティスト2016」を出演辞退 理由は「過労による体調不良」
11月28日のラジオでも体調が悪そうだったというファンの証言も。(2016/11/29)

富野由悠季監督がNHKラジオ「文化講演会」に出演 作品に対する考え方、続けるパワーなど“仕事力”について語る
富野監督「次の世代を意識すれば、仕事力がつく」(2016/11/27)

“水素水戦争”ついに決着か!? 内田真礼のラジオに上坂すみれ出演決定でファンざわざわ「この組み合わせはあかんやつや……」
最終決戦!(2016/11/25)

過去1週間のラジオ番組いつでも聴ける radiko「タイムフリー」きょうスタート
民放のラジオ番組がネットで聴ける「radiko」で11日、過去1週間の番組をいつでも再生できる「タイムフリー」が始まった。(2016/10/11)

天野くん、大変だよ! キャイ〜ンとDEENがまさかの新ユニット「KYADEEN(キャディ〜ン)」結成!
ラジオ番組での口約束から結成が実現。(2016/9/27)

聞き逃したラジオ番組を後から聞ける! radiko「タイムフリー聴取機能」は収益化を目指すのか?
radikoと日本民間放送連盟ラジオ委員会が「タイムフリー聴取機能」と「シェアラジオ」の実証実験を10月11日から実施すると発表した。目標は新規リスナーの獲得によるラジオ業界発展だが、収益化も見ているのだろうか。(2016/9/26)

待ってました!!! radiko、過去1週間の番組をさかのぼって聞ける「タイムフリー聴取」導入へ 
お気に入りの番組をSNSで共有できる「シェアラジオ」も始動。(2016/9/26)

「君の名は。」ヒロイン役の上白石萌音、今夜ラジオで重大発表! 10月にはフリーライブも
ラジオでは「君の名は。」の主題歌、RADWIMPS「なんでもないや」のカバーバージョンを初オンエア。(2016/9/26)

ラジオが変わる! radikoで「タイムフリー聴取」実証実験
radikoと民放連ラジオ委員会は、10月11日からラジオ番組の「タイムフリー聴取機能」の実証実験を開始する。放送後1週間に限り、いつでもラジオ番組をストリーミングで聴取できるという画期的なサービスだ。(2016/9/26)

過去1週間のラジオ番組いつでも聴ける「タイムフリー機能」 radikoで10月11日スタート
radikoで配信しているラジオ番組を、放送終了後から1週間いつでも再生できる「タイムフリー聴取機能」の実証実験が10月11日に始まる。(2016/9/26)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第2回:
「時代後れのメディア」と呼ばれ続けて半世紀、ネット化するラジオのマーケティングシナリオとは?
「古くて新しいメディア」として愛され続けるラジオ。インターネットやスマートフォンによってリスナー獲得のノウハウはどう変わったのか。TBSラジオの編成担当者に話を聞いた。(2016/9/28)

CerevoのIoTラジオ「Hint」に直筆サイン入り声優モデル 野島健児、中村繪里子、田所あずさの声でお知らせ
クラウドファンディングで製品化が決定したCerevoのラジオ受信機「Hint」に、声優の声で動作を知らせる「声優モデル」が追加された。(2016/9/12)

まだ購入できるぞ:
放送とネットをつなげる新しいラジオ「Hint」に「声優モデル」――受注トラブル発生で追加販売へ
Cerevoは、クラウドファンディングを実施しているワイドFM対応ラジオ「Hint」(ヒント)に、動作音を声優の声で再生する「声優モデル」を追加した。(2016/9/12)

JavaScript標準ライブラリの使い方超入門(8):
JavaScriptのFormオブジェクトと各elementsの入力を取得する基本
JavaScriptの標準仕様としてビルトインされている主なオブジェクトの使い方を紹介する連載。今回は、HTMLのユーザー入力要素を扱うFormについて。テキストフィールド、ラジオボタン、チェックボックス、セレクトボックスなどの基本を解説。(2016/11/15)

声優の花江夏樹さん結婚
ラジオ番組で結婚を発表しました。(2016/8/28)

ジョーシス:
芝居やMCもこなす情シス女子 社内の“ITお悩み相談”に奮闘中! 神えりさん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、情シスとして働きながら、芝居やラジオのMCなどをこなしている神えりさん。“2足のわらじ”を楽しんでいる彼女の情シスライフとは?(2016/8/27)

ヘッドフォンで参加できる:
業界初の“3Dラジオ”、J-WAVEが実験オンエア
J-WAVEは、ヤマハが開発した音響技術を使用してラジオ業界初の「3Dインタラクティブラジオ」実験を行う。同局の番組「INNOVATION WORLD」で8月28日の22時から放送予定だ。(2016/8/25)

Google Cast対応:
Phono端子も付いたマルチなネットワークCDレシーバー、パイオニア「NC-50」登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、スピーカーを接続するだけでCDやハイレゾ音源、ネットラジオなど多彩な音源を楽しめるネットワークCDレシーバー「NC-50」を9月中旬に発売する。(2016/8/25)

アニメ監督・山本寛、芸能事務所入りを報告 「今後はラジオや配信、TVなどの番組にも顔を出させてもらえれば」
「もうこうでもしなけりゃ、ヤマカンのイメージは変わりませんよ(笑)」ともコメント。(2016/8/22)

SMAP香取慎吾と草なぎ剛、ラジオ番組で解散に言及 声を絞り出すようにして謝罪
これでメンバー全員のコメントがでそろいました。(2016/8/21)

中居正広さん、ラジオでSMAP解散に言及 リオ五輪に「水を差す時期だった」と謝罪
リオ五輪のキャスターを務めていることもあり、五輪関係者への謝罪コメントもありました。(2016/8/21)

キムタク、ラジオでファンに謝罪 「本当にごめん」
19日放送の「木村拓哉のWhat's UP SMAP!」番組冒頭でメッセージが挿入されました。(2016/8/19)

稲垣吾郎が自身のラジオでSMAP解散に言及し、謝罪 「驚かせてしまって本当に申し訳ございません」
文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」の冒頭でコメントしました。(2016/8/18)

俺の知ってるラジオ体操どこいった! 超チャラいNHK公式「NHKムズムズ体操 第18」がウェイウェイすぎる
撮影現場に潜入してきました。(2016/7/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。