ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットワーク管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!運用・管理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で運用・管理関連の質問をチェック
@IT:連載:ネットワーク運用管理入門
ネットワーク管理製品一覧 − TechTargetジャパン ネットワーク

製造ITニュース:
LPWAベースのIoTプラットフォームを国内外に提供
インターポレーションが、独自に開発した「Interpolation Platform」を日本および海外で提供開始する。LPWAネットワーク管理ツール、データ可視化ツール、複数のクラウドを同時管理できるツールの3つで構成されるIoTプラットフォームだ。(2018/6/20)

IT担当者にとって悪いことではないが……
Extreme Networksなどベンダーの巨額買収が企業のネットワーク管理に及ぼす影響
ネットワークベンダー同士の統合が進んでいる。だが、ネットワークの専門家は、こうした統合による変化が企業のネットワーク管理に及ぼす影響を真剣に考えなければならない。(2018/6/14)

デジタルトランスフォーメーションの広がりに対応
ITインフラへの投資は増加傾向、購入者は急成長するクラウドプロバイダー?
IDCの調査によると、ITインフラ製品への投資額は増加傾向にあり、パブリッククラウドへの支出額は2018年に最高額を更新したという。クラウドへの投資動向とネットワーク管理の技術トレンドについて解説する。(2018/6/14)

従来のネットワーク管理との違いは
ネットワーク管理に機械学習を利用するメリットとは
機械学習をネットワークの分析と監視のツールに関連付けると、ネットワーク管理に必要な労力を減らせる可能性がある。機械学習と他形式の自動分析との違いは何だろうか。(2018/6/6)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】ネットワーク管理に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先でのネットワークに関する製品・サービスの導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/3/29)

まずは自社ネットワーク状況を把握すること
最適なネットワーク監視ツールの選び方
ネットワーク管理者の職務上重要になるのは、ネットワークのパフォーマンス、トラフィック使用量、障害、可用性を監視することだ。その上で、問題に素早く対処しなければならない。(2018/3/7)

回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「ネットワーク運用管理とセキュリティ対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/1/15)

ネットワークはもう業務の基盤:
PR:「触らぬ神に祟りなし」? 社内LANを構築するNIerが、二の足を踏んでしまう重要なポイントとは?
企業における社内LANでは、無線LANへの移行をはじめとした再構築や更改が活発に行われている一方、ネットワーク運用で最も重要な機能に手を加えない提案が行われる事がある。なぜなのだろうか。(2017/11/29)

アイティメディア三木が探る
巨大ネットサービスのネットワークから考える、ネットワーク運用課題の克服
データセンターネットワークの課題解決のために、巨大ネットワークサービスのネットワーク運用から学べることはないのか。アイティメディアの三木 泉が探る。(2017/9/22)

ルネサス RAA462113FYL:
月明かりでもフルカラー撮影、4K対応の800万画素ハイエンドCOMS
ルネサスがネットワーク監視カメラ向け4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」のサンプル出荷を開始した。800万画素を超えるハイエンド製品で、AFやHDRなどの機能を有したモジュールも後日提供する。(2017/9/12)

ホワイトペーパー:
「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法
ITシステムが進化するにつれて、ネットワークは複雑の度を増してきた。無線LANの状況分析は、ネットワークのパフォーマンスを最適化し、問題をリアルタイムで解決できる。そして、ネットワーク管理者は常に新しいトラブルシューティングの知恵を習得しなければならない。(2017/2/15)

不正通信を自動遮断、オリゾンシステムズがシスコ連動の新機能
フローベースでネットワーク監視する「Flowmon」を強化し、不正通信を検知するとシスコ製スイッチと連係して遮断する。(2017/2/1)

SDNで始めるネットワークの運用改善(2):
SDNで物理ネットワークのテストを楽にする方法
ネットワーク運用をSDNによっていかに“楽に”できるかを考える本連載。最終回となる今回は、物理ネットワークにSDNを適用し、テストなどに掛かる負荷を低減する方法について解説します。(2017/1/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
「複雑怪奇」な現代ネットワークを人類が制御する方法
ITシステムが進化するにつれて、ネットワークは複雑さを増してきた。ネットワーク管理者は常に新しいトラブルシューティングの知恵を習得しなければならない。(2016/12/16)

SDNで始めるネットワークの運用改善(1):
SDNの理想と現実――ネットワーク運用でのSDNの現実的な活用法を考える
本連載では、現実的な視点から、従来のネットワーク運用をいかにSDNによって改善できるのかを考えていきます。第1回では、SDNとそれに関連する技術についてあらためて整理します。(2016/11/2)

20年の歴史は「使いやすさ」のために:
PR:ネットワーク管理者の安心を――ジュニパーの独自OS「JUNOS」に込められた思い
ジュニパーネットワークスの製品は、パフォーマンスと自動化が特徴だ。通信キャリアレベルからブランチオフィスまでをカバーし、ケーブルをつなぐだけで高速、安全なネットワーク環境を構築できる。この「セキュアネットワーク」を実現する鍵となるOS、「JUNOS」に込められた思いは、どのように機能化されているのだろうか?(2016/8/29)

機械学習で複雑怪奇なネットワークに立ち向かえ
「ネットワーク監視分析アプライアンス」はネットワーク管理の救世主となるか
規模が巨大になりアクセスユーザーが膨大になると、そのネットワーク管理は人知を超えた次元に突入する。グローバル企業や行政機関では既に現実となったこの問題を解決するニッチな製品を検証する。(2016/8/17)

Maker's Voice:
サイバー攻撃の手がかりはアラート5分前のパケットに――SavviusのCEO
ネットワーク監視機器メーカーSavviusは、ディアイティと共同でサイバー攻撃調査ツールを国内展開する。同社CEOは、「アラート発生時から5分前までのパケットが重要だ」と話す。(2016/6/23)

物理層管理を軽視していませんか?:
PR:「ケーブルの配線品質」で速度が大きく変わる? 40G〜100GBASEの“データ爆発時代”に向けてIT/データセンター管理者に知ってほしいこと
クラウドやIoTなど、IT技術が高度化するにつれ、データ量が爆発的に増大している。そして、それらを支える物理ネットワークの重要性もますます増えている。それには、「規格通りの高品質な情報配線システムが構築」されて、初めて高度なサービスやアプリケーションを稼働させられることを忘れてはならない。そこで重要なのが、配線が適切かどうかを確認する「認証試験」である。なぜ認証試験がデータセンター管理者やネットワーク管理者にとっても、配線事業者にとっても重要なのか。そして、実際にどのような試験が求められているのか、詳しく解説しよう。(2016/6/22)

学歴と資格まで評価対象
「できるネットワーク管理者」になるための条件
ネットワーク管理者の仕事内容や仕事量、責務はどのようになっているのか。ネットワーク管理者は、企業のネットワークインフラを常に問題なく機能させる役割を担う。(2016/6/1)

PR:@IT読者調査で分かった、ネットワーク運用管理者が困っていること
ネットワークの運用管理に携わるITプロフェッショナルを対象とした@IT読者調査で、回答者の59%が作業ミスによりネットワークを停止させてしまった経験があると回答した。こうした経験から、運用担当者の負担がさらに重くなっている実態が明らかになった。(2016/5/30)

OpenViewの名は消えても魂は消えず:
PR:さらば「裏方さん」、ネットワーク管理者が新時代の創造者たる理由
ITインフラを支えるネットワーク管理は地味な存在かもしれないが、歴史をひも解けばITのドラスティックな変化へ対応しながら、その潮流をリードしてきた。ネットワーク管理の代名詞にもなった「OpenView」の26年の歴史を通じて、ネットワーク管理がITの未来を担う理由を解き明かしたい。(2016/5/18)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第3回】
「SDN」編──“ネットワーク管理に向いていない人類”を助けるはずだった
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は、この一連の連載で主役となる「SDN」の登場経緯から派生技術までを解説する。(2016/5/10)

404応答にマルウェアへの命令を隠す攻撃手法を確認、ネットワーク監視で注意を
サイバー攻撃の新たな手口が確認され、警察庁が対策などをアドバイスしている。(2016/3/18)

BYOD、IoT対応も考慮:
Wi-Fi環境の監視を効率化。米アルバが管理ツール群を発表
米アルバがエンタープライズ向け無線ネットワーク管理ツールの新製品群を発表した。Wi-Fi環境の運用管理を効率化する機能が盛り込まれている。(2016/3/15)

Google、Facebook主導のOCPについに参加
Googleが、Facebook主導のデータセンター仕様のオープンソース化プロジェクト「Open Compute Project」(OCP)にプラチナメンバーとして参加した。ハードウェアだけでなく、ネットワーク管理システムなども共有していく計画としている。(2016/3/10)

Open Compute Summit 2016:
米グーグルがOpen Compute Projectに参加すると発表
米グーグルは2016年3月9日(米国時間)、米フェイスブックが主導するOpen Compute Projectに参加すると発表した。まず48Vのラック設計を寄贈し、ディスクやサーバ/ネットワーク管理システムなど、他の部分でも貢献していくという。(2016/3/10)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(3):
CentOS 7のネットワーク管理「NetworkManager」を極める
「CentOS 7」は以前のバージョンからシステム管理に関する部分が大幅に変更されたため、「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回はネットワーク管理の仕組み「NetworkManager」の基礎から運用方法まで分かりやすく解説します。(2016/1/27)

シスコ×ゾーホー エキスパート対談:
PR:Cisco NetFlowが、ネットワーク運用の武器として再び注目される理由
シスコが推進してきたフロー可視化技術のNetFlowが、この2、3年新たな注目を浴びるようになってきたという。それはなぜなのか。シスコシステムズとゾーホーのエンジニアたちが、NetFlowの真髄を語る。(2016/1/25)

OpenDaylightを採用した3階層で構成:
富士通がOpenDaylightを採用したSDN製品を展開
富士通は、通信サービスプロバイダーに向けた広域仮想ネットワーク運用制御・管理ソフトウェア「FUJITSU Network Virtuora NC V03」の販売を開始した。OpenDaylightを採用し、標準的な各種インタフェースに対応する。(2016/1/7)

これもカミオカンデの研究を支える技術の1つ
国内導入事例、最新ネットワーク技術の“タッグ”で障害を“予兆”から防ぐ
国内だけでなく海外研究機関も大きな信頼を寄せている日本の大規模実験施設は、その重要性故に高いレベルの可用性が必須だ。そのために異常を事前に察知できるネットワーク監視が重要な課題となる。(2015/12/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
ログを最大限に生かすシステムと活用法
ほとんどのITシステムは、開発者による動作確認を支援するためにログファイルを生成する。ネットワーク管理者はセキュリティシステム自動化のためにこのデータを利用できる。(2015/10/22)

PR:シスコのルーターが5万円以下から、これは中小企業のネットワークの革命だ
シスコが日本の中小企業向けに、5万円以下からの低価格ルーター「Cisco 841M J」を販売開始した。設定が簡単で、ネットワーク運用やセキュリティーの機能も充実している。この奇跡的なルーターの魅力を探る。(2015/10/21)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第24回 なかなか登場しないネットワーク管理者
レアキャラと言われるプリセールスですが、ITインフラ構築の現場にはもっとレアなキャラがいることがあります。さて、自社インフラの全体を見渡しているのは、誰……でしょう。(2015/8/21)

アイティメディア エグゼクティブエディター 三木が探る:
PR:巨大ネットサービスのネットワークから考える、データセンターネットワーク運用課題の克服
データセンターのネットワークは、課題が山積している。その解決のために、巨大ネットワークサービスのネットワーク運用から学べることはないのか。アイティメディア ITインダストリー事業本部 エグゼクティブエディターの三木泉が探る。(2015/6/1)

テスト/計測:
計測器実習の学習効率を大幅に高めるネット管理ソリューションを発売
テクトロニクスは2015年5月、教育現場での計測器実習の学習効率を高める「計測器ネットワーク管理ソリューション」を発売した。1台のPCから、最大400台の計測器を一元管理できる。(2015/5/12)

若手男性社員は危険? モバイルセキュリティの実体
アルバネットワークスがモバイルセキュリティのリスクに関する調査結果を発表。ハイリスクな従業員は「若年世代」のようだが、その対策を企業はどう考えるべきか。これからのネットワーク管理は、締め付けではなく「リスクを管理する」のがキモだ。(2015/5/11)

ホワイトペーパー:
NEC IXルータやCisco機器と合わせてネットワーク監視を“使える可視化”にする方法
拠点間WAN・社内LANなど、ネットワークを可視化し、ネットワーク障害・遅延原因を素早く検知・究明するツールといえば「フローコレクタ」というのは今や常識だ。従来のネットワーク監視ツールでは実現できなかった“使える可視化”を紹介する。(2015/5/7)

ホワイトペーパー:
構成図で解説:データセンターのネットワーク運用を最適化する40Gbps配線シナリオ
仮想化とクラウドの普及により、データセンターネットワークに求められる帯域幅ニーズは拡大している。既存アーキテクチャの制約に縛られず、仮想環境のネットワーク運用を効率化・簡素化するにはどうすればいいか? 構成図を交えながら最新ソリューションによる解決策を示す。(2015/3/17)

サーバーのように管理する:
ミドクラとCumulus、共通の目標はネットワーク運用の「神話」からの脱却
ミドクラとCumulus Networksは、両社の技術の統合的な利用を可能にすべく、連携を深めている。その狙いを、2社のキーマンに聞いた。(2015/3/3)

読者調査の結果を識者と読み解く
ネットワーク運用、「次世代」を見据えつつ現在の課題をどう解決するか
企業のネットワークを運用する担当者はこれからどのような課題に向き合っていくことになるのか。TechTargetジャパンの読者調査結果を踏まえつつ、ITRのアナリスト 甲元宏明氏と読み解く。(2015/3/3)

キヤノン、ネットワーク監視カメラ最大手のAxisを買収 3300億円
キヤノンがネットワーク監視カメラ世界最大手のAxisを3300億円で買収へ。キヤノンはネットワーク監視カメラ事業を成長の原動力にしたい考え。(2015/2/10)

こうなれば仕事はグッと楽になる
ネットワーク担当者からベンダーへの“お願いリスト” 2015年版
米TechTargetはネットワーク管理者が2015年に期待するITのウィッシュリストを調査した。(2015/1/23)

SDNフラッシュ
SDNを軸にオフィスが変わる アライドテレシスなど5社が連携
SDNを中心に各ソフトウェアベンダーが連携することでセキュリティ強化とネットワーク運用コスト削減を実現するユニークな試みが始まろうとしている。2015年もSDNの動向から目が離せない。(2014/12/19)

ネットワーク管理の基本Tips:
DNSサーバーが正常に動作しているかどうか確認するには? digコマンド
本連載ではネットワーク管理の基本コマンドを解説していきます。普段使うもの以外のオプションの確認やおさらいをしていきましょう。(2014/10/15)

Computer Weekly製品導入ガイド
Juniper、HP、Ciscoは仮想化ネットワーク管理の解決策を持っているか?
変わり続けるネットワークの管理では、できる限り自動化する必要がある。JuniperやHP、Ciscoといったグローバルサプライヤーにその答えを出すことができるのか?(2014/8/27)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(1):
進化を続ける“高機能タスクマネージャー”「Process Explorer」を使いこなせ
本連載では、システム管理やネットワーク管理、トラブル解決に役立つフリーソフト/シェアウェアを紹介します。よく知られたツールを取り上げることもありますが、ちょっとした使い方の具体例を紹介していきます。(2014/7/23)

ネットワーク監視でセキュリティリスクを可視化――HPとプロティビティ
社内ネットワークにおけるユーザー行動を監視してセキュリティ上の不正の可視化や意思決定を支援するサービスを提供する。(2014/6/5)

制御システム技術者のためのセキュリティ基礎講座(6):
制御システムのネットワーク監視「侵入検知システム(IDS)」をどう使うか
制御システム技術者が知っておくべきセキュリティの基礎知識を分かりやすく紹介する本連載。前回、前々回と具体的な防御手段を紹介してきたが、今回は「侵入検知システム(IDS)の活用」について紹介する。(2014/5/20)

iPhoneもPCもまとめて管理へ
いずれ消え行く「モバイル管理製品」、ネットワーク管理に統合の“必然”
モバイル端末とネットワークとで管理チームが違うからといって、管理ツールまで別個に用意する必要性はあるのだろうか。ベンダーは、製品開発やM&Aなどで、双方の管理機能を統合させつつある。(2014/3/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。