ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Exadata」最新記事一覧

一次サポートの対象をEngineered Systems 5製品に拡大:
PR:Oracle Exadata国内販売数No.1のNECが次に向かう先は? オラクルとの協業強化で企業のデータ活用をさらに加速
「Oracle Exadata」の国内NO.1販売数を誇るNECが、一次サポートの対象をEngineered Systems 5製品に拡大した。独自の技術/ノウハウも加えてEngineered Systemsの活用を強力に支援する同社は今後、企業のデータ活用をどのように加速しようとしているのだろうか? [プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/12/5)

さまざまな選択肢を提供できるように:
PR:SPARCの新製品が続々リリース! クラウドでも利用できるって本当ですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からコンバージドインフラストラクチャのシニアバイスプレジデントを務めるジム・ガーガンが来日したので、Oracle OpenWorld 2016でさまざまな発表が行われた中で、オラクルはどのようなインフラストラクチャ戦略を採り、SPARC/SolarisやOracle Cloudをどのように進化させていくのかを聞いてきました。(2016/12/2)

Oracle、DB2、Hadoopなどの動作状況をまとめて可視化:
インサイトテクノロジー、データ分析基盤の統合管理ツール「Attunity Visibility」をリリース
インサイトテクノロジーが、データ基盤の統合監視ツール「Attunity Visibility」をリリース。Oracle Database、DB2、Hadoopなど、各種データベース/データウェアハウス/データ分析基盤のデータ使用量、負荷、アクセス頻度などを統合管理できる。(2016/11/11)

ミズノ、基幹業務システムの刷新で最新データベースマシンを採用へ
グローバルビジネスの拡大と国内事業基盤の強化のため、オラクルの統合型データベースシステムによるIT基盤を構築する。(2016/11/1)

Oracle Database 12c R2もクラウドで提供:
オラクル、Exadataを月額2万1000円から使える「Oracle Exadata Express Cloud Service」を発表
日本オラクルは、Exadataを月額2万1000円から使える「Oracle Exadata Express Cloud Service」を発表。併せて、Oracle Exadata Express Cloud Service上で最新のデータベース管理システム「Oracle Database 12c Release 2」を提供する。(2016/10/26)

オンプレミスのクラウドサービスも登場し、全ての利用形態に対応:
PR:国内大手6社が総力を挙げた活用加速を約束。パートナーエコシステムの拡充で、より安心して使えるDB基盤へと進化したOracle Exadata──Oracle Database Enterprise Cloud Infrastructure Summitレポート
国内主要SIer 6社がOracle Exadata活用の全面バックアップを強く宣言した。パブリッククラウドに加えてオンプレミス環境上のクラウドサービスも登場し、企業のあらゆる利用形態に対応。データベースに関して企業が抱える全ての課題を解決するシステム基盤として、Oracle Exadataはさらに進化した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/10/24)

NEC、ANAの国際線予約システムと社内システムの連携基盤を構築
ANAは、クラウド型国際線旅客システム「Altea」と同社の社内システムとをつなぐ「大規模データ連携基盤(CAP2)」を構築した。(2016/10/3)

スペシャリストが語る、大規模導入プロジェクトの裏側:
PR:Oracle Exadataの導入価値を最大化するNTTデータの取り組み
「Oracle Exadata」の高い性能や可用性といった利点は、システムの要件に応じた的確な作り込みによって最大化される。導入を手掛けるシステムインテグレーターらは、どのような工夫によってそれを実現しているのか。NTTデータが手掛けた大規模プロジェクトのケースを紹介しよう。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/10/20)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
ハード屋とソフト屋が一緒に作るとシステムはどうなるか?
Oracle OpenWorld 2016最後の基調講演は、クラウドへの移行手段とハードウェア製品の施策が披露された。中でもOracleがこだわったのは、ハードウェアとソフトウェアを一緒に開発することによる効果だという。(2016/9/23)

Oracle DB最新版はまずDBaaSとして登場:
オラクルのエリソン会長、「Oracle Database」最新版や多数のクラウドイノベーションを発表
米オラクルのラリー・エリソン氏は「Oracle OpenWorld 2016」の開幕基調講演を行い、同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム全般にわたる多くのイノベーションを披露した。(2016/9/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。