ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音姫」最新記事一覧

意外と予約数はピンチ:
話題の「麺をすする音」打ち消すフォーク 日清食品が語る、その狙い
日清食品が10月末に発表した、麺をすする音をカムフラージュするフォーク「音彦」。麺をすする音が外国人を不快にする「ヌードルハラスメント(ヌーハラ)」を解消できるというコンセプトが話題を呼んだ。日清食品に開発の経緯を聞いた。(2017/11/15)

寄り道テック:
おいしく麺をすすろう! 日清食品が開発した「音彦 -OTOHIKO-」
日清食品が“麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク”を開発。これがあれば、他者に気を使って麺をすする必要なし。今まで麺をすすったことがない人にも新しい体験を提供できるという。(2017/10/23)

麺用フォークが斜め上の進化 「すする音をカモフラージュするフォーク」日清食品から誕生
その発想はなかった。(2017/10/23)

音楽が流れる:
日清食品、「麺をすする音」打ち消すフォーク発売へ 「ヌーハラ」対策
日清食品が、麺類をすする音をカムフラージュする機能を持つフォーク「音彦」の予約受け付けをスタートした。「ヌードルハラスメント」の解消が目的という。(2017/10/23)

世界最大のカメレオンかな? 渡辺直美が特大ブランケットにしか見えない擬態写真が話題に
この布団顔があるぞ!(2017/7/10)

「ブオオォォーーッ!!! ブオオォォーーッ!!!」 トイレの音を消す“音姫”ならぬ“音将軍”が「今この中で踏ん張ってます」と言わんばかりの男らしさ
脱糞という名の戦の始まりを高らかに宣言。(2017/5/18)

次世代オフィス探訪記:
まるで高級ホテル? 「モンスト」好調のミクシィ社屋をのぞいてみた
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第3回は「モンスターストライク」が絶好調なミクシィのオフィスを紹介します。(2015/4/17)

これはビデェ! 技術の無駄遣いで水洗化した洋式便所プラモデルが、うちのトイレよりおもてなし度高い件
センサーにより便座が自動開閉。温水洗浄便座も完備。音姫も再現。(2014/4/4)

日本に住む外国人女性に聞く、日本に来てびっくりしたモノは?
日本に来てびっくりしたモノは何ですか? 日本に住む外国人女性に聞いたところ……。エクスペディア調べ。(2013/11/26)

ゼクシィ次回号に明和電機の「エチケットすぎる♪音嫁」付録 “音姫”じゃないよ“音嫁”だよ
結婚してもエチケット大事。(2013/10/29)

D89クリップ(44):
おばかの“合コン”「ばかコン」、Ruby使いの女子大生モデル・池澤あやかさんも参加
エンジニアや学生のグループに加え、Ruby使いの女子大生モデルとして話題の池澤あやかさんがプレゼン。その後の懇親会“合コン”で参加者同士が交流し、新たな“おばかコラボ”が生まれた(2012/5/31)

iPhoneで録音/再生ができる効果音再生iPhoneアプリ「SoundEF」
アイフリークが、iPhoneのみで録音・再生が可能な効果音再生アプリ「SoundEF/SEPlayer」の配信を開始した。(2010/10/6)

おばかアプリ図鑑:
おばかアプリ選手権出場アプリ一覧
2009年から地道に回数を増やしているおばかアプリ選手権。各回のチャレンジャーの数も増えてきました。おばかな勇士アプリをiPhone、Android、そのほかで分類し紹介します。(2010/3/28)

ミッキー、キティ、ガチャピン――トイレ時の気になる音を消す「エコヒメ」にキャラクターバージョン
ラナは、携帯型洗浄擬音機「eco Hime(エコヒメ)」の新製品としてキャラクターバージョンを発売する。新たにブザー音が流れるボタンも備えた。(2009/11/16)

携帯できる「音姫」、ついに登場
タカラトミーアーツから洗浄音擬音装置「音姫」の携帯版「ケータイ音姫」が登場する。タカラトミーがTOTOの技術協力を元に開発した。(2009/9/10)

帰ってきた「ギガプリン」から最新「エコヒメ」まで、ギフト・ショーが開幕
国内最大のパーソナルギフトと生活雑貨の見本市「第68回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2009」が開幕した。今回は東展示棟のIT・エンターテイメントグッズコーナーを中心にリポート。(2009/9/9)

トイレでの“音”を消したい……携帯用の擬音機は魅力的?
(2009/9/4)

Biz.ID Weekly Top10:
世界が驚くお姫さま
日本の女子には「音姫は常識」らしいが、外国人女性にとってはどうだろう。「トイレの音? いいじゃんそんなの。聞かれて何か困るの?」なんて堂々と言いそうな気がするのだが。(2009/8/4)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
トイレとウォシュレットはどのように変化してきたのか?
1日当たり5回ほど“お世話”になっているトイレ――。しかし「トイレのことはあまり知らない」という人も多いのではないだろうか。そこでTOTOのウォシュレット開発担当者に、商品の開発秘話などを聞いた。(2009/8/1)

男子の知らない女子の世界:
音姫がないなんてありえない! 女子トイレのヒミツ
男性が知らない世界はまだまだ存在する。例えば女子トイレ。女子のトイレ事情は非常に奥深いのである。女性にとってエチケットは重要なのです。(2009/7/30)

東京おもちゃショー2009:
おもちゃショーで見つけた、ちょっとアレげな玩具たち
約3万6000点におよぶ「東京おもちゃショー2009」の展示品の中には、いろいろとアレげなものも混じっている。お食事中の方はご遠慮ください。(2009/7/20)

恥ずかしがり屋の乙女も安心 トイレの流水音再生する携帯型「エコオトメ」
トイレで用を足す際の音を隠せる携帯型の疑似流水音発生装置「エコオトメ」を、エポック社が発売する。(2009/7/17)

ふぉーんなハナシ:
eco Hime、音くん──けっこう需要があるらしい“アノ音”
最近、携帯電話本体やストラップでトイレの流水音を出す「擬音装置」の代わりになるものをよく見かけるようになった。以前から、女性用トイレを中心に設置されているこの擬音装置、存在は知っていたものの、それ単体でも商品になるくらい需要があるものだとは思っていなかった。(2009/7/13)

トイレで音を消す理由……年代によって違い
(2009/5/13)

3人に1人は公衆便所でイタズラ……どんなことをしましたか?
外出先のトイレでトイレットペーパーを持ち出したことはありますか? クリーンネットサービスの調査によると、12%の人は「持ち出したことがある」と回答。中には「宿泊施設にトイレットペーパーがなかったから、仕方なく……」という人も。(2009/4/23)

D89クリップ(7):
第1回おばかアプリ選手権はこうして行われた
3月6日にお台場の東京カルチャーカルチャーで「デザインハック・ミーティングVol.1 おばかアプリ選手権」が開催された。イベントの模様と披露されたおばかアプリをダイジェストで紹介する(2009/3/19)

お店などのトイレに、付いていてほしい機能は?
(2009/1/29)

それゆけ! カナモリさん:
まるで書斎のようなトイレ、こだわりは「音」と「色」
INAXから発売された「REGIO(レジオ)」というトイレは、もはや便器と呼ぶのすら“はばかられる”。この究極に進化したトイレ――どんな人が購入するのだろうか? 「ターゲット」と「ポジショニング」の視点から分析してみた。(2008/5/20)

トイレでの「あの音」をカモフラージュする着うた
トイレの個室で、大きな音をたてるのははばかられる……。そんな悩みを解決するとうたう着うたが登場した。(2005/8/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。