ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パンドラサーガ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パンドラサーガ」に関する情報が集まったページです。

ロッソインデックス「RAN ONLINE」サービス終了
開発会社との契約期間満了に伴い、10月15日にサービスを終了することになった。(2011/8/30)

電力不足に伴いオンラインゲームのサービスを一時停止する処置相次ぐ
KONAMI「メタルギアオンライン」や、スクウェア・エニックスの「FFXI」「FFXIV」が暫定的にサービス停止を発表。他オンラインゲームにも同様の動きがみられる【随時追加】。(2011/3/14)

オンラインゲーム最新イベント情報:
まだ間に合うクリスマス対策
クリスマスイベントが終わるとたぶん(いや、きっと)正月イベントです。(2009/12/22)

「パンドラサーガ」に「セイカヴァリエ攻城戦」実装
(2009/8/27)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ワッショイ
夏祭りの季節です。(2009/8/6)

雨乞いしてます――「パンドラサーガ」
(2009/6/19)

AQインタラクティブ、「ウェブカレ」のリンクシンクを子会社化
AQインタラクティブは、女性向けSNS「ウェブカレ」を運営するリンクシンクの株式の66.8%を取得し、子会社化した。(2009/4/17)

オンラインゲーム最新イベント情報:
K号作戦決行?
いよいよ明日に迫ったホワイトデー。「K子のホワイトデー作戦」なるものが開催される。K子……? とても人ごととは思えない。(2009/3/13)

AQインタラクティブとヘッドロックが資本・業務提携
AQインタラクティブとヘッドロックが資本・業務提携。オンラインゲームを共同開発する。(2009/3/13)

新戦争「ジークヘイム攻防戦」を実装――「パンドラサーガ」
(2009/3/5)

新戦争マップの公開テストを実施――「パンドラサーガ」
(2009/2/13)

新マップは地下遺跡――「パンドラサーガ」
(2009/2/6)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゲーム内で婚活支援?
結婚式を挙げたカップルには指輪をプレゼント。(2009/2/4)

オンラインゲーム最新イベント情報:
強敵、難敵がそろうクリスマス
派手にクリスマスお祝いしましょう。(2008/12/12)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ペアルックを狙ってみる
プレゼントした品が翌日自分にも届きます。(2008/12/11)

オンラインゲーム最新イベント情報:
先輩ハンターから学べ
ハンターランクを越えたイベントを開催。(2008/12/10)

「パンドラサーガ」3次職スキル追加――バランス調整で公開テストを実施
(2008/12/9)

オンラインゲーム最新イベント情報:
エキストラ募集中
ゲーム内公開撮影会が行われます。(2008/10/24)

オンラインゲーム最新イベント情報:
通常の6倍の時間をかけたイベント
2日間限定で国戦が拡大されます。(2008/8/22)

オンラインゲーム最新イベント情報:
“宝くじ”を手に入れたい
明日はサマージャンボ宝くじ販売最終日。しかしゲーム内でも宝くじが手に入ります。(2008/7/31)

「パンドラサーガ」R40キャンペーン開始
(2008/7/10)

演習の「ボーナスチケット」実装――「パンドラサーガ」
(2008/6/12)

「パンドラサーガ」、「名誉ポイント」のランキングを公開
(2008/6/5)

「パンドラサーガ」演習のランダムマッチング機能を実装
(2008/5/22)

キャンペーンやイベントを実施――パンドラサーガの「GW(GOLDEN WARS)」
(2008/4/30)

「パンドラサーガ」ネットカフェ限定キャンペーンを実施
(2008/4/17)

「パンドラサーガ」、4月12日より戦争イベントを開始。記念キャンペーンもスタート
(2008/4/11)

「パンドラサーガ」4月3日に戦争機能テストを開始
(2008/3/31)

「パンドラサーガ」に新種族が登場
(2008/3/6)

「パンドラサーガ」、本日正式サービスへ移行
(2008/2/21)

「パンドラサーガ」オープンβテスト開始――キャンペーンも実施
(2008/2/8)

「パンドラサーガ」、クローズドβ〜バランステスト編その2〜の日程が決定
(2008/1/11)

「パンドラサーガ」バランステストを実施――12月14日より参加者募集
(2007/12/7)

「パンドラサーガ」クローズドβテスターの募集を11月8日から開始
(2007/11/2)

GDH、独自開発MMORPGを海外展開
(2007/8/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。