ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ピクミン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ピクミン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「FF7」「サクラ大戦」「グンペイ」何歳のときプレイしたか覚えてる? 時の流れを感じてしまう“ゲームの発売年”
ポリゴンが超リアルに見えた不思議。(2018/12/7)

無数の人間たちが整然と歩き、落ち、戦い、潰される…… 謎のゲーム「HUMANITY」の動画が衝撃的
ずっと見ていられるやつ。(2017/12/7)

ダウンロードやスマホも成長:
任天堂、Switch好調も 通期予想は据え置き
任天堂が2017年4〜6月期の連結決算を発表。売上高は前年同期比約2.5倍の1540億円と大幅に拡大。新型ゲーム機「Nintendo Switch」がけん引した。(2017/7/26)

ユニクロが任天堂のキャラを使ったTシャツデザインを募集開始! マリオ、ゼルダ、ポケモンなどが対象に
これは期待。(2016/7/1)

あなたの描いたマリオを「UT」に 「任天堂」テーマのTシャツデザイン公募 宮本氏サイン入り「NX」進呈も
ユニクロのTシャツ「UT」のデザインを世界から公募する「UT GRAND PRIX 2017」。今年のテーマは任天堂だ。(2016/7/1)

任天堂が映画事業参入へ 「マリオ」や「ゼルダ」の映画化なるか
広報「映像制作への参入は事実」。(2016/5/16)

Weekly Access Top10:
スプラトゥーン「シオカラーズ」が新曲発表 “本物のアイドル”になれるか?
任天堂のゲーム「スプラトゥーン」に登場するアイドルユニット「シオカラーズ」が、「ニコニコ超会議2016」で2度目のライブを開催。ソロの新曲を発表し、話題を呼んだ。(2016/5/2)

サーモグラフィと流体解析で検証&町工場訪問:
ヒートシンクで超暑がりなおじさん記者の熱対策してみた
寒さにはめっぽう強いけど、暑さには非常に弱いおじさん記者の熱対策をヒートシンクでしてみました。強制空冷は何だかかわいそうなのでやめておきました。暑がりの熱対策のポイントは足でした。(2015/7/16)

任天堂がamiiboの新作を発表! ヨッシーの編みぐるみがamiiboに!?
カード型のamiiboも出るよ!(2015/4/2)

創刊200号の『CGWORLD』、電子版をNewsstandで配信
現在のところ取り扱いはAppleの「Newsstand」のみだが、そのほかの配信も検討しているという。(2015/3/18)

公式二次創作の時代へ ニコニコ動画で利用できる任天堂タイトルが発表 
もはやグレーではない!(2014/12/1)

任天堂、ニコ動“公式2次創作”全面解禁 奨励金対象は「マリオ」「ゼルダ」など250タイトル超
任天堂がユーザーの2次創作を公式に許可する「クリエイター奨励プログラム」の対象タイトルを発表した。過去に投稿した動画もさかのぼって許諾を申請することができる。(2014/12/1)

【速報】ニコニコ動画でついに任天堂タイトルの投稿“公認”へ 対応タイトルは「マリオ」「ゼルダ」「ピクミン」など250本以上
任天堂ゲームの実況が捗る!(2014/11/17)

ちっちゃくてかわいい! 「ピクミンたちをミニチュアで作ってみた」にほんわか癒される
いろんな命が生きているこの星で。(2014/11/16)

「ピクミン ショートムービー」、3DSとWii U向けに配信
ニンテンドーeショップで販売中。(2014/11/6)

芸術の秋は映画を観よう! この秋行きたい東京の映画祭5選
映画を観ると、いいこと尽くしなのだ。(2014/9/30)

“スーパーマリオの父”宮本茂さんの短編アニメ「ピクミン ショートムービー」 東京国際映画祭で上映
ドワンゴ代表取締役会長・川上量生さんとの対談イベントも。(2014/9/16)

「そう簡単に黒字にはさせません」 「ニコニコ超会議3」、横綱ら力士250人「大相撲超会議場所」も
“「ニコニコ動画」を地上に再現する”イベント「ニコニコ超会議3」は4月末に開催。発表された企画第1弾には現役力士による「大相撲超会議場所」や台湾ユーザーとのリアルタイム交流などが登場。(2014/1/10)

「ニコニコ超会議3」"超"特別協賛企業は今年も任天堂 発表会には宮本茂さんも
今年もやっぱり任天堂! 宮本茂さんの登場にニコファーレが大盛り上がり! ほかにもauやファミリーマートなどの協賛が決定。(2014/1/9)

艦娘に連装砲ちゃん 懐かしの「立つんだ! 湯川専務!」も 東京ゲームショウコスプレリポート
人気の「艦これ」「進撃の巨人」に話題の「パシフィック・リム」など、ゲームショウのコスプレをお届けします。(2013/9/23)

任天堂「Wii U」、4〜6月は世界16万台にとどまる
4〜6月期のWii Uの販売数は世界16万台にとどまった。通期の販売数予想は900万台としているが、その2%にも届いていない。(2013/7/31)

任天堂、6月26日に「ピクミン3ダイレクト」をネット放送 ゲストは松本人志さん
ピクミン好きを公言する松本人志さんがゲスト。宮本茂さんも出演する。(2013/6/25)

激おこぷんぷん丸:
風もないのにプンプンしている謎の葉っぱ どういうことなの……
大地は私たちに何かを伝えようとしている……。(2013/4/20)

名作の続編「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」、3DSで14年初頭発売
名作の続編「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」が3DSで14年初頭に登場。立体視を生かした謎解きが楽しめるという。(2013/4/18)

Wiiからのデーター移行は必要? Wii Uで一番面倒なWiiからのデーター移行【デジ通】
WiiからWii Uへのデータの引っ越しは初期設定以上に時間がかかるかもしれない。(2012/12/12)

E3 2012総括(後編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。後編ではソニー、任天堂のカンファレンスと、E3 2012全体のまとめをしてみた。(2012/6/27)

アンケート結果:
E3カンファレンス、ユーザー評価は任天堂が圧勝
事前の期待ではSCEがトップでしたが、終わってみれば……。(2012/6/8)

「Wii U GamePad」は約500グラム 任天堂、公式スペックをアップデート
任天堂がWii Uの公式スペックを更新。GPUはRadeonベースで、コントローラ「Wii U GamePad」の重さは約500グラムという。(2012/6/6)

E3 2012:
【速報】任天堂、Wii U向けに「ピクミン」「マリオ」「Wii Fit」最新作を発表
「ピクミン3」は宮本茂氏自らが発表。ゲームキューブ以来久々の登場となる。(2012/6/6)

“よくできたゲーム”と“面白いゲーム”の違いとは?――マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(前編)
マリオシリーズや『Wii Fit』などで世界的な支持を獲得している任天堂の宮本茂氏。ゲームデザイナーとしての30年間の業績が評価され、第13回文化庁メディア芸術祭では功労賞が贈られた。受賞者シンポジウムでは、エンターテインメント部門主査の河津秋敏氏が聞き役となり、宮本氏が自身のゲーム設計哲学を語った。(2010/2/10)

PS3販売急伸 「無双OROCHI Z」「バイオハザード5」などヒットで
「無双OROCHI Z」「バイオハザード 5」「龍が如く3」など新作ソフトがヒットし、PS3の販売台数が急伸している。(2009/3/23)

週間ソフト販売ランキング:
選ぶのも大変
96人のプレイアブルキャラクターを用意する、人気シリーズ最新作が1位を獲得した。(2009/3/19)

今度は5種類のピクミンと冒険――Wiiであそぶ ピクミン2
「Wiiであそぶセレクション」第5弾として「ピクミン2」が登場。今回は5種類のピクミンとお宝探しの冒険へ出る。(2009/3/3)

Wiiリモコンでスマッシュ!!――「Wiiであそぶ マリオテニスGC」登場
「Wiiであそぶセレクション」第3弾として「マリオテニスGC」が登場。ラケットのようにWiiリモコンを振って、テニスを体感することができる。(2009/1/7)

プレイアブル出展の「ドラゴンクエストIX」に長蛇の列――「ジャンプフェスタ2009」
12月20日と21日の2日間に渡り開催された集英社主催の「ジャンプフェスタ2009」。多くのゲームメーカーもブース出展していた同イベントの模様をお届けする。(2008/12/22)

Wiiリモコンで「ピクミン」を操作――「Wiiであそぶセレクション」第2弾
「Wiiであそぶセレクション」シリーズ第2弾として「ピクミン」が登場。ピクミンの能力を借りて惑星を脱出せよ!!(2008/12/15)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――Wii編(その2)
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、Wiiの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。こちらは任天堂タイトルを中心にまとめてみた。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
注目のWiiタイトルをプレイしてきました――ソフト体験会リポート
「任天堂カンファレンス 2008.秋」では、恒例の体験会コーナーが開かれた。ニンテンドーDSiを体験できるエリアも大盛況だったが、WiiやDSの新作ソフトの体験コーナーもタイトルによっては30分待ちになるなど、活況を見せていた。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

日々是遊戯:
「スーパーマリオ」から「メタルギア」まで――第1回「CEDEC AWARDS」ノミネート作品を一挙紹介
今年から「CEDEC」に導入された要素のひとつに、ゲーム開発者の視点から優れたゲーム開発技術を表彰する「CEDEC AWARDS」というものがある。今年は記念すべき第1回開催ということで、新旧の人気タイトルが一堂に集結。果たしてこの中から、各部門賞に輝くのは!?(2008/9/10)

E3を総括――存在意義を問う:
「E3 2008」これだけ読めば大丈夫?(後編)
現地時間の7月15日〜17日の期間、北米ロサンゼルスで「E3 Media and Business Summit」が催された。後編では、サードパーティのカンファレンスやE3全体について。(2008/7/25)

「CEDEC AWARDS」のノミネートが発表に――本日より投票受付開始
(2008/7/23)

「ピクミン」も作っています――任天堂ラウンドテーブルで語られたこと
「面白いものができたと思えたら発表します」――宮本氏が面白いと思えたから発売される「Wii Music」をはじめ、3つのタイトルを紹介する任天堂のラウンドテーブルがロサンゼルスで行われた。(2008/7/18)

GDC 2007:
宮本茂氏、大いに喝采をあびる――2007 Game Developers Choice Award発表
GDC恒例のGame Developers Choice Award授賞式が今年も開催され、任天堂の宮本茂氏がLifetime Achievement Awardを受賞。また大賞(Best Game Award)にはマイクロソフトの「Gears of War」が選ばれた。(2007/3/8)

「Wii Preview」:
Wiiのある新しい生活を提案――任天堂「Wii Preview」
速報のとおり本日9月14日、任天堂は千葉県・幕張メッセでメディア向けのWii発表会を行い、発売日と価格を発表。Wiiにおけるサービスについてを岩田氏が、ソフトラインアップについて宮本氏が語った。(2006/9/14)

おいでよ原宿の街――「おいでよ どうぶつの森 ミュージアム」本日オープン
ラップネットが主催する「おいでよ どうぶつの森」の世界をリアルベースで体感するイベントが本日から東京都渋谷区のLAPNET SHIPで開催されている。ちょっとのぞいてみた。(2006/5/23)

「おいでよ どうぶつの森 ミュージアム」を原宿で開催
ラップネットは、ニンテンドーDS用ソフト「おいでよ どうぶつの森」の世界をリアルベースで体感するイベントを、5月23日(火)〜6月4日(日)の期間中、東京都渋谷区のLAPNET SHIPで開催する。(2006/5/18)

E3 2006「Nintendo RoundTable」:
Wiiのこと、これからのこと、みんなの疑問――宮本氏大いに語る
E3 2006が開催されているロサンゼルス・コンベンションセンター内で、任天堂の宮本茂氏を囲む合同取材会「Nintendo RoundTable」が開催された。席上宮本氏は、Wiiを作った目的について、そして発表された新しい「スマッシュブラザーズ」について語った。(2006/5/11)

「大玉」レビュー:
ロジックでもテクニックでもない、“声”が決め手のピンボール
戦国時代が舞台のピンボールとは、また奇矯な……。でも、大玉がただ奇をてらっただけのゲームでないことは、プレイするうちに少しずつ分かる。玉を自在に操るテクニックや、兵を優位に進軍させる戦術も必要だが、最後の最後は“声”が勝敗を分けるところが斬新に思える。(2006/4/27)

Touch!Try!DSに「ポケモンレンジャー」体験版が登場
(2006/2/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。