ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Power Smash」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Power Smash」に関する情報が集まったページです。

「行きたすぎる」「天国やんか」 箕面温泉スパーガーデンの「無料ゲームセンター」はなぜ生まれたのか【タイトル一覧あり】
サムライスピリッツ・熱血高校ドッジボール部・アルカノイドなどの名作筐体がそろっています。(2018/2/6)

セガの歴代全ハードのゲームがスマホに集まる!? 「SEGA Forever」、海外で始動
既に海外では「ソニック」や「ファンタシースターII」など5タイトルが配信中。日本でもお願いします!(2017/6/22)

秋の読者プレゼント開催:
PS Vitaや3D対応メガネ型ディスプレイなど豪華賞品を大放出!
読者の皆さまへ日頃の感謝の気持ちを込めて「ねとらぼ」「ITmedia ガジェット」合同プレゼントキャンペーンを実施します。「PlayStation Vita」や3D対応メガネ型ディスプレイ「cinemizer plus」、モバイルプロジェクター「SHOWWX+ Laser Pico Projector」など、豪華賞品を用意しました。奮ってご応募ください。(2011/11/9)

秋の読者プレゼント開催:
PS Vitaや3D対応メガネ型ディスプレイなど豪華賞品を大放出!
読者の皆さまへ日頃の感謝の気持ちを込めて「ITmedia ガジェット」「ねとらぼ」合同プレゼントキャンペーンを実施します。「PlayStation Vita」や3D対応メガネ型ディスプレイ「cinemizer plus」、モバイルプロジェクター「SHOWWX+ Laser Pico Projector」など、豪華賞品を用意しました。奮ってご応募ください。(2011/11/9)

TGS2011:
史上もっともにぎわった東京ゲームショウ2011、過去最高の22万2668人を記録
単独日での来場者数記録も更新。東京ゲームショウ2012は、2012年9月20日〜23日に再び幕張メッセで開催されることが決定した。(2011/9/18)

TGS2011:
【PS Vita体験リポート】ボタンでもタッチでもスマッシュ! 「パワースマッシュ4」
PS Vitaでもテニスがしたい! 「パワースマッシュ4」でスマッシュ!(2011/9/16)

SCEJ Press Conference:
クリエイターへの挑戦状でありSCEとしての決意 PlayStation Vita、ローンチ26タイトル
日本国内において12月17日に発売されると発表されたPS Vita。同日には26タイトルものソフトウェアが提供される。NTTドコモによるプリペイドデータプランなど、何が発表されたのか。(2011/9/14)

「パワースマッシュ4」は本体と同日発売――セガ、PlayStation Vita向け2タイトルを発表
セガは、本日発売日が明らかとなったPlayStation Vita向けに、テニスゲーム「パワースマッシュ4」とアクションパズルゲーム「スーパーモンキーボール(仮称)」を発表。「パワースマッシュ4」はPlayStation Vita本体発売と同日の12月17日に発売される。(2011/9/14)

週間ゲームソフト販売ランキング:
下半期は上向きますように!
上半期が不調に終わった2011年のゲーム市場。今日は七夕。短冊へのお願いごとは「ゲーム市場が盛りあがりますように」です。(2011/7/7)

セガ、PS Vitaローンチタイトルに「パワースマッシュ4」
セガはPS Vita向けに「パワースマッシュ4」を本体と同時発売すると発表した。他4タイトルも開発中とのこと。(2011/6/7)

「パワースマッシュ4」Xbox 360版も発売決定
本格派テニスゲームの最新作「パワースマッシュ4」が、PS3だけでなくXbox 360版でも発売されることが決定。もちろんKinectにも対応する。(2011/2/24)

新機能体験ゾーンからコスプレコンテストまで――「TGS2010」出展ブース最新情報
今日発表されたのは、SCE、カプコン、コーエーテクモの3社。SCEブースには50タイトル以上の試遊ゾーンが、カプコンブースには5タイトルの出展のほか関連グッズ販売も。コーエーテクモはコスプレイヤーに人気の「真・三國無双」コスプレコンテストを9月19日に開催する。(2010/9/2)

PS3「Power Smash 4」発売決定――PlayStation Moveにも対応
シリーズ10周年記念のシリーズ最新作PS3「Power Smash 4」は、PlayStation Move対応で、より直感的なプレイが可能に。(2010/8/26)

進化を続けるWオープンスタイル:
PR:“フラットWオープン”を実現したVIERAケータイ「941P」 ヨコオープンスタイルの魅力
パナソニック モバイルコミュニケーションズがソフトバンクモバイル向けに供給するVIERAケータイの最新モデル「941P」は、これまでのWオープンスタイルのよさを引き継ぎつつ、大きな進化を遂げたモデルだ。(2010/2/23)

東京ゲームショウ2009:
「FFIV」や「ガンダム」「ときメモ」の新作など20作以上を試遊――ドコモブース
ドコモブースでは25タイトルのゲームが展示されており、来場者が自由に試遊できる。「ファミスタワイヤレス」や「機動戦士ガンダムオンラインアドバンス」「TETRIS LEAGUE」などのオンラインゲームは、説明員と対戦することも可能だ。(2009/9/25)

ドコモ、「東京ゲームショウ2009」に出展――ドラクエIIIなど展示
ドコモが9月24日〜27日に開催される「東京ゲームショウ」に出展する。「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」や「機動戦士ガンダムオンラインアドバンス」など25タイトルの試遊台を設置するほか、115タイトルの体験版を無料ダウンロードできるコーナーも用意する。(2009/9/17)

2009年春モデル:
ソフトバンクモバイル、2009年春モデル9機種発表──新サイクロイドAQUOS、VIERA、EXILIM、ダブルワンセグ……キティケータイも
ソフトバンクモバイルが2009年春モデルを発表。新サイクロイド機構+8M CCDカメラを採用した“全部入り”AQUOSケータイやカシオ計算機のEXILIMケータイ、キー表示が変化するVIERAケータイ、NECの薄型スライド、ハローキティ35周年記念モデルなど計9機種を用意する。1月30日から順次発売。【発表会と新機種動画、スペック表追加】(2009/1/29)

KDDI、グラフィックの強化と最大容量を拡大したKCP+端末向けアプリ「Full Game!」
(2008/2/25)

写真で解説する「W56T」「W54S」(ソフトウェア編)
KCP+、Rev.A、ワンセグ、有機EL、Bluetooth、大容量内蔵メモリ、音楽連携──。auのハイエンドモデル「W56T」および「W54S」はKCP+の採用で何ができるのか、どれだけ便利になるのか。「au one ガジェット」などの新機能を中心にソフトウェア面をチェックする。(2008/1/16)

ITmedia +D Gamesアクセスランキングから2007年を振り返る:
じりじりと次世代機が幅をきかせ出した2007年
今年も残り少なくなりました。学生の方々は冬休みを満喫していますか? 社会人の方は冬のボーナスの使い道は決まりましたか? 恒例のアクセスランキングから、最後に1年を振り返ってみたいと思います。(2007/12/26)

KDDI、「メタルギアソリッド モバイル」など19タイトルをau向けに配信
KDDIは9月10日、au携帯向けにコナミデジタルエンタテインメントの人気タイトル「メタルギアソリッド モバイル」をはじめとする19タイトルを、順次提供すると発表した。東京ゲームショウ2007にも出展し、試遊コーナーを用意する。(2007/9/10)

「Power Smash 3」レビュー:
会場の熱気や選手の気迫さえもリアルに感じ取れる次世代のテニスゲーム
セガの本格派テニスゲーム「パワースマッシュ」のシリーズ最新作が、プレイステーション3で登場。照りつける太陽のまぶしさ、観衆の拍手と感嘆の声、そして選手の気迫さえ感じさせるほどのリアルさに、思わず息をのむ。(2007/4/6)

「Power Smash 3」予約キャンペーン実施――「Power Smash 3 OFFICIAL CHARACTER BOOK」プレゼント
(2007/1/25)

「Power Smash 3」の発売日が決定
(2006/12/22)

「Power Smash 3」は6軸検出システムに対応
(2006/11/16)

銀座にお越しの際は、PS3に触れてみてはいかが?
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、東京・銀座にあるソニービルでプレイステーション 3の体験会を実施。11月6日〜19日まで。(2006/11/6)

おまえは今まで遊んだゲームの数を覚えているのか?
いきなり高圧的ですいません。でもこのセリフにピンと来た人は手を挙げて。そうです。先週はこのセリフに縁のある“あの”タイトルが、PS3を差し置いてブッチ切りました。(2006/11/2)

銀座・ソニービルでPS3体験会
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、11月6日〜11月19日にかけて、東京・銀座にあるソニービルで、プレイステーション 3の体験会を実施する。(2006/11/1)

東京ゲームショウ2006:
セガのPS3タイトルをプレイしてきました――「バーチャファイター5」、「〜宮里三兄弟内蔵〜 SEGA GOLFCLUB」、「パワースマッシュ3」
セガからリリースされる予定のプレイステーション 3用ソフト「バーチャファイター5」、「〜宮里三兄弟内蔵〜 SEGA GOLFCLUB」、「パワースマッシュ3」をプレイしてきたので、そのインプレッションをお伝えしよう。(2006/9/25)

東京ゲームショウ2006:
PS3やWii向けなど次世代機タイトルが目白押し――セガブース
今年のセガブースは、イベントステージは用意されておらず、例年に比べてやや地味な雰囲気だったが、プレイステーション 3向けに開発中のタイトルをはじめ、Wii向けタイトルを実機ベースで展示するなど、タイトル面では非常に気合いの入った展示内容となっていた。(2006/9/23)

東京ゲームショウ2006:
PS3、PS2、PSP合わせて50タイトル近くがプレイアブルで出展――SCEJブース
PS3のタイトルを多数出展しているSCEJは、会場内でも一段と注目を集めている。PS3、PS2、PSP合わせて約50タイトルをプレイアブルで出展。SCEJタイトルに関しては、試遊台も平均して5台以上が設置されている。(2006/9/22)

PS3向け4タイトル、Wii向け3タイトルを発表。さらには「シーマン2」の続報も――SEGA戦略発表会
セガは9月15日、今冬から来春にかけての注目タイトル、および新作を紹介する「SEGAコンシューマ戦略発表会 2006」を開催。東京ゲームショウ2006の出展タイトルも明らかにされた。(2006/9/15)

E3 2006:
セガ、E3出展タイトルを発表
(2006/5/9)

セガ「Power Smash 3」プレイステーション 3で発売決定
セガは、業務用ビデオゲームで4月末に全国展開するテニスゲーム「Power Smash 3」を、プレイステーション 3で発売する。(2006/4/26)

ロシアの妖精“シャラポワ”が「Power Smash New generation」をアピール
ロジャー・フェデラー選手やマリア・シャラポワ選手、リンゼイ・ダベンポート選手といった世界のトッププレーヤー14人が実名で登場するPSP用ソフト「Power Smash New generation」。今回、イベントのため来日中のシャラポワ選手に話を伺うことができた。(2005/12/24)

セガ、新作アーケードゲームを披露する「PRIVATE SHOW 2005 AUTUMN」を開催――「バーチャ5」の新情報も
セガは、新作のアーケードゲームを披露する「PRIVATE SHOW 2005 AUTUMN」を開催。「AFTER BURNER CLIMAX」と「メタルスラッグ6」の2タイトルが初公開されたほか、「バーチャファイター5」の新要素も明らかになった。(2005/11/2)

ヨネックステニスフェスティバルにて試遊会を実施――「Power Smash New generation」
(2005/9/30)

「Power Smash 3」ロケテストを実施中
(2005/9/13)

第43回アミューズメントマシンショー:
セガ、最新アーケード基板「リンドバーグ」を発表
幕張メッセにて開催されている「第43回アミューズメントマシンショー(AMショー)」が、9月3日一般公開される。行く人も行かない人もまずはご覧ください。(2005/9/3)

「FF II」「ストII」「ときメモ」も〜ドコモの新作iアプリ一挙公開
ドコモは9月21日、900i対応アプリの新タイトルを発表した。「水滸伝」「ロックマン」「桃太郎電鉄」など、ファミコンやPS2の名作が目白押しとなっている。(2004/9/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。