ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

PS Vita に関する記事 PS Vita に関する質問

「PS Vita」最新記事一覧

発表前には「PSP2」「NGP:Next Generation Portable」と呼ばれていたPSPの後継機

PS4、Ver.1.70でニコ生配信やPS Vita TVからのリモートプレイに対応
ソニー・コンピューターエンタテインメントジャパンアジアは、PS4/PS Vita/PS Vita TVの次回システムソフトウェアアップデートにて実装される新機能を発表した。(2014/4/17)

ゲームエンジン系ヒロイン「ユニティちゃん」の3Dモデルデータが配布開始
3Dモデルデータだけでなく、モーションデータやボイスデータなどが配布されています。(2014/4/8)

「PS Vita」がDLNAクライアントに、SCEJAがアプリ2種をアップデート
SCEJAは4月4日、PS Vita用アプリ「naspocket」(ナスポケット)およびAndroid用アプリ「nasne ACCESS」(ナスネアクセス)の新バージョンをリリースした。(2014/4/4)

ミクさんが提唱 踊りながら音ゲーをするという斬新なプレイスタイルがめっちゃ難しそう
レッスン動画あり。(2014/3/29)

「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」CM撮影をライブ配信
PlayStation Vita用ソフト「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」の発売にあわせ、同ソフトのCM撮影の模様をライブ配信する。配信は3月27日11時0分〜。(2014/3/26)

やめたい時にやめられる:
Reader Store、「新刊自動購入」など雑誌を楽しむサービス提供
Reader Storeが雑誌をより便利に楽しめるサービスとして「新刊自動購入」サービスとPlayStation Vita版Readerアプリでの雑誌対応を発表。(2014/3/25)

ITGマーケティング、Samsung SSD専用の「SSD換装サポート」アクセサリパッケージを発売――電話サポートも付属
ITGマーケティングは、Samsung製SSDへの換装用パーツ/日本語マニュアルなどをセットにした「プレミアムサポートパッケージ」を発売する。(2014/3/7)

EE Times Japan Weekly Top10:
ついに国内販売開始、「プレステ4」の分解記事がトップに
EE Times Japanで先週(2014年2月22日〜28日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/3/3)

将棋電脳戦、全5局の勝敗予想「ととくじ」 Wチャンスは佐藤紳哉六段愛用のかつら
ドワンゴが「第3回将棋電王戦」の勝敗を予想するととくじを始めた。全局当てると抽選で豪華プレゼントが当たる。Wチャンスは佐藤紳哉六段愛用のかつらだ。(2014/2/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/24)

「PS4」22日発売 ソニー「再生の切り札」期待 「PS3と同じ轍は踏まない」
ソニーは22日、PS4を国内で発売する。14年3月期に1100億円の最終赤字に転落する見通しのソニーにとって、再浮上に向けた切り札として期待がかかっている。(2014/2/20)

1000円を切る格安SIMで快適に“高速通信”できるのか 実測してみた
1カ月間、もしくは1日に限られた量だけ高速通信ができることをウリにした格安SIMが流行の兆しを見せている。キャリアで普通に契約したSIMと比較して、格安SIMで高速通信は快適にできるのか、試してみた。(2014/2/20)

なんだか“カラフルな”ヤツを試してみよう:
上海問屋の「ガラスパネル」でiPhoneを“ゴールドカラー”に修正してやる!
本当はiPhone 5sゴールドが欲しかったのに手に入らなかった。悔しいので液晶保護シートで変身させてみた。(2014/1/31)

2014 International CES:
ブラビアだけでもPS3のゲームをプレイ、SCEがクラウドゲームサービス「PlayStation Now」を発表
ソニー・コンピュータエンタテインメントがクラウド技術を活用したストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)を発表した。米国で夏にサービスを開始する。(2014/1/8)

SCE、クラウド活用のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」を今夏から米国で提供開始
……日本は?(2014/1/8)

2014 International CES:
ソニー、クラウドゲーム配信サービス「PlayStation Now」を発表
ソニーが、2012年に買収したGaikaiの技術を使ったクラウドゲーミングサービスを発表した。今夏にまずは米国でスタートする。(2014/1/8)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
「ドラクエ」関連アプリが快進撃、スマホはゲーム市場の“主役”となるのか?
初代ドラクエを配信したスクエニのポータルアプリが350万ダウンロードを記録し、有料アプリ「ドラクエVIII」も異例の大ヒットとなった。スマホはゲーム市場の“主役”になるのだろうか。(2014/1/6)

解散のサイバーフロント、「セインツロウIV」など海外3タイトルを発売中止
12月19日に解散したゲームメーカーのサイバーフロントが、発売を予定していた海外タイトル3本を発売中止、「オペレーションアビス」が発売日未定に。(2013/12/27)

Hulu、1年で会員数が倍以上に
フールージャパンLLCが2013年の事業内容を報告した。具体的な数字は非公開ながら、この1年間で会員数は倍以上になったという。(2013/12/20)

HuluがPlayStation Vita TVに対応
1カ月間の無料トライアルキャンペーンも。(2013/12/19)

1カ月の無料トライアル付き:
「大画面テレビでの表示品質にこだわった」――Huluが「PlayStation Vita TV」に対応
フールージャパン LLCは、「PlayStation Vita TV」にオンライン動画配信サービス「Hulu」を12月19日から提供する。(2013/12/19)

「目玉不在」の家庭用ゲーム年末商戦 セット販売に活路
「PS4」と「Xbox One」の年内発売が実現せず、目玉商品不在で迎えた家庭用ゲームの年末商戦。各社はソフトや周辺機器をつけた「セット販売」でしのぐという展開となっている。(2013/12/12)

「nasne」に自動チャプター生成機能を追加、SCEJA
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、12月12日に「nasne」のシステムソフトウェア「バージョン2.10」を提供する。録画番組へのチャプター自動生成機能を追加する。(2013/12/11)

YouTube年間再生数ランキング、国内1位はあの曲の「踊ってみた」
2013年にYouTubeにアップされた動画の年間再生数ランキングが公開された。今年日本で一番再生されたのは、あの曲の「踊ってみた」。(2013/12/11)

苦肉の策:
「目玉不在」家庭用ゲーム――年末商戦の“寂寥”
「プレイステーション4」と「Xbox One」の年内発売が実現せず、目玉商品不在で迎えた家庭用ゲームの年末商戦。新機種を待つユーザーの買い控えが懸念されるなか、メーカー各社はソフトや周辺機器をつけた「セット販売」を展開している。(2013/12/11)

7種類のコネクターを用意したマルチUSB充電ケーブル「GH-UCCM8A」
付け替え可能な7種類のコネクターにより、スマートフォンや携帯ゲーム機などさまざまな端末を充電できるマルチUSB充電ケーブル「GH-UCCM8A」が発売。(2013/12/10)

あらお久しぶり! PS Vita「テラウェイ」サイトにノッポさん登場 かつての子どもたちへメッセージ
後半の手紙朗読はティッシュとハンカチ必須!(2013/12/2)

携帯から据置へ変身!〜「PlayStation Vita TV」はリビングエンターテイメントの一翼を担えるか?
海の向こうでは「PlayStation 4」の販売開始に沸く一方、日本では「PlayStation Vita TV」が発売された。エンターテイメントプレーヤーとしての側面もある同機をさっそくチェックしていこう。(2013/11/19)

PlayStation Vita TVとReaderで迫力満点の大画面読書
11月14日にソニーが発売した「PlayStation Vita TV」は、「PlayStationVita」から一部の機能を省いたセットトップボックスだ。ゲームや音楽、映像などに加え、ソニーの電子書店「Reader Store」で購入したコンテンツも大画面で楽しむことができる。さっそく試してみた。(2013/11/19)

「ガールズ&パンツァー」がゲーム化! PS Vitaで来春発売
ジャンルは「ドラマチック戦車アクション」。(2013/11/18)

テレビ画面でニコニコ動画が楽しめる 「Vita TV」用ニコニコアプリが登場
Vita TVを買った人は合わせてどうぞ。(2013/11/14)

Reader Store、アプリの認証解除をマイページから可能に
iOS/Androidアプリの認証解除はReader Storeのマイページから行えるようになった。(2013/11/7)

初代プレステ世代には懐かしい「ポケステ」がPS Vitaで復活!
「どこでもいっしょ」などのポケステのプレイ画面がVitaでも楽しめるぞ!(2013/11/6)

なつかしの「ポケステ」がVitaで復活
なつかしの「ポケステ」が復活。ポケステをVita上に再現したアプリの先行配信がスタートした。(2013/11/5)

ゲーム機大手、インディーズ争奪戦 低予算と独自性で勝負する時代へ
SCEや任天堂などゲーム機大手が、「インディーズ」と呼ばれる独立系のゲーム開発会社の取り込みに動き出している。面白いソフトを、開発投資を抑えながら確保するのが狙いだ。(2013/10/29)

国内ゲーム商戦、厳冬の兆し MS・ソニーは“日本外し” 低下する日本市場の存在感
クリスマス商戦を彩るゲーム業界だが、今年の国内市場は“厳冬”の兆しがある。ソニーとMSは海外ではクリスマス商戦に投入する次世代据え置き型ゲーム機を、日本では来年発売に先送りしたためだ。(2013/10/28)

日本の存在感低下:
ゲーム業界、今年の国内市場は“厳冬”の兆し
クリスマス商戦を彩るゲーム業界だが、今年の国内市場は“厳冬”の兆しがある。ソニー・コンピュータエンタテインメントと米マイクロソフトが、海外ではクリスマス商戦に投入する次世代据え置き型ゲーム機を、日本では来年発売に先送りしたためだ。(2013/10/28)

「PlayStation Vita TV」用のテレビアプリ「torne」、期間限定無料配信
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、「PlayStation Vita TV」用のテレビアプリケーション「torne(トルネ) PlayStation Vita TV」を発表した。(2013/10/25)

スマホやPS Vitaに対応したケーブル長2メートルのMicro USBケーブル
デイテル・ジャパンが、PS Vita(PCH-2000シリーズ)やスマートフォンなどMicro USB搭載機器に使用できる「USB充電ケーブル2m」を発売する。(2013/10/25)

電子書店完全ガイド2013:
ソニー「Reader Store」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第4回目はソニーの「Reader Store」を紹介する。(2013/10/21)

「ロックマン」稲船氏の新作ゲーム「Mighty No.9」、Kickstarterで400万ドルの資金調達を達成!
当初の目標を大幅に上回る資金調達を達成し、Vita、3DS、PS4、Xbox Oneなど向けにゲームが出ることが決まりました! 楽しみすぎる!!!(2013/10/2)

アニメ化企画も進行中:
PS Vitaで「艦これ改(仮)」発売へ 公式サイトには戦艦「大和」がどーん
重大発表ってこれかー!(2013/9/26)

【短期集中連載】ドングルPCが実現するスマート社会(3):
「PS Vita TV」「BRAVIA Smart Stick」――ソニーのスマートホーム戦略を担うドングルPC
Googleの新製品「Chromecast(クロームキャスト)」の登場から程なくして、ソニーグループが2つの新しいデバイスを発表した。2013年11月14日に発売されるソニー・コンピュータエンタテインメントの「PlayStation Vita TV」と、米ソニーが発表し、現在米国で販売されている「BRAVIA Smart Stick(NSZ-GU1)」だ。この2つのデバイスに込められた戦略意図は何か? 今回は“TVとドングルPCの関係”、そして“その周辺動向”について考察する。(2013/9/26)

日々是遊戯:
インディーゲーム開発者400人が集い、叫び、飲み、涙した「INDIE STREAM」とは何だったのか
東京ゲームショウ最終日、品川のSCEビルでもう1つのイベントが行われた。国内外のインディーゲーム開発者400人が集まった「INDIE STREAM」の様子をリポートする。(2013/9/25)

ゲームの可能性を広げるための「Kickstarter」という選択 「ロックマン」の生みの親、稲船敬二氏へのロングインタビュー[1/3]
ゲームクリエイター稲船敬二氏がクラウドファンディングサービスサイトKickstarterでゲームプロジェクトを立ち上げた。その背景について聞いた。(2013/9/21)

TGS2013:
日本ゲーム大賞は「とびだせ どうぶつの森」 「パズドラ」に経済産業大臣賞
パズドラは「特別賞」「経済産業大臣賞」のダブル受賞となった。(2013/9/20)

「Minecraft」のようなサンドボックスゲームを 日本の開発者がクラウドファンディングで資金募集
テラリアやマインクラフトに感化された国産のPS Vita向けサンドボックスゲームが開発中だ。(2013/9/18)

VOCALOIDエンジン引っさげ、ヤマハがゲームに参入 第1弾「ボカロダマ」で遊んでみた
ドコモがiPhoneを売り始め、日本のスマートフォンが一気にiPhoneに向かおうとしている。iPhoneアプリ「ボカロダマ」はVOCALOIDの裾野を広げるか……!(2013/9/11)

「家庭内ネットワークの枠を超える」、新型「nasne」と新システムソフトウェアが10月に登場
ソニー・コンピューターエンタテインメントジャパンアジアは、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」(ナスネ)の新モデル「CECH-ZNR2J」を発表した。(2013/9/9)

PS4のリモートプレイも:
テレビで楽しむ「PlayStation Vita TV」、9954円から
ソニー・コンピューターエンタテインメントジャパンアジアは、セットトップボックスタイプの新しいエンターテインメントシステム「PlayStation Vita TV」を発表した。(2013/9/9)

「nasne」に1TバイトHDDの新モデル システムソフトウェアは「2.00」に
ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」に1Tバイトの大容量モデル。10月10日発売で2万3100円。(2013/9/9)

テレビにつないで遊ぶ“据え置きVita”緊急発表 「PS Vita TV」9954円で11月14日発売
自宅のテレビがモニターに、操作はデュアルショック3で行う。※画像追加しました(2013/9/9)

据え置き型「Vita」──テレビで楽しむ「PlayStation Vita TV」発売 9954円
テレビに接続して楽しむ「PlayStation Vita TV」が11月14日発売。価格は9954円。(2013/9/9)

プレイステーション Vitaに「艦これ」クルーーーーー!? 提督騒然、タイムラインは一時「艦これ」一色に
「一航戦、赤城、(Vitaに)出ます!」→「ウオオオオオオ!」(2013/9/9)

PS4、日本で2014年2月22日発売 4万1979円
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、据え置き型ゲーム機の新機種「プレイステーション 4」(PS4)を日本で2014年2月22日に4万1979円で発売する。(2013/9/9)

PlayStation Vitaに新型登場 10月10日発売
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」の新型を10月10日に発売する。価格は1万9929円。(2013/9/9)

ドコモ、プリペイドデータプランの利用期間が最大1年間に
NTTドコモは、“PS Vita” 3G/Wi-Fiモデル向け「プリペイドデータプラン」の利用期間と更新期間を10月2日から延長。事務手数料無料キャンペーンも実施する。(2013/9/9)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第29回 スマホで使える電子書籍サービス特集(後編)
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第29回では前回に引き続き、スマホで利用できる電子書籍ストアを紹介する。(2013/8/7)

App Town ゲーム:
五七五の作品をボーカロイドが詠んでくれる――iOSアプリ「うた詠み575」
セガの新規プロジェクト「project 575」の第1弾となる、基本無料のiOSアプリ「うた詠み575」が登場。8月31日までに始めると「白短冊」4枚をセットでプレゼントする。(2013/7/30)

『電撃PlayStation』電子版、BOOK☆WALKERで配信開始
アスキー・メディアワークスのゲーム雑誌『電撃PlayStation』電子版の配信がBOOK☆WALKERで始まった。(2013/7/25)

石野純也のMobile Eye(7月8日〜19日):
ショップの効率化を目指すドコモ/Googleのマルチデバイス調査で見えたもの/初音ミクARライブの狙い
今週は新製品発表などの大きなニュースは少なかったが、重要な施策や調査が発表された。今回はドコモの顧客接点の拡大に向けた取り組み、Googleのマルチデバイスに関する調査結果、ドコモが六本木ヒルズのメトロハットで21日まで開催しているARイベント「HATUNE MIKU AR STAGE」を取り上げる。(2013/7/20)

初音ミクがバーチャルのステージで歌う 六本木ヒルズのARライブリポート
SmartAR技術を使った初音ミクのバーチャルステージが開催されている。(2013/7/19)

PS Vitaアプリ「ニコニコ」がニコ生配信に対応 「w」コメントに反応し草が生える誰得機能も
ネットワーク環境さえあれば手軽にニコ生配信が可能に。(2013/7/18)

「音楽で人をつなげるのがミクの原点」――コラボスマホ発売に向け、初音ミクのARライブ開幕
専用のARアプリをかざすとスマホで初音ミクのライブが楽しめる夜間屋外イベントが、六本木ヒルズの「メトロハット」でスタートした。(2013/7/17)

「まさか岩手に来てくれるなんて!」 ウニの町で「ニコニコ町会議」、5000人が熱狂
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地の1つ、岩手県・洋野町で7月14日に開催された「ニコニコ町会議」。人口2万人に満たない町に5000人が訪れたイベントの全貌をレポートする。(2013/7/16)

六本木ヒルズで初音ミクの屋外ARステージが楽しめるPS Vita専用コンテンツ、配信開始
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、六本木ヒルズの「メトロハット」で行われる初音ミクのバーチャルステージ「HATSUNE MIKU AR STAGE」向けにPlayStation Vita専用コンテンツを配信する。(2013/7/12)

初音ミクが「Packaged」を歌って踊る ARライブを六本木ヒルズで開催
Xperia初音ミクモデルのプロモーションとして、Android端末で鑑賞できるARライブが実施される。(2013/7/12)

Reader Storeの総取り扱い書籍が10万冊を突破――ダウンロードランキングも公開
ソニーの電子書店「Reader Store」の取り扱い書籍が、約2年半で10万冊を突破。これまでに読まれたタイトルTOP100のランキングも紹介する。(2013/6/21)

「討鬼伝」の公式コミカライズ『討鬼伝 ヲニウチ』がReader Storeで先行連載
ハンティングアクションゲーム「討鬼伝」の公式コミカライズ『討鬼伝 ヲニウチ』が、電子書店「Reader Store」で先行配信。期間限定の特別価格キャンペーンも行う。(2013/6/19)

4人がかりで食べる巨大パンを開発販売 PS Vitaイベント「共闘学園 開校式」
問題は共闘する4人を……。(2013/6/12)

コミック0話や開発者インタビューを収録した『The World of 討鬼伝 Vol.2』配信スタート
PS Vita/PSP「討鬼伝」オリジナル電子書籍の第二弾『The World of 討鬼伝 Vol.2』が配信開始。開発インタビューやコミカライズ、キャラクターギャラリーなどを収録している。(2013/6/3)

ゲームっぽさがテレビ番組との距離を縮めてくれた――「トルネ」開発陣に聞く
「トルネ」や「ナスネ」という製品をご存じだろうか。家庭用ゲーム機「PlayStation 3」「PlayStation Vita」などと組み合わせて使うものだが、これがいわゆる“テレビ離れ”を引き戻すきっかけになるかもしれない。(2013/6/3)

アイ・オー、“B-CASカード不要”で使えるUSBスティック型地デジチューナー「GV-MVP/FZ2」
アイ・オー・データ機器は、USB接続対応の小型地デジチューナーユニット「GV-MVP/FZ2」を発表。ソフトウェア式コンテンツ保護方式を採用しB-CASカード不要で動作する。(2013/5/29)

SCEJA、PS Vitaでラジオ番組が聴ける専用アプリ「radiko.jp」をリリース
radikoのIPサイマルラジオサービスを利用可能なPS Vita専用アプリ「radiko.jp」が登場。(2013/5/28)

PS Vitaでも「radiko」が聞ける! バックグラウンド再生にも対応
5インチディスプレイを活かした全局番組表など便利そうです。(2013/5/28)

ドコモ、PS Vita 3G/Wi-Fiモデル向けプレゼント企画をスタート
PS Vita 3G/Wi-Fiモデル向けのプリペイドデータプランを更新/新規購入すると、スマートフォンアプリ「拡散性ミリオンアーサー」アルティメットチアリー/招待特典カード、「PlayStation Networkチケット 980 円/150 円」のいずれかをプレゼントする。(2013/5/24)

製造マネジメントニュース:
ソニー、復活へ道半ば――鍵を握る“感性価値”商品
ソニーは2015年3月期に売上高8兆5000億円、営業利益率5%以上、ROE10%の中期目標を発表した。しかし、中核と位置付けるエレクトロニクス主力3事業では積極投資を進めるものの、前回発表した目標数値を下方修正し、復活への道が容易ではないことをうかがわせた。(2013/5/23)

「PS4は攻めの姿勢で」 ソニー平井社長、据え置き機市場はデバイス連携で「大きくなっていく」
「PS4はまさしく攻めの姿勢でビジネス拡大を目指す」──ソニーの平井社長は、年末商戦向けに発売を予定しているPS4に注力する方針を示す。据え置き機は各種デバイスのハブとして市場は大きくなっていくだろうとみる。(2013/5/22)

創立15周年でレベルファイブが太っ腹キャンペーン 「レイトン」も「イナイレ」「ダンボール戦機」も全部半額!
気になっていたゲームで遊ぶチャンス!(2013/5/16)

「PS4は軽いビジネスモデル」──ソニーのゲーム事業、ローンチ初年度も黒字確保へ
ソニーのゲーム事業はPS4ローンチ初年度も黒字を確保する見通し。赤字に苦しんだPS3と異なり、「軽いビジネスモデル」になっているという。(2013/5/9)

アクションゲーム「討鬼伝」のオリジナル電子書籍が無料配信
和と歴史に彩られた世界観や、迫力の「部位破壊アクション」を楽しめるPSVita/PSP新作「討鬼伝」のオリジナル電子書籍『The World of 討鬼伝 Vol.1』が登場。電子書籍ストア「Reader Store」で無料配信する。(2013/4/30)

ニコニコ超会議2:
ミクさん尽くしのセガブース、生ゲーム実況プレイに発売前の試遊台も多数 企業ゲームブースを回ってみた
きれいなおねえちゃんもいます。(2013/4/27)

ユードー創立10周年から学ぶiOSアプリ開発:
ユードーのノウハウを提供します――南雲氏が語る、iOSアプリの作り方と次の一手
「ピアノマン」「斉藤さん」などのユニークなスマホアプリを世に送り続けているユードーが、11日に「ユードー創立10周年から学ぶiOSアプリ開発」と題したセミナーを開催。南雲玲生氏が、アプリ開発で心がけていること、失敗事例、大手に対抗するための秘策などを説明した。(2013/4/15)

PS Vitaのバックアップに対応:
DLNA対応機器との互換性を向上、nasneの新システムソフトウェア
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「nasne」の最新システムソフトウェア「バージョン1.71」を近日中に提供すると発表した。(2013/4/10)

開発陣に聞く「Xperia Z SO-02E」(前編):
新しい体験と美しさ――「Xperia Z」の“ガラスの1枚板”に込めたメッセージ
スペックの高さはもちろんだが、7.9ミリというスリムなボディと、背面のガラスパネルが大きな存在感を放っている「Xperia Z SO-02E」。開発者インタビュー前編では、企画、プロダクトデザイン、カラー&マテリアルの担当者の話をお届けする。(2013/4/8)

UXClip(25):
HTML5に本腰を入れ始めた任天堂―GDCで見えてきたゲームビジネスのゆくえ
Game Developers Conferenceで次世代ゲームのあるべき具体像が明確化した。HTML5の波が次世代ゲーム機に波及し、ゲームエンジンが無料化している状況をレポートする。(2013/4/5)

IT業界 転職市場最前線(47):
社内SEの求人が増加するも、内定は「狭き門」
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2013/3/29)

ダイレクトな采配も可能に――「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」2013年に発売決定
サッカー経営シミュレーションゲーム「サカつく」シリーズ最新作が、2013年にプレイステーション 3/PlayStation Vita向けに発売されることが明らかになった。(2013/3/29)

週間ゲームソフト販売ランキング:
期末なんで新作いっぱいです
「ルイージマンション2」と「ワンピース 海賊無双2」がいけいけどんどん。(2013/3/28)

SCEとUnityが戦略提携 PS4などに最適化、開発者に提供
SCEとUnityが戦略的提携。Unity最新版をPS4やPS3に最適化し、開発者に提供する。(2013/3/22)

フォトギャラリー:
ソニーは再び輝けるか、復活支える名機と一流技術(後編)
リチウムイオン電池に近距離無線通信技術――。オーディオや映像以外でも、ソニーが先駆者となって切り開いてきた分野は多い。同社が持つ確かな基礎技術と、市場を生み出し、けん引してきたという実績は、ソニー復活の原動力となるのではないだろうか。(2013/3/22)

週間ゲームソフト販売ランキング:
「ソードアート・オンライン」がトップ
PS3/PS Vita「ワンピース 海賊無双2」の国内出荷本数が発売初日で50万本(2013/3/21)

PS Vitaを『ソウル・サクリファイス』は“救済”できるか――稲船敬二氏インタビュー
家庭用ゲーム市場が縮小する中、2011年の発売以来、それ以前の市場を制した機種ほどの成功はまだ収めていないPS Vita。本体値下げ後の反転攻勢のキラータイトルの1つとされているゲーム『ソウル・サクリファイス』に“コンセプター”として関わった稲船敬二氏に、その狙いを尋ねた。(2013/3/13)

週間ゲームソフト販売ランキング:
PS3「真・三國無双7」が斬り込んだ
おっぱいは3位でした。(2013/3/7)

PS Vita値下げスタート 1万9980円に
ソニー・コンピュータエンタテインメントは携帯ゲーム機「PlayStation Vita」を2月28日から1万9980円に値下げ。(2013/2/28)

ゲームは4Kに対応せず:
本体の見えない「PS4」発表、でも中身はすごい
ソニー・コンピュータエンタテインメントが「プレイステーション 4」を発表した。特長は「高い処理能力とソーシャルとの融合、思い立ったらすぐに遊べるアクセス」。しかし価格などは未公表だ。(2013/2/21)

週間ゲームソフト販売ランキング:
新作発売されるもランクインせず
3DS「DQVII」が爆走。(2013/2/21)

PS4は2013年末発売予定 ソーシャル連携・クラウドで新たなゲーム体験提供
いつでもゲームを休止・再開できるサスペンド機能のほか、自分のゲームプレイ映像を手軽に投稿・配信する機能なども搭載。(2013/2/21)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

PS4は4万円程度? 発表会直前うわさまとめ
SCEは日本時間の2月21日午前8時から「PlayStation Meeting」を開き、「PS4」を披露するとみられる。直前に出てきた情報も含め、PS4のうわさをまとめた。(2013/2/20)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。