ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング」最新記事一覧

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(12):
Scratchで家電を制御しよう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦!今回はUSB連動タップの制御を通じて、家電の操作に挑戦します。(2014/12/15)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(11):
Scrach 2.0で“リレカチ”に挑戦!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦!今回はリレーをカチカチ鳴らす“リレカチ”を通じて、制御技術の基本に触れます。(2014/11/13)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(10):
Scratch 2.0でLチカに挑戦!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦!今回はScratchから外部機器をコントロールします。第一弾はLチカです。(2014/10/10)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(9):
自作の簡単タッチセンサーで、フィジカル疑似体験ゲームを遊ぼう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦!今回は簡単なタッチセンサーとそれを使って遊ぶゲームを自作します。(2014/9/26)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(8):
土壌湿度センサーとScratchで、植物を乾燥から守ろう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は土壌湿度センサーを自作し、抵抗値の変化を音量の大きさに変える仕組みを勉強します。(2014/9/1)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(7):
光センサーを自作して、Scratch 2.0で光の変化を捉えよう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は、LEDを使った光センサーを自作し、光変化をScratchで捉える実験に挑みます。(2014/8/5)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(6):
フィジカルシューティングゲームに“よりゲームらしい演出”を加えてみよう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は、前回作成したフィジカルシューティングゲームを改良し、ゲームをより楽しむための演出を加えていきます。(2014/7/9)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(5):
Scratch 2.0でフィジカルシューティングゲーム作りに挑戦!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は、振動センサーと連動するゲーム作りに挑戦します。(2014/6/9)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(4):
振動センサーと連動するScratchプログラムに挑戦してみた
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は、前回自作した即席「ドラムパッド」をたたくと楽器の音が出るプログラムを実践してみます。(2014/5/13)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(3):
圧電スピーカを利用した即席「ドラムパッド」を作ろう
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は、振動センサーの代わりに圧電スピーカを利用した即席の“ドラムパッド”を作り、たたいたときの振動を計測する。(2014/4/8)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(2):
Scratchで「簡易オシロスコープ」を作ろう!
Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦! 今回は、PCのマイク端子に入力された音量の大きさをグラフ表示する「簡易オシロスコープ」を作成する。(2014/3/10)

Scratch 2.0で体験! お手軽フィジカルコンピューティング(1):
Webブラウザではじめるフィジカルコンピューティング――Scratch 2.0とは?
電子回路が苦手な人のためのフィジカルコンピューティング入門。Webブラウザだけでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を用い、センサーの接続や外部デバイスのコントロールに挑戦する! フィジカルな世界とつながるプログラミングを体験することで、今までにない発想がひらめくかも!? 第1回は、Scratch 2.0の特徴と開発環境について説明する。(2014/2/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。