ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「清水富美加」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「清水富美加」に関する情報が集まったページです。

相変わらずの攻めの姿勢 恒例ネタ「裏紅白歌合戦」2017年度のメンバー発表
文春砲が炸裂(さくれつ)した2016年に比べ、今回は穏やか?(2017/11/16)

「まじ泣く」 スクリーンに帰ってきた清水富美加、出家後初の主演映画
主題歌も歌うとのこと。(2017/7/12)

スピン経済の歩き方:
なぜ「ヒーローもの」の主人公に、社長が少ないのか
日本の映画や漫画に登場するヒーローをみると、「社長」や「大富豪」が少ない。米国の作品には多いのに、なぜ日本では少ないのか。その理由は……。(2017/6/13)

「ぷっぷくぷー」 清水富美加改め千眼美子、至福顔でインスタ開設
飽くなき食への欲。(2017/6/1)

清水富美加、幸福の科学が新設した芸能プロダクション「アリプロダクション」所属に
全10人が所属しています。(2017/5/23)

清水富美加、所属事務所が専属芸術家契約終了を報告
幸福の科学側も清水さん名義で報告。(2017/5/20)

実写映画「東京喰種」本編映像が初解禁! リゼ、真戸、亜門らのビジュアルが明らかに
リゼーーーーー!(2017/4/13)

スタジオカラー「龍の歯医者」がNHK総合で放送 「サブタイトルは『イデオン』劇場版から付けた」小ネタ満載のスタッフニコ生も
NHK総合で2週連続放送。(2017/3/30)

「僕は仲間として、イジる」 ガリガリガリクソン、単独ライブのチラシで友人・清水富美加の著書をパロディー
スタンスの貫き方スゴイ。(2017/3/27)

清水富美加&松井玲奈の「笑う招き猫」 映画、ドラマともに予定通り公開へ
東京喰種の続報も待たれる。(2017/2/28)

清水富美加、ひっそりとブログを新設
以前のブログは2016年3月5日を最後に更新が止まっていました。(2017/2/28)

「KANA-BOON」飯田祐馬、清水富美加との不倫認め謝罪 妻との離婚をほのめかしたことも
バンドオフィシャルサイトで謝罪文を発表しています。(2017/2/21)

「東京喰種」石田スイの意味深トーカイラストに臆測広がる 出家騒動の清水富美加へメッセージ?
イラストには「I trust your message(私はあなたの言葉を信じる)」の文字。(2017/2/15)

「(清水富美加さんに)仕事を押し付けてきた」 幸福の科学、レプロの声明に反論
今後も解決に向けてレプロ側と協議していくとのこと。(2017/2/15)

清水富美加の所属事務所レプロ、出家報道から初めてサイトでコメント公開 契約終了時期は協議中
1月末に清水さんから出家と契約終了の申し出があったのは事実。(2017/2/14)

映画「東京喰種」が「キャストに関する一連の報道」について公式コメント 清水富美加の出家を受けてか
「ただいま、状況を確認しております。今後につきましては、進捗を見守りながら、関係各位と協議をしてまいります」としている。(2017/2/13)

清水富美加さん「ニベア」サイトから消滅? 花王は「たまたま新商品との切り替え時期と重なった」と説明
個別商品ページでは現在も清水さんの姿が確認可能。(2017/2/13)

清水富美加、「人肉を食べる人種」役や水着仕事に不快感 「幸福の科学」が出家理由明かす
12日に開かれた会見では、直筆のメッセージも公開されました。(2017/2/12)

清水富美加、謎のツイートを残し公式アカウント削除 所属事務所は能年玲奈と独立トラブル
「清水富美加」という本名が使えなくなる? とも危ぶまれています。(2017/2/11)

実写映画「東京喰種」、清水富美加演じるトーカのビジュアルが解禁 1月26日発売の「ヤンジャン」ではグラビアも
役作りのために髪を30センチほど切ったとのこと。(2017/1/19)

実写映画「東京喰種」、窪田正孝×清水富美加がカネキとトーカに決定! 窪田「自分もビビっているのが本音」
キャストについては「不安と関心を持って、続報お待ちいただければ」と原作の石田スイさん。(2016/6/24)

アジアに広がる“変態の輪” 変態仮面・鈴木亮平、ついに台湾へ飛ぶ
アドトラックを停車させて撮影会までやっちゃう鈴木さんガチすぎる。(2016/5/30)

「皆さん、ナイス変態!」 変態仮面こと鈴木亮平、アブノーマルな夜に禁断のワードを口にする
レッドカーペットを変態仮面で……!? 書き残したからな! 書き残したからなー!! (2016/5/26)

“H(エッチ)”と“ERO(エロ)”を満たしたヒーローこそ本物だ! パンティ舞う中、変態仮面・鈴木亮平が謎名言
チンk……いや、“ティンコ”だから!(2016/5/16)

映画「変態仮面」まさかの続編公開決定で世界からパンティが消える 「3」まで製作決定?
続編「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」は5月14日公開。鈴木亮平が再び変態仮面にクロス・アウッ! 「変態秘技苦悶蜘蛛地獄」も再現されるだと!?(2016/2/23)

「HK/変態仮面」がNHK哲学バラエティ番組の教材に
J-POPや「HK/変態仮面」から哲学者・ドゥルーズの思想を解き明かす。(2013/8/13)

片瀬那奈がボンテージ姿でムチを振るう 『HK/変態仮面』主人公の母親はSMの女王様
「究極!!変態仮面」の実写映画で、色丞魔喜役を片瀬那奈さんが演じる。(2013/3/16)

ミスマガジン2010とツーショット、EXILIMのコラボモデル
カシオのデジカメ「EXILIM」に、講談社「ミスマガジン」コンテストとのコラボモデルが登場。ミスマガジンの女の子たちとツーショットを楽しめる。(2010/7/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。