ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東京モーターショー2013」最新記事一覧

・こちらもご覧ください
「東京モーターショー2013」特集− MONOist

東京モーターショー2013


プロダクトデザイナーが見た東京モーターショー2013:
トヨタの分かりにくさ、BMWの分かりやすさ
「東京モーターショー2013」における各自動車メーカーの展示内容やコンセプトカーをプロダクトデザイナーが斬る。トヨタ自動車/レクサスブースと、BMW/MINIブースの展示内容から感じたこととは?(2013/12/27)

東京モーターショー2013 フォトギャラリー:
次世代トラクターは奥山清行デザイン、デンソーのHanaちゃんは結構かわいいよ
「第43回東京モーターショー2013」では、世界初披露となるワールドプレミアの他にも多くの注目展示がある。本記事では、それらの注目展示や記者が個人的に気になった展示をフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2013/11/29)

東京モーターショー2013:
日本モレックスが車載2mmピッチコネクタを拡充、LEDランプの需要拡大に対応
日本モレックスの2.00mmピッチの車載用電線対基板コネクタ「DuraClick」は、ヘッドランプやリヤランプのLED化により需要が拡大している。このため、ヘッダの新たな品種として垂直接続タイプの「560020」を追加した。(2013/11/29)

東京モーターショー2013:
2020年東京五輪の輸送インフラは電気バスに? 日野自動車が開発を加速
日野自動車は、電気バスや電気トラック、プラグインハイブリッド(PHEV)バス、燃料電池バスなどの開発を、2020年東京オリンピック/パラリンピックにおける輸送インフラとしての採用を視野に入れながら進めている。(2013/11/28)

東京モーターショー2013:
工場排水で育てた藻からバイオ燃料を生産、デンソーが2020年をめどに開発
デンソーは、「第43回東京モーターショー2013」において、微細藻類からディーゼルエンジンに使用できるバイオ燃料を生産する取り組みの最新状況を紹介。2020年までに、バイオ燃料を1ヘクタール当たり年間25トン生産できる技術の開発にめどを付けたい考え。(2013/11/28)

東京モーターショー2013:
ヤマハ発動機の次世代「PAS」は脱ママチャリ! スマホ連携機能も搭載
ヤマハ発動機は、「第43回東京モーターショー2013」において、電動アシスト自転車「PAS」の次世代コンセプトモデル「YPJ-01」を披露した。「ママチャリ」のイメージが強い現在の電動アシスト自転車とは異なる新たな市場を開拓するために開発された。(2013/11/27)

東京モーターショー2013:
スタンレー電気が次世代ランプを披露、「SIM-CEL」のレーザー前照灯を搭載
スタンレー電気は、「第43回東京モーターショー2013」において、ヘッドランプ/リヤランプの次世代技術を示す「スタンレー・ライティング・ラボ」を展示した。シムドライブが開発した電気自動車「SIM-CEL」に搭載されている「レーザー前照灯」をはじめ、同社の最新技術が詰め込まれている。(2013/11/27)

東京モーターショー2013:
ダイハツが液体燃料電池車開発に傾ける本気度を見よ、「FC凸DECK」は実際に走る
ダイハツ工業が、「第43回東京モーターショー2013」に出展した、同社の「貴金属フリー液体燃料電池」を搭載する軽トラックのコンセプトカー「FC凸DECK」は、実際に走行できる車両だ。FC凸DECKが、大型放射光施設「SPring-8」内の敷地を走行している映像も公開されている。(2013/11/26)

東京モーターショー2013:
マツダのガソリン/天然ガス両対応エンジン「SKYACTIV-CNG」、圧縮比は14.0
マツダの新型「アクセラ」に採用されたガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」の改良版は、燃費が向上したものの、圧縮比は従来の14.0から13.0に低下している。しかし、同じSKYACTIV-G 2.0をベースに開発した、ガソリンと圧縮天然ガス(CNG)に対応する「SKYACTIV-CNG」は、オクタン価の高い天然ガスを効率よく燃焼できるよう、圧縮比は14.0に設定されている。(2013/11/26)

東京モーターショー2013:
カワサキの未来型3輪電動ビークル「J」、残念ながら商品化予定はなし
現在開催中の東京モーターショー2013(会期は2013年12月1日まで)のカワサキブース。電池制御技術を活用した未来社会のイメージを具現化した3輪バイク「J」の出来がカッコよ過ぎるのです。(2013/11/25)

東京モーターショー2013:
モーターショーを彩るコンパニオンリポート第1弾
11月23日から一般公開が始まった東京モーターショー2013。会場を華やかに彩る美女たちを写真で紹介します。(2013/11/23)

東京モーターショー2013:
「twin up!はXL1と兄弟」――リッター90.9kmのPHEV「twin up!」
Volkswagen(フォルクスワーゲン)が、東京モーターショー2013で4人乗り小型車のプラグインハイブリッド車(PHEV)コンセプトモデル「twin up!」を発表。リッター90.9kmの超低燃費は、設計の規格化/標準化でさまざまなパワートレインに対応可能な新世代プラットフォームによって生まれた。(2013/11/22)

東京モーターショー2013:
ブリヂストンの「空気のいらないタイヤ」が超小型EVで使用可能に、実用化も視野
ブリヂストンは、「第43回東京モーターショー2013」において、空気を充てんする必要のないタイヤ「エアフリーコンセプト(非空気入りタイヤ)」の第2世代品を披露した。超小型EV「コムス」に装着して走行する映像も公開。数年後以内を目標に実用化したい考えだ。(2013/11/22)

東京モーターショー2013:
ルームミラーにAndroidスマホ!? パイオニアが開発中のテレマティクス端末を披露
パイオニアは、「第43回東京モーターショー2013」の併催イベント「SMART MOBILITY CITY 2013」において、開発中のミラー型テレマティクス端末を披露した。端末の右側が液晶ディスプレイになっており、NTTドコモのドライブ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」などの機能が利用できる。(2013/11/22)

東京モーターショー2013:
スズキが排気量1.0lのデュアルジェット エンジンを新開発、「Crosshiker」に搭載
スズキは、「第43回東京モーターショー2013」において、開発を進めている排気量1.0lの「デュアルジェット エンジン」を披露した。コンパクトクロスオーバーのコンセプトモデル「Crosshiker」に搭載している。次世代軽量プラットフォームや「エネチャージII」との組み合わせにより、30km/l以上の燃費達成が十分見込めそうだ。(2013/11/22)

東京モーターショー2013:
超小型EV「コムス」の2人乗りモデル、2014年初に豊田市の「Ha:mo」で運用開始
トヨタ車体が開発した超小型電気自動車(EV)「コムス」の2人乗りモデル「T・COM」は、愛知県豊田市で実証運用中の都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」向けに開発された。2014年初からの投入を予定している。(2013/11/21)

東京モーターショー2013:
デンソーがSiCインバータの量産開発を2016年に開始、サイズは従来品の半分以下
デンソーは、「第43回東京モーターショー2013」のプレスカンファレンスにおいて、次世代パワー半導体として知られるSiCデバイスを用いた小型インバータの量産開発を2016年から始める方針を明らかにした。(2013/11/21)

東京モーターショー2013:
「賛否両論あっていい、もっといいクルマ作りたい」――トヨタ、5台のワールドプレミア
トヨタ自動車が、東京モーターショー2013でセダンタイプの燃料電池車「TOYOTA FCV CONCEPT」やコンセプトカー「TOYOTA FV2」など5台のワールドプレミア(世界初出展)を実施。また、トヨタ自動車副社長の加藤光久氏から、同社のクルマ作りの方向性が語られた。(2013/11/21)

東京モーターショー2013:
ダイハツの新型「コペン」は2014年前半発売、会見の最中には生着替えも!?
ダイハツ工業は、「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)において、軽オープンスポーツカー「コペン」の新モデルを2014年前半に発売すると発表した。プレスカンファレンスでは、コペンの樹脂外板を数分で着せ替えるデモンストレーションも行われた。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
二輪から三輪、そして四輪へ――“人機一体感”楽しめる小型四輪車ヤマハ「MOTIV」
ヤマハ発動機が東京モーターショー2013で、2人乗り小型四輪車のコンセプトモデル「MOTIV(モティフ)」を発表した。「人機一体感の楽しさ」と「都市型パーソナルビークル」を両立したという。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
ホンダの2015年はスポーツカー復活元年、「NSX」と「S660」を投入しF1にも復帰
ホンダは、「第43回東京モーターショー2013」のプレスカンファレンスにおいて、次世代軽スポーツのコンセプトカーとして出展した「S660 CONCEPT」をベースにした車両を、2015年に量産する方針を表明した。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
スバルの「LEVORG」は新開発1.6l直噴ターボを採用、フルタンクから1000km走れる
富士重工業は、「第43回東京モーターショー2013」において、日本市場向けに新たに開発したスポーツツアラー「LEVORG(レヴォーグ)」を発表した。新開発の排気量1.6l(リットル)水平対抗直噴ターボエンジンを搭載するモデルは、ガソリン満タンの状態から高速道路を時速100kmで定速走行すれば1000km走行できるという。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
高齢化社会の必須アイテム? 歩くように移動できるパーソナルモビリティ
高齢化が進み、屋内や室内での移動をサポートする歩行補助型のパーソナルモビリティのニーズが高まっている。「東京モーターショー2013」での関連出展を紹介する。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
デジタルネイティブの心に響くクルマ――日産、箱型スタイルカー「アイディーエックス フリーフロー/ニスモ」
日産自動車が東京モーターショー2013でコンセプトカー「アイディーエックス フリーフロー(IDx Freeflow)」「 アイディーエックス ニスモ(IDx NISMO)」を発表。“デジタルネイティブ”の心に響く本物のクルマを目指したという。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
スバル、世界一クルマに厳しい日本人のためのスポーツツアラー「LEVORG」
スバルが新しいツーリングワゴン「LEVORG(レヴォーグ)」を東京モーターショーでワールドプレミア(世界初披露)しました。2014年春に発売します。(2013/11/20)

東京モーターショー2013:
ホンダの超小型EV「MC-β」、大人2人乗りになって走行距離も80kmにアップ
ホンダは、近距離移動に用いる超小型電気自動車(EV)「MC-β」を発表した。2012年11月に発表した大人1人+子ども2人乗りの「マイクロコミュータープロトタイプ」と比べて、大人2人乗りになり、満充電からの走行距離は60km程度から80km以上に向上した。(2013/11/19)

東京モーターショー2013:
レクサス、新型クーペ「RC」とSUVコンセプト「LF-NX」をサプライズ公開
東京モーターショーで世界初披露が予定されているプレミアムクーペ「レクサス RC」と、ターボエンジンを搭載予定のSUVコンセプト「LF-NX」を両国国技館で一足先に披露しました。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
レクサスが「RC」とターボ版「LF-NX」を公開、CMの小型クワッドローターも登場
トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」は、「東京モーターショー2013」の前夜祭イベント「Amazing Night for 43rd Tokyo Motor Show2013」を開き、スポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」のターボチャージャーモデルを初披露。2013年11月から放映されているCMに登場する小型クワッドローターも紹介した。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
ホンダ、パーソナルモビリティの新モデル「UNI-CUB β」の体験試乗会を予定
ホンダは、屋内バリアフリー対応空間での利用を想定したパーソナルモビリティの新モデル「UNI-CUB β(ユニカブ ベータ)」を発表。「第43回東京モーターショー2013」に出展し、体験試乗を予定している。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
パイオニアがルームミラー型テレマティクス端末を開発中、ドコモブースで披露
パイオニアは、「第43回東京モーターショー2013」の併催イベント「SMART MOBILITY CITY 2013」に出展するNTTドコモのブースで、開発中のルームミラー型テレマティクス端末を披露する。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
世界最大のHUD搭載コックピット、デンソーが考える未来のドライブを体験可能
デンソーは、「第43回東京モーターショー2013」において、同社が考える未来のドライブを体験できる「インタラクティブ・コミュニケーション・コックピット」を展示する。同コックピットは、世界最大サイズのヘッドアップディスプレイ(HUD)を搭載している。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
「その場回転」や「横移動」ができる2人乗りEVコミュータ、NTNが披露
NTNは、「第43回東京モーターショー2013」において、「その場回転」や「横方向移動」といったインホイールモーター方式ならではの特徴を持つ2人乗りEVコミュータ「Q’moII(キューモツー)」を出展する。(2013/11/18)

東京モーターショー2013:
日野の電気バス「ポンチョ・ミニ」は前輪駆動、電池パックは床下に収納
日野自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、電気バスのコンセプト「ポンチョ・ミニ」を初公開する。同車両は、走行モーターなどのパワートレインを運転席の下部に配置する前輪駆動タイプの車両となっている。(2013/11/14)

東京モーターショー2013:
日産がスマートグラス「NISSAN 3E」を披露、ドラゴンボールのスカウター風
日産自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、開発中のグラス型ウェアラブルデバイス「NISSAN 3E」を披露する。NISSAN 3Eは、人気漫画「ドラゴンボール」に出てくる「スカウター」風の片側メガネタイプのスマートグラスだ。イメージ映像も公開されている。(2013/11/12)

東京モーターショー2013:
三菱電機のEVコンセプト「EMIRAI2」、パワートレイン系と運転支援系の2台を用意
三菱電機は、「第43回東京モーターショー2013」において、電気自動車(EV)のコンセプトカー「EMIRAI(イーミライ) 2」を展示する。パワートレイン系車両と運転支援系車両の2台を用意しているという。(2013/11/12)

東京モーターショー2013:
ピンクは「クラウン」だけじゃない、三菱ふそうが女子力高めのトラックを公開
三菱ふそうトラック・バス(以下、三菱ふそう)は、「第43回東京モーターショー2013」において、“女性の 女性による 女性のためのトラック”「キャンター エコ ハイブリッド Canna(カンナ)」を参考出品する。(2013/11/11)

東京モーターショー2013:
ヤマハ発動機は電動バイクコンセプトを4台出展、次世代「PAS」はスマホと連動
ヤマハ発動機は、「第43回東京モーターショー2013」において、電動バイクのコンセプトモデルを4台披露するとともに、電動アシスト自転車「PAS」の次世代モデルなども初公開する。(2013/11/8)

東京モーターショー2013:
日産のEV「ブレイドグライダー」は地上を滑空する感覚、市販も視野に
日産自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、グライダーと三角翼をモチーフにした次世代電気自動車(EV)のコンセプトモデル「ブレイドグライダー」と、直近でフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジを予定している車両の数々を披露する。ブレイドグライダーの紹介映像も公開中だ。(2013/11/8)

東京モーターショー2013:
ワールドプレミアは前回比1.4倍の76台、テスラとBMW Motorradも参加決定
「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)で世界初公開(ワールドプレミア)される車両の台数は、前回比約1.4倍の76台になることが分かった。(2013/11/7)

東京モーターショー2013:
超小型EV「コムス」が2人乗りになって登場、ドアも付いた
トヨタ車体は、「第43回東京モーターショー2013」において、超小型電気自動車(EV)「コムス」の2人乗りモデル「T・COM」を初公開する。(2013/11/7)

東京モーターショー2013:
新たなボルボ・デザインを示唆する「コンセプト・クーペ」、新型「XC90」に反映
ボルボ・カー・ジャパンは、「第43回東京モーターショー2013」において、アジア初公開となる「ボルボ・コンセプト・クーペ」を出展する。同車両は、新世代のボルボ・デザインの可能性を示唆するコンセプトカーだ。(2013/11/6)

東京モーターショー2013:
トヨタが燃料電池車のFCスタックの出力密度を倍増、セダンタイプで2015年に市販
トヨタ自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、2015年に市販するセダンタイプの燃料電池車(FCV)のデザインコンセプト「TOYOTA FCV CONCEPT」や、直感で通じ合うことで愛着を感じられる未来のクルマ「TOYOTA FV2」、次世代の日本のタクシーコンセプト「JPN TAXI Concept」などを世界初公開する。(2013/11/5)

東京モーターショー2013:
レクサスは“見る者を魅了する”スポーツクーペを公開、小型SUVはターボを搭載
トヨタ自動車は、「第43回東京モーターショー2013」において、高級車ブランド「レクサス」からスポーツクーペ「LEXUS RC」とコンパクトクロスオーバーSUV「LEXUS LF-NX」を出展する。LEXUS RCは、「見る者を一目で魅了するスタイリング」(同社)だという。(2013/11/5)

東京モーターショー2013:
三菱自のプラグインSUVコンセプト、車室中央にタッチパネルテーブルを設置
三菱自動車が「第43回東京モーターショー2013」に出展する大型プラグインハイブリッドSUVのコンセプトモデル「MITSUBISHI Concept GC-PHEV」は、車室室内中央に、全ての乗員がアクセスできるタッチスクリーン式の大型インタフェース「タクティカルテーブル」を設置している。(2013/11/1)

東京モーターショー2013:
ダイハツの軽スポーツは樹脂外板で着せ替え、全高がミニバン並みの軽ワゴンも
ダイハツ工業は、「第43回東京モーターショー2013」(2013年11月20日〜12月1日、東京ビッグサイト)において、軽スポーツのコンセプトモデル「KOPEN」や、ミニバン並みの全高を持つ軽ワゴン「DECA DECA」、同社が独自開発した液体燃料電池システムと搭載する「FC凸DECK」などを世界初公開する。(2013/10/31)

東京モーターショー2013:
スバルが国内市場向け新型車「LEVORG」を公開、スポーツカーやワゴンを超越
富士重工業は、「第43回東京モーターショー2013」の出展概要を発表した。世界初公開する車両は、国内市場向けの新型スポーツツアラー「LEVORG」と、都市型SUVのコンセプトモデル「SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT」である。(2013/10/30)

東京モーターショー2013:
スズキの電動バイクは可視光通信でスマホと連携、カシオが技術提供
スズキが「第43回東京モーターショー2013」に出展する電動バイクのコンセプトモデル「EXTRIGGER(エクストリガー)」には、カシオ計算機の可視光通信技術が搭載されている。(2013/10/29)

東京モーターショー2013:
スズキが「ジムニー」をハイブリッド化、可視光通信電動バイクやモトGP参戦車も
スズキは、「第43回東京モーターショー2013」に、小型四輪駆動車「ジムニー」をベースに独自開発の小型軽量なハイブリッドシステムを搭載した「X-LANDER」や、可視光通信技術を搭載した電動ミニモト「EXTRIGGER」などを出展する。(2013/10/29)

東京モーターショー2013:
ホンダ、軽オープンスポーツ「Honda S660 CONCEPT」を世界初披露
東京モーターショー2013、ホンダブースには軽オープンスポーツ「Honda S660 CONCEPT」と次世代スーパースポーツモデル「NSX CONCEPT」が並ぶことになりました。(2013/10/23)

東京モーターショー2013:
ホンダの新型軽スポーツは「ビート」じゃなくて「S660」、「UNI-CAB」も進化
ホンダは、「第43回東京モーターショー2013」において、軽オープンスポーツカーのコンセプトモデル「Honda S660 CONCEPT」を出展する。この他、2015年発売予定のスポーツカー「NSX」のコンセプトモデル「NSX CONCEPT」を日本で初公開するとともに、電動一輪車「UNI-CUB」の新モデルも披露する。(2013/10/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。