ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自動車ショー」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

新興国自動車事情(1):
北京モーターショーに見る、中国地場自動車メーカー変化の兆し
自動車市場の成長を支えるのは既に成熟し切った日米欧ではなく新興国だ。本連載では、その新興国各国のモーターショーや開催都市の自動車事情を紹介していく。第1回は、世界最大の自動車市場となって久しい中国の首都・北京で開催された「第14回北京モーターショー」のレポートをお送りする。(2016/6/22)

北京モーターショー2016レポート:
先行き不透明な中国自動車市場、エコカーとクロスオーバーで乗り越えられるか
中国経済の成長鈍化により同国の自動車市場は先行き不透明な状態になっている。そんな状況下で開催された「北京モーターショー2016」では、厳しい環境規制に対応するエコカーや、唯一大きな成長を見せているクロスオーバー車の出展が相次いだ。桃田健史氏による同ショーのレポートする。(2016/5/9)

北京モーターショー2016:
ホンダが新型SUVで中国攻略へ、「Type R」のターボエンジンや8速DCTを搭載
ホンダは、「北京モーターショー2016」において、ホンダとAcura(アキュラ)の両ブランドでそれぞれ新型SUVを世界初公開した。ホンダの中国市場におけるフラッグシップSUVとなる「AVANCIER(アヴァンシア)」は「シビック Type R」と同じ排気量2.0lの直噴ターボエンジンを、アキュラの小型SUV「CDX」は8速DCTを搭載する。(2016/4/26)

北京モーターショー2016:
マツダの新型SUV「CX-4」が狙う「真の豊かさを模索する」中国の若者たち
マツダは、「北京モーターショー2016」において、新型クロスオーバーSUV「CX-4」を世界初公開した。SUV市場の成長が著しい中国のユーザーをターゲットに開発したモデルだ。全長が「CX-5」よりも長く、全高は「CX-3」よりも低いプロポーションが特徴となる。現時点では中国のみでの生産/販売となるが、グローバル展開も視野に入れている。(2016/4/26)

北京モーターショー2016:
個性派な若者に届け、アグレッシブさを強調したレクサスの新型「IS」
トヨタ自動車は、「北京モーターショー2016」において、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを出展する。現行ISの購入理由として最も多く挙げられるデザイン面の特徴を進化させるとともに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用して安全面も強化した。日本では2016年秋に発売する。(2016/4/26)

北京モーターショー2016:
レクサス「IS」、マイナーチェンジでデザインが進化
トヨタ自動車は、「北京モーターショー2016」において、マイナーチェンジしたレクサスブランドのスポーツセダン「IS」を出展すると発表した。(2016/4/22)

北京モーターショー2016:
日産インフィニティの今後の「QXシリーズ」はスポーツクーペ「Q60」似に
日産自動車は、「北京モーターショー2016」において、次世代のインフィニティブランドのビジョンを示すSUVのコンセプトカー「QX Sport Inspiration」を世界初公開すると発表した。(2016/4/15)

北京モーターショー2016:
「CR-V」「HR-V」の次は「DR-V」!? ホンダが中国でSUVラインアップ強化
ホンダは、「北京モーターショー2016」において、中国市場専用車種となるSUVコンセプト「Concept D」を基にした市販モデルを世界初公開する。Acura(アキュラ)ブランドからも新型の小型SUVを披露し、中国市場に向けたSUVのラインアップを強化する。(2016/4/8)

ニューヨークモーターショー2016:
新型「インプレッサ」は2.0l直噴ボクサー搭載、アイサイトで自動ハイビーム
富士重工業は、「ニューヨークモーターショー2016」において、主力車種「インプレッサ」の新モデル(北米仕様)を初公開した。約80%の部品を刷新した排気量2.0lの水平対向直噴エンジンを採用。運転支援システム「アイサイト」は自動ハイビーム機能が追加された。(2016/3/25)

ニューヨークモーターショー2016:
ホンダの高級SUV「アキュラMDX」のフロントグリルは「ダイアモンドペンタゴン」
ホンダは、「ニューヨークモーターショー2016」において、アキュラブランドのクロスオーバーSUV「MDX」のマイナーチェンジモデルを公開。アキュラブランドが新たに打ち出したデザインの方向性を反映し、「ダイアモンドペンタゴン」と呼ぶフロントグリルをなどを採用している。(2016/3/24)

ニューヨークモーターショー2016:
プライムな新型「プリウスPHV」は4人乗り、テスラばりの縦長タッチパネル搭載
トヨタ自動車は、「ニューヨークモーターショー2016」において、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の新モデルを初公開した。モーターを2個とも走行に利用できる「デュアルモータードライブシステム」を採用しEV走行距離も60km以上に引き上げた。2016年秋に日米欧で発売する。(2016/3/24)

ニューヨークモーターショー2016:
マツダ「ロードスターRF」の電動ハードトップ、開閉速度は従来モデルと同等!?
マツダは、「ニューヨークモーターショー2016」(一般公開日:3月25日〜4月3日)において「Mazda MX-5 RF(日本名:マツダ ロードスター RF)」を世界初公開する。2015年6月に発売された4代目ロードスターのグレードにリトラクタブルハードトップモデルとして追加される。ソフトトップと同等の荷室容量を確保するとともに、走行中の開閉にも対応した。(2016/3/24)

ニューヨークモーターショー2016:
4代目「プリウス」に新ラインアップ、「次なる機械的な驚き」の正体は
トヨタ自動車は、「ニューヨークモーターショー2016」において、2015年12月に発売した4代目「プリウス」の新ラインアップを披露すると発表した。「次なる機械的な驚き」というスタイリングを持つ車両の正体は。(2016/3/19)

北京モーターショー2016:
マツダがクーペタイプSUV「CX-4」を開発、「越 KOERU」の量産版か
マツダは、「北京モーターショー2016」において、新開発のクロスオーバーSUV「CX-4」を初公開する。マツダ新世代商品の第8弾で、「フランクフルトモーターショー2015」で公開したコンセプトカー「マツダ越 KOERU」の量産モデルである可能性が高い。(2016/3/14)

ジュネーブモーターショー2016レポート:
日韓対決がぼっ発? ジュネーブショーに見るハイブリッド車最新事情
「ジュネーブモーターショー2016」では、レクサスの「LC500h」や現代自動車の「アイオニック」など新開発のハイブリッドシステムを搭載する車両に注目が集まった。ドイツ自動車メーカーが導入を加速するプラグインハイブリッド車を含めて、桃田健史氏がハイブリッド車の最新事情をレポートする。(2016/3/14)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
“おもちゃ”みたいなコンセプトカーに込められた魂
こういうのがないと「東京モーターショー」という感じがしません。(2016/3/8)

燃料電池車:
2030年の燃料電池車「FCV PLUS」は「24時間働くクルマ」
トヨタ自動車が「東京モーターショー2015」で初披露した燃料電池車のコンセプトカー「TOYOTA FCV PLUS」は、2030年ごろの燃料電池車の在り方をイメージして開発された。燃料電池の発電機能を用いた「24時間働くクルマ」も、FCV PLUSのコンセプトの1つだ。(2016/3/3)

ジュネーブモーターショー2016:
次期「XV」は「ダイナミックXソリッド」、クロスオーバーらしいデザインに
富士重工業は、「ジュネーブモーターショー2016」において、小型SUV「XV」の次期モデルのコンセプトカー「SUBARU XV CONCEPT」を初公開した。デザインテーマは、クロスオーバーらしさを取り入れた「DYNAMIC X SOLID(ダイナミックXソリッド)」である。(2016/3/2)

クルマから見るデザインの真価(9):
自動車用ホイールとデザインの深イイ関係
路面に接しているタイヤと車体をつなぐホイールは、自動車部品の中でも重要なパーツだ。走行に欠かせない機能部品であると同時に、ファッション性を含むスタイリング要素も求められるパーツでもある。「東京オートサロン2016」で披露された数多くのホイールを眺めつつ、ホイールとデザインの関係を見ていこう。(2016/3/1)

デトロイトモーターショー2016 レポート:
2016年のデトロイトショーを彩った和製スポーツカーの競演とセダンの復権
「デトロイトモーターショー2016」では、和製スポーツカーの競演や、ピックアップトラックの各社の新モデル、そしてセダンの復権が垣間見えた。各社のエコカー開発競争や、ディーゼルエンジンの排気ガス不正問題と向き合うVolkswagenグループの姿勢もうかがえた。華やかさを取り戻しつつあるデトロイトモーターショーを振り返る。(2016/2/19)

ジュネーブモーターショー2016:
「アクセラ」の排気量1.5lディーゼルモデル登場、欧州で公開
マツダは、「ジュネーブモーターショー2016」で、「Mazda3(日本名:アクセラ)」の排気量1.5l(リットル)ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」搭載モデルを公開すると発表した。(2016/2/16)

ジュネーブモーターショー2016:
レクサスの最高峰クーペ「LC」が世界初の「マルチステージハイブリッド」搭載
トヨタ自動車は、「ジュネーブモーターショー2016」において、2016年1月の「北米国際自動車ショー2016」で披露したレクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC500」のハイブリッドモデル「LC500h」を初公開する。「世界初」(同社)をうたうレクサスの次世代ハイブリッド「マルチステージハイブリッドシステム」を搭載しているという。(2016/2/15)

ジュネーブモーターショー2016:
新型「シビック」出そろう、欧州主力のハッチバックは2017年発売
ホンダの英国法人ホンダモーターヨーロッパは、「ジュネーブモーターショー2016」(一般公開日:2016年3月3〜13日)において、「シビック ハッチバック」の次期モデルのプロトタイプを世界初公開すると発表した。(2016/2/12)

ジュネーブモーターショー2016:
次期「XV」のデザイン、「インプレッサ」と同じ「ダイナミック&ソリッド」へ
富士重工業は、「ジュネーブモーターショー2016」において、小型SUV「XV」の次期モデルのコンセプトカー「SUBARU XV CONCEPT」を初公開すると発表した。(2016/2/10)

デトロイトモーターショー2016 ダイムラーナイトレポート:
新型「Eクラス」は「Sクラス」に比肩、ダイムラーが2016年も攻勢へ
ダイムラーは「デトロイトモーターショー2016」の前夜祭イベント「ダイムラーナイト」で、2016年内に投入する新型「Eクラス」を披露した。自動車ジャーナリストの川端由美氏による、同前夜祭のレポートと新型Eクラスの詳細をお送りする。(2016/2/3)

2016 CES&デトロイトモーターショー2016レポート(後編):
デトロイトショーで目立つ「売らんがため」の現実主義、「クルマの未来」姿なく
自動車業界の今後の方向性が示される「2016 International CES」と「デロイトモータショー2016」を取材した桃田健史氏によるレポートの後編をお送りする。久々に盛り上がりデトロイトモーターショーだが、桃田氏は、「規制対応と売らんがための現実主義が強く、かつてのように『クルマの未来』は示されていない」と指摘する。(2016/1/28)

東京オートサロン2016:
スピードこそがクルマの正義、レクサスがミニカーで伝えようとしたこと
Lexus Internationalは、「東京オートサロン2016」において、ミニカーと「Oculus Rift」を使ってクルマの醍醐味であるスピード感を伝えた。(2016/1/21)

東京オートサロン2016:
日本で売れない「マーチ」、フランスではファッションブランド特別仕様車が好評
日産自動車は「東京オートサロン2016」において、フランスで販売する「マイクラ(日本名マーチ)」の特別仕様車「マイクラLolita Lempicka」と共通のデザインでカスタマイズした「マーチ」「ノート」「ジューク」を展示した。クルマの内外装をパーソナライゼーションする楽しさをアピールした。(2016/1/20)

東京オートサロン2016:
スズキの新型SUV「イグニス」、位置付けは「ハスラー」と「エスクード」の中間
スズキは「東京オートサロン2016」で、間もなく発売するクロスオーバーSUV「イグニス」を展示した。「ハスラー」と「エスクード」の中間となるイグニスでSUVのラインアップを強化する。SUVらしいデザインと走りを特徴としており、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」と同じパワートレインや軽量化技術を採用した。(2016/1/19)

電気自動車:
燃料電池車「MIRAI」に衛星通信機能、トヨタがクルマの「つながる化」を加速
将来は自動車に衛星通信機能を搭載することが一般的になるかもしれない。トヨタは米国で開催されているモーターショーで、米Kymate社の技術を活用した衛星通信機能付きの燃料電池車「MIRAI」の実験車を公開した。(2016/1/18)

東京オートサロン2016:
「N-ONE」がピックアップトラック、「S660」がクラシックカーに変身
ホンダアクセスは「東京オートサロン2016」に軽自動車「N-ONE」をベースにしたピックアップトラックと、クラシックなデザインでカスタマイズした2人乗り軽スポーツオープンカー「S660」を展示した。純正カー用品の開発強化の一環となる取り組みだが「来場者の反応次第で、商品化に動き出したい」(ホンダアクセス担当者)という。(2016/1/18)

スケスケで丸見えでけしからん! お姉さん祭りの最高峰AIWAブースが「東京オートサロン2016」来場者の目をわしづかみ
ぶれないAIWA。安定のAIWA。拝まずにいられない。(2016/1/16)

全力でお姉さんを紹介します! 「東京オートサロン2016」が幕張で開幕
今年は出展者数も出展車両台数も展示ブース総数も過去最大。つまり、過去最大のお姉さん祭り!(2016/1/16)

デトロイトモーターショー2016:
ホンダの高級車ブランド・アキュラの新デザインテーマは「量子の連続体」
ホンダは、「北米国際自動車ショー2016」において、高級車ブランド・アキュラの新たなデザインの方向性を示すコンセプトカー「Acura Precision Concept」を公開。デザインテーマは「quantum continuum(量子の連続体)」だ。(2016/1/15)

デトロイトモーターショー2016:
トヨタのクルマは衛星通信で「つながる」、燃料電池車の実験車を披露
トヨタ自動車は、「北米国際自動車ショー2016」において、衛星通信機能を搭載する燃料電池車「ミライ」の実験車を参考出展した。衛星通信で一般的なパラボラアンテナではなく、米国ベンチャーの技術を活用した車載用平面アンテナを搭載していることが特徴だ。(2016/1/13)

デトロイトモーターショー2016:
新型「スカイライン クーペ」こと「Q60」、ステアバイワイヤも第2世代に
日産自動車は、「北米国際自動車ショー2016」で、インフィニティブランドのスポーツクーペ「Q60(日本名:スカイライン クーペ)」の新モデルを発表した。2015年の同ショーで発表した「Q60コンセプト」がベースになっている。(2016/1/13)

デトロイトモーターショー2016:
レクサスの最高峰クーペは「LC500」、フロントミッドシップで奥深い走りを実現
トヨタ自動車は、「北米国際自動車ショー2016」で、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC500」を発表した。デザインスタディモデル「LF-LC」をベースに、新開発のFRプラットフォームを組み合わせた車両となっている。(2016/1/12)

東京オートサロン2016:
「アウトランダーPHEV」と「デリカ D:5」でさらにアウトドアを遊び尽くす
三菱自動車は「東京オートサロン2016」で、アウトドア用品の「ギア感」や、オートキャンプを楽しめるカスタマイズを施した「アウトランダーPHEV」と「デリカ D:5」を展示し、活動的なカーライフを提案する。(2016/1/7)

東京オートサロン2016:
スズキのクルマでアウトドア、水辺「イグニス」や登山「ハスラー」など
スズキは「東京オートサロン2016」で、アウトドアの趣味を楽しむユーザー向けのカスタマイズモデルを展示する。「東京モーターショー2015」に出展したクロスオーバーSUV「イグニス」などをアピールしていく。(2015/12/25)

東京オートサロン2016:
丸目「コペン」がクーペになった、吊り目はシューティングブレーク化
ダイハツ工業は、「東京オートサロン2016」で、2人乗りの軽オープンスポーツカー「コペン」のコンセプトカーを披露する。丸目ヘッドランプが特徴の「コペン セロ」がクーペ、吊り目ヘッドランプの「コペン ローブ」がシューティグブレークになる。(2015/12/25)

東京オートサロン2016:
「S660」に旅行の荷物を積むならこうすればいい、「ステップワゴン」は先鋭化
ホンダは、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2016」において、「Modulo S660 Study Model」や「STEP WGN Modulo Concept」、「MUGEN CIVIC TYPE R Concept」などカスタマイズの可能性を提案する四輪車や二輪車を展示する。(2015/12/18)

今井優杏のエコカー☆進化論(21):
マツダ「RX-VISION」の長〜いボンネットには何が入る?
2015年11月8日に閉幕した「東京モーターショー2015」。筆者が注目したのは、マツダの「RX-VISION」と日産自動車の「IDSコンセプト」だ。RX-VISIONの長〜いボンネットには一体何が入るのか。完全自動運転にも対応するIDSコンセプトが事故を起こしたら誰が責任を取るのか。(2015/12/15)

電気自動車:
現代自動車が“世界初”のエコカー「IONIQ」を発売へ
Hyundai Motor(現代自動車)は、現在開発を進めている、1車種の中で電気自動車、プラグインハイブリッド車、ハイブリッド車を全てラインアップする新型車の車両名称と発表時期を明らかにした。車両名称は「IONIQ」で、2016年1月に韓国国内で発表した後、「ジュネーブモーターショー2016」などで披露する予定だ。(2015/12/9)

東京オートサロン2016:
トヨタの小型スポーツ「S-FR」にレーシングコンセプト、全高を1270mmに低減
トヨタ自動車は、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2016」に、開発中の小型スポーツカー「S-FR」のレーシングコンセプト「TOYOTA S-FR Racing Concept」を出展する。(2015/12/3)

プロダクトデザイナーが見た東京モーターショー2015:
トヨタとベンツに見る「Car」と「Automobile」の違い
「東京モーターショー2015」における各自動車メーカーの展示内容やコンセプトカーをプロダクトデザイナーが斬る。トヨタ自動車、日産自動車、メルセデス・ベンツ、マツダなどの展示から感じた「Car」と「Automobile」の違いとは?(2015/11/27)

自動運転技術:
自動運転で「所有から利用へ」が本格化?
2015年11月8日に閉幕した東京モーターショーでは、次世代小型モビリティやパーソナルモビリティの試乗もあり、出展各社の取り組みは非常に興味深かった。大手自動車メーカー各社とも、自動車の電動化もまた避けて通れない道として認識されているが、象徴的なところでは、走りを追求したホンダの「CIVIC TYPE R」、ロータリーエンジン搭載のコンセプトモデル「Mazda RX-Vision」など内燃式エンジンによる自動車の魅力も再訴求されている。(2015/11/24)

東京モーターショー2015 フォトギャラリー:
新型「プリウス」採用部品を一挙展示、ゆるキャラが魔法少女とコラボ
「東京モーターショー2015」で、各社が工夫を凝らした技術展示や、サプライヤの部品展示をフォトギャラリー形式で紹介する。新型「プリウス」の採用部品の数々や、ゆるキャラと魔法少女のコラボ展示に注目だ。(2015/11/17)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
日本の超高齢化を見据える「東京モーターショー2015」
高齢化という単語が他人ごとではない今日このごろ。気になります。(2015/11/10)

東京モーターショー2015 フォトギャラリー:
変形や前開きドアなど多士済々の超小型EVたち――「SMART MOBILITY CITY 2015」
「東京モーターショー2015」と同時開催の「SMART MOBILITY CITY 2015」では、次世代自動車やそれを取り巻く社会システムなどに関する展示が行われている。本稿では、変形や前開きドアなど多士済々の超小型EVを中心にフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2015/11/6)

和田憲一郎の電動化新時代!(18):
もはやPHEVやEVは特殊なクルマではない――東京モーターショー2015レポート
コンセプトカーやスポーツカーに注目が集まる「東京モーターショー2015」だが、次世代エコカーといわれてきたプラグインハイブリッド車(PHEV)や電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)を各社が多数展示している。これらを見ていると、もはやPHEVやEVが特殊なクルマではなくなりつつあることが感じられる。(2015/11/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。