ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「Ubuntu for phones」最新記事一覧

関連キーワード

BQ、4.5型および5型のUbuntu端末を日本を含む世界に向けて発売
スペインBQが、4.5型と5型の製品版Ubuntu端末を世界で発売すると発表した。出荷情報ページには日本も表示されている。(2015/8/10)

初の製品版Ubuntu端末、スペインBQが170ユーロで発売へ
CanonicalがUbuntuをモバイル対応させると発表してから約2年。ようやくUbuntu搭載スマートフォンの製品版が欧州で発売される。価格は169.90ユーロ(約2万3000円)と、競合するTizen端末やFirefox OS端末より高めだ。(2015/2/9)

クラウドファンディングで端末開発中:
Androidとのデュアルブートに対応した「Ubuntu Edge」695ドルに値下げを発表
Canonicalがクラウドファンディングで開発を進めるUbuntuケータイが提供価格を値下げ。さらなる資本獲得を目指す。(2013/8/9)

Ubuntuのコンセプト端末「Ubuntu Edge」プロジェクト始動
Canonicalが、Ubuntu phone OS搭載のスマートフォン「Ubuntu Edge」を開発するためのクラウドファンディングプロジェクトをIndiegogoで立ち上げた。830ドル出資すると、2014年5月に端末を入手できる見込みだ。(2013/7/23)

順調に進む「Ubuntu Touch」向けコアアプリ開発
Ubuntu Touchアプリが徐々に出そろってきた。開発プロジェクトにはCanonicalも参加している。(2013/3/13)

タブレット向けUbuntuインタフェース登場――開発者向けプレビュー版は21日に公開
英Canonicalが、「Ubuntu」のタブレット向けインタフェースを発表した。2月21日に公開予定の開発者向けプレビュー版「Touch Developer Preview」の一部となり、「Nexus 7」と「Nexus 10」にインストールできる。(2013/2/20)

UbuntuベースのスマホOS、開発者向けプレビュー版が公開に――アプリ開発も奨励
対応端末は「Galaxy Nexus 7」(Samsung)と「Nexus 4」(LG)の2機種。SDK(プレビュー版)とアプリ開発ガイドも公開し、アプリ開発を奨励する。(2013/2/18)

2013 International CES:
噂の「Ubuntu Phone」がCESに登場 創業者自らが軽快動作のOSをデモ
AndroidでもTizenでもない、Linuxベースの新たなスマートフォン用OS、「Ubuntu Phone」が動作しているのをCESのDigital Experienceで見つけた。実際にどのような動きを見せるのか、動画とともに確認してほしい。(2013/1/10)

スマートフォン向けUbuntuをCanonicalが発表 2013年末に搭載端末リリースへ
Canonicalが、Linuxディストリビューション「Ubuntu」のスマートフォン版を発表した。有料アプリも販売できるアプリストアも用意し、独自のエコシステムを展開する。(2013/1/3)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。