ニュース
» 2015年02月09日 11時37分 UPDATE

初の製品版Ubuntu端末、スペインBQが170ユーロで発売へ

CanonicalがUbuntuをモバイル対応させると発表してから約2年。ようやくUbuntu搭載スマートフォンの製品版が欧州で発売される。価格は169.90ユーロ(約2万3000円)と、競合するTizen端末やFirefox OS端末より高めだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英Canonicalは2月6日(現地時間)、スペインの携帯電話メーカーBQが初の製品版Ubuntuスマートフォン「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」を発売すると発表した。価格は169.9ユーロ(約2万3000円)で、向こう数週間中に欧州でフラッシュセール(期間限定のオンライン販売)を通じて提供する。

 ubuntu 1 Aquaris E4.5 Ubuntu Edition

 Aquaris E4.5はAndroid搭載モデルが既に販売されており、こちらは159.90ユーロ。UbuntuモデルのハードウェアスペックはAndroidモデルと同じで、4.5型ディスプレイ(540×960)でプロセッサはCortex A7(1.3GHzクアッドコア)、1GバイトのRAMと8Gバイトのストレージを搭載する。新興国市場ではほぼ標準のデュアルSIMとなっている。

 Ubuntu端末の大きな特徴は「Scopes」と呼ばれるユーザーインタフェース(UI)で、これにより、ホーム画面からさまざまなサービスに直接アクセスできる(記事末の動画を参照)。開発者にとって、ツールキットでScopes対応アプリを作成するのは従来のモバイルアプリ作成より簡単だとしている。

 ubuntu 2

 Canonicalは2013年7月にUbuntu搭載のコンセプト端末「Ubuntu Edge」をクラウドファンディングで立ち上げ、同年10月リリースの「Ubuntu 13.10」からUbuntuをモバイルに対応させていたが、製品版Ubuntu端末はこれまで発売されていなかった。

「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」の主な仕様
機種名 Aquaris E4.5 Ubuntu Edition
OS Ubuntu Phone
ディスプレイ 4.5型(540×960)
CPU Cortex A7(1.3GHzクアッドコア)
RAM 1Gバイト
ストレージ 8Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
メインカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
サイズ 137×67×9ミリ
重さ 123グラム
バッテリー容量 2150mAh
ネットワーク LTE非対応

関連キーワード

Ubuntu | ARM | Cortex | Ubuntu for phones


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.