ニュース
» 2013年07月23日 09時09分 UPDATE

Ubuntuのコンセプト端末「Ubuntu Edge」プロジェクト始動

Canonicalが、Ubuntu phone OS搭載のスマートフォン「Ubuntu Edge」を開発するためのクラウドファンディングプロジェクトをIndiegogoで立ち上げた。830ドル出資すると、2014年5月に端末を入手できる見込みだ。

[ITmedia]

 英Canonicalは7月22日(現地時間)、UbuntuベースのスマートフォンOSを搭載する“コンセプト端末”、「Ubuntu Edge」開発のクラウドファンディングプロジェクトを米Indiegogoで立ち上げた。

 目標獲得金額は3200万ドルで、830ドル(米国外の場合は送料が必要)の出資者は2014年5月にUbuntu Edgeを入手できる見込み。日本時間の24日午前0時までは600ドルで入手できる(先着5000人)。

 ubuntu 1

 Canonicalは、1月にUbuntuベースのモバイルOSの開発計画を発表し、2月にAndroid端末で稼働するプレビュー版とSDKを公開した。

 Canonicalは同OSのライセンサーであり、製品としてのハードウェアはメーカーが製造することになるが、自動車業界におけるFormula 1(F1)のような最先端技術のたたき台、コンセプトモデルとしてUbuntu Edgeを立ち上げたという。

 現段階で発表されているスペックは、プロセッサは“最速のマルチコア”で、最低でも4GバイトのRAM、128Gバイトのストレージを搭載する。ディスプレイは4.5インチ(1280×720)で、カメラは800万画素と200万画素の2台。バッテリーにはシリコンアノードを採用する。筐体はアモルファス金属製で、サイズは64×9×124ミリ。上辺のエッジが特徴だ。ネットワークはGSM/3G/LTEとあるが、周波数帯は不明。

 ubuntu 2
 ubuntu 3

 Ubuntu phoneとAndroidのデュアルOSで、切り替えて利用できる。

 ubuntu 4 Ubuntu phoneの画面

 Ubuntu EdgeはSIMフリーで提供される。リリース前の実機テストは、欧州、米国、南米、中国、インド、中東、アフリカで実施するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.