ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Indiegogo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Indiegogo」に関する情報が集まったページです。

Atariの新ゲームコンソール「Atari VCS」は独自OSにChromeブラウザ搭載
Atariは来年初頭に出荷予定の新型ゲームコンソール「Atari VCS」にGoogleのWebブラウザ「Chrome」をプリインストールすると発表した。ゲームモードのままストリーミングやGmailなどが使える。AndroidおよびiOS版コンパニオンアプリを使えば、モバイル端末をキーボードやマウス代わりに使える。(2020/12/17)

Lightning廃止の布石? iPhone 12で「MagSafe」を試して感じた可能性
「MagSafe for iPhone」は、ワイヤレス充電を扱いやすくすると同時に、将来性の拡張性も兼ね備えた技術だ。今後はLightningに代わる、標準的な充電手段になる? ただしユーザーの利便性を考えると疑問符が付く面もある。(2020/11/4)

ハーフミラー付きでトレースもできるスケッチブック Inktober発案者とコラボで開発、クラウドファンディングで人気に
スケッチに便利なツールがそろっています。(2020/9/15)

かっちょええぇぇ! 「ウルトラマン」コラボのハイテクカーボンスポーツ自転車登場、78台限定
は、速そう。(2020/8/25)

イノベーションのレシピ:
CFRP製造技術でカスタム自転車に参入、航空宇宙・自動車向けはAGCなどと展開
シリコンバレーのベンチャー企業であるArevoは、独自のCFRP(炭素繊維強化プラスチック)素材の設計・製造技術を活用し、新たにカーボンフレームのカスタム自転車ビジネスへの参入を発表した。また、AGCなどのパートナーと協力し、航空宇宙向けや自動車向けのCFRP活用拡大に向けた取り組みを強化する。(2020/7/14)

CHUWI、Celeron搭載ミニPC「LarkBox」のクラウドファンディング開始日を予告
CHUWI INNOVATIONは、超小型デスクトップPC「LarkBox」のクラウドファンディング実施を発表した。(2020/6/3)

CHUWI、4Kディスプレイ搭載で599ドルの15.6型スリムノート「AeroBook Pro 15.6」を告知
CHUWIは、4Kディスプレイを搭載した15.6型スリムノートPC「AeroBook Pro 15.6」の告知を行った。(2020/3/6)

持ち歩きたくなる8.9型の超小型PC:
思わず衝動買いをした「GPD P2 Max」の出会いと別れ
Shenzhen GPD Technologyが投入した8.9型の液晶ディスプレイ搭載超小型PC「GPD P2 Max」。従来モデルに比べ、大型化しキーボードにも手が加えられた新モデルの出来栄えはどうなのだろうか。(2020/2/19)

CES 2020:
ジャガイモにもIoT化の波? アンテナ刺した「スマートポテト」がCES 2020で話題
米ラスベガスで開催中の「CES 2020」で、アンテナを刺したジャガイモを展示するブースが話題になっている。(2020/1/10)

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選
筆者の仕事は、いつでもどこでも仕事ができることが強み。それにガジェットを追加することで、もっと仕事の効率が向上する。この記事では、2019年に買ったベストガジェットを6つ紹介する。(2019/12/29)

JBL、“エンドレスに使える”自己充電式無線ヘッドフォンをクラウドファンディング中
JBLが、太陽電池搭載でほぼエターナルに使い続けられるとうたうBluetoothヘッドフォン「JBL REFLECT Eternal」をIndiegogoのプロジェクトとしてスタートした。サポーター向けには2020年10月出荷の予定だ。(2019/12/17)

キヤノンがカラビナ型カメラ「iNSPiC REC」本格展開 ズーム、画面なし 「不便さ楽しんで」
キヤノンマーケティングジャパンがカラビナ形状の小型カメラ「iNSPiC REC」を店頭で販売する。ズームレンズや液晶画面はあえて付けない割り切った仕様で、「不便さを楽しんでほしい」という。(2019/12/5)

キューブ型でかわいい 手のひらサイズのカラープリンタ「PrinCube」に注目が集まる
どこにでも持ち運びが可能!(2019/10/29)

GPD Pocket 2のキーボードを“ねちっこく”使ってみた
昨今の超小型PC人気の火付け役となった「GPD Pocket 2」の入力環境について、改めて焦点を当ててみた。(2019/10/24)

CHUWIがCore m3搭載12.3型タブレット「UBook Pro」クラウドファンディングを開始
中国CHUWI INNOVATIONは、軽量薄型デザインの12.3型2in1タブレットPC「UBook Pro」を発表、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」でプロジェクトを開始した。(2019/10/9)

コーヒーの香りで目覚める朝 英メーカーのドリッパー付き目覚まし時計
今後、日本でも販売されるかも?(2019/9/2)

CHUWIの超小型2in1 PC「MiniBook」、アクティブスタイラス対応へ
中国CHUWIは、ミニノートPC「MiniBook」をアクティブスタイラスに対応させると発表した。クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で目標金額65万ドルを超えた場合に、アクティブスタイラス対応のアップデートを実施する。(2019/8/13)

夏の超小型PC特集:
キーボードの使い勝手はどれだけ変わる? CHUWIの8型超小型PC「MiniBook」を試す
7型〜8型クラスの液晶ディスプレイを搭載した、超小型PCの選択肢が増えている。本特集ではそれらの使い勝手を細かく見ていく。お気に入りの1台を見つける一助としてほしい。(2019/8/7)

「クラウドファンディング」の本質とは何か
大企業が乗り出し始めたクラウドファンディング。その意味は単なる資金調達のための手段から大きく変わってきている。(2019/7/12)

Canon USA、クリップカメラ「IVY REC」のクラウドファンディングをIndiegogoで予告
Canon USAが、クリップカメラ「IVY REC」のクラウドファンディングをIndiegogoでスタートすると予告した。1300万画素のCMOSセンサー搭載で防水。無線でスマートフォンと接続する。クリップ部分をファインダー代わりに使える。(2019/7/5)

フォトレビュー:
8型の超小型2in1 PC「MiniBook」がクラウドファンディング開始 Celeronモデルは429ドル、Core mは530ドル〜
中国CHUWIがクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で8型の超小型2in1 PC「MiniBook」の出資受付を開始した。価格はCeleron N4100モデルが429ドル〜、Core m3-8100Yモデルが530ドル〜で、日本語キーボードの選択も可能だ。(2019/6/21)

リンクスが超小型PC「GPD Pocket2 Black(8GB)」の取り扱いを開始
リンクスインターナショナルが3月25日、GPD Technologyの7型ノートPC「GPD Pocket2 Black(8GB)」の取り扱いを開始、予約を受付中だ。発売は4月6日で、全国の家電量販店や専門店で購入できる。(2019/3/25)

出資受付中の超小型PC「GPD MicroPC」、メモリ6GBに増量 価格は10〜15ドルアップ
6型の小型PC「GPD MicroPC」のメモリが、4GBから6GBに増量する。(2019/3/11)

家庭用ソーシャルロボット「Jibo」、「もうすぐサーバが停止します。一緒にいられて楽しかった」と突然のお別れ
2014年に華々しくデビューしたソーシャルロボット「Jibo」が、ユーザーに自らお別れを告げた。最新アップデート後、「僕のサーバがオフになったので、もう何も分からない。これまでそばに置いてくれてありがとう」と語ると複数のユーザーが報告している。(2019/3/6)

天空が8GB版の黒GPD Pocket 2を価格据え置きで予約受付開始
超小型ノートPC「GPD Pocket2」の低価格モデルのうち、新たに登場したメモリ倍増モデル「Amber Black(8GB)」を天空が取り扱う。価格は従来の4GBモデルと同じだ。(2019/2/20)

GPD Pocket 2の低価格モデルがメモリ倍増、3月発売
GPD Technologyの超小型ノートPC「GPD Pocket2」の下位モデル「GPD Pocket2 Amber Black」にバリエーションモデルが追加される。具体的には、メモリが4GBから8GBに増加した。(2019/2/19)

超小型モバイルPC「GPD MicroPC」クラウドファンディング開始 すでに100%超え
(2019/2/15)

どうなってんだこれ!? エンジンが逆さまのバイク「Nembo 32」が市販化へ
どんな走りをするのか想像つかねぇ。(2019/2/13)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「iPhoneによく似た」は過去の話に 中国メーカーから革新的なスマホが続々登場
2018年は中国のスマートフォンメーカーから新たな本体デザインのスマートフォンが次々と登場した。2019年もその勢いは止まりそうにないようだ。1月にはMeizuとVivoから「完全ホールレス」なスマートフォンが相次いで発表された。(2019/2/6)

あの小さな探偵ごっこが捗りそう 時速32キロで走る電動スケボー「Riptide R1 Elite」が日本上陸
最高速度は32km/hと原付バイク並みのスピード!(2019/2/3)

体当たりッ!スマート家電事始め:
スマート抱き枕に脳トレ用ヘッドギア、ますます進化する欧米「スリープテック」最新デバイス
「心地いい眠り」を支援するテクノロジーがいま、「スリープテック」として注目を集めている。さらに脳科学を加えた「ブレインテック」に発展したものも。最近の海外取材で見つけた最新デバイスをピックアップしていこう。(2019/1/30)

超小型PC「GPD MicroPC」評価機開封レビュー! ネットワーク技術者向けデバイスの細部をチェック
(2019/1/25)

超小型PC「GPD MicroPC」登場 スペックを抑えて安価にしたネットワーク技術者向けデバイス
「GPD Win」や「GPD Pocket2」などの小型PCを生み出した、中国GPDの新製品とされる「GPD MicroPC」の画像やスペックが出回っている。(2018/12/13)

CEATEC 2018で多数の事例を紹介:
PR:TEと一緒にイノベーションを起こしませんか? エンジニアリングサポートの幅を広げるTE Connectivity
接続とセンサ分野の世界的大手メーカーであるTE Connectivity(日本法人:タイコ エレクトロニクスジャパン合同会社)は、スタートアップ/ベンチャー企業など新たなモノづくりに挑戦する企業に対するエンジニアリングサポートを積極的に展開している。既に、国内外のさまざまなパートナーの革新的なモノづくりに貢献し始めているという。(2018/10/15)

「GPD Pocket 2」開封レビュー! 初代Pocketとの比較も
外も中もデキがいい。(2018/10/11)

ITmedia NEWS TV:
超小型PC「GPD Pocket2」と分割型自作キーボードの完成品をチェック その出来栄えに驚く
(2018/10/6)

文章作成「しか」できない テキスト編集用ガジェット、30分で500万円超の資金集める
ポメラっぽいやつ。(2018/10/3)

時速80キロで水面をドリフト! コウモリのようなウイングを持つ水上バイク「Mantra」がめちゃくちゃ楽しそう
バットマンの新しいマシンかな?(2018/9/13)

今ある自転車を約20分で電アシ化! 後付け電動アシスト化キット「bimoz」が日本でもクラウドファンディング開始へ
多くの自転車に対応できて軽量、がウリ。(2018/9/13)

超小型モバイルPC「GPD Pocket2」のクラウドファンディング開始 Core m3搭載など大幅スペックアップ
中国GPDの超小型モバイルノートPC(UMPC)の新モデルのクラウドファンディングが始まった。出荷は10月を予定している。(2018/7/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
国内クラウドファンディングで広がる海外ガジェット販売 そのリスクを考える
国内のクラウドファンディングサイトで行われているガジェット類の出資募集は、海外クラウドファンディングのそれと異なり、既に海外で販売中のガジェットを国内で売るための、実質的な「予約販売プラットフォーム」となりつつある。こうした奇妙なビジネスモデルが広まりつつある理由は何だろうか。(2018/7/18)

ボーズが作った“眠り”をサポートするイヤフォン「sleepbuds」を体験した
米Bose(ボーズ)が開発した「Bose noise-masking sleepbuds」は、一見、小さな完全ワイヤレスイヤフォンだ。しかし好きな音楽をストリーミングして聞くことはできない。眠りをサポートするという、その仕組みは?(2018/7/11)

350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」を試す
「ホームシアターは今どきVRでしょ」って? まぁまぁそう言わずに。(2018/7/6)

Twitter、嫌がらせやスパム対策企業Smyteを買収 Smyteサービスは即終了
Twitterが、スパムや嫌がらせ対策をQuoraなどのサービスに提供していた新興企業Smyteを買収した。Twitter上の問題対策ツールにSmyteの技術を統合していく。Smyteのサービスは即日閉鎖された。(2018/6/22)

Bose、睡眠用イヤフォン「sleepbuds」を249ドルで発売へ
Boseが、音楽ではなく睡眠に向くサウンドを最長16時間長し続ける眠るための無線イヤフォン「sleepbuds」の製品版をまずは米国で発売する。価格は249ドル(約2万7500円)。片耳わずか1.4グラムで、付けたまま寝ても気にならないように設計したとしている。(2018/6/21)

開発中止のホラーゲーム「Year Of The Ladybug」がアートブックとして復活 クラウドファンディングで人気を集める
この先の開発再開の期待も高まります……!(2018/6/17)

1970年代からやってきた電動バイク「ONYX」が醸し出すレトロフューチャー感がすごい
コンセプトは「ノスタルジックな電動バイク」。(2018/6/14)

アタリの新ゲーム機「Atari VCS」クラウドファンディング開始 クラシックゲーム100以上を内蔵、新作も
開始から1日程度で、約2億4000万円の資金を調達。(2018/6/1)

Oculus Go! Go! Go!:
Oculus Goに進化版データグローブ「VRfree」がやってくる
Oculus Goで10本の指を駆使した操作ができるかもしれない。(2018/5/31)

音声でメール送信、SiriやGoogleアシスタントも使える ワイヤレスイヤフォン「Zeeny」登場
ネインは、4月24日にワイヤレスイヤフォン「Zeeny」の予約販売を開始した。音声だけでメールを確認・返信可能で、Siri/Googleアシスタントにも対応。高音質化技術や10mmドライバーなどを採用して音質を追求し、スマホ世代の感性に寄り添ったデザインに仕上がっている。(2018/4/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。