ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「やせる(?)アプリ、試します」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「やせる(?)アプリ、試します」に関する情報が集まったページです。

やせる(?)アプリ、試します:
「Runtastic for docomo」の限界を感じた4週間(4)
トレーニングアプリ「Runtastic」を4週間使い続けた。途中風邪を引いたし、クリスマスや正月といったイベントもあった。それでもかなり歩いたのに……残酷な腹が待っていた。(2015/1/14)

やせる(?)アプリ、試します:
ドコモ「Runtastic」でダイエット  PCサイトでデータ分析するも役立たず?(3)
トレーニングアプリ「Runtastic」を使い始めて3週目。PCサイトで情報が管理され、機能も充実しているという。サボり気味の筆者がデータを見て……役立つことはあるのか?(2015/1/7)

やせる(?)アプリ、試します:
着るだけで心拍数が測れる服「C3fit IN-pulse」の着心地は? 実際に役立つ?(2)
世界的にもユーザーからの注目度が高いアプリ「Runtastic」。心拍数を測る新しいウェアとの連携も始まっている。今回はその「C3fit IN-pulse」のお話。(2015/1/6)

やせる(?)アプリ、試します:
走ってドコモポイントをゲットできる「Runtastic for docomo」でやせられるか?(1)
運動好きにはたまらないアプリ「Runtastic」。そのドコモ版が始まった。運動をするとドコモポイントが貯まり、特殊なウェアも発売。運動嫌いのダイエットには有効なのか!?(2014/12/25)

やせる(?)アプリ、試します:
“本気”のダイエットアプリ「Noomコーチ」は話題が豊富で優秀なコーチでした!(4)
4週間にわたって使い続けた「Noomコーチ」Pro版。「匿名グループ」と「運動の記録」を詳細に紹介したが、このアプリの本命機能は「コーチ」であることを忘れてはならない。(2014/12/16)

やせる(?)アプリ、試します:
「Noomコーチ」でやせる 3週目! 足はマメだらけに……(3)
さまざまなダイエット機能が活用できるアプリ「Noomコーチ」、今回はその中で主に「トレーニング」関連の機能を試したレビュー。毎日「1万歩」を目指した筆者だが……。(2014/12/8)

やせる(?)アプリ、試します:
「Noomコーチ」2週目 グループ機能にドキドキするも……良くも悪くも“ゆるい”(2)
顔も知らない人たちと一緒にダイエットを行う……ハードルが高そうだが「Noomコーチ」は「匿名」で自動的にグループを決めてくれる。初心者でも簡単にできるのか試してみた。(2014/12/2)

やせる(?)アプリ、試します:
月額990円、本気のダイエットアプリ「Noomコーチ」の効果はいかほどか?(1)
今回から約1カ月「Noomコーチ」というアプリを使い続ける。「ユーザー平均マイナス5キロ減量」という実績も伴った“本気”のダイエットアプリだが、サボらず続けられるのか?(2014/11/26)

やせる(?)アプリ、試します:
美少女のために鍛える! Androidアプリ「トレーニング・クロニクル」を試す
「リアル」と「ゲーム」をつなげてダイエットに挑む、と言えばIngressが思い浮かぶ。だが、同じコンセプトでド直球のオタク向けアプリがある。果たして効果は?(2014/11/20)

やせる(?)アプリ、試します:
iOS向けアプリ「家で5分間エクササイズ」は効果アリ……!?
やる気が無いうえ、わがままな筆者がダイエットアプリを試し続けているが、ついに前向きな変化が。今回のアプリはトレーニング初心者にはかなり相性が良さそうだ。(2014/11/13)

やせる(?)アプリ、試します:
最もラクなエクササイズ? iOSアプリ「3分フィットネス」を試す
アプリを使って身体を引き締めて筋肉をつけ、健康に痩せる。そんなことが可能なのか? サボり気味の筆者は非常に「ラク」なアプリを試してみることに。長続きはしそうだが効果は?(2014/11/6)

やせる(?)アプリ、試します:
7分の壁は厚い……iOS向けアプリ「7分間エクササイズ」で鍛える
前回からエクササイズなど身体を鍛える健康系アプリを試しているが、今回のアプリは前回よりも少し長めのトレーニング。その時間はたったの7分なのだが……。(2014/10/30)

やせる(?)アプリ、試します:
1週間続けたらこうなった――1日5分の“ながら運動”アプリ 「デイリーワークアウト」
エクササイズ、筋トレなんて面倒、時間も気力も無い。だがアプリを活用すればラクに運動ができるかも? 一週間ごとに人気、話題のアプリを使ってみることに。結果やいかに?(2014/10/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。