ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フィットネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ダイエット&フィットネス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でダイエット&フィットネス関連の質問をチェック

サラリーマンが週末限定レスラーに変身 二足のわらじで「仕事も頑張れる」
 プロレス好きのサラリーマンでつくる団体が大阪にある。所属するレスラーやレフェリーらの全員が食品会社やスポーツジムなどで働いている。メンバーは「プロレスがあるから日々の仕事を頑張れる」と話し、週末限定でレスラーやレフェリー、実況アナウンサーに変身。リングで熱いバトルを繰り広げている。(2018/12/11)

「『第2の自分』が活力になる」:
サラリーマンが週末限定レスラーに変身 二足のわらじで「仕事も頑張れる」
プロレス好きのサラリーマンでつくる団体が大阪にある。所属するレスラーやレフェリーらの全員が食品会社やスポーツジムなどで働いている。メンバーは「プロレスがあるから日々の仕事を頑張れる」と話し、週末限定でレスラーやレフェリー、実況アナウンサーに変身。リングで熱いバトルを繰り広げている。(2018/12/11)

フィットネス装い金銭詐取 Apple App Storeに不正アプリ
iOS向けフィットネスアプリを装い、「Touch ID」を使って金銭をだまし取ろうとするアプリは、App Storeのレビューで高評価を獲得していた。(2018/12/4)

前年度より300件以上増加:
「解約できない」……スポーツジム契約トラブル多発 
健康増進やダイエットブームの中、スポーツジムをめぐるトラブルが多発していることが、国民生活センターへの取材で分かった。同センターによると、平成29年度のスポーツジムなどに関する相談件数は前年度より300件以上増加。解約をめぐる相談が目立っており、センターも解約条件の確認など慎重に契約するよう呼びかけている。(2018/11/20)

Huawei、独自OSのスマートウォッチ「Huawei Watch GT」発表 199ユーロから
Huaweiが、スマートウォッチ「Watch GT」を発表した。独自OS搭載で、一般的な使用であれば1回の充電で約2週間持つという。フィットネストラッキング、心拍計、睡眠機能も搭載し、価格は199ユーロ(約2万6000円)から。(2018/10/17)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
ジムに通うと安くなる保険から考える、健康維持の秘訣とは
スポーツジムに通うなど、健康増進活動をすると保険料が安くなるという新しい保険商品が注目されている。運動好きな人を中心にどれだけ保険料が安くなるのかに関心が集まっているようだが、この商品の注目点はそれだけではないのだ。(2018/8/2)

SPORTEC2018:
空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」
ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。(2018/7/25)

VR×フィットネスバイクを体験してみた VRゲームで運動を新たな「エンターテインメント」に
VRデバイスをかぶりながらエクササイズする未来が来た。(2018/7/13)

医療機器ニュース:
フィットネスアプリ向けのウェアラブル評価・開発プラットフォームを発表
Maxim Integrated Productsは、ウェアラブル設計者がバイタルサイン、生データを簡単に抽出できる「MAX-HEALTH-BAND」と、心電図(ECG)や心拍数を監視できる「MAX-ECG-MONITOR」を発表した。(2018/7/11)

女性誌サイトの「卵巣血行促進エクササイズ」記事に根拠を疑問視する声 → 記事非公開に
「生理不順の原因は、骨盤の後傾。後傾すると股関節が卵巣から遠くなるため、周辺の筋肉が動かず卵巣が血行不良に」「血流を促せば、卵巣機能が向上する」などと記載されていた。(2018/7/5)

フレフレプロデューサーさん! アイドルがいろいろ手伝ってくれるフィットネスジムがオープン
心臓バクバク。(2018/6/19)

2位は妻の「ちがうだろ!」:
「サラリーマン川柳」、1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」
恒例「サラリーマン川柳」の上位10作品が発表。1位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」。働き方改革を詠んだ作品も多く入賞した。(2018/5/23)

川崎駅西口の再開発が2021年の完成を目指し、本格始動
川崎駅西口で検討されていた再開発計画が本格始動する。計画自体は1999年に決定した川崎市の都市計画に基づくもので、JRの変電所跡地と取得した複数隣接地を一体的に整備。大規模オフィスビルとホテル、低層のフィットネス&スパ施設を建設する。(2018/5/21)

「リーグ・オブ・レジェンド」の新競技モードにケイン・コスギ参戦 「Perfect Body」を合言葉に勝利を目指す
練習で筋トレを始めそうなチーム名。(2018/5/19)

「ソフトバンクセレクション」10周年記念暴走 10キロの鉄アレイiPhoneケースや巨大うんこiPhoneケース発表
スマホ依存症筋トレ。(2018/5/17)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
「やらされ感」じゃなく「やってる感」で動く職場にする方法を教えよう――東急スポーツオアシス 代表取締役社長 平塚秀昭氏
「Apple Watchを着けて泳げるプール」を日本で初めて銘打ったフィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」を率いる東急スポーツオアシの表取締役社長 平塚秀昭氏が語る、従業員が楽しく働く職場づくりの極意や、組織を変えるチャレンジマインドとは?(2018/4/6)

「うーんとこ、どっこいしょ〜」 深田恭子の“おっとりエクササイズ”が癒やしの極みに到達する
ビスコよありがとう。(2018/4/4)

アップルPickUp!:
Apple Watchとジムのマシンがつながる! GymKit対応ランニングマシンを体験
ANYTIME FITNESS 恵比寿店で「Apple GymKit」対応マシンを試した。(2018/3/28)

「腹筋きつい、やめよ」→「体が勝手に…やめろぉ!」 筋トレを諦めないため「何かに乗っ取られる」手法が斬新
「今日中に3セットやるのだ…!」「やめろぉー!」(2018/3/21)

自分のApple Watchをジムのマシンに接続 恵比寿のフィットネスクラブで導入
watchOS 4で導入されたGymKitにより、ジムのマシンと自分のApple Watchを連動させて記録することが可能になった。恵比寿のフィットネスクラブで利用できる。(2018/3/16)

iPhoneで筋トレ イヤフォンジャックに接続できるEMSパッド
サンコーは、iPhoneのイヤフォンジャックへ接続するコンパクトなEMSパッド「引き締めパッド for iPhone」を発売。アプリと連動し、希望のコースや強弱を選択して効果的に筋肉を刺激することができる。(2018/3/9)

「デッドリフトしてて可愛いのあなただけ」 玉城ティナがガチ筋トレ姿を披露、ムキムキティナ見てみたい!
非の打ちどころがないかわいさだ……。(2018/3/1)

波立つ水面からファビュラス 叶恭子、逆さに持ち上げる美脚エクササイズが犬神家
あまりに美しい犬神家。(2018/1/24)

“女王様”は理想のパーソナルトレーナー 筋トレとSMが奇跡の融合を果たした「SMジム」はなぜ効果的?
ムチでたたかれ、ロウソクを垂らされながらトレーニングする「SMジム」をがっつり体験してきました。(2018/1/12)

ITmedia デジタルライフスタイル通信:
ソニー「wena wrist active」はフィットネス系アプリと連携できる?
第2世代になったソニーのスマートウォッチ「wena wrist」にGPSや光学式の脈拍センサーを備えた「wena wrist active」が登場しました。心拍数を計測できれば、フィットネス時にも使えるかもしれません。(2017/12/8)

ファミマ、フィットネス事業へ参入 24時間営業、スマホアプリ活用
ファミリーマートが、2018年2月上旬にフィットネスクラブをオープン。コンビニ併設型で24時間営業。スマホアプリも活用し、トレーニング方法などをレクチャーする。(2017/11/30)

コンビニと併設する24時間ジム:
ファミマ、フィットネス事業に参入 「Fit&GO」
ファミリーマートがフィットネス事業に参入。コンビニと併設する24時間フィットネスジム「Fit&GO」を展開する。(2017/11/30)

ファミマが24時間営業のフィットネスジムをオープン
1号店を2018年2月中旬をめどに出店予定。(2017/11/30)

低糖質ダイエットにも筋トレにも使えそう コンビニのサラダチキンで作るレトルトシリーズがいろいろ捗るぞ
こういうの待ってました!(2017/10/2)

製造マネジメント インタビュー:
PCだけでなく「アイデア具現化企業」になるVAIO、フェーズは“筋トレ”に
2014年7月にソニーから独立したPCメーカーの「VAIO」。4期目を迎える同社は「フェーズチェンジ」を掲げて、新たに3本目の柱として「ソリューション事業」を打ち出している。2017年6月に新たに就任したVAIO 代表取締役社長 吉田秀俊氏に話を聞いた。(2017/9/19)

フィットネスのお供に低音マッチョなワイヤレスイヤフォンはいかが? パイオニアとゴールドジムがコラボ
パイオニアブランドから密閉型イヤフォン「E5」(SE-E5T)、およびワイヤレスイヤフォン「E7 wireless」(SE-E7BT)を発表した。IPX4(防沫型)に準拠し、装着性を高めたスポーツ向けのイヤフォンだ。(2017/9/12)

すごい筋トレをこなす男性 実は……
筋肉の力じゃなかった。(2017/9/11)

Samsung、スマートウォッチ「Gear Sport」、GPS搭載フィットネス端末「Gear Fit2 Pro」を発表
Samsungが、Gearシリーズの新しいスマートウォッチ「GearSport」、フィットネス端末の最新モデル「Gear Fit2 Pro」、無線イヤフォン「Gear IconX」の新モデルを発表した。(2017/8/31)

スタンディングデスクとしても 仕事しながら運動できるデスク付フィットネスバイクが登場
可動する机が便利そう。(2017/8/28)

ITライフch:
スポーツジムのノウハウを自宅でもAndroidアプリ「WEBGYM」で本格トレーニング
フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」は、Android専用アプリ「WEBGYM」をリリースした。自宅でも本格的なトレーニングができたり、スポーツクラブの仲間と交流できる。(2017/6/21)

フィットネスやライドシュミレーター、さまざまなジャンルのVRを体験できる施設「VR デキル!!BOX」が秋葉原にオープン
キズナアイちゃんもいるぞ!(2017/6/12)

「今日もみっちりしっかりです」 池田エライザ、ガチ筋トレで健やかボディーをいじめ抜く
みんなしっかり努力してる。(2017/5/27)

かわいい上に負荷もばっちり? コーギーエクササイズが捗りそう
これなら頑張れそう。(2017/5/20)

茨城県がパワフリャな地方PR動画を公開 3分間マッチョが温泉に入るだけのおとこ気100%な内容
筋トレしよう。そして温泉に行こう。(2017/4/25)

「SPAJAM2017」大阪予選が開催 電車内でエクササイズできるアプリが最優秀賞
4月23日〜24日にかけて「スマートフォンアプリジャム2017」大阪会場での予選が開催された。「電車」というテーマでアプリ開発を行い、最優秀賞は電車内でこっそりとエクササイズするアプリ「電車でEx〜アイツは車内でエクササイズ〜」となった。(2017/4/24)

筋トレアニメ「いっしょにとれーにんぐ」がTwitterで復活 “実用性”抜群の内容にネット民スタンディングオベーション
「最低1年、できれば無期限で続けるつもり」ムキムキになるまでトレーニングしてやらぁ!(2017/4/7)

医療機器ニュース:
認知症予防の脳トレサービス開発に日立が協力
日立ハイテクノロジーズと日立製作所は、キッズスターが提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力し、Brain Scienceマークを付与した。(2017/3/28)

モンブラン、心拍計も搭載の高級Android Wearスマートウォッチ「サミット」発売へ
高級万年筆やアナログ時計で知られるMontblancが、初のスマートウォッチ「Montblanc Summit」を発表した。米国では5月に890ドル(約10万円)からの価格で発売する。心拍計などのフィットネス機能もある。(2017/3/17)

楽しいニャ 積み木みたいに組み立てる猫用フィットネス遊具がクラウドファンディング中
体重8キロまでの猫ちゃんが遊べます。(2017/3/15)

暗闇の中、跳びはねる:
「楽しく痩せたい」狙え 広がる「暗闇フィットネス」
民間のフィットネスクラブの市場が好調だ。業界のトレンドは新興プレイヤーの急成長。「女性」や「高齢者」などターゲットを絞った小規模業態が増加し成長を見せている。3月13日に2号店がオープンする「jump one」(ベンチャーバンク)が売りにする「暗闇フィットネス」とは?(2017/3/10)

メジャーリーガーのダルビッシュさん、YouTuberになる 制作してほしい動画をTwitter上で募集中
筋トレ、野球好き御用達のYouTubeチャンネルになりそう。(2017/2/22)

Googleカレンダー、AndroidとiPhoneのフィットネスアプリと連係してゴール達成をサポート
モバイル版「Googleカレンダー」の目標達成サポート機能「ゴール」が「Google Fit」および「Apple Health」と連係し、フィットネス関連の目標であれば、自分で「完了」をタップしなくても達成状況が自動的に表示されるようになる。(2017/1/6)

景色は最高、動力は人力 エアロバイクなどで発電し水上移動するホバーボート型スポーツジム爆誕
“奴隷たちが働く謎の地下施設”みたいなものを想像しなければ楽しめそう。(2016/12/17)

「残酷な天使のテーゼ」に合わせてフン! ヘイ! フン! アニソンで運動する「アニソンフィットネス」登場
好きな楽曲のプログラムなら続けられるかも。(2016/12/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。