ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Netflix」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Netflix」に関する情報が集まったページです。

IT運用管理のベストプラクティス
「ITIL 4」公開へ 従来のITILとの違いはモジュール化
ITサービスの設計保守に用いるガイダンスの新版「ITIL 4」が公開される。本稿では企業のITサービスマネジメントにおける課題と、この新しいガイダンスの特徴について紹介する。(2018/9/21)

マシーナリーともコラム:
補完が見事! 理想の二次創作! 解釈一致!!! なぜ人類はもっとアニメ版「美味しんぼ」の話をしないのか
世界は大体「美味しんぼ」でできている。(2018/9/16)

鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
「キングダム ハーツ オーケストラ ワールドツアー」中の下村陽子さんを直撃しました。(2018/9/14)

「スマホ応援割」対象サービス追加も:
auが「iPhoneギガトクキャンペーン」開始 対象iPhone購入で月額料金を1年間割り引き
9月14日から、auが対象のiPhone購入を条件に月額料金を1年間520円または1020円割り引くキャンペーンを開始する。既存の「スマホ応援割」の対象データ定額サービスも拡大することで、“iPhone商戦”に先手を打つ。(2018/9/13)

ヤクルトがNetflix効果で海外で爆売れ!? ヤクルト広報「話題になってるのは把握してます」
意外なところで話題に。(2018/9/12)

今日のリサーチ:
Webコンテンツの主役はテキストから映像に――Domo調べ
Domoは、インターネットで送受信されるデータ量を基に、消費者のオンライン上での行動を分析しました。(2018/9/10)

auが北海道のユーザーに対する通信速度制限を解除 地震被災者支援の一環
auが北海道に住所を有する契約に対する通信速度制限解除措置を実施した。地震被災者支援の一環だ。(2018/9/8)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクの「ギガモンスター+」はどれだけお得? 業界への影響は?
ソフトバンクが新料金プラン「ギガモンスター+」を提供開始。月に50GBのデータ通信を利用でき、一部サービスの通信量がカウントされない。一方で「月月割」が付かない分離プランとなっている。新プランの狙いと業界に与えるインパクをと解説する。(2018/9/8)

これが本当のデビルカー 世界で1台だけのコラボスーパーカー「デビルマン オロチ」お披露目、1968万円で抽選販売
発表セレモニーには原作者・永井豪さんも参加。(2018/9/6)

真摯に受け止める――KDDI高橋社長が「4割下げ発言」に言及
KDDIの高橋誠社長が、9月5日の発表会において菅義偉官房長官の「携帯料金を4割下げられる」発言に言及した。指摘を「真摯(しんし)に受け止める」とし、災害対策や5Gインフラ構築に必要な投資とのバランスを図りながら料金面での検討を継続して行うとした。(2018/9/6)

世界に1台限定:
光岡自動車とデビルマンがコラボ 悪魔の心が宿る2シーター「Devilman Orochi」発表
光岡自動車と「デビルマン」がコラボ。2シーター「Devilman Orochi」を1台のみ限定販売する。随所に「デビルマン」をイメージした意匠を取り入れた。(2018/9/6)

IFA 2018:
電源オフでも「OK, Google」 もっとスマートになったソニーの4Kテレビ
ソニーの新しい4Kブラビアは本体にマイクを内蔵し、話しかけるだけでチャンネル操作や番組検索が行える「Googleアシスタントbulit-in」モデルだ。IFAの展示会場で実際に試すことができた。(2018/9/5)

世界に誇れるインフラ作る:
KDDI社長、菅官房長官の「4割値下げ」発言に言及 「真摯に受け止め、責務果たす」
KDDIの高橋誠社長が、8月末に菅義偉官房長官が「携帯電話料金は4割値下げできる」と発言した件についてコメント。「真摯(しんし)に受け止める」「何ができるかを真剣に考えていきたい」と話した。(2018/9/5)

Oculus Go! Go! Go!:
VRのキラーアプリはアダルトではなく「釣り」だ
これがホントの釣り記事。(2018/9/5)

スマホとエンタメの未来:
SHOWROOM前田裕二社長らが語る「スマホファーストの次」
スマホファーストの考え方が定着した今、エンターテインメント領域のトップランナーたちは次の世界をどう見ているのか。【更新】(2018/9/3)

ITはみ出しコラム:
「Ingress」アニメ化の心配は試写会で吹き飛んだ?
人気ゲームをアニメ化する場合、もともとのゲームプレイヤーとアニメで新しく入ってきた層をどちらも満足させるのはなかなか難しいものです。「Ingress」の場合はどうなっているのか、試写会に行って確かめてきました。(2018/9/2)

Netflix、月額料金を値上げ ベーシックプランは650円→800円に
Netflixの日本法人が、月額料金を値上げ。SD画質のベーシックプランは650円から800円になる。(2018/8/23)

Netflixが日本向けサービス料金を最大350円値上げ auの「Netflixパック」も値上げ(据え置き措置あり)
Netflixが日本向けの月額料金を値上げした。既存ユーザーには次回請求のタイミングから新料金を適用する。8月28日からauが提供する「auフラットプラン25 Netflixパック」についても、オプション料金は提供開始日から、プラン自体の料金も2019年1月以降の新規契約・プラン変更分から値上げする。(2018/8/23)

Netflixが150円〜350円値上げ スタンダードプランは950円→1200円に
既存会員には1カ月前より順次告知していくとのこと。(2018/8/23)

音声入力とスクリーンは相性がいい 「Amazon Echo Spot」とスマートディスプレイの可能性
Amazon.co.jpがスクリーン付きのスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を発売した。音楽再生時にはジャケット写真や歌詞を映したり動画再生も楽しめる他、音声操作への反応が音と画の両方で返ってくる安心感が大きい。(2018/8/23)

「破壊的イノベーターに反撃」──Armが買収した日本人経営の米トレジャーデータ、IoT分析基盤の拡大狙う
米Treasure Dataを買収したことで実現した英Armの新しいIoTデータ管理プラットフォームの提供が日本で始まった。買収発表後、初めて公の場に姿を現したTreasure Dataの芳川社長は、IT企業大手が長年かけて構築してきた自社基盤に近しいものを提供できると自信を見せる。(2018/8/22)

Netflix、エピソード間に別コンテンツのトレーラーを挟むテスト
Netflixが、ドラマなどのエピソードとエピソードの間に別のコンテンツのトレーラーを挟むテストを実施していることを認めた。(2018/8/20)

セキュリティなど周辺機能に脚光
「コンテンツデリバリーネットワーク」(CDN)が急成長している理由
優れたネットワークパフォーマンスと拡張性を追求する企業は、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)ベンダーに、これまでとは異なる支援を求め始めている。(2018/8/15)

マーク・アンドリーセン氏が語る
「AIの冬」はもう訪れない そう言い切れる2つの理由
AI(人工知能)についてはこれまで何度も大きく宣伝され、そのたびに期待が急速高まり、失望するというサイクルを繰り返していた。今回はこれまでとは違い「AIの冬」は訪れないだろうと著名なAI専門家は話す。(2018/8/13)

「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
初挑戦となったフル3DCG。そして、アニメの中にゲーム画面を組み込む難しさとは。(2018/8/10)

au「4年縛り」の条件、「2年縛り」の更新月を見直し KDDI高橋社長が明言
KDDIは8月1日、2019年度第1四半期の決算説明会を開催。「4年縛り」問題について、高橋誠社長は条件を変更する方針であることを明言した。2年縛りの更新月も見直す。(2018/8/2)

子連れ旅行の不安を軽減 子どもとの移動をスムーズにする6つのアイデア
子どもを連れてのお出掛けは「ベビーカーを使って大丈夫か」「おむつ替えできる場所はあるかなど、不安なことがたくさん。そこで帰省や旅行など何かと子連れ移動が増えるこの時期におすすめなサービスや製品を子育て中の母目線で紹介します。(2018/7/28)

Hulu(日本)、ギガを減らさず視聴可能に
Huluでギガが減る心配をしなくてもいい。(2018/7/27)

「俺達が、ガンダムだ!」「ちぇりお!」 新宿駅にアニメ名言100連発、Netflixがまた愛と知識を試しにきた
フラッシュ撮影すると浮かび上がる名シーン。(2018/7/23)

「神様はやっぱり凄い」 中尾明慶、ドラマタッグの明石家さんまと2ショット お笑い怪獣への感謝を明かす
無事に配信スタート!(2018/7/21)

「NHKが映らないテレビ」誰でも安く実現する方法
本記事では「NHKが映らないテレビ」を、もっと安く実現する方法を紹介する。(2018/7/19)

Netflix、4〜6月の会員数は25%増の1億3014万人 増加がペースダウン
米Netflixが4〜6月期の決算を発表した。売上高は40%増の約40億ドルと好調だったが、会員数の増加ペースがダウンしており、予測に届かなかった。(2018/7/17)

Netflix、次のエピソードを自動ダウンロードする「スマートダウンロード」、まずはAndroidで開始
Netflixのシリーズドラマをダウンロードして視聴する場合、エピソードを1つ見終わるとそれを自動削除し、次のエピソードをWi-Fi接続時に自動ダウンロードする「スマートダウンロード」機能が登場。まずはAndroidアプリで利用できるようになった。(2018/7/11)

App Storeの10年間で最もダウンロードされたアプリは? App Annieのレポート
App Annieは、App Storeの10年間をを振り返るレポート第2弾を発表。ゲームアプリのダウンロード数ランキング1位は「Candy Crush Saga」で、消費支出ランキングの1位は「Clash of Clans」。非ゲームアプリのダウンロードランキング1位・2位はFacebook関連のアプリで、消費支出ランキング1位は「Netflix」となった。(2018/7/10)

アニメ「イングレス」のNetflixでの10月世界公開に合わせ、ゲーム「Ingress Prime」始動へ
フジテレビジョン制作のアニメ「イングレス」が10月にNetflixで世界配信される。これに合わせ、ゲームのIngressの大幅アップデート「Ingress Prime」も10月に実施するとNianticのジョン・ハンケCEOがVirietyに語った。(2018/7/9)

アニメ「ULTRAMAN」、2019年春Netflix独占配信へ 神山健治×荒牧伸志のダブル監督
プラモ発売も決定、原型はワンフェスで公開。(2018/7/6)

350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」を試す
「ホームシアターは今どきVRでしょ」って? まぁまぁそう言わずに。(2018/7/6)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
ファッションアイテムは「借りて試す」がOKの時代へ 新しい定額制サービスの形
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を解説する連載。今回はサブスクリプションサービスについて紹介します。ファッションアイテムを低額でレンタルできるサービスがあるのをご存じですか?(2018/7/5)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
ECで流通を革命したAmazon 今なぜリアル店舗に注力するのか
ECで世界の流通と小売を革命した米Amazon.com。20年以上の歴史の中で何を行い、これから何を目指そうというのか。米国での動向を紹介しつつ、世界の流通と小売に多大な影響を与え続ける同社の戦略を分析する。(2018/7/5)

PR:持つ喜びに“観る”楽しみ――「HUAWEI MateBook X Pro」の個人的活用術
ファーウェイの「HUAWEI MateBook X Pro」は、コンパクトなボディに3Kディスプレイや4スピーカーのサウンド・システムを備えたラグジュアリーなノートPCだ。仕事はもちろんプライベートな映像視聴でも活躍する。今回はITジャーナリストでAV評論家の本田雅一氏による試聴レビューをお届けしよう(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/7/5)

船井電機が有機ELテレビ投入 55V型で約26万円 HDD内蔵で2番組同時録画も
船井電機が予告通り有機ELテレビを投入。ミニマルデザインで「映像に没頭できるテレビに仕上げた」。価格と録画機能を武器に「日本の有機ELに新しい選択」(同社)とアピールする。(2018/7/4)

Computer Weekly製品ガイド
顧客ファーストへの転換を成功させるための着眼点
密接につながった世界の中で、企業が顧客のニーズについてきめ細かい理解を深めるための手段を紹介する。(2018/7/3)

ド直球タイトルな小説『夫のちんぽが入らない』が連ドラ化、石橋菜津美と中村蒼のW主演で
NetflixとFODで2019年に配信。地上波では難しいか……?(2018/7/1)

なぜdTVは一社単独出資で映画「パンク侍、斬られて候」を製作してしまったのか パンクな狙いを聞いてみた
dTVが一番パンク説あると思います。(2018/6/29)

「Oculus Go」のバーチャルスマートTVアプリ「Oculus TV」公開
Oculus VRが、5月のf8で予告していた「Oculus Go」用のスマートTVアプリ「Oculus TV」を公開した。NetflixやFacebookの「Watch」などのコンテンツを仮想リビングルームの大画面TVで視聴できる。(2018/6/26)

ITはみ出しコラム:
YouTubeを超えて広がる「好きなことで、生きていく」のいま
YouTubeは人気YouTuberが離脱するのを防ぐため、広告以外のマネタイズツールを強化しました。Facebookもグループ管理者が収益化できるプログラムのテストを開始するなど、オンラインサービスでのマネタイズ手法が広がりをみせています。(2018/6/24)

AI技術で高度な分析をより容易に
Tableauが挑む「拡張分析」とは? EmpiricalのAI技術で実現へ
Tableauは人工知能(AI)スタートアップEmpirical Systemsの買収により、自動データモデリング機能の提供とBI/分析の活用範囲拡大を目指す。(2018/6/22)

範馬勇次郎「料理にハチミツをぶちまける」を本当にやったら? 蒙古タンメン中本の“バキラーメン”を完食してみた
「激辛ラーメン×ハチミツ」ってうまいのか……?(2018/6/21)

Pixelbookを1カ月使ってみた(後編)
Android&Windowsアプリも快適に使える「Google Pixelbook」
Pixelbookではどのようなアプリが使えるのか。クラウドストレージとの連携は容易なのか。WindowsアプリやOffice 365の使い勝手はどうか。仕事で使うことを前提に使用感を紹介する。(2018/6/21)

auの料金施策は「ピタット/フラットプラン」では不十分? 株主から指摘が相次ぐ
KDDIが6月20日、第34期定時株主総会を開催。今回は、高橋誠氏が社長に就任してから初めての株主総会ということもあり、高橋氏が目指すKDDIのビジョンが改めて語られた。株主からの質問は、料金施策の不満が多かった。(2018/6/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。