ニュース
» 2004年11月02日 21時52分 UPDATE

デジタルAVの潮流は「ブラウン管画質/全録/ホームネットワーク」

デジタルメディア評論家の麻倉怜士氏が、CEATEC/WPC/FPD Internationalで見つけたデジタルAV製品の最新トレンドを語った。3つの展示会で精力的に活動していた麻倉氏が導き出した最新トレンド「ブラウン管画質/全録/ホームネットワーク」とは?

[西坂真人,ITmedia]

 「CEATEC JAPAN 2004」「WPC EXPO 2004」「FPD International 2004」と10月に開催された3つの展示会では、AV製品の今後の方向性を指し示す製品・デバイス・技術が数多く紹介された。

 このほど行われたRWプロダクツプロモーションイニシアティブ(RWPPI)定例ミーティングの特別講演で、デジタルメディア評論家の麻倉怜士氏が、CEATEC/WPC/FPD Internationalで見つけたデジタルAV製品の最新トレンドを語った。

photo デジタルメディア評論家の麻倉怜士氏

 3つの展示会では取材・執筆活動だけでなく、基調講演、セミナー講師、セッションの司会進行をこなすなど精力的に活動していた麻倉氏。そこから導き出した最新トレンドのキーワードが「ブラウン管画質」「全録」「ホームネットワーク」だ。

ポスト「ブラウン管画質」最右翼の薄型テレビは「SED」

 プラズマ/液晶など薄型テレビの台頭で、ブラウン管は過去の遺物となりつつあるが、その画質はいまだに重要な位置にある。各メーカーの画質担当者が“テレビ画質へのこだわり”を語ったFPD International 2004のパネルディスカッションでは、参加したパネリストが異口同音「ブラウン管をリファレンスにして画質を作っている」と答えた。

photo FPD International 2004のパネルディスカッション

 そのこだわりの画質を引き継ぐ“ポスト・ブラウン管画質”の最右翼がSEDだ。FPD International 2004のセミナーで東芝のSED開発担当者が語ったSED開発のきっかけも“ブラウン管画質の追求”だった。

photo CEATECで一般ユーザーにお披露目されたSED

 「プラズマ/液晶という薄型テレビの流れにSEDが加わるのは時間の問題。2007年にディスプレイ革命が訪れる。そこでSED(FED)や有機ELといった自己発光型デバイスがブレイクする。これからのテレビは感情、情感、情緒を表現できる“新画質”を身に付けなければならない。こうした表現力では、ブラウン管のような自己発光型が最も有利。ブラウン管と画素型の良さを結合したSEDこそが“新画質”の資質を兼ね備えたディスプレイ」

「全録」の時代

 ディスプレイが変われば、テレビの視聴スタイルも変わる。麻倉氏は“HDDレコーダーの究極型”として、CEATECでお披露目された「バイオ type X」を紹介。バイオ type Xには、3チャンネル同時録画が可能な専用ボード「X3ビデオサーバー」を2枚搭載しており、計6チャンネルの番組を最大で24時間×9日間分(長時間モード)録画できるというお化けマシンだ。

photo バイオ type X

 「全チャンネルを全部録画することが、これからのHDDレコーダーの流れ。私はこれを“全録”と名付けた。全録の取り組みは以前から日本電算機が試みていたのだが、ソニーがバイオ type Xで行ったアプローチはすごく単純で、HDDの半分をLinuxで動かしている。つまり、type Xの中に全録HDDレコーダーが入っているということ。来年ぐらいに全録の流れが家電AV製品にも来る」

 「全録」時代が始まるとEPGというシステムは必要なくなり、代わりに“マイニング(mining=採掘)”という概念が重要になってくると麻倉氏は力説する。

 「最近のレコーダーはEPGを使った“おまかせ録画”や類語辞典の活用などで“録り逃し”をなくそうとしているが、全録ではすべて録画してしまうので録り逃しはなくなる。そのかわりHDD内の膨大な録画データから観たい番組を見つけ出すHDDマイニングが必要になってくる」

 ちなみに麻倉氏の造語「全録」は同氏が強く著作権を主張しているので、メーカー各社は取り扱いに注意しよう。

ホームネットワークがいよいよ“本物”に

 ホームネットワークでは、DLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス)に普及の兆しが見え始めたと麻倉氏は語る。

 CEATEC会場のHALL 1中央に設けられたDLNAのブースでは、複数のメーカー間の機器がDLNAの推進するガイドラインの上で、お互いのコンテンツを共有して再生できるというデモンストレーションを実施。松下のDIGA「DMR-E500H」やソニーVAIO typeXなどDLNA対応機器が一堂に会して、次世代ホームネットワークの本命となるべく歩んでいる状況を紹介していた(別記事を参照)。

photo CEATEC会場に設けられたDLNAのブース

 「DNLAが登場した時、どうせ第二のHaViになるのでは、と思っていたのだが、真面目にやる企業が増えてきて、いよいよホームネットワークが“つながる”時代が来る予感がしてきた。昨年のCEATECでのDLNA発表会の時には、もっと強制力を持たないと普及しないのではと提言したのだが、今年はかなりのメーカーがCEATECに対応製品を並べ、ブースも活気づいていた」

 ただしデジタル時代のホームネットワークはつながって当たり前で、そこから先が今後の課題であると麻倉氏は述べる。

 「アナログ時代でもネットワークにつながっていたのだから、デジタルはつながって当然。つながった後、そこからどうするのか、どのようなメリットがユーザーにあるかを示さなければダメ。それにはネットワークの操作性がポイントとなる。ネットワークを見渡すGUIのようなものが必要になってくる。そのあたりをクリアすれば、今後のデジタル家電に必須のフューチャーになっていくだろう」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.