ニュース
» 2009年03月04日 15時13分 UPDATE

シャープ、7倍録画対応の「AQUOSブルーレイ」

シャープはがBDレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品を発表。“7倍録画”モードを備えており、1枚のBDに30時間以上のフルハイビジョン映像が保存できる。

[ITmedia]

 シャープは3月4日、Blu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDW32」「BD-HDS32」を3月27日より順次販売開始すると発表した。価格はオープン。HDD容量ならびに搭載チューナー、実売想定価格は以下の通り。

製品名 HDD容量 チューナー 実売想定価格
BD-HDW40 1Tバイト 3波対応デジタルチューナー×2 21万円前後
BD-HDW35 500Gバイト 3波対応デジタルチューナー×2 16万円前後
BD-HDW32 320Gバイト 3波対応デジタルチューナー×2 13万円前後
BD-HDS32 320Gバイト 3波対応デジタルチューナー×1 10万円前後

 新製品はいずれもMPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーにより、従来機を上回る“7倍モード”での長時間録画が行える(昨年春モデルでは5倍録画)。本モードを利用することで、2層BDディスク(50Gバイト)に約30時間20分のハイビジョン録画が可能だ。トランスコードでは一定状態まで展開したデータをH.264へ変換するため、受信した放送の解像度はそのまま維持できるほか、2倍モードや3倍モードでは番組連動データとサラウンド音声もそのまま保存される。

photo 「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDW32」「BD-HDS32」

 BDディスクの残量にあわせてハイビジョンのまま画質を自動調整し、効率的なダビングが行える「ハイビジョンジャストダビング」や(DRモードでHDDへ録画したデータのみ対象)、BD-REに予約情報を書き込むことでBD内蔵液晶テレビ“AQUOS”でも録画が行える「BDディスク予約」などの機能も備える。

 液晶テレビ「AQUOS」を接続した際に、製品のパネル特性に合わせて各種パラメータを自動調整する「AQUOS純モード」も進化した。テレビの調整もレコーダー側から行われるほか、映像の内容によっても画質が変化する。そのほかHDMIについてはHDMI CEC「AQUOSファミリンク」に対応するほか、1080/24pと1080/60pの出力にも対応する(BD-HDS32は非対応)。

 BD-HDW40/35/32はi.LINKも備えており、ハイビジョンレコーダーと本製品を接続してのダビングやデジタルビデオカメラ(HDV)からの映像取り込みも行える。ビデオカメラについては、USB経由でAVCHD形式のデジタルビデオカメラから映像を取り込み、本体内のHDDへ保存/編集、BDへの書き込みまでが行える。

 4製品ともBDドライブはいずれも6倍速書き込み対応で、HDDに7倍モードで保存した1時間番組ならBD-Rへ約1分30秒でダビングできる。BD-HDW40/35/32ははBD-LIVE、BONUSVIEWにも対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう