ニュース
» 2009年06月11日 16時22分 UPDATE

富士フイルム、“タッチパネルに触れるだけ”の「FinePix Z300」

富士フイルムは、タッチパネル液晶内蔵のコンパクトデジカメ「FinePix Z300」を発表。被写体にタッチすることでシャッターが切れる「タッチショット」機能を初搭載した。

[ITmedia]
photo FinePix Z300  カラーバリエーションはゴールド/パープル/ホワイト/ブラックの4色展開だ

 富士フイルムは6月11日、タッチパネル液晶内蔵のコンパクトデジカメ「FinePix Z300」を発表、6月20日より発売する。価格はオープン。

 FinePix Z300は、3型タッチパネル液晶を内蔵したコンパクトデジタルカメラで、液晶画面を見ながら被写体にタッチすると自動的にピントがあい、シャッターが切れる「タッチショット」機能を搭載した。液晶画面に触れるだけで撮影できる機能の搭載は、「コンパクトデジタルカメラとしては世界初」(同社)だという。

 インタフェースにもタッチパネル機能が生かされており、ドラッグ&ドロップ操作で複数画像(2〜5枚)をまとめて1枚の画像にできる「レイアウトフォト」機能や、画像をフォルダに振り分けできる「フォルダ管理」などの再生/編集機能を用意した。

 撮像素子は1/2.3型有効1000万画素CCDで、ズームは35ミリ換算36〜180ミリ相当の光学4倍とデジタル5.4倍に対応。マクロモードも装備、撮影距離は8センチ〜80センチ(広角モード時)。撮影感度は最大でISO1600までの高感度撮影にも対応している。手ブレ防止機能はCCDシフト式を採用、最短0.6コマ/秒(連続5コマまで)の連射も可能だ。

 内蔵メモリは約31Mバイトで、SD/SDHCメモリカードを利用できる。インタフェースはUSB 2.0および赤外線通信(IrSimple、IrSS/FIR)を備えた。バッテリーはリチウムイオン充電池を採用。本体サイズは92.0(幅) ×18.5(奥行き)×56.5(高さ)ミリ、重量は150グラム(バッテリー/メモリカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう