ニュース
» 2009年11月10日 13時49分 UPDATE

リコー、ユニット交換式で“変身”する新コンセプトデジカメ「GXR」

リコーがボディ内に撮像素子を持たず、「レンズ/撮像素子/画像処理エンジン」が一体化したユニットを交換するデジタルカメラ「GXR」を発売する(写真追加)。

[ITmedia]

 リコーはレンズ交換可能なデジタルカメラ「GXR」を12月上旬より販売開始すると発表した。ボディ内に撮像素子を持たず、「レンズ/撮像素子/画像処理エンジン」が一体化したカメラユニットを交換する仕組みとなっており、ユニット交換によってさまざまなシチュエーションに対応することが可能となる。

photophoto 「GXR」とGXRを手にする同社パーソナルマルチメディアカンパニー プレジデントの湯浅一弘氏

 12月上旬に販売開始されるのは、ボディならびにカメラユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」となっており、価格はいずれもオープン。

 ユニット交換式とすることで、ボディは113.9(幅)×70.2(高さ)×28.9(奥行き)ミリというサイズを実現しており、これはレンズ交換可能なデジタルカメラとしては、世界最小・最軽量(同社)となる。背面液晶は3型/92万画素で、記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)/内蔵メモリ(約86Mバイト)。AVI形式の動画撮影も行える。画像処理エンジンについてはユニットとボディ、ぞれぞれに搭載する。

 カメラユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」は、APS-Cサイズ(23.6×15.7ミリ)の有効1230万画素CMOSセンサーと35ミリ換算50ミリ F2.5-22の新開発8群9枚構成「GR LENS」、画像処理エンジン「GR ENGINE III」を搭載した。マニュアルフォーカスリングも搭載しており、精密なピントあわせが行える。

 カメラユニット「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」はGR DIGITAL IIIと同様の1/1.7型 有効1000万画素CCDと35ミリ換算24〜72ミリ F2.5-4.4の光学3倍ズームレンズ、画像処理エンジン「Smooth Imaging Engine IV」を搭載した。CCDシフト式の手ブレ補正機能も備える。

photophoto 第1弾として用意されるカメラユニットは「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」の2種類

 光学ファインダーは備えず、撮影時は背面液晶(3型/92万画素)ないし別売オプションの液晶ビューファインダー「VF-2」で被写体を確認する。VF-2の画素数は92万画素で視野率100%、ローアングル撮影に便利なチルト機構も備える。VF-2はホットシューに取り付けるため、同じく別売オプションの外部フラッシュ「GF-1」とは排他利用となる。

 AEモードにはプログラムシフト/シャッタースピード優先/絞り優先の各モードが用意されており、操作ボタンやレバー類についてはGR/GXを踏襲した十字ボタンやADJ.レバー、Fnボタンなどを用意する。そのほか、GR DIGITALIIIにも用意された「フルプレススナップ」機能や、加速度センサーを利用した電子水準器なども搭載している。

photophoto カメラユニット「RICOH LENS S10 24-72mm F2,5-4,4 VC」装着時。ユニットは横へスライドさせるようにして取り外す
photophoto カメラユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」装着時
photophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.