ニュース
» 2012年09月04日 15時28分 UPDATE

サービス開始1周年の「Hulu」、Apple TV対応などを発表

Huluは9月からGAGAや円谷プロと新たにコンテンツパートナーシップを結び、ラインアップを強化する。さらに「Apple TV」への対応も発表した。

[ITmedia]

 フールージャパンLLCは9月3日、新たなコンテンツパートナーシップや対応デバイスを発表した。また、この9月で日本参入から一周年となることを記念して、9月12日からスペシャルプロジェクト「Huluアンバサダープロジェクト」を開始するという。

ts_hulu01.jpgts_hulu02.jpg フールージャパン、マネージングディレクターのバディ・マリーニ氏がコンテンツパートナーを紹介

 Huluは、月額980円で1000本以上の映画や1万話以上のテレビ番組が“見放題”となるオンライン動画配信サービス。PCやスマートフォン、タブレット端末に加え、「プレイステーション3」などのゲーム機や薄型テレビ、Blu-ray Discレコーダーなど幅広い機器で視聴できる。会見で挨拶に立ったフールージャパン、マネージングディレクターのバディ・マリーニ氏は、加入者数などは非公開としながらも、「加入者は毎日増えている。4月に発表したテレビ東京とのパートナーシップなど国内コンテンツの充実に加え、月額料金の値下げ、ブランドキャンペーンの3つが伸び率を大きく伸ばしてくれた」と振り返った。

 同時に発表された新しいコンテンツパートナーは、大手映画配給会社のギャガと円谷プロダクションだ。ギャガからは、昨年ヒットした「英国王のスピーチ」を始め、「オペラ座の怪人」「オーションズ」「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」などの海外映画が順次追加される。また円谷プロダクションからは、1966年放送開始の「ウルトラマン」など計8シリーズが9月4日からHuluのプレミアムコンテンツに登場する。これにより、Huluのコンテンツパートナーは国内15社を含む計28社となった。

ts_hulu03.jpgts_hulu04.jpgts_hulu05.jpg ギャガと円谷プロダクションがコンテンツパートナーになった

 一方の視聴デバイスでは、新たにアップルの「Apple TV」が加わった。ホーム画面に「Hulu」が追加され、新規ユーザーはApple IDで登録および決済が可能になる。またApple TVから新規加入した場合、通常2週間の無料トライアル期間が1カ月に延長される特典も用意した。

ts_hulu06.jpgts_hulu07.jpgts_hulu08.jpg アップルの「Apple TV」もHuluに対応

 Huluアンバサダープロジェクトは、FacebookやTwitterでHuluについて情報発信した人の中から先着1万人を「Huluアンバサダー」として任命し、1カ月の無料トライアルを提供するというもの。今後はプレゼントなども企画している。なお、詳細は特設サイト「try.hulu.jp」(9月12日〜)で公開する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう