ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウルトラマン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウルトラマン」に関する情報が集まったページです。

「ウルトラマンブレーザー」最終回も熱かった! 初めて地球人の言葉話す→ブレーザー光線のコンボにカタルシスが止まらない
俺も行く!(2024/1/20)

オオタユカ隊員が帰ってきた! 特撮ドラマ「ウルトラマン ニュージェネレーション スターズ」、2024年1月から放送
物語を通じて、「ストレイジ」の対怪獣用ロボット「特空機1号セブンガー」がパワーアップ……?(2023/12/19)

スーパー戦隊とウルトラマンがまさかの合体 元気いっぱい“アラフィフ”ヒーローのコラボに「どっちが強い?」「夢のコラボ」
同時代に変身ヒーローだった2人。(2023/12/15)

劇場版「ウルトラマンブレーザー」発表 首都東京でシリーズ最大の敵・妖骸魔獣ゴンギルガンと激突
光よ 明日を 導け!(2023/11/25)

円谷プロ×Netflix共同製作の「ULTRAMAN:RISING」、スマートなウルトラマン現る
主人公の日本語吹替え版声優は山田裕貴さんと早々と発表。(2023/11/10)

【山本耕史】10月31日は47歳の誕生日 「新選組!!」土方歳三役や「シン・ウルトラマン」メフィラス役【2023年】
「ハヤブサ消防団」中山田洋、「KAPPEI カッペイ」正義なども演じています。(2023/10/31)

「円谷映画祭2023」開催決定 庵野秀明セレクションの「ウルトラセブン」「ウルトラマンタロウ」特別上映
TOHOシネマズ池袋の11月17日18時回は庵野さんが登壇するトークイベント付き上映。(2023/10/30)

【ロングインタビュー】異色の王道『ウルトラマンブレーザー』なぜ生まれた? 田口清隆メイン監督が明かす
俺が聞く!(2023/10/21)

「ウルトラマン カードゲーム」2024年夏に世界同時発売 ウルトラマンの物語が楽しめるトレーディングカードゲーム
ライブイベント、商品などとの連動企画もあるらしい。(2023/10/18)

「ウルトラマンガイア」吉岡毅志、ファンサに応じるも写真やサインの“転売”発覚 ウルトラセブンも沈痛「売り物ではありません」
中国のものと思われるフリマサイトで販売されていました。(2023/9/13)

円谷プロ「ザラブ星人に気を付けて」 なりすましTwitterアカウントにユニークな注意喚起
円谷プロダクションが管理するTwitterアカウントに、同社のロゴマークがつくように。偽アカウントの判別にも役立つとして、ウルトラマンの偽物に変身する宇宙人になぞらえ「ザラブ星人によるなりすましを見分けるのに役立ててください」と呼び掛けている。(2023/6/22)

インタビュー:
アニメ「ULTRAMAN」の音楽はなぜ刺さるのか 作曲家・戸田信子×陣内一真が明かす「すごくスリリングで楽しかった」仕事の内幕
戸田「私たちはウルトラマンという歴史の一粒の砂でしかない」。(2023/5/20)

庵野作品のヒーロー達が合体する「シン・ユニバースロボ」爆誕 PV監督「おおらかな目で」
「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」は19日、ゴジラ、エヴァンゲリオン初号機、ウルトラマン、仮面ライダーが合体するロボット玩具「S.J.H.U.PROJECT シン・ユニバースロボ」を発表した。(2023/5/19)

ギレルモ・デル・トロ、静岡ホビーショーにこっそり参加 「サンダーバード」「ウルトラマン」などに興味津々
J.J.エイブラムス監督を連れて楽しんでいたようです。(2023/5/15)

インタビュー:
さらば、そして…… 「ULTRAMAN」FINALシーズン、神山健治×荒牧伸志が紡いだ「ウルトラマン信仰」の行方
シリーズを締めることの難しさを「ある意味不可能」と回顧した神山監督。(2023/5/13)

史上初、隊長が変身! 「ウルトラマンブレーザー」7月8日放送開始
主演に蕨野友也さん、メイン監督に田口清隆さん。(2023/4/21)

バク転で飛んでくる武器を避けられる? → 達人が実践し「ウルトラマンの“回ればなんとかなる”が証明された」と反響
遠くから見ていた外国人の子どもから「オーマイガー」の声。ニンジャだと思われた?(2023/4/19)

円谷プロとドコモがパートナーシップ契約 ウルトラマンなどで新たなコンテンツ開発へ
円谷プロダクションとNTTドコモは3月29日、「ジョイントイニシアティブ・パートナーシップ契約」を締結した。円谷プロダクションがとドコモが運営する「TSUBURAYA IMAGINATION」の会員データとdポイントクラブの会員データを活用し、新たなコンテンツを開発する。(2023/3/29)

「帰ってきたウルトラマン」最終話が無料配信 主演・団時朗さん追悼
円谷プロダクションが、特撮ドラマ「帰ってきたウルトラマン」最終話「ウルトラ5つの誓い」の無料配信をYouTubeで始めた。3月22日に亡くなった主演の団時朗さんをしのぶという。(2023/3/28)

団時朗さん、肺がんのため74歳で逝去 「帰ってきたウルトラマン」郷秀樹役、2017年から闘病も「昨年末より悪化」
「病気になってからも、ユーモアと優しさを失わず、生きるパワーに満ち溢れて仕事に邁進しておりました」(2023/3/24)

ショーやレストランもアップデート:
西武園ゆうえんち、新アトラクション「ウルトラマン・ザ・ライド」発表 自粛明けの外出需要狙う
西武園ゆうえんちは、新アトラクションやイベント、ショーなどを発表した。2023年を「とびっきりスゴYEAR!」としてさまざまな取り組みを展開していく。(2023/3/7)

2023年に早速復活! 「シン・ウルトラマン」とPFUのHHKBコラボセットを試してみた 今度は108(ジュワッチ)セットのみ
2022年11月にPFUが限定数を発売した、映画「シン・ウルトラマン」とのコラボレーションモデルが、2023年1月4日に復活。今度の限定数は108セットとなる。(2023/1/6)

「商品化、私の好きな言葉です」 「シン・ウルトラマン」メフィラスの変身アイテム、予約スタート
映画「シン・ウルトラマン」に登場した宇宙人「メフィラス」が使っていた道具を再現した「ウルトラレプリカ ベーターボックス点火器」の予約がスタート。価格は1万7050円。2023年6月に発送する予定。(2022/12/22)

「シン・ウルトラマン」メフィラスの「ベーターボックス点火器」商品化 発光・音声ギミックと“あの名刺”付き
スイッチを押すと発光し、メフィラス戦のBGMが流れます。(2022/12/21)

「第一回 AIアートグランプリ」開催 「シン・ウルトラマン」監督の樋口氏らが審査員に
AIを利用して作られた画像、漫画、動画、音楽、ゲームなどを募集し、審査する「第一回 AIアートグランプリ」が開催される。(2022/12/12)

「HHKB Professional HYBRID Type-S」に「シン・ウルトラマン」特別仕様の限定モデル
PFUは、映画「シン・ウルトラマン」とのコラボレーションモデルとなる限定仕様キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S シン・ウルトラマンセット」を発表した。(2022/11/21)

ウルトラマン庵野が帰ってきた 「DAICONFILM版 帰ってきたウルトラマン」アマプラでサプライズ配信
自主制作特撮作品「DAICONFILM版 帰ってきたウルトラマン」の配信が「Amazon Prime Video」でスタート。(2022/11/18)

斎藤工と山本耕史のCMが実質「シン・ウルトラマン」と話題 フルネームで呼び合う演技が「ウルトラマンとメフィラスに見えてくる」
絵作りまでそれっぽい。(2022/11/8)

スーパーGUTSは不滅! つるの剛士、「ウルトラマンダイナ」同窓会でキャストやスタッフ大集合「隊長が家にちゃんと帰れたのか」
スーパーGUTSのキャストや交流のある人物が参加。(2022/10/19)

まさかの展開だ 「ウルトラマンデッカー」14話、アサカゲ博士と謎の男が視聴者を圧倒する「やっぱりかー…」「予想外すぎて混乱」
主演の松本さんもTwitterで実況。(2022/10/15)

「シン・ウルトラマン」のLINEスタンプ登場 メフィラスのドヤ顔「私の好きな言葉です」など
円谷プロダクションは、映画「シン・ウルトラマン」のLINEスタンプを発売した。ウルトラマンがスペシウム光線を放つ「ありがとう」のスタンプや、同作に登場するキャラクター「メフィラス」や怪獣などのスタンプ40種類を収録している。(2022/8/25)

「シン・ウルトラマン」LINEスタンプ発売 「私の好きな言葉です」「割り勘でいいか?」などメフィラスの名言もばっちり
みんなの好きな言葉です。(2022/8/25)

パナソニック コネクトになって「Let's note」は変わる? 変わらない? シン・ウルトラマンとの関係も聞いた
Let's noteを扱うパナソニック・コネクティッドソリューションズ社が、2022年4月にパナソニック コネクトに生まれ変わった。新会社の現状とLet's noteを生産する神戸工場について、同社副社長と工場長に話を聞いた。(2022/8/25)

夫婦そろってクセ強! おばたのお兄さん&妻・山崎アナ、優里の「シャッター」を歌うも“ウルトラマン”になってしまう動画に反響
思ったよりウルトラマンだった。(2022/8/17)

ガンプラ「ベギルベウ」が塗り替えるだけでウルトラマンの「ゼットン」に 違和感ゼロのアレンジに「1兆度の火球放ちそう」の声
パイロットはゾーフィ?(2022/8/15)

「ウルトラマン」「仮面ライダー」のソフビも値上げ バンダイ、284品目を価格改定
バンダイは8日、玩具の一部を10月1日出荷分から順次値上げすると発表した。「ウルトラマン」や「仮面ライダー」のソフビなど284品目が対象になる。(2022/8/8)

つるの剛士、2カ月ダイエットで隊員服姿もバッチリ ウルトラマンダイナ25周年イベントでスーパーGUTSメンバーと再会
「スーパーGUTSは永遠に不滅」(2022/8/3)

「お父さんは56歳だけどウルトラマンが大好きだぞ!」好きなものに迷いを覚えた我が子に、心強い助言を与えるお父さん
好きなものはずっと大切にしてほしいですね。(2022/7/28)

「メフィラス vs. シン・ウルトラマン」ができるまで 映画公式アカウントがVFXのメイキング映像公開
 映画「シン・ウルトラマン」の公式Twitterアカウントは新しいVFXのメイキング映像を公開した。同作に登場するキャラクター「メフィラス」とウルトラマンが戦うシーンなどの制作過程を収めている。(2022/7/15)

来たぞ!  NHK「全ウルトラマン大投票」開催決定、「ウルトラヒーロー」「怪獣」「メカ」の3部門で
結果発表は9月10日。「ウルトラマンヒストリア」も放送。(2022/7/15)

俳優の中丸シオンさん、38歳で死去 「ウルトラマンネクサス」斎田リコ役など、闘病中も舞台・映画に出演
所属事務所を通じて発表されました。(2022/7/14)

北斗晶、“名付け親”の墓参りへ「お参りできる内は毎年行きたい」 名前の由来は「ウルトラマンA」
毎年墓参りに出掛けている北斗さん。(2022/7/11)

「シン・ウルトラマン」メフィラスのベーターシステムを自作した人がすごい 「ない物は作る、私の好きな言葉です」
作者が自分の手にぴったり合うよう作った一点物。(2022/7/4)

庵野秀明、スペシウム光線を発射 「シン・ウルトラマン」のVFXメイキング映像公開 “中の人”は彼だった
「シン・ウルトラマン」公式Twitterアカウントが、VFXのメイキング映像を公開した。ウルトラマンがスペシウム光線を放つシーンの制作過程を収録。ウルトラマンのモーションアクターを務めたのは、同作の企画と脚本を務める庵野秀明さんだった。(2022/6/30)

ウルトラマンの頭に手編みの帽子が……! 「こん人は赤が似合うね」とおばあちゃんが手作り
そんなにウルトラマンが好きになったのか、おばあちゃん。(2022/6/29)

Joy-ConでNFC製品から怪獣を召喚 “ウルトラ怪獣”版「モンスターファーム」 2022年内に発売
バンダイナムコエンターテインメントが、モンスター育成ゲーム「モンスターファーム」と「ウルトラマン」シリーズのコラボ作品「ウルトラ怪獣モンスターファーム」を2022年内に発売する。(2022/6/29)

「シン・ウルトラマン」のゼットンを3Dプリンターで製作 クライマックスの絶望感がよみがえるクオリティに称賛
(ピポポポポポポ……)ゼッ……ト〜ン……。(2022/6/27)

映画「シン・ウルトラマン」冒頭10分33秒をYouTubeで 24日午後8時からプレミア公開
東宝は24日、映画「シン・ウルトラマン」の本編冒頭10分33秒をYouTubeの「東宝MOVIEチャンネル」で公開すると発表した。48時間の期間限定となる。(2022/6/24)

「シン・ウルトラマン」のゾーフィを溶け込ませた風景写真が秀逸 映画を見た人だけが分かるたまらない不安感
ほんの一瞬で人を不安にさせるショット。(2022/6/23)

「ウルトラマン(庵野秀明自主制作版)」が一夜限りの劇場上映 新宿バルト9で
円谷プロダクションは、7月1日に「ウルトラマン(庵野秀明自主制作版)」と「DAICONFILM版 帰ってきたウルトラマン」を新宿バルト9で上映する。(2022/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。