ニュース
» 2012年09月25日 19時32分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2012:シャープ、CEATECに「ICC-LED TV」や「モスアイパネル」搭載AQUOSを参考展示

シャープは、注目の「ICC-LED TV」をはじめ、新技術を採用したAQUOSも参考展示する。

[ITmedia]

 シャープは、10月2日から6日まで千葉・幕張メッセで開催れるエレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2012」の出展概要を発表した。注目の「ICC-LED TV」をはじめ、新技術を採用したAQUOSも参考展示する。

ts_ifasharp004.jpgts_ifasharp005.jpg 「IFA 2012」に展示された「ICC-LED TV」と比較映像

 ICC-LED TVは、I3(アイキューブド)研究所が開発したICC(Integrated Cognitive Creation)技術と4Kパネルを組み合わせ、光刺激に対する人間の認知過程を再現するテレビ。IFA 2012でも展示去れ、大きな注目を集めた。一方のモスアイパネルは、「鮮やかな発色を再現し、映り込みが少なく高コントラストを実現した」という新しいパネル技術だ。

 このほか、IGZOを採用した液晶ディスプレイやロボット家電「COCOROBO」(ココロボ)なども展示する予定だ。

 展示ブースは、幕張メッセ・ホール4の「4B70」。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.