ニュース
» 2012年11月29日 15時31分 UPDATE

番組メタデータも使える:iPhone/iPadでも録画番組のストリーミング視聴が可能に、ソニーが「RECOPLA」をアップデート

ソニーが「RECOPLA」(レコプラ)を12月中にアップデート。iPad 2以降やiPhoneでも録画番組のストリーミング視聴が可能になる。

[ITmedia]

 ソニーは、同社製Blu-ray Discレコーダーなどの録画管理アプリ「RECOPLA」(レコプラ)を12月中にアップデートする。新たにアップルの「iPad 2」以降や、ソニー製以外のAndroidタブレットでも、録画済み番組を無線LAN経由で視聴できるようになる。

 iOS端末のサポートは、パケットビデオの「TWONKY BEAM」との連携によって実現した。11月28日にリリースされた「TWONKY BEAM Ver.3.3.0」では、iOS版でも著作権保護技術DTCP-IPへの対応を実現。RECOPLAからTWONKY BEAMの機能を呼び出すことで、ストリーミング視聴が可能になるという。このため、iPadなどには事前にRECOPLAとTWONKY BEAMの両方をインストールする必要がある。

ts_recopla01.jpgts_recopla09.jpg テレビ選択で「TWONKY BEAM」を選ぶとiPad上で再生開始

 RECOPLA上で録画番組を選ぶと、再生するテレビを選択する画面が表示される。ここで「TWONKY BEAM」を選ぶと、iPad上で再生が始まる仕組みだ。それ以外に2つのアプリを使用していることを意識する場面はないという。また、今回は録画済み番組の視聴に限られているが、放送中番組のリアルタイム視聴についても「検討している」という。

 なお、TWONKY BEAM単体でもソニー製レコーダーと組み合わせて録画番組の視聴が可能になったが、ネットワーク経由でレコーダーの電源をオン(Wake on LAN、DLNAサーバを起動できる)にする機能はRECOPLAにしかない。日常的に利用するなら2つのアプリを連携させるのが得策だ。

ts_recopla06.jpgts_recopla07.jpg iPad、iPhoneのTWONKY BEAM上でソニー製BDレコーダーの録画済み番組一覧を表示したところ。このまま再生も可能だ

iOS版「RECOPLA」でも番組メタデータを使える

 もう1つの大きなトピックは、iOS版の「RECOPLA」が「もくじでジャンプ」再生をサポートしたこと。この機能は、いわゆる番組メタデータを使って頭出しを容易にするもの。DVDのチャプターのように、テレビ番組のシーンごとに付けられた目次を指定するだけで該当シーンの再生が始まる。テレビ画面で録画番組を見ながら、手元のタブレットで頭出しを行うというセカンドスクリーンの使い方を提案する。なお、iPadの画面上で番組を視聴している場合は「もくじでジャンプ」を使うことはできない。

ts_recopla02.jpgts_recopla03.jpg 「もくじでジャンプ」の番組メタデータ(左)。CMは1つにまとめられているが、タップすると内訳が表示される(右)

ts_recopla04.jpgts_recopla05.jpg 番組中で紹介されたショップや観光スポットの情報も入手できる。Webサイトや地図も表示される

 一方、ソニー製以外のAndroidタブレット(Android 4.0)でも、同様に「RECOPLA」と「TWONKY BEAM」を組み合わせることで録画番組のストリーミング視聴が可能になった。

ts_recopla08.jpgts_recopla010.jpg Androidウォークマンや他社製タブレット端末でもストリーミング視聴が可能になった

クライアント側対応機器

  • iOS 5.1以上( iPad2以降)
  • Xperia Tablet、Sony Tablet S、Pシリーズ
  • Android4.0のAndroidタブレット※

※解像度1280×800ピクセルをサポートする10型タブレットが対象。Android OS4.1/4.2には対応していない



サーバ側対応機器

  • BDZ-AX2700T、BDZ-AT970T、BDZ-AT950W、BDZ-SKP75、BDZ-AT770T、BDZ-EX3000、BDZ-ET2000、BDZ-ET1000、BDZ-EW2000、BDZ-EW1000、BDZ-EW500、BDZ-E500※
  • KDL-46HX65R、KDL-40HX65R、KDL-32HX65R

※BDZ-EW2000、BDZ-EW1000、BDZ-EW500、BDZ-E500は、放送ダウンロードによるソフトウェアアップデートが必要(2013年春実施予定)。また、BDZ-E500は録画番組の視聴のみ対応



 このほか、「RECOPLA」の新機能として、「ワイヤレスおでかけ転送」がある。ソニー製タブレット(Sony Tablet S/Pシリーズ、Xperia Tablet)と組み合わせた場合、無線LANを介して録画番組をダビング、持ち出すことが可能になった。ダビングする時間を設定するタイマーや、電池状態によるダビングの可否なども設定できる。

ts_recopla012.jpgts_recopla011.jpg 「ワイヤレスおでかけ転送」の設定画面。タブレットのバッテリーが50%以下の時は自動転送しないといった設定も行える

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.